HPへ戻る

明日藻 或惰郎(あすも あるだろう)のホームページ

本 読んだもの
No.読後感
- r345

60歳までに知っておきたい 咬み合わせ健康法る
 阿部 實

 「歯を喪失する原因は何か?」について書かれていたので、以下引用する。
 
本からの引用:
 
 まず、虫歯と歯周病が進行して“う蝕症4度(C4)”とか、“歯周病3度(P3)”と診断された場合、もうこの歯は抜くしかありません″と宣告を受けて抜歯になります。こうして歯牙欠損症(MT)となる人は大変多くいます。その結果が先ほどのグラフに示されているわけです。しかし、歯周病を放置する人の中には、歯科医に抜歯されるのではなく自然に抜けてしまう(自然脱落)場合もありますが、その数はそれほど多くはないと考えられます。
 次に多いのは歯牙破折です。歯の折れ方にもいろいろありますが、歯根まで縦に割れてしまう場合などの、保存治療が困難と診断される場合には、やはり抜歯を宣告されることになります。歯が折れる原因を考えてみると、それは何らかの力が加わったからに違いありません。具体的には咬合力、咀嚼力、歯ぎしり、食いしばり、打撲、転倒などの力が考えられます。一方、折れる歯の方が弱くなっていたということもあります。虫歯で穴があいたり、抜髄(いわゆる歯の神経をとる処置)をした歯で、もろく折れやすくなっていたなどの条件も考える必要があります。
 

- r344

年収は「住むところ」できまる
 エンリコ・モレッティ


 この本には、「都市の大卒者人口が増えることの経済的効果はきわめて大きい。大卒者の割合が一〇%増えると、その都市で働く高卒者の年収は七%増える」という興味深い散布図が掲載されていた。その他気になった2点を引用する。
 
本からの引用:
 
 生産性が向上すると、消費者にとっては商品の値段が安くなるし、労働者の貸金も上昇するが、最終的には雇用が奪われる。雇用の喪失というマイナス面を強調する論者は多いが、労働者の生産性が高まることは、社会が豊かになり、生活水準の向上が実現する主たる要因だ。アメリカ経済は、農業中心の産業構造を脱して工業化を遂げたときにこのパターンを経験している。一五〇年前、アメリカの労働者のおよそ半分は農業関係の仕事に就いていたが、現在は一%でしかない。
 
 対照的なのは日本だ。一九八〇年代、日本のハイテク産業は世界の市場を制していたが、この二〇年ほどでかなり勢いを失ってしまつた。とくに、ソフトウェアとインターネット関連ビジネスの分野の退潮が目立つ。運命が暗転した理由はいろいろあるが、大きな要因の一つは、アメリカに比べてソフトウェアエンジニアの人材の層が薄かったことだ。アメリカが世界の国々から最高レベルのソフトウェアエンジニアを引き寄せてきたのと異なり、日本では法的・文化的・言語的障壁により、外国からの人的資本の流入が妨げられてきた。その結果、日本はいくつかの成長著しいハイテク産業で世界のトップから滑り落ちてしまった。別の章で述べたように、専門的職種の労働市場の厚みは、その土地のイノベーション産業の運命を決定づける要因の一つなのである。 
 

- r343

ザ・ベロシティ 製造業・起死回生のシナリオ
 ディー・ジェイコブ、スーザン・バーグランド、ジェフ・コックス


 525ページの分厚い本。生産管理をこうした小説スタイルで描くのも面白いが、話が長くて読む時間がかかりすぎるのが難点。
 どの会社でもありそうなやり取りを以下引用する。
 
本からの引用:
 
 「七パーセント? それしかできないのか、エイミー? そんな数字じゃ、ウイン会長は納得しない! 投資家もだ! もちろん、この私だってそんな数字じゃ到底満足できない! 我がグループ会社の利益目標は年間最低二桁の成長率、一〇パーセントなんだ。エイミー、君がさっきプレゼンテーションした利益予想も然りだ。一〇パーセント以下は、認められない」
 「私は、ただ現実的に可能だと思われる数字を予想しただけです」彼女が言った。
 「現実的? 簡単に達成できる数字じゃないのか?」
 「できるかできないか、わからないような約束はしたくなかっただけです」彼女は主張した。
 「いいだろう。私も、できないことを君に約束はしてほしくない」ナイジェルが言った。「私は、とにかく結果を出してほしいんだ。君の前任者は、一年目で一一パーセントを達成した! どうして、君はそれよりも低い数字しかできないと思うんだ?」
 

- r342

地図と愉しむ 東京歴史散歩 地下の秘密篇
 竹内正浩


 千代田区の区名になっている「千代田」とは、江戸城の別称「千代田城」のことである――言われてみると、なるほど。
 地下鉄は地下にあるから天候の影響を受けないで運行できるはずだと思っているが、そうも限らない――下記に引用する。
 
本からの引用:
 
 荒天時に最初に停止する地下鉄路線は、東西線と丸ノ内線である。東西線が最初に停止する理由ははっきりしている。強風にともなう荒川橋梁と高架区間への影響である。
 一方、丸ノ内線か運行停止する理由は、神田川が増水したさいの軌道閉鎖なのである。この付近の神田川の計画水位(現在でいう氾濫危険水位)はAP(荒川工事基準面。東京湾中等潮位より1.1344m低い)3.5mで、レール面はそこから1m高い位置に敷設されている。しかしそれとて万全ではない。最近では平成二十三年(二〇一一)九月のゲリラ豪雨のさいの神田川の水位上昇で閉鎖されている。
 

- r341

日本買い 外資系M&Aの真実
 加藤有治


 アクティビスト(株主権利を積極的に行使する投資家)が一度きりの「焼き畑」、PEファンドが「農耕」にたとえた説明が面白い。
 事業改善に興味がないことが多いヘッジファンドやアクティビストがPBRに注目するのは、「投資対象会社のPBRが1以下である場合には、現金創出は一度きりとはいえ、多大な価値を生む」ことにあるという。資産を売り払われて「焼き畑」された会社の従業員は哀れだ。
 
本からの引用:
 
 外資系ファンド業界ではよく、「Unlock the value(価値をに売却することが一般化してきていますが、これにより、大企業は資産を圧縮し、資金を回収し、成長分野に振り向ける(または投資家に配当で資金を返す)ことができます。ノンコア事業に張りついていた資金を「解放」することができます。
 しかし、本当にビジネス上のインパクトがあるのは、資金の解放ではなく人材の解放です。大企業の子会社においては、一定期間ごとに親会社から上層幹部が送られてきて、プロパー(子会社採用の従業員)のやる気をそいでいるケースが多くみられます。送られてきた幹部も「片道切符の島流し」ということでやる気がありません。もし、この会社が親会社から離れ、ファンド傘下になれば、親会社から人材が送られることもありませんし、プロパーの人にもチャンスが生まれます。また、実力があれば外部から採用されることも可能になります。このようにいろいろなしがらみに縛りつけられていた人材が一気に「解放」され、モチベーションを持って仕事する人の数が圧倒的に増えます。ファンドの果たす役割は、資産、資金の効率的配分以上に、人材の活性化によるものが大きいと考えられます。
 

- r340

イノベーション・オブ・ライフ
 クレイトン・M・クリステンセン


 優良企業が「正しい」行動をとるがゆえに衰退するという破壊的イノベーション理論。興味深い説明――デル〜エイスース、ブロックバスター〜ネットフリックス。
 引用が長くなるが、興味深いデルのケースを引く。
 
本からの引用:
 
 デルは二〇年もの間、世界で最も成功しているパソコンメーカーに数えられてきた。だがデルの成功が、エイスース(ASUS)という台湾のメーカーによって支えられてきたことは、あまり知られていない。
 デルの台頭は、一九九〇年代初めに始まった。以来、同社はさまざまな灯台を使って、成長を導いてきた。第一に、デルには破壊的なビジネスモデルがあった。最初は単純な入門モデルのパソコンを、非常な低コストで製造することから始めた。主に電話やインターネットを通じて販売し、コストを低く抑えた。その後ますます高い性能のパソコンを製造し、上位市場を次々と攻略していった。第二に、デルの製品はモジュール式だった。顧客が好きな部品を選んでカスタマイズしたパソコンを注文すると、デルは注文どおりのパソコンを組み立てて、四八時間以内に出荷した。これはめざましい成果だった。第三に、デルは資本の効率的な活用を図り、資本の一ドル一ドルから、ますます多くの売上と利益を絞り出そうとした。これが株式市場に好感をもって迎えられた。デルはこの三つの戦略上の灯台に導かれながら、並外れた成功を遂げた。
 興味深いことに、デルがこれを成し遂げられたのは、実は台湾を本拠とするエイスースのおかげだった。デルと同様、エイスースもローエンドから始め、まずは単純で信頼性の高い回路を、デルよりも低コストで製造し、それをデルに供給した。
 こうした背景のもとで、エイスースはデルに妙味のある提案をもって行った。「御社のためにつくっている小型回路は、なかなかいいでしょう。今度はパソコンのマザーボードもつくらせてくださいよ。マザーボードの製造は、御社のコアコンビタンスじゃありません、うちのです。それに、御社より二〇%低いコストでおつくりしますよ」。デルの社内アナリストは、エイスースにつくらせれば安上がりなだけでなく、マザーボード製造に関わるすべての資産をバランスシートから外せることに気がついた。
 ウォール街のアナリストは、事業に投下された資本がどれだけ「効率的」に利用されているかを表す財務指標や財務比率を、鵜の目鷹の目で監視している。とくによく用いられるのがRONA、つまり純資産利益率【Return on Net Assets】だ。製造業では、企業の当期利益を純資産で割った比率をいう。つまり企業は、分子の利益を増やすか、分母の資産を減らすかすれば、収益性が高まったと評価される。このうち、分子を拡大するほうが難しい。利益を積みあげるには、より多くの製品を販売する必要があるからだ。これに対して分母は、アウトソーシングという手段を選べば、簡単に圧縮することができる。RONAが高ければ高いほど、企業はより効率的に資本を活用していると評価される。エイスースの提案は道理にかなっていた。デルは資産の一部をアウトソーシングしても、それまでと同じ製品を顧客に販売できさえすれば、RONAを改善し、ウォール街を満足さ せられると考えた。「いやあ、すばらしいアイデアだ」。デルはエイスースに言った。「マザーボードをつくってくれ」。不思議なことに、この取り決めを結ぶことで、エイスースも投資家からの受けがよくなった。既存資産を活用して売上を伸ばしたからだ。両社とも、以前より財務内容が向上したように思われた。
 エイスースは取り決めに対応する体制を整えると、またデルを訪れた。「御社のために製造しているマザーボード、なかなかいいでしょう? 今度はパソコン全体の組み立てもやらせてくださいよ。組み立ては御社の成功要因ではありませんよね。そうすれば、残りの製造資産をすべてバランスシートから外せるじゃないですか。それに、御社より二〇%お安く製造しますよ」
 デルのアナリストは、この取り決めもお互いのプラスになることに気づいた。エイスースは新たな業務を引き受けたことで、比率の分子、つまり利益が増え、RONAが上昇した。デルも製造プロセスを削減した結果、RONAが上昇した。収益水準は変わらないが、関連資産をバランスシートから除去したおかげで、分母を圧縮できたからだ。
 このプロセスはその後も続き、デルはサプライチェーン管理を、続いてコンピュータの設計そのものをアウトソーシングした。要するにパソコン事業の中身をそつくりそのまま、ブランドを除くすべてを、エイスースにアウトソーシングしたことになる。デルのRONAはきわめて高くなった。同社の消費者部門に残ったのは、直販事業に関わるわずかな資産だけだった。
 そして二〇〇五年、エイスースは自社ブランドのパソコンを製造すると、満を持して発表したのだ。このギリシア悲劇風の物語で、エイスースはデルから学んだすべてを活用して、事業を拡張していった。最初はバリューチェーン内の最も単純な活動から始め、そこから一つひとつ活動を増やしていった。デルが社内に残った活動のうち、最も付加価値の低い活動をアウトソーシングするたび、エイスースはそれを最も付加価値の高い活動として、事業に加えていったのだ。
 この間ずっとデルは数字に満足していた。だが数字ではわからなかったことがある。こうした決定が、デルの将来におよぼす影響だ。デルは画期的なパソコンメーカーとして始まったが、アウトソーシングをとおして、いつしか個人向けパソコン業界の凡庸な企業に成り下がってしまった。デルはパソコンを製造していない。出荷も保守も行わない。台湾企業の製造するパソコンに、「デル」のブランドをつけることを許しているにすぎないのだ。
 

- r339

地図と愉しむ 東京歴史散歩 地形篇
 竹内正浩

 今の新宿新都心は、浄水場の跡地だったということは聞いたことがあった。しかし、この淀橋浄水場がなくなって、皇居のお濠が汚くなっていたとは思わなかった。
 
本からの引用:
 
 かつて江戸城で使用する水は玉川上水を用いており、半蔵門から城内に取り入れられていた。
 昭和四十年(一九六五)に淀橋浄水場か廃止されるまで、玉川上水の残り水が半蔵門直下から一日五万トンも内濠に吐き出されていたのだ。内濠の水質が決定的に悪化するのは昭和四十年以降である。
    ・・・・・・・・・
 今でこそ土地利用は多様化しているが、明治の都心で高台の一等地を占めていたのは、「お屋敷」か、そうでなければ「軍部」か「学校」か「寺社」とみて、まずまちがいなかった。
 いってみれば、高台に建てられた格の高い℃{設が、山の下に建て込む多くの小さな町家を睥睨していたのである。
 

- r338

工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱  
 今野浩

 タイトルから余り面白そうではなさそうと思った。だが読んでみると、しみじみすることがたくさん書いてあって面白かった。
 
本からの引用:
 
 父は月給が出ると、息子を近所のソバ屋に連れて行ってくれた。注文するのは、いつもかけそば一杯である。「おれは家に帰ってから、今朝茄でた麦を食べるかから、お前が全部食べろ」という言葉を真に受け、おやじはソバより茄でた麦の方が好きなんだ≠ニ思った少年は、一人で全部食べておつゆも残さず飲みほした。
 父の死後、『一杯のかけそば』という小説がベストセラーになった時、あの時父が何を思っていたかを考え、父と同じ年ごろになった私は、胸を締め付けられた。
    ・・・・・・・・・
 しかし、母が常々「法学部は権力者の手先。経済学部は資本家の手先。文学部は非国民の集まり。理学部以外は大学じゃありません」と言っていたので、文系に進むわけにはいかなかった。
    ・・・・・・・・・
 二〇一一年四月三日、「あなたが定年になるまでは生きていたい」と言っていた妻は、その目的を果たした三日後に逝った。死亡診断書に記載された死因は、呼吸不全だった。一〇年の余命と宣告されながらも一五年間生き続け、古希を迎えることができたのは奇跡である。
 二〇一二年一月二日、独居老人は一〇年ぶりに、春山の家で開かれた新年会に出席した。年末に届いた案内状によれば、四〇年続いた回り持ち新年会は、これが最後になるということだった。欠席すれば、体調を崩した(うつ病になった)と思われる。実際、歳をとってから連れ合いを亡くし、孤食$カ活を続けると、うつ病になる人が多い。老人がうつになると、肺炎同様まず治らない。
 

- r337

本物のビジネス英語力 
 久保マサヒデ

 本からの引用:
 
 肩書も海外では日本ほどこまかく地位が分かれていないことも多く、たとえば筆者の勤務先では役員(Board of Directors)の下に部門長クラスであるManaging Directorがいます。その下はSenior Vice President, Vice President, Assistant Vice Presidentという肩書があるものの、ほとんどの同僚がSenior Vice PresidentかVice Presidentであり、誰が誰の上司なのか、という判別が日本ほど容易にできません。しかもこれはヨーロッパ式の肩書の付け方であり、アメリカでVice Presidentなんて言おうものなら、「副社長」か下手したら「副大統領?」なんて受け取られたりします。でもヨーロッパでは「課長」ぐらいのレベルでしかないのです。
    ・・・・・・・・・
 
 そういう中で効率的に英語でのコミュニケーションカをつけるため法要なものは、筆者の経験ではヒアリングカと単語力であると思っています。しゃべるのはその後でもよい。外国人とコミュニケーションを図ろうとする場合、相手の言っていることが何一つわからなければ、こちらから何も答えることができません。たとえしゃべれたとしても、相手の返事が理解できなければ、コミュニケーションはそれ以上発展しません。ですからたとえしゃべれないとしても、まずは聞き取りの力を上げる努力をすべきだと思います。
 筆者が1994年にロンドンに行った当初は、イギリス人の話す英語はなんとかわかりましたが、インド人の話す英語が最初全く聞き取れませんでした。普通は2度言ってもらえば聞き取れるものを、インド人の場合は何度言い直してもらっても全く聞き取れなかったのです。でもそれが数カ月、数年と接していくうちに聞き取れるようになっていったから不思議なものです。
 インド人の英語など特殊な場合は別ですが、やはり基本は映画や英文放送などを積極的に数多く聞いて、とにかくヒアリングに慣れることだと思います。
 

- r336

東京スリバチ地形入門 
 皆川典久

 期待以上に面白い本だった。「スリバチの第一法則」、「スリバチの第二法則」などなど。
 
 本からの引用:
 
 谷底の平坦部では主に木造の低層建物が軒を並べ、斜面地には中層の建物が階段状に連なり、丘の上では高層の建築物が高さを競い合うという都市景観を呈していることだ。土地の起伏を強調するかのように建物が立ち上がり、都市のスカイラインが土地の起伏を増幅している。このような現象は港区や新宿区など、都心部の様々な場所で観察でき、東京スリバチ学会ではこれを「スリバチの第一法則」と呼んでいる。
    ・・・・・・・・・
 台地と低地は断崖で隔てられ、丘の上の町と谷の町は連続していないということだ。関東ローム層が作り出した断崖という地形的特色は、2つの世界が無関係に隣り合うような、独特な町の構成を生む要因になっているのだ。地形の断崖がそのまま町の境界となり、町が不連続となる様相を、我々は「スリバチの第二法則」と呼んでいる。
    ・・・・・・・・・
 地域の人だけが知るような階段のある道に入り込むと、自分も秘密を共有しているような感覚になる。車で通れる大通りではなく、歩かねば知ることがない町の裏手の道筋まで知っていることが妙な満足感につながるのも、階段探索のひとつの楽しみかもしれない。それは土地勘を持つということでもあり、町への愛着を深めることにもつながる。
 

- r335

住宅地図とネット地図の秘密 
 内田宗治

 この本で、住所に記載される○番○号の付け方がわかった。昭和37年に施行された「住居表示に関する法律」の説明を以下引用する。
 
 新しい法律は、道路に囲まれたブロックを街区(「番」で表記)として、その中に、一定の間隔で住居番号を時計周りに割り当てていくものである。これにより、従来四丁目一七二番地だった家が、たとえば四丁目二番四十七号になった。新制度の「番」に当たるものが「街区符号」、「号」に当たる部分を前述のように住居番号と呼んでいる。
 
 もう1つ、ゼンリンについての記述を引用する。
 
 グーグルに限らず、無料地図サイトのヤフー地図、Bing Maps(マイクロソフト)、@ニフティ地図、goo地図などへも、ゼンリンが地図を提供している。地図が無料で手に入る時代に、有料で地図サイトに地図を売るというビジネスモデルを勝ち取ったともいえる。とはいえ、地図をめぐる環境は、日々激しく変化している。
 「グーグルさんへもヤフーさんへも、うち(ゼンリン)が地図を提供していて、インターネットの地図では、うちがトップシェアになっています。僕はこれを危険な兆候だと思っているんですよ」(第一事業本部長 山本勝さん)。
 トップシェアを取り、他社に完勝しているのが「強み」や「自慢」というのではなく、危険な兆候だという。話を聞きながら一瞬「えっ?」と思ったが、理由を伺うと領けた。ゼンリンは、インターネットの地図に限らず、カーナビの地図もトップシェアを得ている。ということは、地図サイトやカーナビに提供する地図では、これ以上売り上げが伸びにくいということである。カーナビもほぼ普及して、すでに拡大市場ではなくなっている。
 

- r334

1勝100敗! あるキャリア官僚の転職記 
 中野雅至

 「卒業後は朝日新聞に入りたかったが2回受けても受からなかったので、1年プ一夕ローをやって地元の奈良県大和郡山市役所に入った。ここを9カ月で辞めて国家公務員T層試験行政職で労働省に入省した。その後、官費留学でミシガン大学公共政策大学院で修士号、新潟県庁情報政策課長を3年間やりながら、新潟大学で経済学博士号を取った。」――こういう経歴の方が、大学教授に転身する苦闘が書かれている。ものすごく努力したことはわかるが。。。
 
 本からの引用:
 
