明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

★更新日 2018-2-17

ノート マイ・ノート
日付雑記画像
2018-2-17

 視聴回数 8,230,548 回
 
 これは、YouTubeで、辻井伸行がラ・カンパネラを演奏する映像の視聴回数である。演奏する姿を見るたびに、すごいと思う。
 楽譜を読めない彼が、どうやって楽譜を頭に入れたのか?
 鍵盤の位置を目視できない彼が、どうやって華麗に弾けるようになったのか?
 それらの努力を想像すると、自分の思っている努力というイメージの甘さを感じざるを得ない。
 ピアノを弾くことが楽しいというだけで、これほどのレベルに達するのは無理だ。ここまでは出来るようになりたい自分と、挫ける自分との妥協しない闘いをずーっと続けてきたはずだ。
 人前で演奏するレベルに達するまで、努力を続けられたモチベーションは何なのだろうか。
  
 土曜の朝、2時間ほど彼の演奏を聞いた。イライラしていた気持ちが鎮まるとともに、自分を磨くことを忘れていた自分に気づいた。凡人としての努力を始めたい。
  


辻井伸行 
- 2018-2-10

 車列と特装車
 
 今週、外堀通りを車で移動していた時のことだった。
 市谷本町の交差点で、赤信号で止まった。前方20m先に、警官が一人走行車線に立っていた。対面の交差点角には、望遠付きカメラを構えた人たちがいる。歩行者用信号は青のままで青点滅にならない。――変だ。何かある。
 しばらくすると、右方から出てきたパトカーが、がら空きになっている外堀通りに入ってきた。続いて黒塗りのSUVが何台も続いた。日米の国旗を付けている車もあった。最後尾はパトカーだった。車列は約20台。車列には箱型の特装車があり、普通の車列ではないことを示していた。
 物々しい雰囲気から、米国の要人が来日していることはわかった。
 霞が関を通ると、街路に日米の国旗が並べて掲げられていた。
  あとで調べると、ペンス副大統領が防衛省を訪問した後の車列であることがわかった。偶然であるが、交差点の最前列で停車して、目の前を20台もの車列が行き過ぎるシーンを眺めることができた。
  


特装車 
過去の掲載へ


本 読んだもの
No.読後感
r382

西原理恵子の太腕繁盛記 FXでガチンコ勝負!
 


 本からの引用:
 
 森永 とりあえず勝とうと思ったら、ポジションを放置したまま(註 決済しないまま)寝ちゃダメなんですよ。
西原 寝ちゃダメなの? 何それ、雪山?
森永 利益を確保して、安全な状態にしてから寝ないと。
西原 ポジションをずっと寝かせたままにするのは得意でしたけど……。
森永 それがダメなんです! 自分が寝ている間にマーケットで何が起こるかわからないじゃないですか。マーケットは二十四時間休みなしですから。
 

- r381

総員玉砕せよ!
 水木しげる


 あとがきからの引用。
 
 この物語では最後に全員死ぬことになっているが、ぼくは最後に一人の兵隊が逃げて次の地点で守る連隊長に報告することにしようと思った。だが、長くなるので全員玉砕にしたが、事実はとなりの地区を守っていた混成三連隊の連隊長は、この玉砕事件についてこういった。
 「あの場所をなぜ、そうまでにして守らねばならなかったのか」
 ぼくはそれを耳にしたとき「フハッ」と空しい嘆息みたいな言葉が出るだけだった。
 あの場所をそうまでにして……、なんという空しい言葉だろう、死人(戦死者)に口はない。
 ぼくは戦記物をかくとわけのわからない怒りがこみ上げてきて仕方がない。多分戦死者の霊がそうさせるのではないかと思う。
 
 水木しげる 
 

過去の掲載へ


くつ 散歩

・高輪 散歩
・品川港南 散歩
・日本橋、京橋 散歩
・銀座 散歩
・横浜みなとみらい 散歩


バリアフリー バリアフリー関心事
日付関心事画像
- 2018-1-6

 バリアフリー
 
 パナソニックの「高アクセシビリティ社会のおもてなしソリューション」という資料(*)で、今後いろんな技術が開発されていくことがわかった。バリアフリーについて関心を持ったので、注目していきたい。
 
 (*):総務省 「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会 幹事会(第3回)」配付資料3-7 (平成27年3月9日)
 
