明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

★更新日 2017-11-18

ノート マイ・ノート
日付雑記画像
2017-11-11

 工作船資料館
 
 前から訪れてみたいと思っていた。
 海保の資料館は、みなとみらい赤レンガ倉庫の先にある。赤レンガ倉庫を訪れる外国人観光客も足を延ばせば行けるロケーションにある。
 2001年12月22日に発生した北朝鮮工作船事件の工作船が展示してある。
 当時の緊迫した状況がビデオで再現され、機関銃の音が館内に響き渡る。
 
 これを見て想像したのは、現場にいた当事者たちの緊張感だ。逃げ切ろうとする工作船、停船させようとする海保――組織の意向を遂行しなければならない双方は必死だっただろう。失敗すれば、組織から責任を問われる。
 銃撃戦となり、最後は自爆、沈没。工作船乗組員は、組織の意向通り自死した。
 
 そういえば、2010年9月には、尖閣諸島中国漁船衝突事件があったことを思い出した。このときは、中国漁船が巡視船に体当たりをした映像が、後日流れて仰天した。映像が無ければウヤムヤになっていたかもしれない事件だったが、映像を流出したことで緊迫した状況を知ることができた。
 映像を流出した海上保安官は可哀そうに退職に追い込まれてしまったが、この後に、海上保安庁への応募が急増するという皮肉な現象も起きていた。
 
 こうしたことから思うのは、現状維持というのは何もしないで保てるものではないということだ。国境線は、何もしないでいると既成事実の積み重ねで狭められていく。現状維持のために、それなりの努力、アクションが必要ということ。
 さらに、競争がある世界は、すべて取り合いの世界なので、現状維持でさえ難しいということ。ジリ貧になれば、敗者として退場が迫ってくることになる。
 世の中は厳しい。
 


工作船
- 2017-11-11

 相模鉄道
 
 相模鉄道という名前だけからのイメージは、田舎の単線という感じがある。相模線というJRの似たような線名もある。
 
 9000系リニューアル車両(右上)のボックス席に座った。シートは布地ではなく、スコットランド製の本革である――高級感が漂う。明らかに、「田舎の単線」電車ではない。座って本を読み始めてしばらくすると、本を照らす光が白から黄色を帯びた昼光色に変わった。この切り替えは、ちょっと違和感がある。たまたま、昼夜で色調を変えるタイミングだったのかもしれないが、もっとゆっくり変えてくれないと目が慣れないので、照明の故障ではないかと思ってしまう。
 
 相鉄は、来月、新型車両「20000系」(右下)を導入する予定だそうだ。都心直通用で、2019年度下期の開業を目指す相鉄・JR直通線に使われる。既存車両では、東急線内を走れないため車両サイズが小さくなっている。
 クルマのヘッドライトのようなフロント部分のデザインが面白い。
 ただ、「個別ドアスイッチ」を装備するようだ。これは、停車中に乗客がドアの開閉を行うためのものなので、ローカル線の雰囲気が漂う。
 どんな乗り心地になるのか、楽しみだ。
 


リニューアル9000系
 20000系
過去の掲載へ


本 読んだもの
No.読後感
r369

サイバー犯罪入門   
 足立照嘉


 スマホとOBDコネクターをつなぎ、アプリがあれば、自分の車の燃費がわかるようになる(下記に引用)――便利だ。
 しかし、スマホに悪意をもって侵入して、疑似故障信号を送り込んで、limp homeモードへ落とし込むなんてことが簡単にできるのではないかと思う。便利と引き換えに、リスクを背負いこむことになる。
 
 本からの引用:
 
 このボッシュが、2016年に、自分の自動車の状態をスマホの画面上で確認できる端末を発売した。69・90ユーロ(およそ8500円)の端末なのだが、これを自動車のOBD(On-board diagnostics・自己故障診断)コネクタに差し込み、AndroidもしくはiPhone用の専用アプリをダウンロードすれば使える。
 ・・・
 このボッシュ製の端末とスマホアプリはBluetoothによって接続され、速度や燃費などをリアルタイムでスマホの画面上に表示することができる。万が一、自動車が故障した場合には、その原因はもちろん、最寄りの修理工場を表示する機能などもある。旧型の自動車でも、OBDコネククのある自動車であれば、最新モデルに搭載されているような機能を利用できるというわけだ。
 この端末によって、運送業の事業者は、燃費の改善や安全な運行のための業務上重要なデータやアドバイスを得ることができる。もちろん、個人が自家用車で活用することも可能だ。
 しかし、2017年になって、イスラエルの自動車関連サイバーセキュリティ企業・アルグスの研究によって、この製品のセキュリティ上の欠陥が発見された。
 