 大学教員公募に100敗以上すると心がすさんでくる。自信を打ち砕かれ、疑心暗鬼になり、自分の落ち度がどこにあるのかばかり考えるようになる。そういうメンタル面の変化が、転職活動にも大きな影響を与えていく。
 しかし、大学教員公募に限らず、就職や転職は自分の意思や能力だけで決まるわけではない。特に、日本の労働市場のように暖昧模糊としていて、契約概念もなく、評価される能力の客観的基準もなく、それゆえに前向きな流動性がない場合、自分だけを責めても何のプラスにもならない。
 採用する側にすべての責任を転嫁せよ! とまで主張するつもりはないが、転職や就職が成功するか否かは、採用する側の意図に大きく左右される。そのことを覚悟するべきだ。
  ・・・
 例えば、グローバルに競争する自然科学系の場合、年齢をそれほど重要な要素とは見ないかもしれない。しかし、実力よりも「彼もそろそろ良い年齢だから」と年功序列で昇進していくような文科系の世界では、年輩の教授が多いところに年輩の実務家を採用するようなことはないだろう。仮に、45歳程度の実務家を准教授で採用しても、上が詰まっていて教授に昇進させられずに困ってしまうからである。文科系の教員公募では、こういうことも考慮されているのではないだろうか。
 

- r333

御社の寿命 
 中村宏之

 無借金経営スカイマークの円安倒産、白元の「押し込み販売」による倒産、エドウィンの財テク失敗による経営悪化などの他にも失敗例が紹介されている。競争社会である以上、会社が生き延びることは難しい。
 失敗例ではないが、和菓子「虎屋」の経営者の言葉を引用する。
 
 本からの引用:
 
 いつの時代も、和菓子は景気がよくても売り上げが急激に上がるということもないし、逆に悪くても大きく落ち込むことはない。ある意味で安定している業種です。私は45年ぐらいこの仕事に携わっていますが、その間ほとんど変わらないと思います。では、いつも売れているかというと、いまはなかなか難しい時代です。景気がいいと法人需要があるが、そうでないと減る動きが現れます。一度減るとなかなか戻らないものでもありますし、別の需要を見つけてアプローチをしなければならない変化は間違いなく出ています。パーソナルギフトなどでは、ワインやチョコレートを持っていこうと皆さん思うでしょうから、そこにどう和菓子を使っていただけるか、そうしたことをいまの時代は考えていかないといけません。
 ・・・
 いまの虎屋の味を言葉で表現すると「少し甘く、少し硬く、後味よく」です。お客様から「虎屋の菓子はどういう味ですか」「ほかのお店とどう違うのですか」と聞かれたら、言葉で説明できるようにと社員にもいっています。いま我々が求めている虎屋の味とは、そういう風に表現できると思います。
 

- r332

稼ぐ力 
 大前研一

 本からの引用:
 
 2030年に生き残れるグローバル人材になるためには、大きく分けて二つのスキルが必要だ。
 一つは「ハードスキル」だ。具体的には会計、財務、マーケティング理論、統計学などビジネスで必要とされる道具″ である。たとえば、企業価値を何通りもの方法で計算したり、いくつかのマーケットの中で最も成功する可能性が高いセグメントをデータから導き出したり、顧客をクラスター分析しながら最も利益率の高い商品を売ったりする技術だ。そのような統計を使った処理は日本の大学でも企業でもほとんど教えていないため、日本人が苦手な分野となつている。
 もう一つは「ソフトスキル」だ。前出の三つの問いがまさにそれであり、民族・国籍・文化・言語・宗教の違う人たちとコミュニケーションをとりながら、ビジネスを円滑に進める能力を指し、もちろん英語力が前提となる。挨拶や説得のほかにも「海外で現地社員 を叱咤する」「外国人社員とのミーティングでプロジェクトの進行状況を確認し、誰がいつまでに何をやるかを全員にコミットさせる」「労働問題が起きた時に弁護士に依頼し、解決策を共有する」など様々なケースに柔軟かつ的確に対応できなければならない。

   ・・・・・・・・・

 2030年の日本は、年間約100万人ずつ人口が減っていく時代になっている。これは毎年、秋田県や富山県、和歌山県、香川県が一つずつ失われていくのと同じ規模だ。
 そうなったら日本は、アメリカやオーストラリア、シンガポールなどのように、海外から移民を受け入れなければ国力を維持できない。ということは国内にいても外国人と競争しなければならなくなるわけで、上司や同僚が外国人になることが今より一般的になる。
 

- r331

日本資本主義の正体 
 中野 雅至


 本からの引用:
 
 冒頭で述べたように、給料が増えない最大の要因は資本主義だからです。しかも、現代日本の資本主義は「儲からない」から質が悪い。成長して儲かる資本主義は多くの人に利益をもたらしますが、儲からない資本主義は人を苦しめるだけです。このシステムでは、給料が上がらないのは当たり前です。

   ・・・・・・・・・

 なお、終身雇用は日本の特徴と思われていますが、一般的には高度経済成長期から本格的に根づくようになったと言われます。また、終身雇用は経済成長が大前提です。経済成長していなければ企業はいくら抱えたくても雇用を抱え込めないからです。そのため、不況が短期間であれば、企業は終身雇用を維持しますが、長期にわたった場合には雇用を抱え込むことが難しくなります。

   ・・・・・・・・・

 現代資本主義の矛盾は三つです。もはや利潤をもたらす分野がなくなって慢性的な低成長に陥っていること、成長せずパイが縮小しているために資本家による労働者に対する露骨な搾取が蔓延っていること、そういう状況の中で富を蓄積する者と何も持たない者に二極分化する格差社会になっていることです。
 アメリカであれ日本であれ、多少の濃淡の違いはあるにせよ、先進国はすべてこの資本主義の三つの矛盾に苦しんでいます。特に日本の資本主義は、格差がわかりやすい形で拡大していくアメリカなどに比べて厄介な面があります。
 

- r330

 23区格差
 池田利通


 本からの引用:
 
 東京23区では、現在すべての区で、小学生に防犯ブザーが配られている。品川区の「まもるっち」は、これにGPS機能を搭載した、いわゆる「キッズ携帯」の一種だが、注目すべきはそのシステムにある。
 子どもが発したSOSは、区のセンターを通じて発信地点近くの登録ボランティア協力員に送信される。協力員は、自治会や商店街やPTAの人などで、その数は約1万3千人に及ぶ。単純計算でおよそ40メートル四方に1人の協力員がいることになるから、誰かがすぐに現場に駆けつけることができるのだ。
 「火事だ!」と119番通報しても、消防車が到着する前に地元の人たちのバケツリレーで火事が消し止められる。これと同じことが起こる。言ってしまえば単純なことながら、これぞ究極の子育て支援と呼んでいい。
 
    ・・・・・・・・・
 
 ヒト、モノ、カネ、情報を発展の四大要素という。ヒトは昼間人口であり従業者数。モノを象徴するのは高層ビル。カネは所得水準。そして情報は情報通信業の集積。港区はこれらすべての発展要素が集まった東京の中の東京。東京の要≠ニもいえるかもしれない。
 ただし、おカネがないと暮らしにくいのが欠点だ。高級スーパーの数は多いが、ディスカウントスーパーの数は限られる。庶民目線で語るなら、「東京の中の東京」港区とは、「東京ドリームをかなえた人たちによる東京」と言い換えた方がいいかもしれない。
 

- r329

 物流ビジネス最前線
 齊藤 実


 アウトソーシングで経費節減という発想が一般的になっていて、定型化した業務は自社で持たない傾向がある。しかし、アマゾンは違うようだ。以下のように、自前でやろうというのは、物流を意のままに繰るためなのだろうか。
 
 本からの引用:
 
 しかし、近年、アマゾンはグロサリーの販売と同じように、配送を自ら行うことに力を入れ始めている。2016年、アマゾンはボーイング767ワイドボディーのフレーター(貨物専用機)を20機リースすることを明らかにしている。これは、リースした貨物専用の航空機を飛ばして、貨物を自ら航空輸送しようとするものである。輸送にかかわる動きはこれだけではない。2015年の末には、数千台のトレーラートラックを購入したことも明らかにしている。これは、全米に広がるアマゾンのフルフィルメント・センター間の貨物の輸送に使われる。
 貨物航空機を調達するということは、航空宅配便の輸送サービスを自前で行うことを意味する。一方、トラックを自前で調達することは、陸上宅配便に代替する輸送サービスを提供することを視野に入れていることを暗示している。
 

- r328

 地方創生の罠
 山田順


 ふるさと納税のカラクリがわかりやすく書いてあった。ハイパーインフレによるデノミのカラクリもわかりやすい。
 
 本からの引用:
 
 ここで、A自治体に住む人がB自治体に一万円を「ふるさと納税」して、価格六〇〇〇円の特産品である高級牛肉を返礼品として受け取ったケースで考えてみよう。
 
 ◎A自治体に住む人が一万円をふるさと納税すると八〇〇〇円分が控除されたうえ、実質負担二〇〇〇円で六〇〇〇円の高級牛肉を得られるので四〇〇〇円の得になる。
 ◎ふるさと納税を受けたB自治体は、ふるさと納税額一万円と高級牛肉の差額の四〇〇〇円が得になる(事務経費、発送経費はここでは無視)。
 ◎高級牛肉をB自治体に納入している業者は、B自治体から六〇〇〇円で発注を受けるが、原価が五〇〇〇円なら一〇〇〇円の利益となる。
 ◎A自治体はふるさと納税額のうち八〇〇〇円を減税するが、そのうち六〇〇〇円はじつは国からの地方交付税で補われるので、差し引き二〇〇〇円の損になる。
 ◎国の地方交付税特別会計は六〇〇〇円の損となる。
 
 この例でおわかりのように、結局、国とふるさと納税をする人がいる自治体が損しているのだ。
 
    ・・・・・・・・・
 
 ところで、デノミによる「新円切替」は、国にとって劇的な効果をもたらす。国はデノミをやると宣言し、そのときに新円の発行日を決め、その時点で旧円を無効にしてしまう。
 前述したように、一〇〇分の一のデノミなら一万円は一〇〇円になるが、旧一万円札は使えなくなるので新一〇〇円札を発行してこれと交換することになる。これが「新円切替」である。
 そうなると、マイナス金利の下では、タンス預金されていた何十兆円もの旧一万円札が出てくる。このとき、旧一万円札から新一〇〇円札の交換に制限をつけてしまえば、国の債務は一気に減る。
 たとえば、一人一〇〇万円までしか交換しないと制限してしまう。そうなると、交換できない超過分は日銀が計上して国庫納付金として国に納めることになる。つまり、あっという間に国は何十兆円の税収が確保できてしまうのだ。ハイパーインフレで債務が圧縮されたうえ、タンス預金も吸収して、日本国は借金地獄から解放される。
 しかし、国民生活は破綻してしまう。
 

- r327

 思考のトラップ
 デイヴィッド・マクレニー


 メタコグニション、傍観者効果、ダニング=クルーガー効果、フォアラー効果、グルーミング、プライミング、アンカー効果――行動心理学は面白い。
 
 本からの引用:
 
 人はものごとを論理的には判断しない。利点が大きいように見えると、全体的に危険を小さく感じるのだ。なにかをよいものと判断したときは、悪い点は目につかなくなる。なにかを危険と判断すれば、よい点に目を向けるのがむずかしくなる。感情ヒューリスティックは、なじみのあるもの、つまり原始的な頭脳に訴えかけるものが対象のときほど強く働く。
    ・・・・・・・・・
 ある期間にわたって、屈辱的な敗北を経験したり、くりかえし虐待されたり、自分ではどうにもできない状況に置かれたりすると、人はやがて逃げ道はないと思い込んでしまう。そうなると、逃げ道が目の前に開いても、もう行動を起こそうとはしなくなる。虚無的になってなにをしてもむだと思い、楽観論を信じなくなる。
  重度の鬱病患者の研究によると、患者は敗北を受け入れて努力をやめる傾向が強い。
    ・・・・・・・・・
 コイン投げをして五回続けて表が出たら、次はきっと裏のはずだと腹の底から強く感じるだろう。だってそうなるはずじゃないか。でないとバランスがとれないと思うのである。
 これを賭博者の錯誤という。またはモンテカルロ錯誤と言う。
 

- r326

 クレジットの基本
 水上 宏明

 法的な観点からの解説があって、理解が深まる。
 「携帯電話会社は個別信用購入あっせんの登録業者→個人信用情報機関の利用が必須→電話料金の支払いが滞る場合、払わないでいると、クレジットの不払い記録が個人信用情報機関に登録されてしまう」という例以外にも、エステについての記載があった。
 
 本からの引用:
 
 エステが特商法の規制に入って、キャッチセールスが訪問販売の一形態として規制されるようになったのです。 
 (略)
 エステの契約は、チケットのまとめ売りが一般的に利用されていました。一回の施術が一万円だとして、それを一五回分受けるチケットが、一五万円ではなく一〇万円といった販売方法です。
 買う方にすれば割安で契約することができますし、売る方にすればまとまった金額が入って、さらにその顧客は継続的に通ってくれる可能性もあるので、魅力的な販売方法です。もっとも、来店してもしなくても前払いでもらってしまうのですから、後はどうでもいいということになりがちです。
 こういった販売方法をとると、エステサロンには前受金が貯まります。前受金は、これから提供する施術に充当されるものですが、一度財布に入ったお金はどんなお金であろうと自分のものになるのと同じで、本来の趣旨から外れたことに使われてしまうことが多いのです。
 不動産や株の投資に使われたり、そもそも経営自体が乱脈だったりします。こうなるとエステサロンは倒産に至り、こういった事態に陥ると、未消化のチケットを持った顧客はそれ以上のサービスの提供を受けることができなくなります。
 クレジット契約をしていた場合は、当然のことながら払う気など起こりません。逆に「金返せ」となります。法整備がなかった時代は、こういった言い分は通りませんでしたが、今は完全に通ります。
 そこでクレジット会社の対応としては、当該顧客が受けられるはずだったエステの施術を別のエステに振り替えたり、それに合意が得られない場合は返金する、などの対応をせざるを得ませんでした。顧客からすれば当然といえば当然のことなのですが、このルールが決まるまではすっきりした対応はなかなかできませんでした。
 このリスクは、そのままクレジット会社のリスクでもありました。エステのような継続して提供される役務を提供する加盟店が倒産すると、事後処理の負担があまりに大きく、リスクが高かったのでした。
 エステサロンが発行するチケットは、前払いの金券のようなものです。商品券のような本物の金券の場合は、資金決済法によって前受金の半分を供託することになっているのですが、エステは対象になっていません。
 

- r325

 ETF投資入門
 カン・チュンド

 学ぶことが多い本だった。
 
 本からの引用:
 
 ETFが株式市場という場所を、株式のみを扱うマーケットから、債券、不動産、商品、通貨なども扱う「金融総合マーケット」へ変貌させているのです。この影響の大きさを、私たちは未だ正確に測りきれていません。ETFがもたらしているのは、まさしく金融市場の 進化なのです。
   ・・・・・・・・・
 間違っても「○%くらいのリターンが欲しいから、このようなポートフォリオを組もう」という考えは持たないようにしましょう。そのような発想は、投資のマイナス部分にフタをすることにほかなりません。
   ・・・・・・・・・
 「投資家のジレンマ」 の話をしましょう。
 今、株式市場に5人の投資家がいるとします。市場に参加しているのはこの5人のみです。また、市場には5つの株式が存在しています。個々の投資家の能力にはムラがあり、また、5つの株式についての情報も限られています。このような状況下では大きな収益の機会が眠っていると言えます。市場にある種の「ゆがみ」が存在するためです。
 ところが、5人の投資家はそれぞれスキルを磨き始めます。個々の会社の情報を洗い出し、売り買いを繰り返す中で会社の価値を正確に把握するようになります。そのうち、5人の投資能力に差はなくなり、5つの会社の情報も広く共有され、ひとつひとつの株式の 「ミスプライス」は小さくなってしまいました。
 これは何を意味するのでしょうか。
 互いが他の4人を出し抜いて「収益の機会」を得ようと努力すればするほど、結果として他の4人を出し抜くことが難しくなってしまうのです。なぜなら、ひとりの投資家は市場の平均を担う「一部」であるためです。これが「投資家のジレンマ」と呼ばれる現象です。
 アクティブ・ファンドが市場平均を上回るリターンを求めて売買を行えば行うほど、結果としてファンドは効率的な市場の形成に寄与することになります。つまり、多くのプレーヤーが市場で切磋琢磨すればするほど、市場平均を出し抜くことが難しくなるのです。
 

- r324

 「意地悪」化する日本 
 内田樹×福島みずほ


  本からの引用:
 
 平然と嘘をつく政治家
 福島 橋下徹さんも安倍さんと共通している面があると思いますが……。
 内田 この二人は、出てきた文脈は違っていますが、今の日本の政治文化の中で果たしている機能は非常によく似ていると思います。
 二人とも、幼児的で攻撃的で不寛容。中学生的基準での「悪い子」なんです。食言をいとわない点もよく似ている。あの人たち、首尾一貫性を維持しなければ自分の知的誠実さが疑われると思っていない。言葉なんか、ただのその場しのぎでいいんだと思っている。
 以前、検事をやっている友人から聞いたのですが、前日の供述と今日の供述の矛盾をつくと、がばっと机に伏せて「申し訳ありません」と自供してしまうのは、だいたい知識人なんですって。教師とか公務員とかは、供述のわずかな矛盾をつくと、それだけでがらがらと崩れてしまう。でも、やくざなんかは平気らしい。昨日の供述と今日の供述が違うじゃないかと矛盾をつくと、「そんなこと言いましたか? じやあ、訂正しておいてください。今日の話がほんとうです」と平気で言うそうです。供述の矛盾を指摘されたら「おしまい」だなんて思い込んでいるのは、自分のことを知識人だと思っている人間だけなんです。「言った覚えがない」とか、「それはあなたの記憶違いだ」とか、「今言っていることが真実である」とか言い抜ければ、供述の矛盾なんか実はまったく有罪の証明にはならない。
 自分のことを知識人だと思っている人間は、言ったことについて前後の矛盾を指摘されると、自分の知的威信が崩されたと思ってしまう。そこに自分のアイデンティティがあると思い込んでいるから。でも安倍さんや橋下さんは、別に言うことに首尾一貫性がないと指摘されても痛くもかゆくもない。
 (略)
 内田 とにかく安倍さんとか橋下さんが難敵なのは、ロジカルに論破することができないということですね。
 彼らは誰とも全然議論する気がないわけですから。
 議論というのは、それぞれの論をテーブルの上に出して、それぞれの論の破綻している部分、脆弱な部分を点検して、どちらがそれでもより「まし」であるかを、二つの論の中程に「落としどころ」があるかどうか探る場合にのみ生産的なものになるわけであって、その前提には、相手の論理的誠実さについての信認がなければならない。
 嘘をついても、データをごまかしても、前後に言うことに矛盾があっても、とにかく相手を黙らせれば「勝った」と思っているような相手とは議論にならない。この二人は異論と対話する気がない点ではほんとうによく似ています。安倍さんは国会の答弁でさえほとんど答える気がないですね。
 

- r323

 口ぐせ・しぐさで人の心を見抜く本 
 町沢静夫 監修


  本からの引用:
 
 食事の仕方は、主に三つのパターンに分類することができます。
 一つめは「好きなものから早食いの人」。こういう人は、見るものすべてが欲しくなってしまうタイプ。
 一度欲しいと思ったら、絶対に手に入れるまで、諦めません。しかも執着心も強く、自分のものは誰にも奪われたくない気持ちも強く持っています。もし、隙を突いて、その人の好物を横取りすれば、間違いなく大声で「ふざんけんなよ!」と怒りをあらわにすることでしょう。絶対に、そんなイタズラをしてはいけません。
 二つめのパターンは「どれもまんべんなく普通の早さで食べる人」。こういう人は、絶対にこれでなくてはダメというような執着心はまったくありません。たとえ欲しいものがあっても、手に入らないと思ったら、驚くほどあっさり諦めるタイプです。
 だからこそ、好きなものを先には口に入れないわけです。「これ食べたいなぁ」と言えば、たとえ好物だったとしても「あげるよ」という心の大らかさも持っています。
 三つめは「好きなものを後回しにしてゆっくり食べる人」。これは、もうマイペースです。人が何と言おうと、自分が興味のあるものだけに執着するタイプと言えます。
 人気や流行にも左右されず、本当に自分が欲しいと思ったものを見つけ出していきます。そして狙ったものは時間がかかっても、最終的に確実に手に入れる人です。
 

- r322

 中国ビジネス とんでも事件簿
 範 雲涛(はん・うんとう)


  本からの引用:
 
