明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

★更新日 2017-6-17

ノート マイ・ノート
日付雑記画像
2017-6-17

 浜離宮恩賜庭園
 
 時間調整のために、17時頃、浜離宮恩賜庭園へ行った。ゆっくり散歩を楽しむつもりだった。しかし、大手門は、17時閉園という看板とともに閉じられていた。
 仕方なく、濠沿いの海岸通を浜松町方面へ歩いた。道路を走る車の騒音が大きいのに比べ、歩道の人通りは少なく、時々、サイクリストが行き交う程度の寂しい場所だった。ふっと道路脇の植え込みに視線を移すと、植え込みに囲まれた狭いスペースに座りこんだ人がいた。えっ、何?!――ホームレスだった。
 一瞬、ドキッとした。植え込みに埋もれるようにして座っていたので、濠側を見ていれば気が付かなかっただろう。
 海岸通をそのまま進んで、ようやく出てきた横断歩道を渡り新橋方面に向かった。
 こうして小一時間の散歩は終わった。
 次回の散歩コース候補は、開園時間内の訪問と旧芝離宮恩賜庭園へ足を延ばすことにしよう。
 


浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園
- 2017-6-10

 スバル360

 人とくるまのテクノロジー展で、スバル360が展示されていた。
 1958年から生産された車で、ユニークな形が印象的だ。
 シートベルトもなく、衝突性能試験も排ガス試験も無い、おおらかな時代の車だ。価格は約40万円。
 
 約60年後の現在、富士重工業はSUBARUとなり、本社も千代田区丸の内から渋谷区恵比寿へ変わった。SUBARUの一番小さい車はJUSTY。
 
 「独自の付加価値戦略・差別化戦略のもと
 SUBARUブランドを徹底的に磨き
 持続的な成長を目指します。」
 と宣言した会社は、プレミアム路線を走る。
 コモディティ化した自動車という商品で、再び、スバル360のようなインパクトを世に問えるか。
 


スバル360

JUSTY
過去の掲載へ


本 読んだもの
No.読後感
r347

身近に潜む危ない化学反応
 斎藤 勝裕

 忘れていた事件を思い出させてくれた。
 
 夜中の電車で、コーヒーのアルミ缶が爆発。
 これは、業務用洗剤(業務用のものは汚れを強力に落とす目的のため、強アルカリ性や強酸性の物が多い)を入れたため、アルミニウムがアルカリ(塩基)と反応して水素ガスH2を発生した。
 バイト先で使っていた洗剤を持ち帰って、家で使おうとしたらしい。
 まさか、缶の中で以下が起きているとは思わなかっただろう。
 Al反応式
 
 幅広く、メカニズムを知ることは大事だと思った。
 

- r346

仮想通過で銀行が消える日
 真壁 昭夫

 「ビットコインが信頼できるようになれば、送金手数料が格安なので、銀行を経ずに決済できるようになる。10年、20年後はどうなっているんだろう。
 
 本からの引用:
 
 ビットコインの発行は制限されている。今のところ、2100万コインと定められている。そして、この制限に近づくほど(ビットコインの発行が進むほど)、採掘できるコインの量は少なくなる。マイニングの難度も上がる。その分、マイニングにかかる電気代などのコストは増えてしまう。こうなると、発行するのにコストのかかるお金を誰が欲しがるだろうかという疑問が残る。これは、ビットコイン、そしてその他の仮想通貨が解決すべき問題点だ。
 このように、量に限りがあると、一部の愛好家などの買い占めが起きやすい。歴史を紐解けば、オランダのチューリップバブルはそのよい例だ。そのため、どうしてもビットコインの価値は安定しづらい。
 
