HPへ戻る

明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
- S16

 1年間の目標と日課
 

 「働き方の教科書」(新 将命)を読んだ。著者は1936年生まれ、この本は2011年に執筆されたので、75歳での著書ということになる。
 75歳にして、以下のような目標と行動力を持っている。
 お手本にしたいものだ。
 
 <引用>
 これは自分に対する備忘録ですから、事細かく書き込む必要はありません。たとえば私の場合は――
 ・今年中に本を一冊書く(来年もう一冊)
 ・講演、研修(月に八回から一〇回)
 ・海外ビジネス出張(年に三回から四回)
 ・妻とプライベート海外旅行(年に二回)
 ・体重を七三キロに落とす
 ・本を読む(週に最低一冊)
 ・一日三〇分はBBCかCNNを聴いて英語の耳を慣らしておく目標と行動がテンコ盛りになっている感はありますが、ざっとこんなところです。
 
 ちなみに私は、若いころは週に二日ほどは就業後にジムに通って汗を流していました。最近ではジムに通う時間が捻出できないほど可処分時間の絶対量が足りないので、それをやめる代わりに時間が許すかぎり毎日四〇分のウォーキングと毎日三〇〇回の腕立て伏せをしています。「三〇〇回も?」と驚く人が多いのですが、たいしたことはありません。一度に五〇回を六回やるという分割払いです。「エレファント・テクニック」 と言って、一見しんどそうに思えることでも小さい単位に分けてやれば結果として大きなことができるのです。
 また 「心を鍛える」ことに関しては、毎日最低三〇分程度を読書に充て、海外のニュース番組を英語で聴く、といったことをもうかれこれ四〇年以上一貫して実践しています。その結架、いまでも二時間くらいの講演なら原稿なしに英語で行うことができます。
 

- S15

 「毎日が日曜日」を自由という名の牢獄にしない
 
 
 
 
 
 

定年するあなたへ

 

 「定年するあなたへ」(佐々木常夫)より引用。
 
 以前、同窓会に出たときにも、ある同級生いわく、朝は四時に目が覚める。すぐ早朝の散歩に出るが、犬を散歩させている人に話しかけたりして、できるだけ時間をかけて、二時間半くらい歩く。帰ってきて、新聞を隅から隅までしっかりと読み、テレビのニュースを見ると、やっと朝食。食べ終わったあと、さて、今日は何をしようかと思案する……そんなふうに何もすることがない、ひまと退屈を持て余す日々のくり返しだというのです。
 「定年前は、会社を辞めたら、好きな本を好きなだけ読んでやるぞと思っていたがね。いざ、いくらでも読める自由な時間を手に入れてみると、そもそも本を読む意欲があまりわいてこないんだよ」
 つまり、休日の解放感というのは、一週間に一日しか訪れてこないからこそ、キラキラと輝いて見えるのです。それが「毎日が日曜日」となると、その自由はむしろ惰性や重荷へと転じてしまう。それは自由という名の牢獄ともいえるかもしれません。
 
 老いてからは「自立心をもって」「ものごとにこだわらず」「力を抜いて自然体で行動し」「謙虚さと感謝の心を忘れず」「ちょっとした夢をもち」「人には期待せず」それでいて、「少しだけ人のためになることを考え」「おしゃれはしなくてもいいから品のいい清潔な身だしなみを心がけ」「明るく上機嫌で」「自分流に」、生きていきたいものです。
 

- S14

わたしの定年後の原則は、なにをしてもいいし、なにもしなくてもいい、である。
 
 
 
 
 
   定年後7年目のリアル
 


 「定年後7年目のリアル」(勢古 浩爾)から引用。著者は1947年生まれ。
 
 定年退職後のわたしの、この七年間の変哲もない一日とはおよそこのようなものである。昼の十二時前後に起床。インスタントのストレートコーヒーを飲み、新聞をササッとめくり、暫時テレビのワイドショーを眺める。恵俊彰司会の番組だ。それから使い古しのショルダーバッグに本と原稿用の紙とカセットウォークマンを入れ、自転車で外出。まずどこかの日当たりのいいベンチで缶コーヒーとタバコで一服する。さっきまで寝ていたくせに、もう一服だ。しかしこれは必須。目覚めるための儀式だ。
 昼は基本的に食べない。昨年夏前に体重が八〇キロ近くになり、ばかじゃないのかと自分に腹が立ち、一日一食にしたのである。
 ・・・
 さて、そのあとに行くところは限られている。時々図書館、時々公園、時々本屋、時々ショッピングモール、そして喫茶店である。
 ・・・
 どこかの喫茶店に入ることになるのだが、そこで音楽を聴きながら、本を読むか、あてのあるようなないような文章を書く。そのまま、夕方六時前後に帰宅。
 その日はじめての食事である夕食を摂る最中から、テレビタイムがはじまる。まあ、観るわ観るわ。この時間をもっと他のことに有効に使っていれば、もっと中味のある本を書けたのに、と思うが、やめられない。テレビをつけたまま、パソコンも見る。野球の試合経過の画面にする。本も読む。たまに文章も書くが、大半はテレビで、そのまま夜十二時になるが (その間、短時間の入浴)、テレビは消さない。
 録画した番組や借りてきたDVD (ほとんどが洋画)を観るのもこの時間だ。以前は夜食を食べていたが、これもやめた。そんなこんなで朝六時直前に就寝。
 あとは月二回、一人暮らしをしている弟の家に行き、二人とも六十過ぎの男とは思えないほど幼稚な話をしてはガハハと笑うことぐらいだ。
 