 中国での駐在経験が長かったり、出張や視察等で中国の各地を渡り歩く機会が多いビジネスマンやマスコミ関係者なら誰しも経験するのが、「薦杯」(quanbeiと発音する)の習慣だ。
 中国では公的な宴会やレセプションだけでなく、交渉のテーブルでも食事が供されることが多い。そのときに円卓テーブルに中華料理とともに並ぶのが、「白酒パイチュウ」というアルコール度数五五度以上になる蒸留酒だ。ロシアのウオッカも顔負けである。「薦杯」とは酌を薦め合う中国の習慣である。「薦杯」に慣れなければ、中国では商談も進まない。場合によっては、酒のマナーを誤ったことがビジネスを失敗に導くとすら断言できる。
 (略)
 中国では、酒の席で「飲めない」と告白する男は、互角にビジネス交渉を行う相手ではないと判断されてしまう。
 つまり、まともな、「一人前の男性」と見なされないのだ。明や清朝時代の「宦官」と同様の存在として見られる。
   ・・・・・・・・・  
 「友好的に誠意をもって協議することを通じて解決する」こと自体がナンセンスなのだ。そのような考えに基づいて作った契約書は、実際に契約トラブルが発生した際には、まったく役立たない。
 そもそもトラブルが生じたときは、すでに相互の信頼関係がこじれた状況にあるのが普通で、経営が破綻していることもよくある。合弁の各当事者も、混乱に陥っていたり、話し合うだけの冷静さや理性を欠くほど余裕がなくなっていることも少なくない。そんな状態であれば、「誠意をもってお互いに友好的に協議する」ことの可能性はゼロに近いといえよう。
 

- r321

 読ませる自分史の書き方
 工藤 美代子


  本からの引用:
 
 持ち込まれる自分史に共通するのは、やたらに長いということです。書き始めたら、あれも書きたいこれも書きたいと盛りに盛って何千枚と書いてしまう。
 出版するのでなければそれもよし、としたいところではありますが、そうもいえません。というのは、その膨大な原稿の大半が自慢話であることが多々あるからです。
 血のつながった子どもや孫だって、おじいちゃんやおばあちゃんの自慢話には辟易するもの。ましてや他人の自慢話が延々と続く自分史なんて、誰が読みたいと思うでしょう。
   ・・・・・・・・・ 
 つまり、書くに値しない人生など存荏しませんが、人生のどこをどう切り取るかで世にもつまらない自分史になってしまうのです。
 そこで、ここでは、どのような方向から光を当てればあなたの人生がくっきりと浮かび上がるのか、おもしろさが際立つのか、その方向を七つのキーワードでお伝えしていきたいと思います。
 1.出自 先祖から引き継いでいる気性。こういう人間にはなりたくない、が、なっていた。
 2.時代 団塊の世代、調査報告や書物が豊富。ネタになる。時代背景は舞台装置。
 3.お金 自分の関心事が普遍性をもつ。
 4.趣味 読者が同じ趣味であれば共感
 5.宗教 人生に大きな影響を与えることになったトピック。
 6.恋愛 読者が興味をもつ
 7.秘密 「聞いた話だが…」として感想を淡々と語る。
 

- r320

 君に友だちはいらない
 瀧本 哲史


  本からの引用:
 
 私は自分が投資する企業で人を採用するとき、必ず次のような質問をする。
 「今まであなたがやってきた仕事で、もっとも会社を儲けさせたのは何でしょうか。チームでの仕事の場合、あなたがそこで果たした主導的な役割は何ですか」面接でこの質問をすると「うっ」と顔をゆがめて考えこんでしまう人は珍しくない。これに答えられない人は基本的に採用しない。逆にきちんと仕事で結果を出してきた人は、この質問に即答できるはずだ。
   ・・・・・・・・・ 
 私が考えるよいチームの構成メンバーは、勇者、魔法使い、エルフ、ドワーフ、そしてトリックスターだ。
 勇者というのはもちろん、ビジョンをぶちあげるリーダーのことを指す。それは必ずしも本人の意思とは限らない。ときには宿命的に受け入れざるを得ないこともある。だがビジョンの実現こそが自分の使命であるという強い確信だけは持っている勇者は、危機的な状況においても、けっして諦めることはなく、突発的なアイディアを出して、切り抜けることが多い。…
   ・・・・・・・・・ 
 さらにグーグルやフェイスブックのリクルーティングがすごいのは、数百人単位で優秀な学生をインターンとして採用し、彼らに社員とまったく同じ仕事をさせるところだ。
 インターン中に目覚ましい仕事をした学生にはすぐに採用のオファーを出す。そして「世界を変えるサービスのアイディアを出してくれ」と求めるのである。
 そのような企業で頭角を現し活躍する学生と、日本の大企業を手当たり次第に受けては「エントリーシートの自己PRがうまく書けない」などと悩んでいる学生では、はっきり言って勝負にならない。レベルがまったく違いすぎるのである。
 

- r319

 中高年がキレる理由
 榎本博明


  本からの引用:
 
 40代までは他人の要求に応える形で仕事をしていたが、50代になって、「他人の要求に応えて「やらなきゃいけないこと」だけをやってたら、人生終わっちゃうなと気づいた」という。そして、「自分の人生の主人公は自分だ」と気づくのが50代なのだという
     ・・・・・・・・・
 だが、いまの中高年が就職した頃は、そんな発想はあまりなかった。働くのは生活のため、生きていくための経済力を得るためであり、どこでもいいから就職する、潰れそうもない会社に入れればいいという感じだった。
 そんな中高年たちは、いまの風潮に対して反発を感じる。「仕事で自己実現しようなどと世の中では言うが、ほとんどの人は働かざるを得ないから必死に働いているたけだ。好きなことをして生きたいなどと若い世代は言ってるが、仕事なんてそんなもんじゃない。好きなことをして生きてる人が、世の中にどれだけいると思ってるんだ。生きていくために、とにかく何でもいいから仕事をしないといけない」。それが実態だ。自分だって、こんな仕事、べつに好きでやってるわけじゃない。そんな思いがある。
 
 〜〜〜読後感〜〜〜
 この本では、中高年がキレる理由は、キレる行動の背後には、「許せない」という思いがある。なぜ許せないのかと言えば、自分の価値観からして「あり得ない」態度だったり、言葉だったりするからだ。≠ニしている。
 お互いが暮らしやすくするには、価値観の多様性を認めて、寛容になるべきではないかと思う――言うは易し、行うは難し。
 

- r318

 リスク・リテラシーが身につく統計的思考法  
 ゲルト・ギーゲレンツァー

 1000人中、4→3人の効果をどう表現するか。相対リスク減少率25%。絶対リスク減少率0.1%――パーセント数字の前提、意味を確認してから判断に使わないといけないと再認識した。
 
 本からの引用:
 
 PSA検査を受けた者も受けなかった者と同じように早く、同じような頻度で死ぬのである。友人は早期発見と死亡率の低下を混同していた。PSA検査はがんを検出するかもしれないが、効果的な治療法はいまのところないから、早期発見が余命の延びにつながることは証明されていないのである。
 ・・・
 検査結果にはかなりの偽陽性が含まれる。したがって、PSAが高レベルであっても、ほとんどはがんではない。このことは、前立腺がんではない多くの男性が不必要な不安にさらされ、多くの場合、苦痛をともなう再検査を受けさせられることを意味する。
 前立腺がんの男性は、もっと重いコストを払わされる可能性もある。外科手術や放射線治療を受けて、失禁や勃起不全といった生涯続く深刻なダメージを受ける男性は多い。ところが、前立腺がんの多くは進行が遅いから、検査を受けなければ一生わからなかったかもしれない(図5−2を参照。前立腺がんの一五四人のうち、このがんが理由で死んだのは二四人だけである)。自然死した五〇歳以上の男性の解剖結果で、三人に一人は何らかのかたちの前立腺がんをもっていたことがわかっている。
 多くの男性は前立腺がんのためではなく、前立腺がんをもったまま死亡するのである。
 

- r317

 マネーの進化史 
 ニーアル・ファーガソン

 過去から、世界各国について幅広い語りになっている。最初はつまらないと読み飛ばしたが、1ページずつめくるようになった。 下記のアルゼンチンの例は、他人事には思えない。
 
 本からの引用:
 
 一九八九年二月、アルゼンチンは記録にある限り最も暑い夏を迎え、ブエノスアイレスの発電システムはなんとか持ちこたえようと奮闘していた。住民は、一日に五時間も続く停電に慣れっこになっていた。
 (略)
 民間の貸し手は投資意欲を失っていた。投資家たちは数日のうちに実質価値がインフレで相殺されるような国債に手を出したがるわけがなかった。中央銀行の準備金が底をついているという懸念が広がるにつれ、債券価格は急落した。絶望的な状況に陥った政府に残された唯一の道は紙幣を増刷することだったが、それさえも失敗に終わった。
 四月二八日の金曜日、アルゼンチンは文字どおり破産した。中央銀行副総裁のロベルト・エイルバウムは記者会見で「これは物理的な問題だ」と語った。造幣局には紙がなくなったし、印刷所はストライキに入った。「どうしたらいいのか見当もつかないが、ともかくカネは月曜日には用意されなければならない」とエイルバゥム副総裁は苦境を打ち明けた。
 (略)
 アルゼンチンのハイパーインフレの犠牲者は、物価上昇に見合う賃金の上昇を期待できる普通の労働者でほなく、公務員や学者など固定給に頼る者たちや、貯蓄の利息で生活する年金受給者たちだった。そして一九二〇年代のドイツと同じく、その恩恵を受けたのは大口の借財を抱えた着たちだった。彼らの借財は事実上、インフレによって消滅したからだ。アウストラル建ての債務については、アルゼンチン政府も受益者だといえた。
 

- r316

 言語楽さんぽ 
 井上 史雄

 本からの引用:
 
 外国人はよく悪徳タクシーのカモになる。ある程度英語ができると、悪用してもうけようという運転手が出る傾向がある。
 その後外国のタクシーに乗るときは、地図を見せびらかすことにしている。イスラエルでは、それでも別方向に走りだした。「道が違う。私は地図と磁石を持っている」といったら、運転手曰く。「あなたは悪い人だ」。
 そのあと運転しながら、「私はまずしい、子供がいる」「日本人は金持ちだ」などという。
 結局チップをはずんだから、遠回りと同じくらいかかったかもしれない。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 INOUEという名前は、母音が三つ続くので、英語国民には発音しにくい。電車の中でふと思いついて、In no wayとあてることにした。「決して」という意味である。
 イギリスの大学にいたときに、さらに名前のFumioの方も思いついて、Fool me ohとした。子音のエルはどうせあまり響かない。合わせてFool me, oh, In no way!「決して私をバカにしないで」という文になる。研究室のドアにFumio INOUEと並べて書いておいたら、あるときドアをノックする人がいた。何でも、面白い名前なので、顔を見たかったのだそうだ。
 

- r315

 武器としての交渉思考 
 瀧本 哲史


 p186ルーズベルト選対委員長、p231リップルウッド、p234アンデス職人の事例が面白かった。
 
 本からの引用:
 
 相手側が情報を出さないのであれば、その「情報を出さない」ということ自体を父渉の材料にしたほうがいいでしょう。
 それを利用して、金融業界では、本来は数百億円の価値があったものを数億円で手に入れたディールが過去にありました。
 それは、ハゲタカファンドと呼ばれた投資ファンド・リップルウッドによる、日本長期信用銀行(現・新生銀行)の買収です。
 これは過去最大級に「お得」なディールだったと、投資業界ではいまも言われています。
 リップルウッドは日本長期信用銀行の買収提案をした際に、条件として「抱えている不良債権の詳細をすべて明らかにしてほしい」と日本政府にオファーしました。それに対して日本政府は、そんな情報を明かしたら金融不安が広まりかねないと思ったのか、「中身は見せられない」と突っぱねました。
 リップルウッドはそれに対してなんと答えたのでしょうか?
 彼らは「わかりました。その代わりに安い値段で売却してください。またもうひとつ、われわれが買収した結果、不良債権を抱えている貸出企業がどんどん潰れても、それは情報を聞いていない結果ですから、日本政府が債務を保証してください」という条件を逆提示したのです。
 そして、たいへん恐ろしいことに、日本政府はその提案を受けてしまったのです。
 その結果、リップルウッドが買収して再生した新生銀行は、たとえ自行の貸出先の会社が潰れても、一定の条件があれば、日本政府が損害を補填してくれることになりました。
 そのため、非常に安い値段で買収したにもかかわらず、市場からは「日本政府のお墨付きがある銀行」と見なされて、無事に株式をIPO(新規株式公開)することができ、リップルウッドは巨額の株式売却益を得ることができたのです。
 この例でわかるように、交渉相手が情報を出したがらないときでも、そのこと自体を自分たちに有利な方向に持っていけるわけです。
 

- r314

 マッチング・ビジネスが変える企業戦略 
 税所 哲郎

 本からの引用:
 
 AAS(Account Aggregation Service)は,インターネット上のWebサイトで金融情報,およびその他の個人情報,情報を統合化(情報集約)して,ひとつの画面に一覧表示するサービスのことである。
 (略)
 2001年にAASによるサービスが提供され始めた当時,様々な企業のWebサイトで提供される利用者の情報(顧客情報)について,保有する企業のものなのか,それとも利用者自身のものなのか,といった利用者情報は誰のものかということが議論となった。それは,
 AASサービス開始当時は,Webサービスを提供する企業が保有する利用者の情報は,その情報システムを運営する企業のものであるという考えが一般的であったためである。
 このために,AASサービス開始当時は,アグリゲータへ参加することで,自社の情報が競合企業に利用されるのではないかといったことで,参加に否定的な企業も数多く存在した。しかし,現在では,利用者の情報は,その所在に限らずに利用者のものであるという考え方が支配的になっている。
 

- r313

 データはウソをつく
 谷岡一郎

 本からの引用:
 
 私は『中央公論』という月刊誌に、「今月の危ない数字」というコラムを書いていたことがあります。二〇〇二年二月に連載がスタートし、三回目の原稿を提出したのは三月頃だったと思います。このコラムは、ちょうどこの本のように、世間で不用意に使われている数字やアンケート調査の結果などを批判的に論評するためのもので、原稿用紙六〜七枚(二ページ)の分量でした。その三回目の原稿では、読売新聞がよくアンケートで使用する誘導的選択肢「やむをえない」を批判しました(第四章、一三四〜一三五頁を参照のこと)。こんな意味不明の選択肢はいけませんよ、と。
 すぐ編集担当者Kさんから電話がありました。今回の原稿は親会社を批判する内容なのでボツにして書き直してくれとのことでした。中央公論の経営権は、二〇〇一年度より読売新聞社のものとなっておりまして、その悪口を書くのはマズイと判断したようです。
 編集担当者ではラチがあかないので、編集長に代わってもらい、こう申し上げました。「中央公論の親会社が読売なのは知っている。しかし私の知っている中央公論は、たとえどんな立場の人であれ、悪いものは悪いと言う勇気を持っていた。次の号では朝日新聞を批判するつもりだが、まず自分の親会社の非を認めてから他社の非を述べるのが筋だと思う」。そのあと続けてさらに「どうしても書き換えよというなら書き換えるが、連載はやめさせてもらう」と主張しました。
 結局、連載が三回で終了してしまったことで、編集長の決断はおわかりいただけると思います。しかし日本社会でこの編集長を嗤うことは、実は難しいことなのです。特にナペソネという独善的カリスマリーダーがいた読売という組織において、子会社で責任ある立場にある人間の心理的プレッシャーは、かなりのものなのでしょう。このかわいそうな編集長のように、上と下の板ばさみで身動きのとれない中間管理職者は山ほどいます。そして残念な話ですが、それに埋もれる人はそこまでの人生なのだとしか言えません。
 

- r312

老いの希望論
森村誠一

 本からの引用:
 
 人生第三期に入って、初めて自由を手に入れた人は、仕事にあてていた時間を持て余し、めりはりをつけられないことが多い。
  自由には二種類ある。何をしてもいい自由と、何もしなくてもいい自由である。「何をしてもいい自由」を選ぶならば、仕事のしがらみや家族への義務感、時間の制約など、現役時代にさまざまな理由でできなかったこと、やりたいと思いながら踏み切れなかったことに取り組むことができる。
 「何もしなくてもいい自由」は、のんべんだらりと日々を過ごすことである。社会とのかかわりも持たず、新しい出会いも求めず、一人、家でテレビを見ているような生活である。
  人間は何もやらなくてもいい自由のほうに流されやすいものである。
 ---------
 ボケ防止として私が実践しているのが英語の勉強である。英語に限らず外国語を勉強するときには、五感、特に耳、目、口をいつもと違う感覚で使う。日本語にはない音を聞き分け、日本語とは違う文章を読み、日本語ではない発音で会話 する。当然、耳も目も口も緊張する。それがボケ防止につながるのである。
 

- r311

大人の東京散歩
鈴木伸子

 本からの引用:
 
 その汐留にあるのは都営地下鉄大江戸線の汐留駅。新交通ゆりかもめの汐留駅や、地下鉄やJRの新橋駅からも近く、銀座も八丁目あたりからは徒歩圏内という感じだ。
 貨物駅の跡地である都心の広大な敷地は、国鉄の清算事業団によって売却され「シオサイト」という再開発の街ができた。ただ、ここは六本木や丸の内の再開発とは違って、一社による総合開発ではなく、さまざまな不動産会社や企業によるビルが林立したことにより、街並みや地域の総合力としてはイマイチな結果となっている。
 その汐留にあるのは、日本テレビ放送網、電通、共同通信社、ソフトバンク、資生堂などという今時人気のありそうな企業の本社。この街を歩いていると、超高層ビルの狭間をゆりかもめ、新幹線などの各種交通機関が行き来し、それだけで手塚治虫のマンガに描かれた未来都市にいるような気分になる。
 

- r310

文系の壁
養老 孟司

 本からの引用:
 
 ――数をどう認識するかは、文系と理系の違いにも関係するのでしょうか?
 森) 数字は単なる記号で、言葉と同じものです。僕のいた工学部の建築学科は、多くが文系的な人でした。理系とはいっても、そもそも工学部が、理学部ほど理系的ではありません。
 医学部も工学部に近いかな。理学部の人は「どうしてか」をまず考えて「どうしようか」は後回し。工学部や医学部は、理由がわからなくても、とりあえず「どうしようか」と考えます。
 ----------
 養老) 最終的に正しいか正しくないかを判定しているのは、美意識であることが多いですね。たとえば、電子顕微鏡写真。電子顕微鏡の技術ができたばかりの頃、研究者が細胞の写真を撮ろうとするのだけれど、どれが正しい像なのかがわからなくて困ったということがありました。光学顕微鏡や]線回折など他の手段を使ってある程度構造がわかっているものであればよいのですが、電子顕微鏡以外で見えない細胞では検証のしようがありません。細胞を拡大すればいろいろな像が出てくるので、その中で一番美しいものを正しい細胞の像だということに決めるんですよ。
 ----------
 森) 説明に対して「わからない」と言うから、もう一度丁寧に説明しようとすると、「いや、お前の言っていることはわからないから、もういい」と言うんですよ。こっちがきちんと論理的に説明しているのに、言っていることがわからないと非難する。この「わからない」は、「わかっているけど、賛成できない」という意味なんですね。
 養老) 「わかっているけど、賛成できない」ことを表す言葉が日本語に存在しないと、僕も以前に書いたことがあります。
 

- r309

グーグル秘録
ケン・オーレッタ

 本からの引用:
 
 ラリー・ペイジはマーケティングや広報活動(PR)を、極端なまでにさげすむ。二〇〇八年初頭、ペイジは約百三十人のスタッスを擁するグーグルのPR部門に対し、今後一年間で自分が記者会見、講演、取材などに割く時間は合計八時間まで、と通告した。
 
 二〇〇六年五月にグーグル初のビジュアル・デザイナーとして採用されたダグラス・バウマンは、ブログに退社の理由を書いている。「会社にエンジニアが溢れていると、技術によって問題を解決しようとするようになる」。
 グーグルはすべての色、すべてのデザインまでもテストマーケットの対象にしようとした。アップルとは異なり、グーグルは趣味の良さや美しさといったことより、機能性を重視していた。「経営陣は個々の意思決定を、単純な論理の問題に落とし込むよう求めた。すべての主観を排し、データだけを見ろ、というのだ。その結果、データがすべての意思決定を左右するようになり、会社は一種のマヒ状態に陥り、デザインに関して思い切った選択は一切できなくなった」
 

- r308

なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか
辻井 啓作

 本からの引用:
 
 商店街活性化事業で出会う商店街組合の役員の中には、自らの商売に成功した立派な人もいないではなかったが、それはごく一部。大半は商売で生活していない、年金や不動産賃貸など、商店の売上以外から収入を得ている人だ。つまりもはや商人″ではない人が組合の役員として、加盟する商人を代表して事業を行っているという構図である。
 活性化したいという想いに嘘がある訳ではないだろうが、集客や売上を大きく伸ばすために積極的にリスクをとることはせず、もっぱら補助金のメニューに従って活性化事業をするのが商店街だと言わんばかりの運営がなされていた。
 