 ネットで検索していたら、「世界初! 車いすも「自動運転」 パナソニックが2018年4月にも発売、東京五輪へバリアフリー」というのがあった。自動車の自動運転はさかんに報道されるが、車いすの自動運転とは凄い。デモストレーションの機会を待ちたい。
 パナソニックは、電動車いすメーカー「ウィル」(横浜市鶴見区)と共同開発してきたそうだ。「ウィル」が開発・販売するWHILL Model Cは、本体価格は45万円、走行最大約16km、フル充電約5時間、重量約52kg。オムニホイールと呼ばれる前輪は、なんと縦方向と横方向に回転する。段差乗越え5cm。
 
 バリアフリーを切り口に調べていくと、知らなかったことがたくさん出てきて面白い。
 


高アクセシビリティ
 WHILL C  

観光、街歩き(バリアフリー)
No.ルート・マップメモ
2

バリアフリーまち歩きMAP in 港区へ

 港区 産業・地域振興支援部産業振興課

 11コースのコースが紹介されている。港区は台地があるので、坂が多い。コースの地図に勾配3%以上、未満の表示があるのでコース検討の目安になる。最初は、平坦路が多い海寄沿いのコースがいいのではないか――新橋コース、港南コース、・台場コースあたり。
 

1

東京観光 バリアフリー情報ガイドへ

 東京都産業労働局

 10のコースが紹介されている。私の好みでいえば「コース5 東京」が良い。皇居東御苑内をマイペースで見学できる。天候が悪い時は、丸の内の商業施設を見て回れるから。
 


ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
- S19

 暇を喜ぶ
 


 「いくらでも楽しい余暇の過ごし方はあるだろうに」と言えるようなライフスタイルにしたい。以下は、「爺の暇つぶし」(吉川 潮、島 敏光)からの引用。
 
 私は現在67歳の立派な爺です。現役の作家ではありますが、40代、50代と比べると書き下ろし長編小説のペースが落ち、エッセイやコラムの連載はやめたり打ち切りになったりして仕事量は激減しました。しかし、そのことをまるで憂えておらず、暇ができたことを喜んでいます。
 毎日外出し、公園や庭園を散歩したり、映画、音楽、演芸を鑑賞したり、安くて美味しい物を食べ、友人とおしゃべりしたりするのが楽しくてたまりません。それはもちろん、自分と家族が揃って健康であることなどの条件付きではありますが、私自身が余暇を楽しむ術を心得ているからだと認識しています。
 周囲を見渡すと、フリーランサーを除く同世代の友人のほとんどが定年を迎えました。現役時代は多忙で趣味にいそしむ時間がなかった。しかし定年後、いざ暇になると時間をもてあますようになる。ゴルフは月に1、2度がいいところ。新しい趣味を探す気もない。家に居る時間が長いと女房の機嫌が悪くなるので用もないのに外出するが、すぐに帰宅してしまう。などといった話を聞くにつけ、「いくらでも楽しい余暇の過ごし方はあるだろうに」と思うのです。
 
 散歩は一人が原則です。自分のペースで歩くほうがいい。友人とおしゃべりしながら歩くのもけっこうですが、話に夢中になり周囲の景色に日が行き届かなくなる。目でも楽しむため、私は一人の散歩を好みます。
 都内で電車に乗ってまで行きたい公園の第一は日比谷公園です。銀座や新橋に近く交通利便、広大な敷地で緑だけでなく四季の花が愛でられる。そして、暑い時は大噴水が涼気を振りまく。こんな公園が都心にあることに感謝してます。
 

- S18

 なやみのとびら
 


 日経新聞で面白いコラムがあった。
 
 60代男性の悩みに対して、「年をとると、男性よりも女性のほうが断然元気に見えるのはなぜなのだろう」で始まる回答に、引き込まれて読んでいく。
 「あなたはだいぶ無理をして、かつてより減額された給料でも文句を言わずにがんばっている。その重荷を少し軽くしてみませんか。仕事をしながら、好きな趣味に打ちこみ、遊びに出かけてみる。」――確かに、その通りだ。
 「この世代では男女間にかなりの文化格差があります。女性は多彩な現代の映画・演劇・音楽・文学にふれているのに、男性のほうは仕事さえしていればとりあえず格好がつくので、学生時代以来サボっている人がほとんど。」――その通りだ。話が合わないのは当然だ。
 

過去の掲載へ


書く 書くことについて
No.読後感
- w037

「こころとお話のゆくえ」河合隼雄

 河合隼雄さんが審査員を務めた「児童文学ファンタジー大賞」第3回選考委員会のことが書かれていた。「作品」に対する期待値の高さが記述されている。「文学作品」は、やはり読むも書くも縁遠い世界だ、また一歩、距離を置くことになった。
 
