明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

★更新日 2017-8-19

ノート マイ・ノート
日付雑記画像
2017-8-19

 「パーソン・オブ・インタレスト」

 「パーソン・オブ・インタレスト」は米国のテレビドラマ。4年前のこの雑記欄にも書いた。当時は、日本テレビで土曜早朝に放映していた。
 先週、たまたま、アマゾン・プライムで検索したら、この「パーソン・オブ・インタレスト」がヒットした。
 監視カメラとAIというIOT時代に沿ったテーマ、意外性に富んだストーリー、キャラの濃い登場人物、派手なアクションと見事なカメラワーク。これまでに見たテレビドラマの中で、一番エンターテイメント性が高いと思っている。
 
 右の写真は、カーラ(リースCIA時代のパートナー)。
 場面に合わせたライティングで、場の雰囲気をうまく作り出している。
 


カーラ
- 2017-8-12

 弱点
 
 以下は、日経新聞「私の履歴書」*からの引用。
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 碍子を取り付ける国内の高電圧送電網はほぼ完成していた。しかも当社の碍子は故障しない、劣化しない、というかなり致命的な「弱点」を抱えており、更新需要がなかなかやってこない。

 *) 2017.7.23 日本ガイシ特別顧問 柴田昌治

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 この文章を読んで、どう思われるだろうか。
 「確かに、壊れないものを作ってしまったら商売あがったりだ」と思うか、「壊れないものを目指して作っている人たちの努力をないがしろにしている」と思うか。
 私は後者だった。
 故障しない、劣化しないモノを作り、ユーザーから信頼感を得ることこそ、世の中のためになる仕事であり、価値があることだと思う。そうした自社製品を「弱点」と書いてしまう意図は何なのだろう。
 
 別の事例に触れる。
 「iPhoneの画面って割れやすいですよね。」 と書かれていることが多いiPhoneは売れてきた。アップルのサイトを見ると、「万一、画面にひびが入ったり画面が割れたりしたら、私たちにおまかせください。」「AppleCare+ にご加入の場合は、過失や事故による損傷が最大 2 回まで保証対象になります。」と書かれている。
 万一起こることだったら、2回も保証する必要はない。
 壊れやすく作っておけば、修理と保険の両方で儲けられる。
 壊れ易いことを知っている客は壊れて高額の修理費を払うのは嫌なので保険に入る。壊れた→保険で安く修理できた→(客)良かった。
 こういうやり方は儲かるだろうが、信頼感を得られるのだろうか。
 


弱点
過去の掲載へ


本 読んだもの
No.読後感
r356

エンジニアの成長戦略  
 匠習作


 自己研鑽によって会社の業務(システム開発)に役立てた事例が紹介されていたので、以下に引用する。
 π型エンジニアを目指して努力し、成果につながった良い例ということになる。
 
 本からの引用:
 
 ある女性エンジニアだが、30代前半からIT系の資格を順番にとりはじめた。MOS(技術経営)から始めて、ネットワークスペシャリスト、システムアドミニストレ一夕、ほかにも3つぐらいあったと思う。しかし、彼女はITエンジニアではない、電子部晶を製造する工場の生産管理の主任だった。結婚もして子供もいる女性だったが、根っからの努力家であり、また、勉強とパソコンが大好きだった。
 実際、資格試験の対策として勉強中も、自分が今までいかにコンピュータのことを知らずにいたのか恥ずかしくなったと話していた。「これを知っていればあの時の仕事ももっと早く簡単にできていたのに」と何度も思ったそうだ。
 また、部署が違うため、彼女の取得した資格自体は手当などには反映されなかった。受験料も家計を切り詰めてやりくりしたらしい。「夫もお小遣いを自分から返上してくれました。もちろん、資格を取った後は戻しましたけど」という詰も聞いている。
 彼女は、そのコンピュータに関する知識を、社内の生産管理システムを入れ替える際にフル活用した。その会社では、その部分はシステム開発が担当することになっていた。
 一般的に生産管理がわかっていないコンピュータのプロに全てを任せてしまって、結局使いにくいシステムができ上がってしまうことが多い。そして現場の担当者は、結局使いにくいシステムを使わなければならない。これはどこの会社でもあることだろう。
 彼女は、そこに自ら入り込んで、外注先であるソフト開発のエンジニアともやりあった。初めは、相手にされない感じだったのだが、段々と彼女の知識と能力が見えてくるにつれて、いつの間にか会議の際の中心は彼女になっていた。
 おかで、システムの開発は順調に進み、予定よりもわずかに早く完成した。また、自分の部署である生産管理課のメンバーからは使いやすいシステムだと評価された。
 これは、資格が有効だったという話ではない。最大の原因は、彼女の努力にあったことはいうまでもない。男も女も関係ない。彼女が努力して得た、知識と能力が成果に結びついたのだ。
 