 一方で、商店街が活性化した際にメリットを得る立場、それが地主である。地主にとっては、商店街の客層がどのようになろうが、商業地としての価値が高まれば高い賃料を得ることができるからだ。先ほどの裏原宿のカフェの例が典型である。仮に土地を貸していない場合でも、地価の上昇は地主の資産価値を高めてくれるので、これもメリットである。
 

- r307

異端の統計学ベイズ
シャロン・バーチュ・マグレイン

エニグマ、日本軍の暗号JN−25、チューリングの悲劇、パロマレス米軍機墜落事故、青木正直――そういうことがあったのかと興味を持って読み進んだ。ベイズ理論の扱われ方も知ることができ、面白かった。
 
 本からの引用:
 
 社会学者は通常何千人分にものぼる個人データを扱い、しかも一人ひとりのデータに、年齢や人種や宗教や地方や家族構成といった何百もの変数がついて回る。ところが、これらの変数の関連を突きとめるために、五〇から二〇〇の事例にカール・ピアソンやR・A・フィッシャーが開発した頻度主義の手接を適用すると、往々にして奇妙な結果が得られた。あいまいな効果が大きな影響を及ぼしたり、正反対のことを示したり、得られた結果が後の研究で否定されるといった具合なのだ。頻度主義では、大規模なサンプルに対してたった一つのモデルを選ぶので、モデルの不確定要素が無視ざれるのだ。ところが、調査や実験をまったく同じ条件でやり直せる社会科学者はまずいない。
 一九八〇年代のはじめには、多くの社会学者たちが、仮説を検定する際は、頻度主義の手法より自分たちの直感のほうが正確な結果が得られるという結論に達していた。
 これに対してベイズ理論を使うと、社会学者の直感にはるかに近い結果が得られるように思われた。

 ベイズ理論は、マイクロソフトのOSであるWindowsに深く埋めこまれている。しかもそれだけではなく、マイクロソフトの手書き文字認証や「お勧め」システムや、オフィス製品のウィンドウの右上角にある「ヘルプ」質問応答ボックスや、ビジネスの売り上げを追跡するためのデータマイニング用ソフトウエア・パッケージ、ユーザーがほしがりそうなアプリケーションを推察してあらかじめ組み込むプログラムや、車で通勤する人のために事前に交通渋滞を予測するソフトウエアにも、さまざまなべイズの技法が組み込まれている。
 

- r306

都市理解のワークショップ 
九州大学大学院アーバンデザイン学コース編

本からの引用:
 
 ウォーキングという言葉を使うと、スポーツとしての体づくりや体脂肪を燃焼させるダイエットというフィジカルなイメージが強いが、メンタルな健康面での効果も高く、心のリフレッシュや気晴らしのために歩くという人も多い。
 江戸時代にはこの「ウォーキング」と「気晴らし」の両者を兼ね備えた便利な言葉があった。それが「物見遊山」である。物見遊山とは「物見して遊び歩くこと」の意であり、江戸時代の後期の町人文化の勃興とともに盛んになり、多くの町人達が物見遊山に出かけたそうである。もちろん、その移動の手段はもっぱら徒歩であり、目的は、寺社詣で・名所めぐり・湯治・納涼・花見・祭りなど多彩であった。
 現代人からみると、物見遊山は四季折々の都市空間を遊び尽くす贅沢な行為であったと言える。
  以上をまとめると、「歩く」ということは単なる移動に留まらず、感じる・考える・会話する・心身が健康となる行為であり、これらを総合すると人間の生活を精神的・身体的に豊かにする機会である。
 

- r305

すごい家電 
西田 宗千佳

 おいしいご飯の説明が書かれている。強い火力で炊いたご飯を食べたくなった。
 
  本からの引用:
 
 炊飯時にアルファ化を促進するには、十分な火力が必要です。熱をしっかり入れて炊飯しないと、αデンプンに変化する過程で水分が残りすぎて、べタッとしたご飯になってしまうからです。かまどやガスのように強い火力で炊いたご飯がおいしいといわれる一因が、ここにあります。
 ・・・
 ご飯を炊くと、沸騰時にねばねばした液体、いわゆる「おねば(御粘)」が出ます。米から出てアルファ化したデンプンが含まれているおねばには当然、ご飯のうま味がかなり含まれています。
 ・・・
 おいしく炊けたご飯では、おねばが全体にいきわたり、うま味が増します。このとき、全体がグツグツと煮えて、奥から気泡がご飯を押しのけ、穴を作ります。カニの巣穴に似ていることから、「カニ穴」などとよばれ、おいしく炊き上がったご飯の目印とされま す。カニ穴ができるほど煮えたぎった場合、十分に強い熟で加熱された上に、おねばがご飯全体にいきわたりやすくなるため、おいしいご飯になるわけです。
 
 α化; 米の成分中の75%ほどがデンプン(βデンプンと言います)ですが、そのほとんどがアミロースとアミロペクチンです。この割合の違いで粘りが変わります。米の状態では高分子(糖がたくさん手をつないだ状態)であり、そこに水と熱が加わると糖と糖の間に隙間ができ、単分子となり水が入り込み膨張します。これを粘化(α化)と言います。
 

- r304

世界を動かす技術思考 
木村 英紀

 本からの引用:
 
 半導体露光装置
 半導体露光装置
 
 代わってシェアを伸ばしてきたのがオランダ企業のASMLである。二〇一二年にはこの一社だけで八〇パーセントのシェアを獲得している。ASMLは同じくオランダ企業の電気機器メーカーであるフィリップスから分社・独立して一九八四年に設立された比較的新しい会社である。それにもかかわらず、長い歴史と分厚い技術の蓄積がありレンズメーカーとしても定評のあるニコン、キャノンを抑えて、どうやってシェアを伸ばしたのだろうか。
 その理由の一つとして、同社がバリューソーシングと名付けた独自の外部委託ビジネスモデルがうまく機能していることが挙げられる。バリューソーシングは、求めている規格、性能を満たす質の高い部品を、より安く、外部の企業からも調達する同社の経営戦略である。装置を構成する部品の多くを系列企業だけでなく広く一般の企業に求める、いわゆる水平分業モデルの一つともいえるだろう。
 ただし、ASMLの水平分業モデルでは、調達先企業に対してはASMLへの納入依存度をある基準以下に抑え、開発した製品を他社にも販売することを勧めている点が特徽である。このような戦略により、ASMLはニーズに合った部品を効率的に調達し、また、調達先企業も複数の企業からの要求に応えるために品質を向上させながら同社に限定せず製品を販売することで利益を上げ、互いによりよい製品開発につなげていくことができるようになった。
 現在では六〇〇社以上もの企業が同社とかかわっている。それまでの、ニコンやキヤノンによる、系列企業を中心に部品を調達し、製品まで組み上げる垂直統合モデルとは対照的である。
 

- r303

限界マンション 
米山 秀隆

 本からの引用:
 
 要するにここで指摘したいことは、不動産価格が上昇を続けている時代には、区分所有という形態でマンションを所有することには意味があったが、そのメリットが消えてしまった以上、必ずしも所有にこだわる必要はなくなっているということである。にもかかわらず、現実にはマンション供給は増大し続けており、マンション人気は依然として衰えることはない。
 このように、冷静に考えれば資産としての価値は高くないと考えられるにもかかわらず、マンション人気が根強いというパラドックスが生じているのは、分譲マンションに代替する居住形式である賃貸マンションの供給が十分でないことによる。とりわけ、家族で十分な居住環境を確保しょうと考えた場合、賃貸マンションに入居しようとしても手頃な物件はなく、分譲マンションを選択せざるを得なくなっている。
 この点は供給者側の事情によるところが大きい。供給業者にとっては、分譲マンションの建設、売却に大きなメリットがあるため、供給を行い続けているという現実がある。供給業者にとっての最大のメリットは、分譲マンションの場合、開発に要した資金を早期に回収できるという点にある。しかも、売却してしまう以上、その後の責任は限定される(欠陥工事が発覚したような場合の暇疲担保責任など)。供給業者にとっては、マンションはこのような意味で、手離れのよいビジネスとされている。
 

- r302

「持たない」で儲ける会社 
西村 克己

 ゼロックス、ジレット、ヤマト運輸、デル、大東建託、ソフトバンク、イトーヨーカドー、コマツなどの成功事例をわかりやすく解説している。そうだったのかと思う箇所が多かった。
 
 本からの引用:
 
 ある経営者が言っていました。「儲かっていないときは、儲かっているふりをしろ! そうしないと気分が落ち込む。そして、儲かっているときは、沈黙せよ! 儲けのアイデアがばれないうちにどんどん稼ぐのだ」と。
 
 前述したランチェスター戦略のひとつに、事業発展の順番をあらわす「グー・パー・チョキ理論」があります。まずは、「グー」で一点集中して、成功モデルをつくります。成功モデルが完成したら、次は「パー」で水平展開するのです。そして、思ったより収益が伸びない部分は、思いきって「チョキ」をします。縮小、撤退するのです。同時に有望な部分には展開して、全体のパフォーマンスの最大化を図ります。
 

- r301

世界のエリートの「失敗力」  
佐藤 知恵

 本からの引用:
  
 たとえば、アーヴィング・グロースペック顧問教授の「成長企業のマネジメント」(Managing Growing Enterprises)の授業では、次のような設定が与えられた。
 
 あるスタートアップ企業の創業メンバーであるBさんは、一人で人事からマーケティングまで、何から何までやっていた。会社の成長に人の採用が追いつかなかったからだ。しかし、その後、会社は急成長し、Bさんのマネジメント能力では、機能しなくなっていった。そこで、マネジメント経験が豊富な人を外から雇い、Bさんを降格させることにした。創業者兼CEOのあなたは、Bさんにどのように降格の事実を伝えるか?
 
 学生は、降格の事実を伝えるCEO役。教授がBさん役を演じる。
 この演習で、百戦錬磨の教授の反撃に、学生側は、興奮して思わぬことを口走ってしまったり、感情的になって泣きそうになったりする。つまりクラスメートの前で、相当恥ずかしい思いをすることになるのだが、それがこの演習の目的でもある。
 なぜ、スタンフォードがこうしたロールプレイ演習を取り入れているかというと、ソフトスキルを学ぶ場というのは実社会ではなかなかないからだ。
 たとえば、ファイナンスやマーケティングといった実務であれば、会社で仕事をしながらスキルを身につけていくことができる。ところが、ソフトスキルを系統だって教えてくれる会社はない。
 

- r300 ヒットの法則が変わった  
中山 淳雄

 個人が教育娯楽にかけられる金額はいくらなのか、を示すための以下の説明は面白い。結果の数字だけを出されるよりも、切実感が出てくる。
 
 本からの引用:
  
 日本の一世帯あたりの年間支出は三五〇万円。ここから衣(一〇万)・食(五〇万)・住(一三〇万)・その他生活必需品を除いた「自由時間関連支出」が七五万円、これが自由に使える金額の年間キャパシティとなる。
 自由時間消費の内訳は「小遣い・付き合い」で二〇万円、「読書・視聴等の教育娯楽」で二〇万円、「外食」に一五万円、「旅行」で一一万円、「テレビ・カメラなどの耐久財」で六万円、「スポーツ」で三万円となっている。一世帯平均二・五人で未成年が四分の一として割り出すと、一人あたりの「読書・視聴等の教育娯楽」は一〇万円となる。この一〇万円にテレビも出版も音楽もゲームも殺到しているのである。
 
- r299 英語のおかげ 
井形 慶子

 
 本からの引用:
  
 ところで、外国人向けの情報誌で私が編集長をしていた頃、「編集者募集」の求人を出すと毎日大勢の方から問い合わせがきました。「帰国子女」であると書かれた履歴書も山のように送られてきます。
 彼らは試験をしてみると英語の発音がとてもきれいな上、ネイティブと変わらないイントネーションで英語を話します。ところが、英語力を見越して採用して実際に現場に出してみると、なぜか期待を裏切られる場合が多いのです。
 前にカタカナで書いた英語を読んで、まるっきり英語に縁遠い営業マンがサイパンで広告費を取り立てたという話をしましたが、彼の方が会社的には英語が使える人″という評価になります。
 
- r298 面接は心理戦で勝つ 
田中和彦

 
 本からの引用:
  
 私は、雑誌の編集を担当していた時に、よく「テープ起こしの原稿」というものを読まされることがあった。講演会や対談、パネルディスカッションなどの会話をテープに録音したものを文字に書き起こした原稿のことなのだが、そういうものを読むと、いかに会話というものが、論理的に見るとデタラメで、首尾一貫していないかがわかる。文法的にもおかしなケースが多い。しかし、文字にするとおかしな内容でも、その場で聞いている分には、全然違和感がない。むしろ、説得力があったりするから不思議なものだ。
 
 面接をする人事担当者の側から考えると、面接というのは、起承転結とも言える4つの部分から構成されていることがわかる。その4つとは、「アイス・ブレイキング」「ヒアリング」「ジャッジメント」「フォロー」である。
 ・・・
 人事担当者は、結論を決めかねていたり、判断に迷ったりしている間は、同じテーマを繰り返して話を深掘りしているケースが多い。そして、そのテーマで結論が出ると、次のテーマに話を移す傾向にある。
 
- r297 腸が寿命を決めている 
藤田絋一郎

 
 腸をテーマに書かれた面白い本。
 食物繊椎、フィトケミカル、丹田呼吸法、フィンランド症候群、オメガ3脂肪酸、トランス脂肪酸、小腸にがんはできないetc.,
 
 本からの引用:
  
 男性も50歳ぐらいになると、「疲れが取れない」「やる気が起きない」「気持ちが沈む」といった症状が現れます。これらは男性更年期の三大症状といわれています。
 ・・・
 私たちの体は50歳を境に、それ以前の若い時は解糖エンジンがメインに働き、その後はミトコンドリアエンジンがメインになります。そのため、若い時は炭水化物が重要なエネルギー源になりますが、50歳以降は炭水化物が栄養にはならず、むしろ老化を加速するなどの害が出てきます。
 
 女性は比較的、笑うことが得意です。年配の女性たちが、食事をしながら談笑している光景はよく見かけます。それに対して男性は、「何がおかしいのか」といった感じで、一歩引いて見ていませんか。
 作り笑いでも、少しはNK細胞が活性化するのであれば、1日1つは楽しいことを見つけ、笑える時間を作ることで、だんだん笑いやすくなってくるのではないでしょうか。
 「泣いて暮らしても一生、笑って暮らしても一生」、同じ一生ならやはり笑って暮らしたいものです。
 
- r296 食える数学 
神永 正博

 
 本からの引用:
  
 数学が思うように役に立たない悔しさ。実務で、思うぞんぶん数学を使ってみたい!
 わたしは、すきあらば数学を役立てようと、目を光らせていました。
 ・・・
 しかし、わたしは、仕事上はエンジニアでしたが、中身はエンジニアではありませんでした。効率がアップしたとかダウンしたとかいう話には、ついていけなかったのです。
 通勤電車のなかで、ほとんど現実逃避に近い勉強をしながら、わたしはぼんやりと考えていました。数学は、なぜこんなに役に立たないのだろうかと。
 
 イプシロン・デルタ論法は、大学数学におけるもっとも巨大なつまずきの石で、多くの学生がここで挫折します。
 わたしが大学1年生のころ、数学科の友人たちの多くは、「もう、『てにをは』しか意味がわからん」、「あれが数学なの?」といった反応で、その年の年賀状には「がんばって2年生になりたい…‥」といった悲鳴が並んでいました。
 彼らも、高校までの数学は得意だったはずなのに。わかりにくいという評判は、伊達ではないのです。
 
- r295 99.996%はスルー 
竹内 薫/丸山篤史

 
 本からの引用:
  
 どうやら巷では、スルースキルなんて言葉もあるみたいだ。誰にだって嫌なことや、気に食わないこと、あるいは挑発・嫌味・罵倒などなど、思わずムキになって反応してしまいたくなることは、きっとある。しかし、そこで感情的にならず、無視したり、話を逸らしたりすることが、大人のマナーとして推奨されていて、それを「スルースキル」というらしい。
 
 計算量が膨大な場合、 事実上(時間的に)、問題を解けないことになってしまう。それを何とかするために、(言葉は悪いが)適当な仮定を用いて計算の短縮を試みることがある。こうした手法を「ヒューリスティクス」(heuristics)と呼んでいる。経験的に発見する、というニュアンスで理解してもらえばよい。ヒューリスティクスは、数学の証明のような「正しさの保証」を与えるわけではないが、観測結果に近いシミュレーション計算ができる。ようするに、コンピューターに力ずくで計算させるのではなく、適切な計算範囲を人間が指定してやるというわけだ。
 
- r294 孤独の価値 
森 博嗣

  人間の気持ちの変化を、微分→微分→加速度で表現している点が面白い。
 
 本からの引用:
  
 人間の調子、人間が成す仕事の調子、あらゆるものの道理がここから見えてくる。つまり、どん底にあるとき、人は「なんとかしなければ」と一番踏ん張るから、それがその後の上昇のきっかけになる。しかし、その上昇が一番速いところで「楽しさ」を感じて満足してしまうため、知らず知らず、努力の力はゼロになっているのである。
 寂しさの頂点、孤独のどん底にあるときに、人間の精神は最も活動し、自分のことを心配し、なにか手を打とうとやっきになる。もちろん、それ以前から、手は打ってはいるが、このとき努力が最も大きくなる、という意味だ。 感情の変化
 
 みんなと同じことをしなければならない。学校へ行ったら一人でも多くの友達を作らなければならない。力を合わせみんなで成し遂げることが美しい。感動とは、みんなで一緒に作るものだ。それが、現代の「良い子」たちである。大勢が、「感動」 をもらおうと口を開けているヒナのように見える。自分の頭の中から湧き出る本当の「感動」を知らない。誰もいないところで、一日中ただ一匹の虫を見ているだけで、素晴らしい感動が得られることを体験することができないのだ。
 このような洗脳から生み出されるのは、「孤独を怖れ、人とつながる感動に飢えた人々」であり、これはすなわち、「大量生産された感動」を買ってくれる「良い消費者」にほかならない。企業はこんな大衆を望んでいる。
 
- r293 ビッグチャンス  
冨山和彦

  
 本からの引用:
  
 組織の老化は会社全体で進む。最前線の若者といっても、ソニーが吹けば飛ぶようなベンチャーだった時代と比べると、超一流企業のソニーの新入社員には偏差値は高くても比較的普通のエリート比率が高くなる。グローバルな超一流企業、そして日本国内でもひとかどの存在になると、自分たちのお行儀が世の中でどう受け止められるかを気にせざるを得ない。突飛な発想や意外な行動は、大きな組織を効率よく秩序立てて動かすには、どうしてもじゃまになっていく。ものごとが予測可能な標準偏差の中に納まること、そうなるように根回しやコンセンサスづくりを丁寧に行なうことが、組織運営上の暗黙の共通価値になっていくのだ。要は官僚化が進むのである。
 
 今は従業員に求められる社内固有スキルと普遍的なスキルの割合が変化して、いいところ「5対5」、デジタル化による水平分業化進んだ業界では「3対7」くらいになった。実はジョブ型の働き方が主流のサービス産業では、もともとこのくらいの比率だ。
 要するに会社を辞めても持ち運べるスキルの割合が増えたのだ。そうすると、ユニバーサルなスキルを会社負担でトレーニングする必然性がなくなる。高いお金をかけてスキルを身につけさせても、よその会社に転職したり、引き抜かれたりして、フリーライド(ただ乗り)される可能性が高いからだ。
 社会全体がそうなってくると、世の中的にはプロフェッショナル・スクールが幅をきかせることになる。
 
- r292 一生お金に困らない「未来予測」の技術  
菅下清廣

  
 富裕層と貧困層の分かれめは、「情報」と「未来予測の力」の差だそうだ。
  
 本からの引用:
  
 メリルリンチの東京支店は当時、虎ノ門の三井ビルにありました。私がそこへ帰ってくると、アメリカ人の支店長が支店を案内してくれました。そして、ガラス張りのブースを指して微笑みます。
 「ミスター・スガシタ、これがきみの席だ」
 大きなデスク、重厚なソファー。しかも、秘書まで控えています。
 「今日から彼女がきみの秘書だ。何でも言いつけて構わない。コーヒーを頼むのも自由だ」
 さらに支店長は続けます。
 「朝何時に出勤して、何時に帰ろうがきみの自由だ。ただし、きみと秘書の給料、それにこのブースにかかる家賃などは、きみ自身が稼ぐのだ!」
  さすがはアメリカ企業。ドライな発想です。支店長はごていねいに、私にかかるコストを月単位、年単位で具体的に提示しました。
 「最低限、これだけは稼いでくれ。それさえクリアしてくれれば、どこで何をしていようがきみの勝手だ」
 