 <引用>
 今回は、しかし、この作品のことではなく他のことについて述べたい。それは、最終選考に残ってきた他の候補作品を読んで感じたことである。「鬼の橋」以外のどの作品を読んでも、共通に感じたことは、上手に話がつくってあるが、こちらの心に迫ってくるものがないということである。確かに話はうまいし、筆力もあり、最後まで読ませるのだが、ある審査員が「ベーブサイド」と言ったように登場人物はまるで紙人形のように並べられ、作者の意のままに動いて、お話つくりに協力する、という感じなのである。
 文学作品というものは、作者が登場人物の性格や話の道筋を大体きめて書きはじめると、作中人物が作者の意図と異なって勝手に動きはじめ、それをどうするかと作者が苦労しつつできあがってくるものだ。そこには作者と登場人物の格闘がある。このような作品に接すると、読者も自分の意識を超える存在に触れる実感がして、時には汗が流れたり、体がふるえたりするほどになる。桑原武夫先生が、読みながら身体が反応するほどではなかったら、それはよい本ではない、と言われたことがある。
 ところが、応募作品を読むと先に述べたような感じとはまったく異なる。それは作者がすべて思いどおりに作った「つくり話」である。それと、これは審査委員の言った言葉であるが、どれも「無機質」なのである。便利なプラスチック製品のように、手触りの感じや、厚みなどを感じさせない。
 

- w036

「言葉を遊弋させる」

 「言葉を遊弋(ゆうよく)させる」という表現が、「人生はいつもちぐはぐ」(鷲田 清一)に記されていた。言葉を伸び伸びと繰る印象を受ける。言葉を遊弋させていた時期と大学総長になってからの状況を引用する。
 
<引用>
 
 それまでは、職場でも書き物においても、言葉の膝を折るということはめったにしなかった。言いたい放題だったわけではもちろんない。が、じぶんなりの節度で言葉を抑えたり、逆に勢いで言い切ってしまうということができた。じぶんで許容できる言葉のシュピールラウム(あそびの空間)というものがあって、そのなかでおもいきり言葉を乱舞させることもできた。言葉を雑巾のようにきつく絞ったり、湯船に浮かべるかのように揺らめかせたり、尖った鉛筆のように削ったり、籤箱(くじばこ)の玉のようにがらがら混ぜることもできた。
 そういうあそびが、ある日突然、許されなくなった。あそびといっても悪ふざけのことではない。歯車でいうところのあそびである。言葉に襞(ひだ)をつくると二枚舌だと言われる。言葉を棒のように伸ばすと話が長いと言われる。言葉を尖らせると「傷ついた」という反応が返ってくる。悩ましいことが起きても遅滞なくコメントしなければならない。なかば思いつきで言ったことがただちに「方針」として伝わる。ためらいがちに口にした言葉、もつれた言葉にも、一言一句チェックが入る。
 言葉のギアが入りっぱなし。言葉を遊弋させることができなくなった。
 

過去の掲載へ


紙飛行機 習作
No.タイトル概要備考
- wk10

面白かった体験を文字にした


 初体験のお茶会は、知らないことや、知っていても動作がついてこない自分に気付かされた。この体験を投稿したら、運よく掲載してもらえた。

 還暦で茶会 あらたな世界
  投稿
 


約440字
- wk09

イモ洗い


 私はこの組織でずっと働き続けてきた。部下より年上だし経験も長いが、人手不足で仕事が回らず、部下とぶつかり合う。関連部署との調整では、納期を巡って「早く手配してくれ」、「できない」で衝突する。
 コミット割れで給料が減りそうになると、私は「オレのせいではない!」と天に向かって叫ぶ。
 「そうならないように管理するのが君の仕事だよ」という声が降り落ちてくる。
 私は、イモ洗いでゴロゴロとぶつかり合うイモの1つだった。
 イモ洗いの様子を管理している仕事の神様は、バケツの中をかき回す。
 天からのつぶやきが聞こえた。
 「彼は、長い間バケツに入れ過ぎた。身が小さくなって売り物にならんな」
 私は摘まれてバケツの外に捨てられた。
 

約300字
過去の掲載へ


アドレス


明日藻 或惰郎について
明日こそは藻(言葉のあや)を創ろうと思うものの、思うだけで「明日もあるだろう」と 毎日を怠惰に過ごしている或る男(本HPの作者)を意味している。
言い変えると、山月記に登場する李徴(*)の亜流的生き方をしているとも言える。
(*);「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりにも短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、 事実は、才能の不足を暴露するかもしれないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己のすべてだったのだ」


掲載開始 2013-05-03