- r355

統計学が最強の学問である  
 西内啓


 専門用語をなるべく使わずに、統計学の概要が書かれているので、わかりやすい。あみだくじのシミュレーション結果は興味深い。
 
 本からの引用:
 
 統計学が「最強の学問」となったのはその汎用性の高さ、すなわち、政治だろうが教育だろうが経営だろうがスポーツだろうが、最速で最善の答えを導けるところにある、という話は先に書いたところである。そうした統計学の汎用性は、前節で紹介したようにどんなことの因果関係も科学的に検証可能な「ランダム化比較実験」によって大きく支えられている。
 もう少し大げさに言い換えるならば、フィッシャーが打ち立てたランダム化比較実験という方法論は、科学の領域そのものを変えたと言っても過言ではないのである。
 ・・・
 だが、フィッシャーのランダム化比較実験がなければ、人類は「誤差のある現象」を科学的に扱うことはできなかったのである。
 
 「1回こっきりのチャンス」あるいは、あったとしてもせいぜい数回程度しかチャンスの与えられないもの自体を取り扱うことに対して、ランダム化しようがしまいが統計学は無力である。
 
 これまでに紹介した分野別の傾向で言えば、社会調査、疫学、生物統計学、心理統計学分野には頻度論者が多く、計量経済学者にはベイズ論者が増えており、データマイニング屋は特にどちらとも意識していないがベイズ論者寄り、といったところだろうか。
 

過去の掲載へ


くつ 散歩

・高輪 散歩
・品川港南 散歩
・日本橋、京橋 散歩
・銀座 散歩


ビア シニアライフ
No.キーワード雑感
- S17

 日本版CCRC@秋田
 


 日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)の整備を秋田にある銀行が進めているという新聞記事があった(左記S17クリック)。
 
 <日本版CCRC構想>
 「東京圏をはじめとする高齢者が、自らの希望に応じて地方に移り住み、地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができるような地域づくり」を目指すものである。
 
 銀行がこうした事業にまで手を延ばすというのは、どういうことなのだろうか。人口減で預金者が減っていけば、銀行としての存在そのものが問われるからだろうか。人口減少のインパクトは深刻だ。
 銀行の本音は、退職金をもったリッチなシニアに移住してきてもらいたいということなのかもしれない。
  
 人口減少の問題は、東京の中でもある。高島平団地のように「過疎化した限界集落のよう」と形容される場所が出てきている。
 老後をどこで過ごすかは自由だが、選択肢はあまりないはずだ。
 自分はどうするか――と思いながら老いていくのだろう。
 

- S16

 1年間の目標と日課
 

 「働き方の教科書」(新 将命)を読んだ。著者は1936年生まれ、この本は2011年に執筆されたので、75歳での著書ということになる。
 75歳にして、以下のような目標と行動力を持っている。
 お手本にしたいものだ。
 
 <引用>
 これは自分に対する備忘録ですから、事細かく書き込む必要はありません。たとえば私の場合は――
 ・今年中に本を一冊書く(来年もう一冊)
 ・講演、研修(月に八回から一〇回)
 ・海外ビジネス出張(年に三回から四回)
 ・妻とプライベート海外旅行(年に二回)
 ・体重を七三キロに落とす
 ・本を読む(週に最低一冊)
 ・一日三〇分はBBCかCNNを聴いて英語の耳を慣らしておく目標と行動がテンコ盛りになっている感はありますが、ざっとこんなところです。
 
 ちなみに私は、若いころは週に二日ほどは就業後にジムに通って汗を流していました。最近ではジムに通う時間が捻出できないほど可処分時間の絶対量が足りないので、それをやめる代わりに時間が許すかぎり毎日四〇分のウォーキングと毎日三〇〇回の腕立て伏せをしています。「三〇〇回も?」と驚く人が多いのですが、たいしたことはありません。一度に五〇回を六回やるという分割払いです。「エレファント・テクニック」 と言って、一見しんどそうに思えることでも小さい単位に分けてやれば結果として大きなことができるのです。
 また 「心を鍛える」ことに関しては、毎日最低三〇分程度を読書に充て、海外のニュース番組を英語で聴く、といったことをもうかれこれ四〇年以上一貫して実践しています。その結架、いまでも二時間くらいの講演なら原稿なしに英語で行うことができます。
 

