明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

★更新日 2017-10-14

ノート マイ・ノート
日付雑記画像
2017-10-14

 柿
 
 スーパーで、ざるに盛られて柿が売られていた。普段なら、通り過ぎるのだが、何故かオレンジ色に惹かれて買ってみた。
 1日置いておいただけで、オレンジ色が濃くなったので、1つ食べてみた。包丁を入れると、既にリンゴのような皮むきができない状態だった。
 やむなく、4つに切って1つずつかぶりつく。
 柿の汁が垂れるのもかまわず、柔らかい果肉を口に入れる。
 甘い! うまい!
 種なしなので、果肉を丸ごと楽しめる。
 買って良かった。やはり、旬のものはいい。
 
 四角い柿なので、平核無柿(ひらたねなしがき)ではないか。
 平核無柿は渋柿なので、炭酸ガスなどを使って柿渋を抜いて出荷されているそうだ。そんな手間がかかっていたか……。
 


柿
- 2017-10-8

 日経新聞
 
 日経新聞の購読料が、11月から4900円(現在4509円)になる。
 日経新聞は、ビジネスに関わる情報がいろいろ掲載されていて面白い。
 新しい試みで、The STYLEという上質の別紙を挟み込んでくるようになったが、これはあまり興味を引かない。
 株価欄も、プロが1秒間に数千回という超高速で株の取引をする世界に素人が入っても仕方ないので、ほとんど見ない。四半期決算の記事も流し読みで終わる。
 定年になった今、いつまでも最新のビジネス情報に浸る必要はないのではないかと思うようになった。
 では、次はどの新聞を取るか。または、新聞を取るのをやめるか。
 思案中である。
 
 新聞購読部数  

グラフ引用元へ



日経
過去の掲載へ


本 読んだもの
No.読後感
r364

悩みいろいろ   
 金子 勝


 著者は、経済の専門家だが、人生相談をやってできたのがこの本。意外な著書だが、内容は面白い。
 
 本からの引用:
 
 一九九〇年代の不良債権処理問題から福島第一原発事故まで政官財のリーダーたちが責任逃れに終始しているために、産業構造の転換が遅れ、日本経済は衰退の道を歩んでいます。歴史を振り返ると、こういうときに異常な貨幣増刷に走りカネをバラマキ出すのは、一つの体制が終焉を迎える兆候です。おカネを刷りまくって「パンとサーカス」に多くの人々を夢中にさせている間に、特定秘密保護法とメディアヘの圧力、立憲主義を無視した安全保障関連法の成立、改憲への動きなど、過去の戦争への反省を踏まえた戦後民主主義の良いところまでが否定されようとしています。こうした「異常」な状況は否応なしに、今までの自分の人生とは何だったのだろうか、これからどう生きるべきなのだろうかという問いを発生させるのです。
 
 この国では、一九九〇年代の不良債権処理問題から福島第一原発事故まで、経営責任も監督責任も問われません。財政赤字は約一〇五〇兆円、国内総生産(GDP)の二倍に達します。戦時中と同じです。何万年も保管が必要な使用済み核燃料のプールは近い将来満杯になるのに、原発を再稼働させようとしています。これらを負担する若者の約四〇%は失業者か非正規雇用になっています。そして「国防軍」を作ろうとしているのは私たち世代ですが、それで死ぬのは若者です。
 

- r363

老いの世も目線を変えれば面白い   
 吉永みち子


 じじいの読者も想定して書かれてあるので面白い。
 
 本からの引用:
 
 気になる異性なんかただのひとりもいないわよ……それも数十年に渡る長い間だよ……夫? 夫なんかとっくの昔に異性という存在じゃなくなってるからねえ……。
 女性同士の飲み会などで、こういう会話が飛び出すことがある。それもけっこうな頻度で。異性じゃなくなった夫ってのは、どういう存在なのだ? 子供の父親か、はたまた給料の運搬人か? 子供も巣立ち、定年で運撤役でもなくなると、何かと目障りな存在でしかなくなってしまうというのは、何か寂しい話である。
 夫の立場である男友だちに「あんたのとこはどう?」と聞いてみると、大体自虐的にこんなふうに笑う。「オレなんか、異性という存在どころか、犬という存在にすら完全に負けてるからなあ」さもありなん……と思い切り笑っちゃうけど、面白ろうてやがて悲しき眺めではある。
 
 ただ、人間年齢を重ねるにつれ、身体も縮んでくるだけでなく、放っておくと気持ちもこぢんまりとしてくる感じがする。「ええーっ!」とか「おおーっ!」とか「一丁やったるか」とか「キエーッ! 何で何で!」とか手放しで感激感動することが少なくなって、「まあまあでしたね」「そこそこ楽しい」といった小さな心の振れに収束し ていってしまいそうな気がするのである。
 ひとたび振幅が小さくなると、そのまま動きにくい状態で固定されそうで、それが心の固くなるイメージを想起させる。
 