- S13 OB活用へ新会社   

 三菱重工業は、発電プラント建設などの大型プロジェクトの管理経験が豊富なOB(定年後の社員中心)を採用して、プロジェクト管理者として参加させる。まずは、EPC(設計、調達、据え付け)から始める。今後は、ICTや研究分野にも広げる。
  三菱重工業 日経記事
 
 こうした機会があれば、勤めた会社で深化させた専門性が活かせる。働く側からすれば、給料が安くても、やりがいがあれば真剣に取り組める。
 雇う側は、低コストで期待した成果が得られる確率が高くなる。
 Win-Winの関係ではないか。
 
- S12 高齢者の仕事   

 先々のことを考える対象の1つに、働くか否かがある。
 働く場合、新聞記事を読むと、時給1,000円の世界になる可能性が高そうだ。
 そうなると、時給の良し悪しでアルバイトを決めていた学生時代と同じ選択をするのだろうか。
 しかし、残念ながら、学生時代のように、募集内容が多岐に渡ることは無い。
  
 では、今までの経験や知識を何とか活かせないものかという希望を持ちたくなるのだが、「能力はあっても仕事はない」というのが現実。
  
 さて、どうするか。
 妙案はないので、先人の例を学んでいくしかないと思っている。
 そうこうしているうちに、AIが進歩して、万人の経験と知恵を蓄積したAIに指示されて仕事をするようになるのかもしれない。
 
 <2016/5/25 日経新聞>
 65〜69歳で働く人の割合は男性が52%、女性が32%。ただしこれまでのキャリアを生かせる職種や待遇で再就職した人は少ない。高齢者を積極的に新規採用する業界は限られるからだ。
 高齢者の就業率
 
- S11 スポーツ用語翻訳   

 本多英男さん。
 定年の頃から、複数の外国語でスポーツ用語を紹介する辞書の編纂を始め、ライフワークとして取り組んできた。
 きっかけは長野五輪(1998年)だったそうだが、東京教育大学体育学部卒業(1953年)で、語学の専門家ではない。1つのテーマを追うことで、幅が広がっていくということだろう。
 2020年の東京五輪を意識して、6か国語(日、英、独、仏、露、西)による「夏季オリンピック6ヶ国辞典」(全5巻)を刊行。
 自分には真似ができないが、こうした視点での自己実現、社会貢献もあるということを知った。
 
 夏季オリンピック6ヶ国辞典
 
- S10 元朝日新聞社編集局アートディレクター   

 石倉さんは、デザイナーとして37年間勤めあげた新聞社を60歳で定年退職した。新聞社での様々な経験が他の業界でも大いに活かせると考え、退職後すぐに再就職先を探し始めたが、一年間で100社に応募するも、全てが書類審査止まりで、まったく相手にされない状況だったという。
 再就職を難しくしたのは、石倉さんの年齢や経歴だったようだ。石倉さん自身は年齢を意識することはなく、若い人と遜色なく働くつもりだったが、企業側はそうは見ない。同じ条件なら若い人を採用することになりがちだ。また、唯一面接に呼ばれた会社では、新聞社のアートディレクターまで務めた方を一社員として雇うには経験が無駄になる。かといって役職者として処遇できるほどの経済力は中小企業にはない、自分の立ち位置をもう一度考え直されては、とそんなことを言われたそうだ。
 翌年も求職活動を続けていた石倉さんだったが、あるとき妻に「どんどん元気がなくなっている」と言われてしまったそうだ。現状を変えていきたいという思いを強め、デザインのスキルを活かす仕事を探していく中で知ったのが、クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」だった。
 個人で仕事を請け負うことも考え始めていた石倉さんだったが、その場合、今まで経験のない営業が必要になることをネックに感じていた。その点、仕事を発注したい企業と受注したい個人をマッチングする仕組みであるクラウドソーシングは、魅力的だった。
 ・・・
 現時点では、「クラウドサービス」での収入には時期による変化が多く、安定的ではない。そんな中、仕事を通じて社会の訳に立っていきたいという思いがある。
 