- r291 戦略思考の鍛え方 
冨山和彦+岸本光永

  
 本からの引用:
 
 もはや、欧米諸国と肩を並べた現在、欧米の技術や理論を取り込むだけでは意味がなくなった。その結果、日本は独自の技術開発や独自の理論を主張することが必要になった。日本人に最も必要なことは「創造力」である。日本人の特質として、何か基本があって、基本を改良、改善する、理解することのスキルは高い。しかし、ゼロから有を生み出す創造力は必ずしも強くない。この原因は明治以来の知識教育主体の学校教育にあることは衆目の一致するところであるが、教育は最も保守的な分野で一朝一夕に転換することはできないのが問題である。
  
 日本の中小企業経営者の多くが、勤勉にして誠実な職人タイプの人々である。外部の情報収集に時間とエネルギーを使うよりも、細かいコスト把握と見直しのためのデスクワークよりも、現場でのものづくりや既存顧客への接客サービスに集中したがる。いわば内弁慶型で受け身の経営者。誰よりも素晴らしいものづくり、接客サービスをやっていれば、きっといつか世の中は評価してくれる、そして商売としても報われるという信念というか、願望で頑張っている。しかし、今どき、こうした願望が成就することは滅多にない。
  
- r290 稼ぐ力を取り戻せ! 
冨山 和彦

 
 コンサルらしく、豊富なネタとメカニズム解説が面白い。
 
 本からの引用:
 
 では、なぜ今まで日本企業はボトムアップ型の意思決定でうまくいったのか。
 現場ですり合わせた上で意思決定をするメリットは、いったん決定された内容については、実行可能性が担保されることだ。そもそも自分たちができないことを経営陣に上げてくるわけがないので、あとから「この半導体は供給できません」と決定を覆される心配はない。だから、モノをつくったときも、部品が足りなくなって生産がパンクするということはほとんど起きない。できあがった製品が不良だらけ、バグだらけということも起きにくい。
 アップルのiPhoneは、アンテナに不具合があったり、地図アプリが全然使い物にならなかったり、納品が遅れたりといった問題が頻繁に発生している。日本メーカーでは考えられないような事態だが、競争市場における勝者はアップルなのだ。
 
 繰り返しになるが、デジタル型の不連続なイノベーションの世界では、つねに若くて小さいヤツが勝つ。なぜかというと、基本的にゼロから生み出されるゲームなので、過去の連続的な要素技術の蓄積にはあまり本質的な意味がないのである。
 日本の大手電機メーカーに代表される古くて大きなメーカーは、要素技術はたくさん持っている。だが、ずっと同質的な組織の中にいるので、組織としてのしがらみが多く、その技術を応用できない。たとえば、ゼロックスが持っていたマウスとアイコンは、もともとデスクトップ・パブリッシング(DTP)用の技術だった。それを個人向けのコンピュータに応用しようという発想がそもそもなかったのである。
 これが、無意識のしがらみである。固定観念でこうだと思っているから気づかない。意識していないから、そもそもコントロールできないのだ。仮に内部の誰かが思いついたとしても、今度は組織の壁が立ちはだかる。そもそも複写機メーカーにとってパソコン事業などまったく勘が働かないし、コア事業でもなんでもない。さらにはこうした技術によってパソコンレベルで高精細なコピーや印刷をデザイン、コントロールできるとなると、自らのコア事業を脅かしかねない。いわゆるイノベーションのジレンマの問題にも直面する。
 
- r289 退職金貧乏
塚崎 公義

 
 本からの引用:
 
 15年後・70歳時点で目指す資産構成は次の通りです。資産配分がこうなるように、時間をかけてすこしずつ投資を行なっていきます。
 ○金融資産の10%は変動金利型国債。
 ○金融資産の10%は物価連動国債。
 ○金融資産の10%は銀行預金。その過半は小口に分けた自動継続型定期預金で、普通預金は少額。
 ○金融資産の35%は日本株(JPX日経400連動型ETF)。
 ○金融資産の35%は外貨。そのうち、外貨建て(ドル建て)MMFまたは米国債が半分、外国株ETFが半分。
 
 これは長生きしても大丈夫で、マイルドなインフレに強く、かつ極度のインフレにも耐えられるような資産構成となっています。
 現金と預金の比率が低く、株式と外貨の比率が高いので、リスクが大きすぎるのではないかと考える方もおられると思いますが、インフレに備えるという観点からは、現金も「危険資産」なので、現金の比率が高すぎることも問題と考えて、このウエイトとしたものです。
 
- r288 図解 日立製作所
明 豊

 
 本からの引用:
 
 就職活動において、日立グループは「就社」ではなく「就職」することを意識した採用方式をとっている。その代表例がジョブマッチング制度。学生は就職活動時点で希望の分野を選び、その事業所や会社で、エンジニアやマネジャーに直接会う。そこで双方の二−ズや意思を確認するいわゆる「お見合い」に挑む。お見合いが成立すれば、本社部門で書類審査が行われ内々定が出る。内々定がでると同時に配属先も決まり、10月には正式内定となる。どこの事業所 でもジョブマッチが成立しなければ終了となる。
 しかしこれはあくまで採用までの話。実際に日立に入った後は、様々な事業環境の変化によって、当然、職場、あるいは会社が代わることは普通に起こる。特に若手は経験を積ませるため、大量の海外派遣プログラムを始めており、「海外勤務はちょっと…」という人は通用しない。
 
- r287 鈴木敏文 統計心理学
勝目 明

 
 本からの引用:
 
 
 鈴木氏は創業後も、あらゆる壁を破り続けてきた。例えば、最初のころは、一軒の店に一日七〇台の納品トラックが来ないと商品が揃わなかった。牛乳なら牛乳で、森永、明治、雪印……と、それぞれのメーカーが自社の商品を運んでいたりしたからだ。
 「そんな無駄なことしないでそれぞれの単に各社の商品を載せられないか」と提案しでみると、「よその商品をうちの車に載せられるか」「それなら、うちの商品だけ置けばいいではないか」と猛反発を食った。
 「それまでの経験や固定観念を破れなかったら、そのままになったでしょう。でも、おたくの商品だけ置いたって、おたくのが売れるわけじゃない。三社、四社の商品を置いておくことが、結果としておたくのも売れることになるのですよと、実際に実験して立証して 見せ、根気よく説得を続けました」(鈴木氏)
 その結果、各メーカーが他社製品も混載して地域ごとに分担する共同配送方式が実現された。
 
 
- r286 小さくてもいちばんの会社
坂本光司

 
 本からの引用:
 
 ◆マニ―株式会社 手術用縫合針でトップシェア
 刮目すべきは、創業以来「トレードオフ (やらないこと)」 の明確な基準があります。
 それは、
  一、医療機器以外扱わない。
  二、世界一の品質以外は目指さない。
  三、製品寿命の短い製品は扱わない。
  四、ニッチ市場(年間世界市場五〇〇〇億円程度以下) 以外に参入しない。
  といったことです。
 
 ◆株式会社トウチュウ 「砂」で日本の産業を支える
 ひとえに「砂」と言っても多くの用途があります。仮に砂資源を確保できなくなれば国内の鋳物業界と窯業業界が製品をつくれなくなってしまいます。私たちはそのときに初めて、どれだけ多くのものが砂の力でつくられていたかを知り驚くことでしょう。当社は、
 そんな不測の事態に陥らないようつねづね「産業界のために供給を止めてはいけない」という使命感をもち安定供給できるよう努めているのです。
 
- r285 定年男のための老前整理
坂岡 洋子

 
 本からの引用:
 
 人間はおかしなもので、自分が捨てようと思っていたモノでも、他人に勝手に捨てられると腹が立ちます。つまり選択の権利を奪われたことに腹が立つのです。やはり自分のモノは自分で決める、自分で捨てることが基本なのです。
 
 実は、人間関係というのは男性よりも女性のほうが柔軟です。女性は生活の目線で人間関係をつくる傾向にありますから、働いている女性でビジネスライクに仕事だけのお付き合いというのはあまりなく、気づけば一緒に近くのデパートで仲良くバーゲンセールを回っていたりするものです。
 ところが男性の場合、いくつになっても、社長だ、部長だ、という枠組みが残ります。長年会社で働いた男性ほど、女性とは違って仕事と生活が分離しています。そうした固まった頭のままでは、引退後に、もう誰も寄ってきません。
 
- r284 ORのはなし 
大村 平

 私が好きな著者の一人。
 この本では、シミュレーションの例としてお見合いが紹介されている。お見合いという人生最大の決断に関するテーマなので、どんな結果になるのか興味が湧く。
 
 本からの引用:
 
 あなたはこれから10回だけお見合いを世話してもらえることになったと思ってください.この中で相手が決まらなければ結婚相手には一生めぐり逢えないものと覚悟していただきます.もちろん,1回には1人としかお見合いはできませんし,いちど断わった相手とヨリを戻すことは遠慮ねがいます.
 こういう前提ですから,このあたりでよかろうと妥協して相手を決めてしまえば,それから先にどのような絶世の美女が待っていたかは知るよしもありません.また,もっとよい条件の相手が現われることを期待して目の前のチャンスを見送ったあげく,それからあとは不美人ばかりが現われて,こんなことならあのとき決めておけばよかったと悔やんだところで,あとの祭りです.ただ,見合いの結果はあなたの意志次第であり、相手にふられることはない,としているところがなによりの救いです.さあ,どういう作戦で10回の見合いに臨みましょうか.
 まず,5種類の作戦を立ててみます.この5種類を比較検討して,最善の作戦を選ぼうというわけです.
 ・・・
 これで,5種類の作戦が出揃いました.平均的に見てどの作戦が優れた女性を獲得できるでしょうか.また,10人のうち最高の女性を得る確率は,どの作戦がもっとも大きいでしょうか.逆に最低の女性を掴んでしまう危険性は,どの作戦に多いのでしょうか.
 
- r283 世界の技術を支配するベル研究所の興亡 
ジョン・ガートナー

 
 本からの引用:
 
 ショックレーの下で働いていた実験物理学者ウォルター・ブラウンは「たいていの研究室には縦一二インチ、横一八インチほどの三脚のついた黒いテーブルが置いてあった。そこにノートを置いてお き、研究室で行われた実験と結果、また将来のためのアイデアや計画を詳細に記録するためだ。だれかが重要な結果やアイデアを書き込むと、別の技術者が証人として署名し、時間を記録しておいた」 という。
 研究員はノートを破ることを許されておらず、別の紙に何かを書きこんでノートに張り付けることも認められていなかった。「消しゴムの使用も認められておらず、誤った筒所には線を引き、自分のイニシャルを書き込むことになっていた」とブラウン。ノートにはすべて番号が振られて誰が持ち主かわかるようになっており、スーパーバイザーや研究所の弁護士が管理していた。誰が何をしたのかが確実にわかるようにしていたのは、ノートが特許を申請する際の証拠として使われていたためだ。
 
 ショックレーでさえ、彼らしい言い方で、ケリーの貢献を称えている。
 「ベル研究所を退社する際に電話でお伝えしたことをもう一度繰り返す、ちょうど良い機会が来たようです」。ノーベル賞受賞の知らせを受け、ショックレーはカリフォルニアからケリーに宛ててこんな手紙を送った。「研究部門のディレクターや副社長として、私のような固体物理学者にトランジスタを開発させるという芸当を、あなた以上にうまくやれた人はいないでしょう」
 
- r282 シグナル&ノイズ 
ネイト・シルバー

 
 本からの引用:
 
 ベイズの定理には、時間をかけて新たな証拠を提示していくうちに、さまざまな信念が互いに引きよせあい、次第に真実のほうへ向かうという特性がある。
 ・・・
 科学者が使用する統計的手法は今、パラダイムの移行期にあると言えるかもしれない。ここで述べたフィッシャーの統計的アプローチの欠陥は、別に目新しいものではない。臨床心理学から政治学へや生態学にいたるまで、あらゆる分野の著名な専門家が長年同じような議論をしている。大きな変化はないものの、最近になって、もはや頻度主義を大学で教えるべきではないと主張する統計学者も出できている。フィッシャーの理論を学会誌に載せることを禁止することさえ検討されている。事実、過去10年に書かれたもののなかから、ベイズ主義的アプローチを支持していない論文を見つけるのは難しいだろう。
 ・・・
 教科書や伝統が変わるまでにはまだ少し時間がかかるだろう。しかし、私たちはよりよいアプローチに近づいていくはずだ。ベイズの定理はベイジアンが勝つと予測している。
 
 私たちがよく使う認知の近道(ヒューリスティック)は、投資家にとっては厄介なものだ。上昇しているものを見て「この先も上がり続けるだろう」と思うのは、本能以外の何物でもない。株式市場ではこれが失敗につながる。
 
 確かなのは、「市場は絶対確実で価格は常に正しい」という前提からスタートすればバブルは発見できないということだ。
 
- r281 世界でたたかう英語 
山本賢治、小西麻亜耶

 
 本からの引用:
 
 では、いったい何が日本人のグローバルな活躍を妨げているのでしょうか? 観察と研究を重ねた結果、決して英語力そのものではないことに気づきました。日本の厳しい大学受験を経た多くの方々はすでに一定レベルの英語力を身につけています。問題は、外国人を前にするとひるんでしまう、グローバル・ビジネスというゲームのルールを理解していない、欧米式のコミュニケーションに慣れていない、といった点に起因していることがわかりました。
 
 外資系企業ではリストラがあるので就職する際に日本企業を選択したという話は、よく耳にするかと思います。
 これはある意味、事実だと思います。世の中はものすごいスピードで変化していて、ビジネスが要求されている状況も、どんどん変化しているのです。
 ・・・
 日本のように単純に解雇できないルールがある場合でも、合法的にリストラを実施しなければならないときもあるでしょう。グローバル企業のつらさでもありますが、会社の体質改善のため世界で一律に強制的なリストラ実行の指示を受けることもあるのです。
 早期退職プログラムや、再就職支援のコンサルティング会社との契約、やることは山積みな上に、リストラ・プログラム発表の前日はやはり眠れないものです。
 
- r280 クラウド技術とクラウドインフラ
黒川 利明

 
 本からの引用:
 
 データセンターに限らず従来のコンピュータシステムは,少し寒いぐらいの恒温状態にしなければいけない,そうでないと故障が頻発するというのが常識だった.特に,ハードディスク装置について,そう考えられてきた.これが,データセンターにおいて,大量の電気を冷房に使用する一つの理由になっていた.
 ところが,2007年にGoogle社の研究者が発表した論文[GoogleHDDO7]で,10万台以上のハードディスク装置を調べた結果,35℃から45℃での故障率が低く,50℃の環境でも,故障率が20℃の環境より低いことが示されたのである.
 これを契機として,データセンターの温度管理は,より省エネの方向に動き出した.重要なことは,この研究結果が発表されるまで,漠然と誰もが20℃ぐらいが最適だと信じていたことであった.
 
 私見では,日本のクラウド事業者は,ちょうど日本の会計事務所のように,グローバルなクラウド事業者と提携するか,それこそ,まったく違うビジネスモデルを開発しない限り,生き残れないと思っている.日本政府のクラウド調達で生き延びるなどは最悪の選択肢だろう.グローバルなネットワークとの連携で,安価で良質で,ほかと違ったサービスを開発することが,日本のクラウド事業者に課せられた使命であり,そのためには,形だけの独立は何の役にも立たない.
 
- r279 データマネージメント 業務改善の正攻法
データ総研

 
 本からの引用:
 
 私が配属された情報システム部というのは、営業部門のように製品を売るわけではない、スタッフ部門のように業務オペレーションをするわけではない、といって開発部門のようにハードウエアを作ったりソフトウエアを書いたりするわけでもない部署であった。プログラミングは外部に委託していたからである。
 そういう情報システム部が生み出す価値とは何であろうか。私は情報システム部の役割を、人もコンピュータも含めた全体最適のソリューションを提案することだと考えている。
 システムを業務で使用する要求者は現実世界の人であり、プログラマはコンピュータの世界の人である。現実世界の人の要求は断片的で自分本位であり部分最適な表現しかできない。この要求を構造化し、必要なデータを「漏れなく重複なく」(MECE=Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)設計することは、開発での後戻りを最小限にするためにとても重要である。
 そのため、冒頭で述べた広い定義の情報システム開発を手がける部員は現実世界とコンピュータ世界の間を取り持つ翻訳家でありビジネス全体を見通せるアーキテクトでなければならない。
 
- r278 BtoBマーケティング
小余田拓郎+首藤明敏

 
 本からの引用:
 
 日本企業の売上高営業利益率は、この50年低下し続けている。特に利益率の低下が顕著なのは製造業であり、なかでも素材や部品、設備やシステムといったBtoB企業の利益率は10%前後から1%台へと大きく低下している。
 利益率の差は、企業の成長にさまざまな形で影響する。再投資のための資金に差を生むし、従業員に配分することのできる給与にも差を生む。それは、さらには優秀な人材の獲得にも影響を及ぼす。また、欧米企業と日本企業の時価総額には大きな開きがあるが、これも利益率が影響するものである。企業価値はグローバル市場での戦略に制約を生むことにもなる。低収益をこのまま放置すると、グローバル市場からの退出を余儀なくされることにもなりかねない。
 
 クロスセルとは、自社の製品・サービスの顧客に対して、さらに関連する他の製品・サービスを販売していくことであり、アップセルとは、再購買時に、よりグレードの高い製品・サービスへのアップグレードを図ることである。
 
- r277 マクドナルド失敗の本質
小川孔輔

 
 本からの引用:
 
 1995年から2000年の間、マクドナルドの店舗数は約2・5倍になった。この店舗拡大の時代に店長を経験していた人たちの一部が、独立してマクドナルドのFCオーナーになっていた。2006年当時、全国に400人弱いたFCオーナーの95%は、元マクドナルドの社員だった。オーナーの多くは、藤田時代にマクドナルドに勤務していた人たちである。
 FCオーナーたちは、2005年から2010年にかけて、10年目の契約更新を迎えていた。そのうちの少なからぬ数のオーナーが、2004年に経営陣が総入れ替えになって以降、フランチャイジーとして契約の更改ができなくなったとみられる。FCの再契約にあたっては、例外的な条項を認めず、画一的・標準的な基準で審査を行ったからと考えら れる。
 
 最後に、マクドナルドにいまの惨状をもたらした犯人の所在を示して、本書を終えることにしたい。本書の分析を通して、とくに企業人としてビジネスの世界で働いている読者に向けて、筆者が是非とも伝えたい大事なメッセージである。
  マクドナルドを壊してしまった責任は、行き過ぎた米国の株主資本主義の定見のなさと、短期的に収益を上げようとしたマネジメントの失策にある。前者を主導したのは、不動産リース事業モデルに着目して、直営店舗の売却を促進することを主張したヘッジファンドである。そして、長期的な観点からマクドナルドのビジネスを守ろうとすることなく、「物言う株主」の圧力に抗することができなかった経営陣たちの責任も重い。
 
- r276 線形代数学周遊
松谷茂樹

 
 本からの引用:
 
 線型代数といえば大学1,2年時に何の役に立つのか判らないまま授業を受け,なんだか判らないまま終ってしまった思い出を持つ人も多いかもしれません.本書の目的は,線型代数とはそもそも何なのか?どんなところで役に立つのか?線型空間とはどんな空間のことなのか?という問いに基礎から応用までを概観しながら,答えを示すことです.
  線型代数は色々なところに顔を出します.群や環の表現論,代数幾何,微分幾何,関数解析,微分方程式論,特殊関数論,作用素環論,量子力学,電磁気学,弾性体論,流体力学,振動論,担1路理論,熟解析,非線型可積分系,暗号・符号理論,画像処理,制御理論,数値解析(有限要素法,差分方程式)など幾らでもあります.純粋数学,大学での応用数学から企業の現場での産業数学まで,線型代数はそれらの基礎をなしています.
 