 ・・・
 
 銀行は守らなければならないという考えは、どこの国でも強い。それは、預金者を守らなければならない、ということと同じだ。欧州では、銀行が破綻した際には、まず、銀行の株主や債権者に損を負担させることが取り入れられた。
  これをベイルイン≠ニいう。その対義語が、公的資金=税金を使った銀行の救済を意味するベイルアウト≠セ。ベイルインが取り入れられた背景にも、銀行の内部に損を負担させる仕組みを作っておけば、過度なリスクテイクが進まず、銀行危機は起きない、という発想がある。
 

過去の掲載へ


くつ 散歩

・高輪 散歩
・品川港南 散歩
・日本橋、京橋 散歩
・銀座 散歩


ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
- S16

 1年間の目標と日課
 

 「働き方の教科書」(新 将命)を読んだ。著者は1936年生まれ、この本は2011年に執筆されたので、75歳での著書ということになる。
 75歳にして、以下のような目標と行動力を持っている。
 お手本にしたいものだ。
 
 <引用>
 これは自分に対する備忘録ですから、事細かく書き込む必要はありません。たとえば私の場合は――
 ・今年中に本を一冊書く(来年もう一冊)
 ・講演、研修(月に八回から一〇回)
 ・海外ビジネス出張(年に三回から四回)
 ・妻とプライベート海外旅行(年に二回)
 ・体重を七三キロに落とす
 ・本を読む(週に最低一冊)
 ・一日三〇分はBBCかCNNを聴いて英語の耳を慣らしておく目標と行動がテンコ盛りになっている感はありますが、ざっとこんなところです。
 
 ちなみに私は、若いころは週に二日ほどは就業後にジムに通って汗を流していました。最近ではジムに通う時間が捻出できないほど可処分時間の絶対量が足りないので、それをやめる代わりに時間が許すかぎり毎日四〇分のウォーキングと毎日三〇〇回の腕立て伏せをしています。「三〇〇回も?」と驚く人が多いのですが、たいしたことはありません。一度に五〇回を六回やるという分割払いです。「エレファント・テクニック」 と言って、一見しんどそうに思えることでも小さい単位に分けてやれば結果として大きなことができるのです。
 また 「心を鍛える」ことに関しては、毎日最低三〇分程度を読書に充て、海外のニュース番組を英語で聴く、といったことをもうかれこれ四〇年以上一貫して実践しています。その結架、いまでも二時間くらいの講演なら原稿なしに英語で行うことができます。
 

- S15

 「毎日が日曜日」を自由という名の牢獄にしない
 
 
 
 
 
 

定年するあなたへ

 

 「定年するあなたへ」(佐々木常夫)より引用。
 
 以前、同窓会に出たときにも、ある同級生いわく、朝は四時に目が覚める。すぐ早朝の散歩に出るが、犬を散歩させている人に話しかけたりして、できるだけ時間をかけて、二時間半くらい歩く。帰ってきて、新聞を隅から隅までしっかりと読み、テレビのニュースを見ると、やっと朝食。食べ終わったあと、さて、今日は何をしようかと思案する……そんなふうに何もすることがない、ひまと退屈を持て余す日々のくり返しだというのです。
 「定年前は、会社を辞めたら、好きな本を好きなだけ読んでやるぞと思っていたがね。いざ、いくらでも読める自由な時間を手に入れてみると、そもそも本を読む意欲があまりわいてこないんだよ」
 つまり、休日の解放感というのは、一週間に一日しか訪れてこないからこそ、キラキラと輝いて見えるのです。それが「毎日が日曜日」となると、その自由はむしろ惰性や重荷へと転じてしまう。それは自由という名の牢獄ともいえるかもしれません。
 
 老いてからは「自立心をもって」「ものごとにこだわらず」「力を抜いて自然体で行動し」「謙虚さと感謝の心を忘れず」「ちょっとした夢をもち」「人には期待せず」それでいて、「少しだけ人のためになることを考え」「おしゃれはしなくてもいいから品のいい清潔な身だしなみを心がけ」「明るく上機嫌で」「自分流に」、生きていきたいものです。
 