過去の掲載へ


書く 書くことについて
No.読後感
- w036

「言葉を遊弋させる」

 「言葉を遊弋(ゆうよく)させる」という表現が、「人生はいつもちぐはぐ」(鷲田 清一)に記されていた。言葉を伸び伸びと繰る印象を受ける。言葉を遊弋させていた時期と大学総長になってからの状況を引用する。
 
<引用>
 
 それまでは、職場でも書き物においても、言葉の膝を折るということはめったにしなかった。言いたい放題だったわけではもちろんない。が、じぶんなりの節度で言葉を抑えたり、逆に勢いで言い切ってしまうということができた。じぶんで許容できる言葉のシュピールラウム(あそびの空間)というものがあって、そのなかでおもいきり言葉を乱舞させることもできた。言葉を雑巾のようにきつく絞ったり、湯船に浮かべるかのように揺らめかせたり、尖った鉛筆のように削ったり、籤箱(くじばこ)の玉のようにがらがら混ぜることもできた。
 そういうあそびが、ある日突然、許されなくなった。あそびといっても悪ふざけのことではない。歯車でいうところのあそびである。言葉に襞(ひだ)をつくると二枚舌だと言われる。言葉を棒のように伸ばすと話が長いと言われる。言葉を尖らせると「傷ついた」という反応が返ってくる。悩ましいことが起きても遅滞なくコメントしなければならない。なかば思いつきで言ったことがただちに「方針」として伝わる。ためらいがちに口にした言葉、もつれた言葉にも、一言一句チェックが入る。
 言葉のギアが入りっぱなし。言葉を遊弋させることができなくなった。
 

- w035

工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱
今野浩

 工学部の語り部を標榜する著者が、もの書き≠ノ必要なものは、分析力、編集力、虚言力≠フ三つである、と述べている。
 虚言力≠ニいうのは著者らしいユーモア表現である。
 1940年生まれの著者が書いていることは参考になることが多く、見習いたいと思っている。
 

過去の掲載へ


紙飛行機 習作
No.タイトル概要備考
- wk09

イモ洗い


 私はこの組織でずっと働き続けてきた。部下より年上だし経験も長いが、人手不足で仕事が回らず、部下とぶつかり合う。関連部署との調整では、納期を巡って「早く手配してくれ」、「できない」で衝突する。
 コミット割れで給料が減りそうになると、私は「オレのせいではない!」と天に向かって叫ぶ。
 「そうならないように管理するのが君の仕事だよ」という声が降り落ちてくる。
 私は、イモ洗いでゴロゴロとぶつかり合うイモの1つだった。
 イモ洗いの様子を管理している仕事の神様は、バケツの中をかき回す。
 天からのつぶやきが聞こえた。
 「彼は、長い間バケツに入れ過ぎた。身が小さくなって売り物にならんな」
 私は摘まれてバケツの外に捨てられた。
 

約300字
- wk08

通勤時間の活用例

 神奈川県ホームページで、ワーク・ライフ・バランスに関するエッセイを募集していた。
  ワーク・ライフ・バランスというと、子育てや介護との両立が大変ということが頭に浮かぶ。自分のように、通勤時間がハンディになっている例を投稿しても採用されないだろうと思った。
 
 結果的に、私のワーク・ライフ・バランス実現術のコーナーに掲載いただくことになった。
 下記のURLに、「通勤時間の活用例(平成28年4月1日)」として掲載されている。
 
 「かながわ働き方改革 ワーク・ライフ・バランスエッセー」 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534390/
 

約1,600字
過去の掲載へ


アドレス


明日藻 或惰郎について
明日こそは藻(言葉のあや)を創ろうと思うものの、思うだけで「明日もあるだろう」と 毎日を怠惰に過ごしている或る男(本HPの作者)を意味している。
言い変えると、山月記に登場する李徴(*)の亜流的生き方をしているとも言える。
(*);「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すにはあまりにも短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、 事実は、才能の不足を暴露するかもしれないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己のすべてだったのだ」


掲載開始 2013-05-03