――まえがきを読んで中身を期待したが、外れた。抽象的な説明の羅列で終始。線形代数を学びなおそうということが、いかに自分に合わないかをわからせてくれた。
 
- r275 ブラックメール
スーザン・フォワード

 
 本からの引用:
 
 わたしたちは、大人になるまでに、自分は他人によって生かされている(その人物に恩義がある)、したがって自分の行動は義務、従順、誠実、利他主義、自己犠牲といった理想をもとに決められるべ きだ、というルールと価値観を身につけている。しかも、それが心に深く刻み込まれているため、往々にしてそれは自分自身が考えて身につけた価値観だと思いがちだ。
 しかし、実際にはそれは親や宗教的なバックグラウンド、社会の通念、メディア、そして身近な人々の影響によってかたちづくられたものである。
 
 ジョーの収入はけっして悪くないんですが、二人で稼いでも追いつかないような使い方をします。
 だから、わが家の支払いはしょっちゅうとどこおってしまいます。先週も、支払わなきゃならない請求書が山積みになってしまいました。するとジョーが、きみのおばさんに借金を申し込んでくれよ、っていいだしました。たしかにおばはかなり裕福な生活をしてますが、最近乳癌の手術を受けたばかりなんです。だから、いまはおばをわずらわせるわけにはいかない、っていいました。
 そしたら、信じられないことに、彼がいきなり圧カをかけはじめました。「これが彼女の病室の電話番号だ。調べる手間をはぶいてやったよ。いますぐ電話してくれよ。大したことじゃないじゃないか。べつにいま痛みに苦しんでるわけしゃなし。それにきみは昔から彼女のお気に入りだったんだろ。電話するくらいどうってことないさ。ぼくのためにそんなちっちゃいことさえできないってのは、どういうことだ?」
 
- r274 NTT 30年目の決断
榊原 康

 
 本からの引用:
 
 通信業界は今、「成熟化」「土管化」「同質化」の三重苦に悩まされている。成熟化は文字通り、需要の飽和である。今後は少子高齢化で縮小も懸念される。土管化は、OTTの台頭を指す。上位サービスはOTTに席巻され、通信事業者は通信網を提供するだけの存在に落ちぶれてしまう恐れがある。同質化は、端末やサービスで差異化を打ちだすのが難しくなってきた状況を意味する。
 通信業界は競争が激しく、動きが速いことで知られる。各社は差異化を図るために次々と新しいサービスを始めるが、競合他社にすぐに追随される。通信事業は「規模の経済」が働きやすいこともあって、携帯電話市場では合従連衡が進み、遂には大手三社に収れん してしまった。かつてはNTTドコモの独壇場だったが、完全な拮抗状態である。今後はICT(情報通信技術)の進展により、通信業界だけでなく、あらゆる業界で同様な動きが広がっていくと予想される。コンビニ業界がまさに典型例だ。
 
- r273 読む便秘外来
小林 弘幸

 
 本からの引用:
 
 また、性別に関係なく、加齢とともに、便秘の陰に病気が潜んでいる可能性が高くなります。便秘は、パーキンソン病で最も多い症状のひとつといわれ、糖尿病になると、合併症のひとつである神経障害が要因で便秘を引き起こします。また、うつ病のために向精神薬を服用した場合も便秘になりやすくなるといわれています。
 このように、六十代以降の便秘には注意が必要です。一度、きちんと検査をすることをおすすめします。
 
 硬くなった便は水を含みにくい状態。そんなとき治療でも使用するのがオリーブオイルです。便のまわりを油でコーティングして、それが潤滑油となって、スルッと動くようにするのです。一日大さじ一杯を目安に飲んでください。
 便が硬くなりやすい人は、普段から水分や水分の多い便を作る水溶性食物繊維をたっぷり摂るようにしましょう。また、バナナは便をやわらかくするマグネシウムが豊富なので、毎日食べるのもいいですね。とにかく、日ごろから便をやわらかくするように心がけましょう。
 
- r272 街場の読書論
内田樹

 
 本からの引用:
 
 私は論争ということをしない。
 自分に対する批判には一切反論しないことにしているから、論争にならないのである。
 どうして反論しないかというと、私に対する批判はつねに「正しい」か「間違っている」かいずれかだからである。
 批判が正しい」ならむろん私には反論できないし、すべきでもない。
 私が無知であるとか、態度が悪いとか、非人情であるとかいうご批判はすべて事実であるので、私に反論の余地はない。粛々とご叱正の前に頭を垂れるばかりである。
 また、批判が「間違っている」なら、この場合はさらに反論を要さない。
 私のような「わかりやすい」論を立てている人間の書き物への批判が誤っている場合、それはその人の知性がかなり不調だということの証左である。そのような不具合な知性を相手にして人の道、ことの理を説いて聴かせるのは純粋な消耗である。
 というわけで私はどなたからどのような批判を寄せられても反論しないことを党是としている。
 
 私たちが死ぬのを嫌がるのは、生きることが楽しいからではない。
 一度死ぬと、もう死ねないからである。
 すべての人間的価値を本質的なところで構成するのは「死」である。「可死性」というものがあらゆる人間的価値の中心にある。
 
 いくつか例外はあるが、全体として文学作品は売れていない。なぜか。
 身も蓋もない言い方をすれば、それは提供されている作品のクオリティが低いからである。悪いけど。
 出版不況にしても、新聞の購読者数の激減にしても、送り手側は「私たちはこれまでと変わらず質のよいものを作っている。だが、売れない。これは読者の質が落ちたからである」というロジックを使って責任を転嫁しょうとする。でも、それは違うと思う。
 
- r271 督促OL修行日記
榎本まみ

 
 本からの引用:
 
 「社会人になったら華やかにスーツを着て、バリバリとかっこよく営業をするんだ!」
 そう思い込んでいた私たちは、目の前に突然「借金の取り立て」という恐ろしい仕事を突きつけられた。その上いきなり連れていかれたコールセンターで、一日中お客さまに電話で怒鳴られるという洗礼を受けて、私たちの心は、もうペしゃんこだった。
 
 キャッシングの部署では1時間60本の電話をかけるノルマを課せられていたけれど、支払いが困難なお客さまとの交渉や、クレームの対応をしているとどうしても電話が長引いてしまう。1日でかけられる電話は多くて500本位だった。
 
 そうして私は自分の自尊心を埋めに、西新宿へ向かった。ちょうど私はその頃、交渉術を身につけるために生まれて初めて20万円も投資してビジネスセミナーに通うことにしていた。K藤先輩に散々ダメ出しをされ、必死に勉強していたのだ。そのセミナーは西新宿 の高層ビルで行われていた。
 そのセミナー会場に入る前に、私は、少し立ち止まって、そのビルの下に自尊心を埋めることにした。
 
 (ここが私の自尊心のお墓)
 
 そう決心して、セミナーを受講するためにビルに足を踏み入れた。
 そして埋めた自尊心に誓った。「この高い自尊心は、持っていてもおかしくないくらい私が立派になった時、きっと掘り返してあげるから!」と。私の自尊心は今も、西新宿にある、とあるビルの下に眠っている
 
 ――ストレスの強い職場で、自ら工夫して対処していく姿は素晴らしい!
 
- r270 スキマの植物図鑑
塚谷 裕一

 
 ナガミヒナゲシ、ツメクサ、イヌタデ、ヒメツルソバ――身の回りで目にするものの、名前を知らなかった草花。この本で、名前を知ることができた。
 ナガミヒナゲシについては、「本種は面白いことに、生えている場所の土地の肥えぐあいや、生えている密度によって、花弁の大きさが大きく変化する。繁殖のうえで重要な花の大きさだけは変えない植物が多い中では異例の存在だ」という解説があった。
 これで気になっていた、オレンジ色の鮮やかな花の名前がわかった。このオレンジ色の花は、環境条件で花の大きさをが変わるということを知った。次なる興味は、このオレンジの花がどのくらいの大きさと小さいさがあるかだ。次に見かけた場合の鑑賞ポイントが決まった。
 
  ナガミヒナゲシ
 
- r269 統計データ分析の仕方と人事・賃金・評価への活かし方
深瀬勝範

 
 エクセルのゴールシークの使い方を説明した例に、びっくりした。
 例題は、35歳以降の昇給額を一定の乗率で引き下げることによって、60歳〜65歳の継続雇用期間中の給与原資(1200万円)をひねり出したいというもの。
  昇給額の引き下げ
 
 本来、継続雇用期間の給与と60歳までの給与とは別扱いのはずだが、こんなことを真面目に検討しているのかと思うと、ゾッとする。人件費の切り詰めが大義となり、何でもアリという世の中の一端を示している。
 
 
- r268 なぜ日本は変われないのか
山本七平

 
 たとえば、政治学者R・ゲイルは、通常、人が「全体主義」と規定する状態を「官憲主義」と「全体主義」に分け、この二つは両極端をなし、互いに相対立する二概念であって、いわば、人間のもつ 政治制度の二つの極限を示すものだという。
 そして現在では、この二つを一括して「民主主義」と対置するため、逆にその実態が見えなくなっているという。
 彼によれば、官憲主義とは、統治集団もしくはそれを代表する一人物以外の国民はすべて非政治化さるべきだと規定する主義である。
 従って、政治に関係なき限り、すべての自由は保障される。言論・表現・信教・職業選択・居住・営業・スポーツ・鑑賞・レジャー等々の一切の自由は保障され、同時に財産権・相続権をはじめとする諸権利も保障される。
 ただし、国民のすべては非政治的存在として、絶対に政治に容喙してはならない。そして政治は、一定の公認の資格をもつ集団に委任されねばならない、とする制度、およびその制度を支える思想であるという。
 全体主義はこれとまったく逆になる。すべての人間は政治的存在と規定される。「私は政治に関係ない」ということは許されない。それは究極的には一国民全体を一政治思想で統括し、すべての対象は政治的評価の下にあり、その評価の範囲外に存在するものは皆無であるとされる。
 従って「私の発言は政治的発言ではない」という言葉は存在せず、「私の行為は非政治的行為である」という抗弁は許されない。
 
- r267 50歳からは「孤独力」!
保坂隆

 
 一方で、楽しんで時間をこまかく刻んでいく人もある。料理が好きで、ものすごいスピードで同時に何品もの料理を仕上げる。おなかをすかせて待っている人がいる。「ちょっと待ってろよ」というや、野菜を刻む。フライパンに油を入れて熱しながら、冷蔵庫から各種の食材を取りだし、深鍋に水をなみなみと入れて火を入れる。
 必要な調味料類がずらっと目の前に並ぶ。炒めものがすんだときには、蒸しものの支度がすでにできている。自分でつけたピクルスが皿に盛られる。こんなぐあいに曲芸のように次々とできあがっていくのである。
 この男の頭のなかには仕上がりのイメージがあり、それらを同時進行させるフローチャートが浮かびあがっているのである。時間を圧縮して無駄な時間を一秒とつくらない。彼の最高の仕上がりは、すべての皿が料理で満たされたとき、洗いものが同時にすべてすんで、きれいに整理されていることである。
 
 食べものを断ち、水を断つと人は死ねるのか。死ねるのである。安楽死なのか、尊厳死なのかどうかは私にはわからない。衰弱していって血圧が下がるという死に方だと思う。
 末期の患者をみとっていると、最後は腸閉塞や意識障害になり食べなくなることが多い。
 そこからは点滴で栄養を送るのだが、点滴で同じカロリーを入れても、「腹力」というものがまったく違う。食べもので入ったカロリーはじつに力強いのである。食べられるかどうかということが、人の生きる力にとってきわめて大事なのだ。
 
- r266 60歳からの年金・健保・雇用保険・税金の判断基準 
渋谷康雄

 この本は、「60歳以降の進退に伴う複雑な社会保険について解説し、その進退の判断基準を提供する目的で本書を執筆しました。」という意図で書かれており、しかも「対象とする読者を主に昭和28年4月2日以後生まれから昭和36年4月1日生まれまでの民間企業のサラリーマンとし、…」ということで、絞り込んでいる。
 「同日得喪」という社会保険被保険者資格に関する言葉も、この本で知った。
 この本は、自分にとって有益であった。今後の自分の進路、複線化を検討することができた。
 
- r265 日本はなぜ外交で負けるのか 
山本七平
本からの引用:
 
 もっとも、いきなりここでカトリシズムとかエキュメニズムとか言っても、読者は混乱するだけであろうから、少し説明しよう。
 カトリシズムは文字通りに普遍主義で、その教義が人類普遍の原理であるという原則に立つている。中心文化が常にそのような原則を持つことは、すでに述べたように別に不思議ではない。そしてかつては一切の宗教用語はラテン語であり、それ以外の言語は認めなかった。いわば、日本人は特殊だから日本語を使いますということは許されない。
 そして世界は教化された地と未教化の地に分けられ、末教化の地はいずれは教化さるべき地であり、そこに存在する宗教の価値は認めなかった。認めれば伝道ということはあり得ない。同時にプロテスタントは異端であり、異端の罪は異教の罪よりも重いとされ、これもまた認められなかった。
 この原則は、実は、「アメリカン・デモクラシー」の原則と少しも変わらないし、変わらなくて不思議ではない。
  だが、第二ヴァチカン公会議でカトリックは大きく変わった。まず異教の存在を認めてこれと対話し、同時にカトリック内の諸民族の特殊性を認め、宗教用語にそれぞれの国語が用いられるようになった。
  同時に、プロテスタントとの間の対話も行われ、それぞれの特殊性をも認めあうようになった。といって普遍主義を棄てたわけでなく、それぞれの特性を認めつつ、大きな枠内で統一を保つ、という行き方である。これが、いわばエキュメニズムである。
 
- r264 在宅医療のリアル 
上田聡
本からの引用:
 
 まだ治る、治せる可能性を探るとは、さまざまな検査をすることでもある。「検査」という二文字はいかにも簡単そうだが、実際に検査される本人は辛い。
 腕の血管に針を刺され、根掘り葉掘り質問攻めに遭う。冷たくて硬い台の上に乗せられ、狭い空間に一人閉じ込められる。冷たい台から台へ何度も乗せ替えられる。健康な人でもひと苦労するのに、ましてやぎりぎりの状態で頑張っている人にはなおさら苦しいだろう。
 治る可能性に賭けるならそれでいい。でもそうでなかったら辛い。病院で看取られるということは、身体に心電図の機械を付けて、それを看護師詰所(ステーション)で心臓が動いているか、呼吸が乱れていないか(生きているか死んでいるのか)を監視されるということだ。
 
 山田さんも60代で肺がんを患い、ぎりぎりまで仕事をしていた。パソコンを使った自宅での仕事だったおかげで、続けられていたのだ。動けなくなり、寝たきりとなって旅立つまでわずか3週間の出来事だった。
 
- r263 分子レベルで見た触媒の働き 
松本吉奏
本からの引用:
 
 表面に露出した原子は本来結合していた相手がいなくなるので、その手をもて余してしまう。また、結晶中のように周りの原子との結合による安定化を図ることが一部できなくなるので、不安定な状態になってしまう。このようにもぎとられた結果できた結合の手を、ダングリングボンドと呼ぶ。ダングリングとは結合できないままぶらぶらしている未だ結合できない状態、すなわち未結合手という意味である。
 ・・・
 なぜなら、表面に露出した原子は未結合手をたくさん持った状態で存在しているのだから、ここに気相から分子が飛来してくれば待ってましたとばかりにそれと結合を作ることが予想される。したがって、このような状態にある表面は化学的に活性であるという。
 
- r262 はじめての情報通信技術と情報セキュリティ 
諏訪敬祐・関良明
本からの引用:
 
 インターネットに公開するWebサーバやメールサーバを運用する場合は,外部からこれらにアクセスできるようにしなければならない.そこでファイアウォールの外に,外部からアクセス可能なDMZ(DeMilitarized Zone:非武装地帯)とよばれるゾーンを設け,ここに外部からアクセスを許可するWebサーバやメールサーバを置いている.DMZは非武装地帯を意味する軍事用語であり,外部公開用のゾーンが果たす役割から命名されている.このときDMZと外部との間にもファイアウォールを設け,公開しているサービス以外のパケットを受け付けないようにする.
 
 本人認証としては,パスワードなど本人しか知らない情報(WYK:What You Know)を入力させる知識認証,トークン(ワンタイムパスワード),ICカードなどの所持(WYH:What You Have)による物理認証,指紋,虹彩,手のひら静脈など,本人の特徴(WYA:What You Are)で識別する生体認証がある.
 
- r261 理系企業と文系企業 
横田好太郎
本からの引用:
 
 野球の基本はキャッチボールですが、繊維業界に入った新人も、最初に基本動作としてキャッチボールを教えられます。
 野球の場合はボールが空中を移動しますが、繊維業界の場合はボール(商品)は動きません。このキャッチボールは決算にからめて行なわれます。つまり、期末に利益を乗せて売りを立て、決算を過ぎてから、相手に利益を上乗せさせて買い戻すテクニックです。こ れを業界では「キャッチボール」と呼んでいました。
 キャッチボールは麻薬のようなもので、楽に架空の利益が出せます。何回も繰り返しているうちに、100円の糸を帳簿上1万円の糸に化けさせるのは、いとも簡単です。
 「宇宙遊泳」といわれる慣行もありました。カネボウの倒産劇の過程でも、この 「宇宙遊泳」という言葉が登場しました。
 宇宙遊泳とは、キャッチボールを何度も繰り返すうちに、担当者が変わったりすると実態が曖昧になります。帳簿には在庫として記載されていても、実際の在庫がどこの倉庫にあるのかなどが不明になり、文字どおり在庫が「宙に浮いてしまう」のです。非常に危険 な、いわば禁じ手です。
 
 中国では、結婚対象の男性は理系が理想のようです。理系の男性は口下手で世間知らずで気もききませんが、真面目で誠実で頼りがいがあり信頼感抜群。それに比べ、文系の男性は怠け者、二枚舌で人に頼りがちという風潮があるそうです。
 
- r260 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか
森 博嗣
本からの引用:
 
 子供や若者の中には、「友達ができない」という悩みを抱えている人が多い。その種の相談を受けることも実際に頻繁である。そういう人には、「どうして、友達がほしいの?」と尋ねることにしている。「友達がいないと寂しいから」と答える人がほとんどであるが、「では、どうして寂しい状態がいけないの?」と問うと、これにちゃんと答えられる人はまずいない。不満そうに黙ってしまうのだ。
 彼らは、「寂しいことは悪い状態だ」と考えていて、「友達がいれば寂しくない」と勝手に信じている。なんの根拠もなく、そう思い込んでいるのである。だから僕は、「寂しくても悪くない」こと、そして「友達がいても寂しいかもしれない」ことを説明するようにしている。そんなことは信じられない、と反発する人もいるが、つまり自分の思い込みが悩みの原因だということに気づいてない(気づけない)状態といえる。さて、貴方はどう思うだろうか?
 