過去の掲載へ


書く 書くことについて
No.読後感
- w036

「言葉を遊弋させる」

 「言葉を遊弋(ゆうよく)させる」という表現が、「人生はいつもちぐはぐ」(鷲田 清一)に記されていた。言葉を伸び伸びと繰る印象を受ける。言葉を遊弋させていた時期と大学総長になってからの状況を引用する。
 
<引用>
 
 それまでは、職場でも書き物においても、言葉の膝を折るということはめったにしなかった。言いたい放題だったわけではもちろんない。が、じぶんなりの節度で言葉を抑えたり、逆に勢いで言い切ってしまうということができた。じぶんで許容できる言葉のシュピールラウム(あそびの空間)というものがあって、そのなかでおもいきり言葉を乱舞させることもできた。言葉を雑巾のようにきつく絞ったり、湯船に浮かべるかのように揺らめかせたり、尖った鉛筆のように削ったり、籤箱(くじばこ)の玉のようにがらがら混ぜることもできた。
 そういうあそびが、ある日突然、許されなくなった。あそびといっても悪ふざけのことではない。歯車でいうところのあそびである。言葉に襞(ひだ)をつくると二枚舌だと言われる。言葉を棒のように伸ばすと話が長いと言われる。言葉を尖らせると「傷ついた」という反応が返ってくる。悩ましいことが起きても遅滞なくコメントしなければならない。なかば思いつきで言ったことがただちに「方針」として伝わる。ためらいがちに口にした言葉、もつれた言葉にも、一言一句チェックが入る。
 言葉のギアが入りっぱなし。言葉を遊弋させることができなくなった。
 

- w035

工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱
今野浩

 工学部の語り部を標榜する著者が、もの書き≠ノ必要なものは、分析力、編集力、虚言力≠フ三つである、と述べている。
 虚言力≠ニいうのは著者らしいユーモア表現である。
 1940年生まれの著者が書いていることは参考になることが多く、見習いたいと思っている。
 

過去の掲載へ


紙飛行機 習作
No.タイトル概要備考
- wk09

イモ洗い


 私はこの組織でずっと働き続けてきた。部下より年上だし経験も長いが、人手不足で仕事が回らず、部下とぶつかり合う。関連部署との調整では、納期を巡って「早く手配してくれ」、「できない」で衝突する。
 コミット割れで給料が減りそうになると、私は「オレのせいではない!」と天に向かって叫ぶ。
 「そうならないように管理するのが君の仕事だよ」という声が降り落ちてくる。
 私は、イモ洗いでゴロゴロとぶつかり合うイモの1つだった。
 イモ洗いの様子を管理している仕事の神様は、バケツの中をかき回す。
 天からのつぶやきが聞こえた。
 「彼は、長い間バケツに入れ過ぎた。身が小さくなって売り物にならんな」
 私は摘まれてバケツの外に捨てられた。
 

約300字
- wk08

通勤時間の活用例

 神奈川県ホームページで、ワーク・ライフ・バランスに関するエッセイを募集していた。
  ワーク・ライフ・バランスというと、子育てや介護との両立が大変ということが頭に浮かぶ。自分のように、通勤時間がハンディになっている例を投稿しても採用されないだろうと思った。
 
 結果的に、私のワーク・ライフ・バランス実現術のコーナーに掲載いただくことになった。
 下記のURLに、「通勤時間の活用例(平成28年4月1日)」として掲載されている。
 
 「かながわ働き方改革 ワーク・ライフ・バランスエッセー」 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534390/
 

約1,600字
過去の掲載へ


アドレス


明日藻 或惰郎について
明日こそは藻(言葉のあや)を創ろうと思うものの、思うだけで「明日もあるだろう」と 毎日を怠惰に過ごしている或る男(本HPの作者)を意味している。
言い変えると、山月記に登場する李徴(*)の亜流的生き方をしているとも言える。
(*);「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりにも短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、 事実は、才能の不足を暴露するかもしれないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己のすべてだったのだ」


掲載開始 2013-05-03