 「総務省|平成27年版 情報通信白書|石倉豊司さん」より。
 クラウドワークス
 
- S09 ある大学教授の定年後   

 定年退職して、研究・教育・雑務=@の三点セットから解放されたあと、ヒラノ名誉教授には、妻の介護という大事な仕事が残されるはずだった。毎朝四時に起きて六時半に妻の枕元を訪れ、昼まで看病したあと午後は もの書き=@をやる。これが定年後の計画だった。
 ところが、三点セットだけでなく、四つ目の介護までなくなってしまったのである。あくせく働いてきたエンジニアは、全くやることがなくなって、再び心身症にかかったのである。
 年をとってから妻を失った老人は、鬱病に罹りやすいと言う。江藤淳氏は、夫人の死後暫くして脳梗塞に罹ってから鬱になり、手首の動脈を切って自殺したし、中大の同僚であるK教授は、妻を失ってから鬱になり、講義もままならなくなってしまった。
 
 ――「工学部ヒラノ名誉教授の告白」(今野 浩)より
 
- S08 町内デビュー   

 人事院事務総局が作成した「新たなステップを踏み出すために−定年後の生活設計−」(平成17年度版)という書類がある。
 この中に、【町内デビューの流れ】というフローチャートがある。
  【町内デビューの流れ】
 
 そこに書かれていた言葉に唖然とした。
 拾い出すと、
 ・地域のボスを特定する
 ・地域のボスを立てる言動をする
 ・町内デビュー成功⇒ 中枢の役職⇒ (地域のボス)
 
 定年後は、太鼓持ちをして、あわよくば地域のボスになることを奨励しているように見える。
 
 今でもそんなことを奨励しているのかと思い、同平成26年度版を見てみた。
 277ページある資料の中に「町内デビュー」という言葉はない。生々しいフローチャートも消えている。
   <平成26年度版>へ


- S07 調理と賞味   

 新聞のコラム(小泉武夫)で、豆アジを刺身、から揚げ、南蛮漬けにする調理法から、口の中に入るまでをうまく表現していた。
 こうしたスタイルも、自分にとって、ありたい姿の1つ。
 
- S06 シニア・ジョブスタイル・かながわ   

 HPに、「再就職、起業・創業、NPO、ボランタリー活動等、多様な働き方を応援する情報を提供します」と書いてあった。「多様な働き方」、「チラシ配架棚」に興味があって訪問してみた。
  チラシ棚
 
 期待した情報はとれなかったが、再就職活動の冊子が手に入った。
 
- S05 シニアライフ例    

 日立製作所相談役が思っているシニアライフを引用する。
 「一俗六仙」――1週間7日のうち1日を俗事に費やし、のこる6日を世俗を超越して仙人のように暮らす――が願いだそうだ。
 
- S04 夫婦関係    

 夫婦などというのはしょせん赤の他人なのですから、そこそこうまくいけばいいのであって、いっしょに暮らす以上は多少の妥協は必要ですが、無理をして、ストレスをため込んでまで努力して仲よくする必要はないと思います。
 とくに年をとれば、人間はいっそうわがままになることが多く、「晩年も夫婦仲よく」はなおさら困難です。「年をとったけど、今もだ〜い好き」というのは少し異常ではありませんか? 
 私は「嫌なところもたくさんあるけど、まあ許せるし、いっしょにいられる」くらいで十分だと思っています。
 嫌なところが8割あっても、好きなところが2割あれば合格ではありませんか?
――「57歳からの意識革命」 石蔵文信
 
- S03 65歳以降の就業率    

 65〜69歳の就業率は40.7%(2014年度)、男性では51%。――総務省の労働力調査。 65〜69歳の就業率 日経新聞
 
 一方、巷の情報では、以下のように聞いている。
 ・65歳〜の求職者の就職率は15%(ハローワーク)
 ・65歳以上の雇用についてはパートでも、派遣でもほとんどないのが現状だ。それを考えると65歳以上では新規に雇われるのは極めて難しいと覚悟しておく必要がある。
 
 新聞情報よりも、現実は相当厳しそうだ。
 自分は、働くのか、働かないのか、働けないのか――その時のコンデションで決まるのだろう。
 
- S02 ハッピー・リタイアメント    

 2000年代中頃までは、退職後は仕事をやめてのんびり過ごすライフスタイルが 「ハッピーリタイアメント」の理想形でした。首都圏に住んでいる人なら、長野県や栃木 県などにセカンドハウスを購入し、退職後は晴耕雨読を目指す人が多かったのです。
 また、多くのデベロッパーがアメリカ型の大規模なリタイアメント・コミュニティを模倣 し、退職後の夢の生活を謳うゴージャスな自立型有料老人ホームを争って建設しました。
――「シニアビジネスの教科書」 村田裕之
 
 現在の「ハッピー・リタイアメント」って、何だろう。
 自分にとっての「ハッピー・リタイアメント」って、何だろう。
 
- S01 趣味    
 「趣味を極めつつも、あまり費用はかけない方法を考えながら長くつきあえることが理想」と新聞記事に書いてある。
 
 自分の場合、どうするか。
 独学で作ったこのHPを通じて、HTML、CSS、Javascriptを学んでいくという案もある。アマチュアの気楽さで、 好きなペースで取り組めるのがいいかもしれない。
 


ホームページへ