- r368

味の散歩   
 秋山徳蔵


 1956年出版の文庫化。60年前に書かれていたとは思えないような内容。天皇の料理番ということで、宮中の正月料理、長良川の鵜飼など、普段知ることのできない様子が書かれている。
 パーティに関する記述を引用する。
 
 本からの引用:
 
 この「会話」「談笑」ということが、パーティーの主眼なのであって、飲んだり食ったりは、それを楽しくする薬味に過ぎないのである。これが往々にして本末顛倒され、いったい今夜の主人公はどんな人間で、どんなことをした男かもハッキリわからないまま、いい加減に酒をガブ飲みして帰る手合がいるものだ。
 ・・・
 会話にしても、そのパーティーの主題となるものを忘れないで、特に、主人側と話をするときは、一度は必ずそれに関連した話をしなければならない。客同志の雑談にも、豊富な話題をもっていて、たくみなユーモアと機智をもって、絶えず聞き手の頬をほころばせたり、ごく自然な感動をよび起すような話をするのが理想的だが、これはひとつは天性にもよるものだから、話術の下手な人は聞き上手になればいいのだ。聞き上手なら、努力次第で誰でもなれる。気の利いた合槌を打ったり、うまく話を引き出す質問をしたりする程度で、あとはその話に引き込まれていればよいわけだから――。話上手な人は、一グループに一人か二人いるだけで、充分に賑かになるものだから、ホストやホステスは、そういうところにも機転をきかせて、うまくお客をミックスすることである。
 

過去の掲載へ


くつ 散歩

・高輪 散歩
・品川港南 散歩
・日本橋、京橋 散歩
・銀座 散歩


ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
- S18

 なやみのとびら
 


 日経新聞で面白いコラムがあった。
 
 60代男性の悩みに対して、「年をとると、男性よりも女性のほうが断然元気に見えるのはなぜなのだろう」で始まる回答に、引き込まれて読んでいく。
 「あなたはだいぶ無理をして、かつてより減額された給料でも文句を言わずにがんばっている。その重荷を少し軽くしてみませんか。仕事をしながら、好きな趣味に打ちこみ、遊びに出かけてみる。」――確かに、その通りだ。
 「この世代では男女間にかなりの文化格差があります。女性は多彩な現代の映画・演劇・音楽・文学にふれているのに、男性のほうは仕事さえしていればとりあえず格好がつくので、学生時代以来サボっている人がほとんど。」――その通りだ。話が合わないのは当然だ。
 

- S17

 日本版CCRC@秋田
 


 日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)の整備を秋田にある銀行が進めているという新聞記事があった(左記S17クリック)。
 
 <日本版CCRC構想>
 「東京圏をはじめとする高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。
 
 銀行がこうした事業にまで手を延ばすというのは、どういうことなのだろうか。人口減で預金者が減っていけば、銀行としての存在そのものが問われるからだろうか。人口減少のインパクトは深刻だ。
 銀行の本音は、退職金をもったリッチなシニアに移住してきてもらいたいということなのかもしれない。
  
 人口減少の問題は、東京の中でもある。高島平団地のように「過疎化した限界集落のよう」と形容される場所が出てきている。
 老後をどこで過ごすかは自由だが、選択肢はあまりないはずだ。
 自分はどうするか――と思いながら老いていくのだろう。
 

過去の掲載へ


書く 書くことについて
No.読後感
w037

「こころとお話のゆくえ」河合隼雄

 河合隼雄さんが審査員を務めた「児童文学ファンタジー大賞」第3回選考委員会のことが書かれていた。「作品」に対する期待値の高さが記述されている。「文学作品」は、やはり読むも書くも縁遠い世界だ、また一歩、距離を置くことになった。
 