- r259 シニア人材マネジメントの教科書 
崎山みゆき
本からの引用:
 
 最後に、高齢者が清掃業務に就くことで得られるメリットを、二つご紹介します。
  一つ目が、健康です。特に足腰が強くなります。その理由は、よく歩くからです。エレベーターがあるというものの、1〜2階程度の上り下りは、階段です。1カ所から動かないデスクワークよりも、ずっと健康によいのです。
  ある会社では、シニアの再就職時の健康診断結果が、入社して1年たつと、さらによくなっているということでした。歩行によって、血圧の低下や安定がみられるというのです。健康こそが、シニア活用の要と言っても過言ではありません。中には、万歩計を全員に配布した企業もあります。
 二つ目が、専門性です。
  もちろん、これは職種によります。しかし、誰でもできるといって見下げる時代は終わりました。「ビルクリーニング技能士」「ビル設備管理技能士」「ボイラー技士」など、たくさんの専門的な資格があります。もう仕事のための資格はいらないという場合でも、生涯学習活動の一環として取り組むことは、意欲を生み出し、学習をするというトレーニングにも結びつきます。
 
- r258 挑む力 世界一を獲った富士通の流儀 
片瀬京子、田島篤
本からの引用:
 
 富士通の特徴を表現するのに最適な日本語があるという。それは、dorokusai≠ヌろくさい)という言葉だった。だが、その場にいた誰もが英語での適切な表現を見つけることができなかった。Dorokusaiというこの言葉には、文句を言わず、実直に、誠実に仕事を行うという意味がある。
  我々は、さらにディスカッションを深め、そこで一番近い意味を持つ英語を導き出した。”down-to-earth”(地に足が着いた、堅実な、気取らないなどの意味)。富士通とはdown-to-earthな会社なのである。
 
 「今、ブラジルでは携帯電話が2億6000万台以上普及しています。人口より多い数です。これは、固定電話が十分に普及しないうちに、携帯電話が広まったからです。それから、日本ではこれからテストが始まろうとしている電子投票も、10年近く前から使われています。  ブラジルのような新興国は、ずっと積み重なってきた、ベースになるものがないので、新しくてより良いものをぱっと導入できるのです。最初にメインフレームを購入してもらえたのも、そういうことだと思います」
 
- r257 理系のためのキャリアデザイン 
増沢 隆太
本からの引用:
 
 採用された先輩のエントリーシートをまねたり、面接の想定問答集を暗記したり、企業にウケそうなエピソードを「盛」ったり、それらをインターネットなどで情報収集するような、受験テクニック応用型の就活準備をしてしまいます。
 しかしこのような「正解探し」のアプローチで就職に臨んでも、せいぜい書類選考まで進めるだけで、最終的な内定を得ることにはならないのです。
 
 企業社会は契約こそすべてです。文書化された「内定」以外は内定ではありませんから、電話で「内定です」といわれても、それはまだ選択肢にはなっていません。
 本命の第一忘望先企業の結果がまだ出ていなかったとしても、他の内定先企業の内定受諾の締切りが来れば、入社するかどうかを決めるしかないでしょう。非常にタフな決断を迫られる場面ですが、最悪なのは「本命企業ではないから」という理由で、せっかく得たすべり止め企業の内定を捨ててしまうことです。
 「内定にいたっていない」企業は、どれだけ本命だろうと熱意があろうと、まだ選択肢にはなっていません。
  
- r256 工学部ヒラノ名誉教授の告白 
今野 浩
本からの引用:
 
 一方ヒラノ青年にとって、文転はあり得ない選択肢だった。そんなことをしたら、母が学資を出してくれなくなる。「法学部は権力者の手先。経済学部は資本家の手先。文学部は非国民。工学部はタダの職人。大学と呼べるのは理学部だけ」これが母の口癖だった。
 ・・・
 一方エンジニアは、ニーズがあって面白そうなことであれば、どのようなことでもやるのがモットーである。数学者が数学の応用に関心がないのであれば、われわれがやるべきではないか。
 こうして生まれたのが、エンジニアの、エンジニアによる、社会のための数学=Aすなわち「数理工学」である。
 これなら母親に申し訳が立つだろうと思ったが、ダメだった。
 「工学部出は、どう転んでも職人にしかなれないんだよ」
 「工学部にもいろいろあるんだ。数理工学コースは、数学者が関心を持たない新しい数学をやるところなんだ。森口先生は、数学者より数学が出来るんだぜ」
 「だったら、なぜ数学科に行かなかったのさ。バカだねえ」
 「数学が出来る人は、戦争中は航空学科に行ったんだよ」
 「私をごまかそうとしてもダメだよ。せっかく育てたのに職人とはねえ」
 
- r255 世界を動かす技術思考
木村 英紀
本からの引用:
 
 ASMLは同じくオランダ企業の電気機器メーカーであるフィリップスから分社・独立して一九八四年に設立された比較的新しい会社である。
 それにもかかわらず、長い歴史と分厚い技術の蓄積がありレンズメーカーとしても定評のあるニコン、キヤノンを抑えて、どうやってシェアを伸ばしたのだろうか。
 その理由の一つとして、同社がバリューソーシングと名付けた独自の外部委託ビジネスモデルがうまく機能していることが挙げられる。
 バリューソーシングは、求めている規格、性能を満たす質の高い部品を、より安く、外部の企業からも調達する同社の経営戦略である。装置を構成する部品の多くを系列企業だけでなく広く一般の企業に求める、いわゆる水平分業モデルの一つともいえるだろう。ただし、ASMLの水平分業モデルでは、調達先企業に対してはASMLへの納入依存度をある基準以下に抑え、開発した製品を他社にも販売することを勧めている点が特徴である。
 
- r254 ヒラノ教授の論文必勝法
今野 浩
本からの引用:
 
 製造業の兵站基地を任じる工学部の住民は、お金の研究のようなつまらなくて汚らわしい″研究は、経済学部や商学部に任せておけばいいと考えていた。ところが経済学者や経営学者の大半は、金融工学に必要な数理工学技術(最適化法、確率微分方程式、計算機シミュレーション、データマイニング)には馴染みがない。
 ・・・
 ヒラノ教授が、この仕事を引き受ける羽目になった。
 
 全般的に言えば、ヒラノ教授は恵まれた人生を送ったほうだと思っているが、それでも右に記した問題に苦しんだ時期もある。特に NP困難問題=@につかまって、ほとんど研究成果を出せなかった、三〇代はじめから四〇代半ばまでの一五年間は、まことに辛い年月だった。
 この時代のヒラノ教授を支えたのは、妻のサポートと、青年時代に読んだ小説や映画を通じて知ったさまざまな人生だった。中でも、大きな支えになったのは、アレクサンドル・デユマの 『モンテ・クリスト伯』 の最後に記された、待て、而して希望せよ≠ニいう言葉である。
 うまくいかない時は、時間稼ぎをして幸運が訪れるのを待つ。高校時代の友人は、不遇な時は劣等感を養って、次の飛躍に備える≠ニいう表現を使ったが、これこそがヒラノ青年が生き延びることができた秘訣である。
 
- r253 57歳からの意識革命
石蔵文信
本からの引用:
 
 「ぼけずに長生きしたい」という方も多いのですが、長生きすれば認知症になる確率は高まります。つまり「健康で長寿」という言葉自体が矛盾なのです。健康のことを考えすぎたり、大したこともないのに病院に行っていろいろな検査を受けるようなことはやめまし ょう。年をとれば体の不具合が増えるのは当たり前です。
 老化が主な原因である不具合は治すことができません。
 
 患者さんたちの多くは仕事のストレスでうつ状態になったので、定年後は早く仕事のストレスから逃れたいと言います(その気持ちはよくわかります)。そして私が「じつは定年後のほうがつらいんですよ。仕事を続けたほうが絶対にいいですよ」とアドバイスして も、とりあえずゆっくりしたいと言って退職なさいます。そうしてしばらくは旅行や趣味のゴルフ・釣りなどを満喫し、また読書などに打ち込むのですが、次第に体調が悪くなってくるのです。早い人で数か月、遅い人でも2、3年くらいで症状が出てきます。
 結局、現役時代と同じようなうつ状態になるのですが、この「定年後うつ病」は簡単には治せません。
 
- r252 トライボロジーがもたらす驚きの世界         
石川憲二
本からの引用:
 
 ・方向や速度など別々の動きをする2つの物体の接触面では摩擦が生じ、これが機械などにおいてはエネルギーの損失(メカニカルロス)に直結する。
 ・摩擦はさらに摩耗や振動といった副次的な問題を起こし、これらが機械類の寿命を縮める主な原因になる。
 ・したがって、それらを根本的に解決するには、「どこでどんな摩擦が生じるのか?」といった科学的な探求と、それらの成果を活かした材料や潤滑剤開発、最適化設計といった総合技術的な対策が必要であり、これらの取り組みをすべてひとまとめにしてトライボロジーと呼ぶ。
 
 工学部の大学生や大学院生の研究テーマのなかで、企業が歓迎するものにロボットがある。
 ロボットの開発を経験すると機械、電気・電子、制御、材料などの幅広い分野にまたがって勉強できるうえ、実際に試作機をつくり、四苦八苦しながら改良していく過程で実践的な知識が身につく。
 最近は機械工学や電気工学を専攻していてもコンピュータしか触ったことのないような頭でっかちの学生が少なくないだけに、設計や生産といった実務に向いた貴重な人材として重宝されるのである。
 
- r251 「ビットコイン」のからくり         
吉本佳生 西田宗千佳
本からの引用:
 
 しかし、キプロスの金融危機がビットコインの人気につながったように、世界経済の動向のなかで、ビットコインを資産運用(投資、投機)対象とみる人が広がる可能性はあります。なにより、もしビットコインのような暗号通貨の利用が一般化すれば、少額の国際決済が簡単になります。これほどグローバル化が進んだ現代でも、3000円相当の外貨を海外の誰かから受け取ろうとすると、じつはむずかしいという事情があります。手数料が高すぎて、銀行を通じての送金が事実上使えないからです。
 
 ビットコインはどこかの企業が開発して運営するシステムではありません。2008年末に「中本哲史」を名乗る人物が、暗号情報についての研究者同士の情報交換ネットワーク上で公開した論文に基づき、さまざまな人々が構築したシステムの組み合わせで実現されています。
 「中本哲史」が誰で、どんな人物なのか、正体はわかっていません。「中本氏」がどこまでビットコインのシステム開発に関わっているかも不明です。
 
 高校の世界史の教科書などでは、ナポレオンの業績のひとつとして、フランス銀行(中央銀行)の設立が挙げられていますが、当時の中央銀行は、戦争に明け暮れる国家が国民に戦費負担をさせるためのしくみであったことを、きちんと意識して評価すべきでしょう。
 ・・・
 第二次世界大戦後に日本で起きたハイパーインフレは、戦費調達のために発行された国債を日本銀行が無制限に引き受けたことが大きな要因になっています。
 
- r250 ものが壊れるわけ        
マーク・E・エバハート

 脆性遷移温度の恐ろしさ――金属は一定の温度以下になると本来の粘り強さを失い衝撃に弱くなる性質がある。
 
 <本からの引用>
 鋼材の硫黄量が変化しても、柔軟なものが突然脆くなるわけではない。実際には鋼鉄がすべて脆いものだ。問題は、どの温度でそうなるかである。
 純鉄は室温では柔軟だが、低温にするとガラスのように脆くなりだす。同様に、脆い鋼材も、加熱すると柔軟になる。たいていの金属について、柔軟なふるまいから脆いふるまいへと移行する、きわめてはっきりと領域を画する温度がある。これは展性=脆性(DTB)温度と呼ばれ、シャルピー衝撃試験と呼ばれるもので求められる。この試験では、与えられた形の標本を破壊するために必要なエネルギーが、いろいろな温度で測定される。破壊のためのエネルギーは時間とともに減少するが、DTB転移のところでは、急激な降下がある。
 タイタニック号の鋼材のDTB温度は摂氏二十度付近とする推定がある。造船所では問題になるほどではないが、衝突当日のマイナス二度の海水となると別で、喫水線とその下の鋼材は、DTB温度のずっと下になっていた。これでは、氷山に衝突したときの衝撃のエネルギーを柔軟で破れにくい金属を破る方に向けて、損傷を一つか二つの水密区画にとどめることができない。わずかな量のエネルギーでも、脆い鋼材に破断がもたらされる。衝撃のエネルギーは、船 体の破壊が百メートルにわたって広がるまで消費されなかった。三時間もたたないうちに、船は沈没し、千五百人以上の人命が失われることになる。
 
 DTB  ductile to brittle
 
- r249 58歳からの人には言えない からだの悩み        
川嶋 朗
本からの引用:
 
 確かに病院に行けば何とかしてくれるし、死ななくてすみます。
 たとえば、人工透析。いま日本には二九万人の人工透析患者がいます。透析の患者数は年に三万人を超えるペースで増加し、ここ数年は糖尿病が原因の患者がその四割を占めるほど多くなっています。つまり糖尿病が悪化し、合併症として腎臓機能が低下して透析をはじめるわけですから患者はほとんどが高齢者。平均導入年齢は六〇歳を超え、多くはアラカン世代以降に透析に入ります。八〇歳過ぎで寝たきりでさらに認知症で、週三回透析を受けにくるといった人も珍しくありません。透析技術は年々進歩し、一〇年でも二〇年でも、生きていくことができますから。
 実際に、六〇歳過ぎで透析が必要になったある男性の患者さん。奥さんが「主人は五年くらいしかもたないのでしょうか」と肩を落とされたので、「きちんと透析を受けていれば何年生きられるかわかりませんよ。それこそ将来、まだ生きているのなんていうことがあるかもしれませんよ」と冗談で、しかし半分本気で申し上げました。 
 それから二〇年。いまご主人は八〇歳を超えました。途中から認知症にもなり、奥さんは介護に明け暮れる毎日。「二〇年前、先生に言われたことがいまとなってはつらい」と深いため息です。
 合併症が進み、失明して手足を切断しても、透析をすれば死ななくてすみます。そんな状態で生きていたいとは思わないという人も多いでしょう。でも、そうならない保証はありません。死ななくてすむというより、病院にかかったら、もういい、と思っても簡単には死なせてもらえないのです。
 
- r248 死ぬまでに学びたい 
 5つの物理学         
山口栄一
本からの引用:
 
 宇宙の構造は、すべてこの方程式(アインシュタインの重力場の方程式)から導き出される。最終的に導き出された1行の数式の姿かたちが、ただただ美しい。なぜこんな美しい形でこの世界が成立しているのかと、うち震えました。
 「こんな美しい世界があることを知った以上、自分はもう何があっても揺らぐことはない」
 そう思いました。
  ・・・
 ぼくはそれから物理学を生業とする身となります。でも、それは単なる結果であり、後日讃です―19歳という多感な時期に、ぼくは決定的に鮮烈な感覚を味わった―その体験を核に、自分は「揺るぎない軸」を得た。そのことだけが事の核心なのです。
 
 一度しかないこの人生。
 何を達成したいか。
 自分は死ぬまでにどこまで行けるのか。
 人生の夢をいつもめざしていれば、何度挫折しょうとも、どんなに孤独でも、気にもなりません。越境した先でその村人たちから意地悪されても、へっちゃらです。
 人生の夢に至る道は、最初思い描いていた道の先にはないかもしれない。だから「知の越境」を果たして異なる価値観に積極的に触れ、自分の「回遊」力を鍛えるのです。それは最後には、世界を強く生きていくための 「揺るぎない軸」を、きっとあなたにもたらすことでしょう。
 
- r247 アップル、グーグル、マイクロソフトは なぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?         
ダン・セノール/シャウル・シンゲル
本からの引用:
 
 街角に四人の男が立っている。
 アメリカ人、ロシア人、中国人、そしてイスラエル人。
 ひとりの記者がやって来て、この四人に聞いた、「すみません……肉の不足についてご意見を」。
 アメリカ人が答える、「不足って何ですか」。
 ロシア人、「肉って何ですか」。
 中国人、「意見って何ですか」。
 イスラエル人の答えは「すみませんって何ですか」。
 
 ファルヒは次のように語ってくれた。
 「ここで最も興味深い人たちは、中隊の部隊長です。文句なしにすごい人たちですよ。とにかく若い。中隊の部隊長はみな二三歳です。彼らはひとりひとりが、一〇〇人の兵士と二〇人の士官や軍曹、そして三台の車両を与えられています。そこについてくる装備は、一二〇丁のライフル銃、マシンガン、爆弾、手相弾、地雷などなど。何でもあります。とてつもない責任ですよ」
 中隊の部隊長は、ひとつの地域の防衛に責任を負わされる最も低い階級でもある。
 ファルヒは言う。
 「もしテロリストがその地域に潜入したら、そこには責任を負っている中隊の部隊長が待ち受けています。イスラエル以外の国で、果たして何人の二三歳の若者がこの種の重圧と日々付き合っているのか教えてはしいくらいです」
 
- r246 逆転の競争戦略         
山田英夫
本からの引用:
 
 セブン銀行は、有人店舗を一切持たず、セブン−イレブンなどに置いたATMの利用料が主な収益源である。提携する銀行のキャッシュカードでATMを利用すると、1件につき150円ほどが、提携銀行からセブン銀行に入る。セブン銀行の経常収益(事業会社の売上高に相当)のうち、94%が他行のキャッシュカードを利用したATM受入手数料である (2013年3月期)。
 セブン銀行の成功要因として、以下の三点をあげることができる。
 第一に、ATMを安く調達できたことである。過去、銀行が購入していたATMは1台1000万円前後であり、無人店舗のATMの場合は、より丈夫な構造にするために2000万円近くかかっていた。
 一方セブン銀行のATMは、通帳なし、小銭なしと構造を単純にしたため、1台300万円程度におさえられた。これによって1日の決済が70件未満でも採算がとれるようになった(銀行業界では1日100件を下回ると、そのATMは撤去と言われていた)。
 第二に、セブン−イレブンとの相乗効果である。セブン−イレブンの顧客調査では、コンビニに置いてほしいもののトップがATMであり、コンビニ内ATMは24時間365日入出金できる便利さがある。他方、ATM利用者の3分の2はセブン−イレブンで買い物をしており、店舗の売上にも貢献している。
 第三に、ATM店舗を持つコストに耐えられなくなった銀行が、セブン銀行と提携して、自前のATMを撤去し、またセブン銀行のATMを利用して事業エリアを拡大している。彼らはセブン銀行に手数料を払っても、自前のATMを持たずに顧客サービスを向上でき、セブン銀行とはウイン−ウインの関係にある。
 
- r245 ブラック企業         
今野春貴
本からの引用:
 
 さらに悪質な手口は、「入社後すぐに社長になれる!」というもの。これはIT業界に多くみられる手法ですが、大きな会社のフロアを仕切って小分けにしたスペースごとに、法人登記をさせ、「独立」させます。
 入社したばかりの20代前半の社員たちを、それぞれのスペースごとに「社長」にするのです。こうすることで、彼らには一切の残業代を支払う必要がなくなります。彼らの仕事はあくまでも本社からの「委託」仕事であって、これを何時聞かけてやっても、委託料以上は支払う必要はないというわけです。
 そのうえ、相手は独立した社長なのだから、首にしたくなったときは、取引を停止するだけでよくなります。さらに、働きすぎて病気になったとしても、労働者と同じような保護は受けられません。つまり、労働法の保護はいっさい受けられなくなってしまいます。
 
 みなさんが就職しようと考えたとき、最初に使用者から示される労働条件は、ハローワークの求人票のような、企業が出している募集要項でしょう。
 ですが、この募集要項の内容は、そのまま労働契約の内容になるわけではありません。この点は、要注意です。
 とはいえ、募集要項は、労働契約の内容をあらかじめ示したものです。そのため、募集要項を慎重に検討することが、自分の労働条件をしっかり把握して労働契約を結ぶための出発点となるのです。
 実際に労働契約が締結されるのは、採用面接などを経た後、企業の人事担当者とのやりとりにおいてです。ですから、一般的には、募集要項を確認してから、少し先の話になります。
 具体的には、「労働契約の成立」が認められるのは、応募した企業があなたに内定通知を出した時点と言われています。つまり、募集要項がただちに労働契約の内容となるわけではないのです。
 
- r244 入門者のExcel VBA         
立山秀俊
本からの引用:
 
 <まえがき>
 筆者は、VBA関連の書籍などの執筆だけでなく、初心者向けVBAセミナーの講師を務めており、数多くの初心者の方と直接交流する経験を積んできました。
 質問にお答えしたり、理解度に応じて何通りか切り口を変えながら解説したりを繰り返すうちに、どこでつまずきやすいのか、何がどうわからないのか、どう解説されると理解しやすいのかなど、初心者の方々の悩みや要望を肌で感じてきました。そうして蓄積した経験とノウハウをもとに本書を執筆しました。
 
 ――筆者が書いている通り、確かに、初心者へ教える経験が活かされていると思う。
 通勤電車の2日読書で読み切り、転記の事例を参考に、本に書いていないDo While等も入れて、処理マクロを作ってみた。ちゃんと動いた。
 すーっと入っていけたのは、この本の説明の良さだと思う。
 
- r243 内田樹による内田樹         
内田樹
本からの引用:
 
 600万人の同胞が殺されたときにも、ついに神は来臨することがありませんでした。神による天上的な介入はなく、奇蹟は起こらず、ユダヤ人は殺されるに任されました。ですから、ホロコーストを生き延びたヨーロッパのユダヤ人たちが信仰を持ちこたえることはきわめて困難なことでした。いったい、ホロコーストの後にどうやって神を信じたらよいのか。
 現に、ヨーロッパのユダヤ人たちは次々と信仰を捨ててゆきました。ユダヤ教共同体そのものが、構成員の激減と、生き残ったものたちの背教によって滅亡の危機に瀕していました。レヴィナスはそこでなお神を信じるためにどうすればよいのかを考えました。1950年代以降、フランスのユダヤ人共同体で、レヴィナスはほとんど精神的な導師のような地位を占めることになるわけですが、それはレヴィナスが瓦解しかけたユダヤ人共同体に「それでもなお神を信じる」理路をあかあかと開示したからです。
 神は地上で行われた不正をただすために介入しなかった。それでもなお神を信じ続けることは可能か? この問いにレヴィナスはこんなふうに答えました。
 「神に対して犯された過ちは神の赦しに属する。だが、人間が人間を傷つけたとき、それを赦すのは神の仕事ではない。」
 
 「グローバル人材」というのは、どう考えても、その識見の高さや、構想の壮大さで、国際世論から「注目される」人間のことでしょう。でも、文部省や経産省が考えている「グル―バル人材」というのは、英語が話せて、タフなネゴシエーションができて、体力があって、安い賃金に耐えて、辞令一本で翌日には海外の支店や工場に飛んでゆける人間」以上の何ものでもない。たしかにそういう
 人間は企業に収益をもたらすかもしれないけれど、世界に向けて発信すべきメッセージがあるわけではない。
 
- r242 ビッグデータの正体         
ビクター・マイヤー=ショーンベルガー
本からの引用:
 
 グーグルのストリートビューは、街の写真を撮影する際に近隣から電波が漏れ出ているWi-Fiルーターの情報も収集していたし、iPhoneは位置情報とWi-Fiデータを収集してアップルにこっそり送るスパイまがいの機能が入っていた(グーグルのアンドロイドやマイクロソフトの携帯向けOSも同様のデータを収集していた)。
 