過去の掲載へ


くつ 散歩

・高輪 散歩
・品川港南 散歩
・日本橋、京橋 散歩
・銀座 散歩


ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
S18

 なやみのとびら
 


 日経新聞で面白いコラムがあった。
 
 60代男性の悩みに対して、「年をとると、男性よりも女性のほうが断然元気に見えるのはなぜなのだろう」で始まる回答に、引き込まれて読んでいく。
 「あなたはだいぶ無理をして、かつてより減額された給料でも文句を言わずにがんばっている。その重荷を少し軽くしてみませんか。仕事をしながら、好きな趣味に打ちこみ、遊びに出かけてみる。」――確かに、その通りだ。
 「この世代では男女間にかなりの文化格差があります。女性は多彩な現代の映画・演劇・音楽・文学にふれているのに、男性のほうは仕事さえしていればとりあえず格好がつくので、学生時代以来サボっている人がほとんど。」――その通りだ。話が合わないのは当然だ。
 

- S17

 日本版CCRC@秋田
 


 日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)の整備を秋田にある銀行が進めているという新聞記事があった(左記S17クリック)。
 
 <日本版CCRC構想>
 「東京圏をはじめとする高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。
 
 銀行がこうした事業にまで手を延ばすというのは、どういうことなのだろうか。人口減で預金者が減っていけば、銀行としての存在そのものが問われるからだろうか。人口減少のインパクトは深刻だ。
 銀行の本音は、退職金をもったリッチなシニアに移住してきてもらいたいということなのかもしれない。
  
 人口減少の問題は、東京の中でもある。高島平団地のように「過疎化した限界集落のよう」と形容される場所が出てきている。
 老後をどこで過ごすかは自由だが、選択肢はあまりないはずだ。
 自分はどうするか――と思いながら老いていくのだろう。
 

過去の掲載へ


書く 書くことについて
No.読後感
- w036

「言葉を遊弋させる」

 「言葉を遊弋(ゆうよく)させる」という表現が、「人生はいつもちぐはぐ」(鷲田 清一)に記されていた。言葉を伸び伸びと繰る印象を受ける。言葉を遊弋させていた時期と大学総長になってからの状況を引用する。
 
<引用>
 
 それまでは、職場でも書き物においても、言葉の膝を折るということはめったにしなかった。言いたい放題だったわけではもちろんない。が、じぶんなりの節度で言葉を抑えたり、逆に勢いで言い切ってしまうということができた。じぶんで許容できる言葉のシュピールラウム(あそびの空間)というものがあって、そのなかでおもいきり言葉を乱舞させることもできた。言葉を雑巾のようにきつく絞ったり、湯船に浮かべるかのように揺らめかせたり、尖った鉛筆のように削ったり、籤箱(くじばこ)の玉のようにがらがら混ぜることもできた。
 そういうあそびが、ある日突然、許されなくなった。あそびといっても悪ふざけのことではない。歯車でいうところのあそびである。言葉に襞(ひだ)をつくると二枚舌だと言われる。言葉を棒のように伸ばすと話が長いと言われる。言葉を尖らせると「傷ついた」という反応が返ってくる。悩ましいことが起きても遅滞なくコメントしなければならない。なかば思いつきで言ったことがただちに「方針」として伝わる。ためらいがちに口にした言葉、もつれた言葉にも、一言一句チェックが入る。
 言葉のギアが入りっぱなし。言葉を遊弋させることができなくなった。
 

- w035

工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱
今野浩

 工学部の語り部を標榜する著者が、もの書き≠ノ必要なものは、分析力、編集力、虚言力≠フ三つである、と述べている。
 虚言力≠ニいうのは著者らしいユーモア表現である。
 1940年生まれの著者が書いていることは参考になることが多く、見習いたいと思っている。
 

過去の掲載へ


紙飛行機 習作
No.タイトル概要備考
- wk09

イモ洗い


 私はこの組織でずっと働き続けてきた。部下より年上だし経験も長いが、人手不足で仕事が回らず、部下とぶつかり合う。関連部署との調整では、納期を巡って「早く手配してくれ」、「できない」で衝突する。
 コミット割れで給料が減りそうになると、私は「オレのせいではない!」と天に向かって叫ぶ。
 「そうならないように管理するのが君の仕事だよ」という声が降り落ちてくる。
 私は、イモ洗いでゴロゴロとぶつかり合うイモの1つだった。
 イモ洗いの様子を管理している仕事の神様は、バケツの中をかき回す。
 天からのつぶやきが聞こえた。
 「彼は、長い間バケツに入れ過ぎた。身が小さくなって売り物にならんな」
 私は摘まれてバケツの外に捨てられた。
 

約300字
- wk08

通勤時間の活用例

 神奈川県ホームページで、ワーク・ライフ・バランスに関するエッセイを募集していた。
  ワーク・ライフ・バランスというと、子育てや介護との両立が大変ということが頭に浮かぶ。自分のように、通勤時間がハンディになっている例を投稿しても採用されないだろうと思った。
 
 結果的に、私のワーク・ライフ・バランス実現術のコーナーに掲載いただくことになった。
 下記のURLに、「通勤時間の活用例(平成28年4月1日)」として掲載されている。
 
 「かながわ働き方改革 ワーク・ライフ・バランスエッセー」 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534390/
 

約1,600字
過去の掲載へ


アドレス


明日藻 或惰郎について
明日こそは藻(言葉のあや)を創ろうと思うものの、思うだけで「明日もあるだろう」と 毎日を怠惰に過ごしている或る男(本HPの作者)を意味している。
言い変えると、山月記に登場する李徴(*)の亜流的生き方をしているとも言える。
(*);「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりにも短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、 事実は、才能の不足を暴露するかもしれないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己のすべてだったのだ」


掲載開始 2013-05-03