 <引用>
 今回は、しかし、この作品のことではなく他のことについて述べたい。それは、最終選考に残ってきた他の候補作品を読んで感じたことである。「鬼の橋」以外のどの作品を読んでも、共通に感じたことは、上手に話がつくってあるが、こちらの心に迫ってくるものがないということである。確かに話はうまいし、筆力もあり、最後まで読ませるのだが、ある審査員が「ベーブサイド」と言ったように登場人物はまるで紙人形のように並べられ、作者の意のままに動いて、お話つくりに協力する、という感じなのである。
 文学作品というものは、作者が登場人物の性格や話の道筋を大体きめて書きはじめると、作中人物が作者の意図と異なって勝手に動きはじめ、それをどうするかと作者が苦労しつつできあがってくるものだ。そこには作者と登場人物の格闘がある。このような作品に接すると、読者も自分の意識を超える存在に触れる実感がして、時には汗が流れたり、体がふるえたりするほどになる。桑原武夫先生が、読みながら身体が反応するほどではなかったら、それはよい本ではない、と言われたことがある。
 ところが、応募作品を読むと先に述べたような感じとはまったく異なる。それは作者がすべて思いどおりに作った「つくり話」である。それと、これは審査委員の言った言葉であるが、どれも「無機質」なのである。便利なプラスチック製品のように、手触りの感じや、厚みなどを感じさせない。
 

- w036

「言葉を遊弋させる」

 「言葉を遊弋(ゆうよく)させる」という表現が、「人生はいつもちぐはぐ」(鷲田 清一)に記されていた。言葉を伸び伸びと繰る印象を受ける。言葉を遊弋させていた時期と大学総長になってからの状況を引用する。
 
<引用>
 
 それまでは、職場でも書き物においても、言葉の膝を折るということはめったにしなかった。言いたい放題だったわけではもちろんない。が、じぶんなりの節度で言葉を抑えたり、逆に勢いで言い切ってしまうということができた。じぶんで許容できる言葉のシュピールラウム(あそびの空間)というものがあって、そのなかでおもいきり言葉を乱舞させることもできた。言葉を雑巾のようにきつく絞ったり、湯船に浮かべるかのように揺らめかせたり、尖った鉛筆のように削ったり、籤箱(くじばこ)の玉のようにがらがら混ぜることもできた。
 そういうあそびが、ある日突然、許されなくなった。あそびといっても悪ふざけのことではない。歯車でいうところのあそびである。言葉に襞(ひだ)をつくると二枚舌だと言われる。言葉を棒のように伸ばすと話が長いと言われる。言葉を尖らせると「傷ついた」という反応が返ってくる。悩ましいことが起きても遅滞なくコメントしなければならない。なかば思いつきで言ったことがただちに「方針」として伝わる。ためらいがちに口にした言葉、もつれた言葉にも、一言一句チェックが入る。
 言葉のギアが入りっぱなし。言葉を遊弋させることができなくなった。
 

過去の掲載へ


紙飛行機 習作
No.タイトル概要備考
- wk09

イモ洗い


 私はこの組織でずっと働き続けてきた。部下より年上だし経験も長いが、人手不足で仕事が回らず、部下とぶつかり合う。関連部署との調整では、納期を巡って「早く手配してくれ」、「できない」で衝突する。
 コミット割れで給料が減りそうになると、私は「オレのせいではない!」と天に向かって叫ぶ。
 「そうならないように管理するのが君の仕事だよ」という声が降り落ちてくる。
 私は、イモ洗いでゴロゴロとぶつかり合うイモの1つだった。
 イモ洗いの様子を管理している仕事の神様は、バケツの中をかき回す。
 天からのつぶやきが聞こえた。
 「彼は、長い間バケツに入れ過ぎた。身が小さくなって売り物にならんな」
 私は摘まれてバケツの外に捨てられた。
 

約300字
- wk08

通勤時間の活用例

 神奈川県ホームページで、ワーク・ライフ・バランスに関するエッセイを募集していた。
  ワーク・ライフ・バランスというと、子育てや介護との両立が大変ということが頭に浮かぶ。自分のように、通勤時間がハンディになっている例を投稿しても採用されないだろうと思った。
 
 結果的に、私のワーク・ライフ・バランス実現術のコーナーに掲載いただくことになった。
 下記のURLに、「通勤時間の活用例(平成28年4月1日)」として掲載されている。
 
 「かながわ働き方改革 ワーク・ライフ・バランスエッセー」 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534390/
 

約1,600字
過去の掲載へ


アドレス


明日藻 或惰郎について
明日こそは藻(言葉のあや)を創ろうと思うものの、思うだけで「明日もあるだろう」と 毎日を怠惰に過ごしている或る男(本HPの作者)を意味している。
言い変えると、山月記に登場する李徴(*)の亜流的生き方をしているとも言える。
(*);「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりにも短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、 事実は、才能の不足を暴露するかもしれないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己のすべてだったのだ」


掲載開始 2013-05-03