 やがて入会時やログイン時に、ぐにゃつと曲がって読みにくい文字列をユーザーに入力させるというアイデアを思いつく。これは実に効果的だ。人間なら確実に読み取って正解を入力できるが、コンピュータにはお手上げなのだ。ヤフーはこの手法を採用したとこ ろ、たった一晩でスパムボット問題は解決に向かった。フォン・アーンはこの技術を「キャプチャ」と命名した。それから5年後には、毎日2億件近い文字列が入力されるまでになった。
 ・・・
 ただ、フォン・アーンはすっきりしなかった。毎日何百万人もの人々に無意味な文字の羅列を入力させても、そのままゴミになるだけだ。どうせなら人々の入力行為を有意義に利用できないかと考えたのである。もっと生産的な方法を模索していたところ、キャプチ ャの後継技術を思いつく。その名も「リキャプチャ」である。
 リキャプチャでは、2つの単語を入力させる。1つめは従来のキャプチャと同じで、本当に人間が利用しているかどうかを確かめるための単語だが、2つめの文字列にちょっとした細工が仕掛けてある。この単語、コンピュータによる文書読み取り(OCR)業務でうまく読み取れなかった文字列なのだ。OCRでは、原稿の文字にかすれがあったり、滲んでいたりすると、読み取りミスが発生する。コンピュータでお手上げだった単語を拾つてきて、リキャプチャで人間に読み取り作業をさせれば、正しい読み取りが可能なうえに、人間かどうかの認証もできるとあって一石二鳥。おまけに作業報酬もタダと来ている。
 
- r241 100歳まで安心して暮らす生活設計         
藤村紀美子
本からの引用:
 
 高齢者(80歳以上の方)とお話をしていると、足が痛くて高齢者施設の見学ができないが、どこか良い施設があったら紹介してもらえないかと切羽詰まった様子で尋ねられることが度々です。一方、70代の方だと、自分の家があるのにどうして高齢者施設に入る必要があるのと、よく言われます。
 元気なうちは自宅が一番だと思っている人がほとんど。自分が動けなくなるなんて思ってもいませんし、思いたくもありません。ですからなぜ、施設に入らなければならないのか不思議に思うのでしょう。しかし、いくら元気でいたいと望んでも、年をとれば体はだんだん自由が利かなくなり、最後はほとんどの人が寝たきりになってしまいます。動けなかった赤ちゃんが這い始め、歩き出すのと反対の過程を通って老いていくのです。さすがに寝たきりになり、お むつをするようになったら、子どもに面倒を看てもらうより、施設に入りたいと思うようになる人がほとんどです。
 
 終末期は一人では何もできません。一人暮らしで24時間ヘルパーを頼むとすると、自己負担額は月200万円位になります。
 ・・・
 自宅で最期まで頑張りたいと思っている人は食事が食べられなくなる前に、少なくとも200万円程度を用意し、ケアマネージャー等、信頼できる人に終末期のことを頼んでおきましょう。
 
- r240 歯医者のウソ         
近藤信也
本からの引用:
 
 ところが、インプラントには弾力がなく、歯根膜もありません。インプラントは歯の受けた力をそのまま骨に伝えてしまうという重大な欠点を持っています。頭蓋骨の開閉運動を阻害するような異常な力がインプラントを植立している骨にかかると、物を噛めないといった事態を引き起こします。
 インプラントを数多く植立したら咀嚼しにくくなった、と感じている人がいるのではないでしょうか。これは、そうしたことが理由で、頭蓋骨の開閉運動を守る働きが作用しているのです。せっかくインプラントを入れたのに噛めない、噛みにくいという不幸 な状態を招いているのです。
 
 咬み合わせがずれ、特定の歯に横方向の持続的な力が加わると歯が移動します。歯列矯正をご存知かと思いますが、一本の歯に数十グラムの力を加えるだけで歯は動くのです。
 垂直方向に強い力が働くと虫歯、横方向に持続的な力が加わると歯並びが悪くなり、垂直方向と横方向の二つの力が加わると歯をグラつかせます。この状態が続くと歯周ポケットができ、そこに歯周病菌が増殖すると、歯茎が膿んだり歯周病になったりします。
 
- r239 20歳のときに知っておきたかったこと         
ティナ・シーリグ
本からの引用:
 
 二〇〇五年のスタンフォード大学卒業式でのスティーブ・ジョブズのスピーチの一部を紹介しましょう。ジョブズは大学に通う意義が見つからず、授業料も両親の負担できる範囲を超えていたことから、六ヵ月で中退しました。本人の弁を聞きましょう。
 ・・・
 甘いことばかりではありませんでした。寮には自分の部屋がないので、友達の部屋の床に寝ました。コーラの瓶を店に返して、一本あたり五セントを受け取って食べ物を買い、毎週日曜の夜には、クリシュナ教の寺院で提供されるまともな食事にありつくために、七マイルの道のりを歩いたものです。そんな日々を気に入っていました。
 そして、自分の興味と直感にしたがい、出くわしたものの多くは、結果的にかけがえのないものだったのです。一例を挙げましょう。
 当時のリード大学はおそらく、アメリカで最高のカリグラフィー(装飾文字)の授業を行なっていました。キャンパス内に貼られたポスターや引き出しのラベルの文字は、すべて手書きの美しい飾り文字でした。わたしは中退してふつうの授業を受ける必要がなかったので、カリグラフィーの授業をとって、手法を学ぶことにしました。 セリフとサンセリフの書体、文字の組み合わせにより文字間のスペースを変えること、すばらしい写植はどこがすばらしいのかを学びました。美しく、歴史があり、科学では捉えきれない芸術的な繊細さがありました。わたしにはそれが魅力的だったのです。
 どれひとつとして、わたしの実生活に役立つ見込みがあったわけではありません。
 でも一〇年後に、最初のマッキントッシュを設計しているときに、一挙に蘇ってきたのです。そして、それらをすべてマッキントッシュの設計に取り入れました。マックは美しい印刷技術を備えた最初のコンピューターでした。わたしが大学を中退していなければ、カリグラフィーの授業を受けることはなく、マックが複数のフォントやプロポーショナル・フォントを備えることはなかったでしょう。  
 そして、ウィンドウズはマックを真似ただけなので、どのパソコンもそうした機能を持つことはなかったでしょう。
 わたしが大学を中退していなければ、カリグラフィーの授業を受けることはなかったし、パソコンが現在のようなすばらしい印刷技術を備えることはなかったかもしれないのです。もちろん、大学時代のわたしが、将来を見越して点と点をつなぐことなど不可能でした。でも、一〇年後に振り返ってみると、点と点がつながってい たのは明白なのです。
 
- r238 見城徹 編集者 魂の戦士        
NHK「課外授業ようこそ先輩」制作グループ
本からの引用:
 
 見城徹が、NHK「課外授業 ようこそ先輩」で小学生に行った授業をまとめたもの。以下、一部を引用。
 
 人には触れられたくないことがある。「ここはちょっと書くのが照れくさいな」とか、「これを書くと恥ずかしいな」とか思って、やめているものがいくつもあるんですよ。だけど、そこを書いてもらわないといいものはできないんですよね。相手の持っているあんまり見せたくない部分、ぼくらの言い方で言えば、アザとかカサブタとか膿とか。そういうカサブタを引き剥がして、そこに塩を塗り込んだりする。「ここを書かなきやいけないんじゃないの。ここを書かないで通り過ぎて行くことはできないんじゃないの」ということを、いつ言うか、タイミングをうかがっているわけですよ。
  でも、それを言って相手も応じてくれるためには、こっちも何かをさらけ出さなきやいけない。こっちの体重のかけ方が相手に伝わらなければ、相手だって、そっちは調子よく生きていて、相手にだけ、カサブタとか膿みたいなものを出してくれと言ったって、それは当然できないわけです。関係が濃密になっていなきゃあ、そんなことは起こらないわけです。そういうことができるようになるために、ぼくは人とつきあうわけでね。それは、内臓と内臓がほんとに こすれあうという関係をつくれるかつくれないかという勝負なんですよ。
 
- r237 デザイン思考の道具箱        
奥出 直人
本からの引用:
 
 ちょうどPCが市場に登場しパソコン通信の商用が始まりかけた頃、「インタンジブル・プロダクトとプロダクト・インタンジブルをマーケティングする」と題された論文が『ハーバード・ビジネス・レビュー』で発表された。レビットはこの論文で、従来ビジネスにおいて商品とサービスと呼ばれていた領域をタンジブル(tangibie触れることができるもの)とインタンジブル(intangibje触れることができないもの)に呼び換えることを提案する。
 ・・・
 タンジブルなものは、顧客がそのもの自体に直接触れて経験を確認することができる。
 たとえば車を購入する前に試乗したり、香水のテスターをかいだりすることである。
 ・・・
 一方、インタンジブルなもの、つまりサービスをマーケティングしようとすると、まずそのサービスをどのように体験してもらうかという問題に直面する。リゾートホテルは、素晴らしい室内と窓から広がる美しい風景、豪華な食堂やロビーなどの写真を広告に使って、ホテルでの滞在というサービスを売ろうとする。あるいはコンピュータ会社なら新聞に全面広告を出し、様々な利用者の経験を並べて、いかにサービスが顧客満足度を向上させているかを訴える。商品の利用経験を消費者に伝えるにはこうした方法に頼るしかない。
 
- r236 SE一年目のための仕様書の書き方 システム品質を高める文章術        
宮古 環
本からの引用:
 
 IT業界では、「言い訳」や「他人任せ」「責任転嫁」が平然と横行して、ほとんど咎める人がいないのが現実です。一見、平和な現場であっても、もう習慣や慣習として流されてしまって、その行動自体に気が付いていないケースもあります。
 著者の経験では、日本大手ベンダーの主任から課長までの役職についている人の「ほとんど」がそういった人で、良識がある人に出会う方が稀でした。また、傾向として本人は「自分が被害者である」と思っているのも特徴として挙げられます。自分が原因である可能性を疑うこと自体を完全に排除しており、周囲に悪い影響を及ぼ しています。
 しかし、本人は被害者だと思っているので、どんなに説明や説得をしてもまったく伝わりません。泥棒に「泥棒は悪いことだ」と言っても通じないのと同じ話です。
 
- r235 理系の経営学       
宮田 秀明
本からの引用:
 
 まずは、いわゆる官僚がどんなロジックで国を動かしているか一例を挙げてみる。
 ――金融機関が危機的状況と判断されれば、金融機関への資本注入を行う。しかしいまは危機的状況ではないので、それを行わない――。
 以上が官僚のロジックの典型である。そしてこのような考え方はあたかも論理的であるかのように見える。
 しかし、以上の「官僚ロジック」はまったく論理的ではないのである。なぜか。それは、この「危機的状況」がいったいどういう状態を示すのか、極めてあいまいだからだ。
 さらに、このように簡単な一次方程式的な「ロジック」は論理的で正しいように見えるが、その実、そこで実際に与えなければならない各種の係数は、往々にして定量的に示されず、その場その場で窓意的な係数を使ってこの方程式を解いた答えが示され、国民はその答えを強制される。その結果として答えが誤りであろうと、その「つけ」は国民が負う。前提条件としての方程式にさえ疑問が残る のに、その方程式をいいかげんな係数で解いては、論理以前の問題である。けれども、官僚の世界でモノを動かすときはこうした非論理が横行するのが通例である。
 
- r234 世界を変えた発明と特許       
石井 正
本からの引用:
 
 それにしても八〇年代は日本の半導体産業にとって、良き時代であった。東芝、日本電気、三菱電機、富士通などが競って半導体集積回路工場を建設し、技術開発も総力を挙げて進めていた時代であった。
 しかし反面、半導体集積回路には米国のきわめて有力な特許権が存在していた。日本企業はその米国企業の特許権から逃げることはできなかった。当然のことであるが、半導体集積回路基本特許に対しては、特許権実施許諾契約をすることによって解決するほかない。
 ところがその実施許諾契約によるライセンス・ロイヤリティが恐ろしく高額であったのだ。日本の半導体集積回路製造企業は、ともかくその製造した集積回路の販売価格のおよそ一〇%のロイヤリティを米国企業に支払わなければならなかった。
 支払うべき相手の米国企業は、集積回路基本特許権を有する米国のフェアチャイルド社とテキサス・インスツルメント社であった。
 日本の製造業では、売上高経常利益率が一〇%を超えることは少ない。もしも超えたら超優良製造企業と言える。ところが特許の実施許諾のためのロイヤリティだけで、製品価格の一〇%を支払っていたのであるから、それがどれほど大きな負担であったかが理解で きよう。大手半導体製造企業一社で一〇〇〇億円を超すロイヤリティを支払ったと伝わっている。
 それほどの高額なロイヤリティの支払いを求める特許とは何か。
 一つは米国テキサス・インスツルメント社が有するキルビー特許であり、もう一つが同じ米国のフェアチャイルド社が有するプレナー特許であった。日本の半導体技術者にとって、忘れようにも忘れることのできない特許であった。
 そうした中、富士通だけがテキサス・インスツルメント社を相手にその特許が無効であるとして争い、最後に勝訴した。悲喜こもごものストーリーがそこにあった。
 ・・・
 富士通の勝訴となった。最高裁判所も高裁の判断と同じであった。
 日本の集積回路製造各社は、テキサス・インスツルメント社にすでに多額のロイヤリティを支払っていたが、その特許権は裁判所において無効と判断された。しかしすでに支払った多額のロイヤリティは返却されることはなかった。そうした契約にはなっていなかっ たからだ。
 
- r233 よくわかる情報システム&IT業界       
新井進
本からの引用:
 
 Webプラットフォーム時代はオープンソースの時代でもある。その代表的なオープンソース(ソフトウエア)にLAMP(ランプ)がある。それは、OSをLinux、WebサーバをApache、データベースをMySQL、スクリプト言語であるPHP、perl、 pythonの頭文字から取った造語である。これらはWebサイト構築に適している。
 
 独立系システム会社の3つの事業タイプ
 第1はシステム開発型で、情報システムの設計・開発・運用を受注する事業である。起業しやすいので、大企業から中小企業まで多くの会社がある。
 第2はパッケージ型で、業種・業務の汎用システム商品として販売する事業である。下請け受注ではないので、独立性が高く、損益分岐点売上高を超えると収益性が高くなる。
 第3は組込み型で、家電や自動車などに組み込む制御ソフト開発である。システム受注型であるが、技術レベルが高い。
 
- r232 SQL基本の知識     
島田裕二
本からの引用:
 
 SQLとは、リレーショナルデータベースを操作するために用いる言語の名称です。SQLは、一見すると何かの略語のようですが、実際には略語ではなく、「エスキューエル」と発音します。
 ・・・
 SQLはIBMが1974年に開発したSEQUEL(Structured English Query Language)という言語を元に開発されました。
 SEQUELは、IBMがデータベース管理システム(DBMS)の研究のために作ったSystem Rに実装され、SEQUEL/2にバージョンアップされています。後に、SEQUEL/2が他社の商標であることがわかったため、名称をSQLに改めました。
 
 SQLインジェクションとは、Webサービスの実装の不備を狙ってWebサーバーにSQLコマンドを送り込み、不正にデータベースから情報を引き出す、という攻撃手法や脆弱性を意味する言葉です。SQLインジェクションの脆弱性を持つWebサイトでは、パスワードやクレジットカード情報などを盗み出されてしまう危険があります。
 
- r231 預けたお金が紙くずになる     
津田倫男
本からの引用:
 
 銀行員にはこうした「賭け」をはなはだしく嫌うところがあります。それ自体は悪いことではないかもしれませんが、創造性や新奇性を発揮したい人にとっては辛い職場です。
 前例主義と減点方式がまかり通る銀行にあっては、「パイオニア」 になるには相当の覚悟がいるのです。全ての成功したマーケティングが「新奇性」に富んでいるとはいいませんが、新しいこと、誰もやったことがないことを厭う体質は相変わらずで、自前の商品開 発も遅々として進まず(投信でも殆ど証券会社の開発したものばかりです)、ひいては経営改革のスピードも超スローです。
 ・・・
 「銀行は横並び意識が強い」と言われますが、実態はそのようなものではありません。横並び意識「しか」ないのです。他行と違う何かをやる、というのではなく、いかに他行の動きを真似、置いていかれないようにするか、多くの銀行の戦略はこれに尽きると思いま す。
 ・・・
 ズバリ、自主的にものを考え、あれこれ工夫して実行することが禁じられているからです。融通が利かないというより、利かせること を上司から止められているからです。
 
- r230 経済成長って、本当に必要なの?    
ジョン・デ・グラーフ&デイヴィッド・K・バトカー
本からの引用:
 
 「アフルエンザ(消費伝染病)の時代」とでも呼ぶしかない時代にあって、人々は常に新しい製品に期待する。しかし何を買っても以前ほどは満足感がわかない。これは経済学者が「限界効用逓減」と呼ぶ現象である。
 しかし多くの人は、このように失望を繰り返しても、物質王義が約束するものに疑問を感じることなく、すぐさま自分を「ハイ」にしてくれる新しいものを求める。「消費中毒」になってしまっているのだ。
 六章でも書いたが、私たちはこんなにモノをほしがらなければ、もっと時間のゆとりができる。モノが豊かになるのではなく、自分自身がもっと豊かになる。
 
- r229 日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか    
泉田良輔
本からの引用:
 
 さらに、サムスンが抱えている、より大きな問題は、デバイスで競争優位にある状況がゆらいでいることです。その要因は、サムスンが「キャプティブの罠」にはまっていることにあります。 これは、日本の電機メーカーが陥った罠です。NECのDRAM、シャープの液晶パネル、ソニーのLSIなど、ほとんどの日本の電機メーカーが体験しています。
  キャプティブの罠とは、社内のデバイス事業における社内の最終製品への依存度が高くなることで、自社のデバイスにコスト優位性がなくなることです。デバイスの売り先において社内比率が高まると、外部にいる顧客の情報や製品、産業のトレンドに鈍感になっていきます。また、デバイス事業部が社内の製品要求を次々に取り込んでいく傾向が強くなり、結果として、デバイスの設計が非効率になるのです。
  設備投資のタイミングやその内容も、デバイス事業単独で見たときの採算が重要視されなくなります。「最終製品で収益をあげていればよい」という甘えが出てくるのです。こうして、デバイスのコスト優位性がなくなり、デバイス事業での収益率が落ちてしまいます。
 
――キャプティブの罠は、恐るべき自滅パターン。自社製品でシェアを取るという常識な方法があとになって裏目に出るという。 オセロで自陣が広がっていって安心していたら、パタパタと相手に裏返されるシーンを連想する。
 この本は、他にも、アマゾンの「キンドル」、マイクロソフトの「サーフェス」などハードウエアとは無縁だった企業が、なぜハードウエアに力を入れてきているのか、などの考察が書かれており面白い。
 
- r228 工学部ヒラノ助教授の敗戦    
今野浩
本からの引用:
 
 西村教授から、大学設置審議会で助教授人事がパスしたという知らせがあったのは、一月半ばである。お礼の言葉を述べたあと、研究所との交渉が済むまで、「割愛願い」の発送を待って頂くようお願いした。
 割愛願いというのは、研究者を外部から招聴する際に、学長から相手側の組織の長に対して、移籍の承諾を得るために発行する公文書である。
 ・・・
 電力中央研究所理事長
 松永安左ヱ門殿
 このたび貴研究所の今野浩氏を、昭和四九年四月一六日付けで本学助教授として採用することになりましたので、曲げて同氏の割愛をご承認下さいますようお願いいたします。
 筑波大学学長 宮島龍興
 
――理系の道を歩んだ著者の生き様が書かれている。順風満帆にはいかない状況を怨念を抑えて表現している。新設大学としてスタートした頃の筑波大学で起きた、学群によるポスト争いも描かれている。
 
- r227 定年後の起業術    
津田倫男
本からの引用:
 
 これまでの本でも私は、起業家にとっては「世の中で自分がいちばん優れている」 と信じることが何よりも重要だと書きました。
 その理由はいくつもありますが、最大のものは「世間の冷たい風」 に負けないため です。とくに大企業のサラリーマンや役所勤めをしていた人が起業すると、こうした風の冷た さに驚きます。それこそ掌を返したように旧知の人の態度が変わるのです。
 大企業や役所の一員であったときには丁重に扱ってくれた人が、「一介の」個人 事業者や「小さな」会社の社長にあなたがなった途端、「付き合いたくない」という態度を 明に暗に示すようになります。これはすべての起業のケースに当てはまります。
・・・
 企業からもこの「社員の定年後の身の振り方」について助言を求められますし、シニア からも「どうしたらよいだろう」、「再就職をしたいのだが、先がない」と相談を受けて、数年前 までは「ならば起業をしてみては」とアドバイスしていた私も中小企業、零細企業 がますます競争しつらくなっている今日の日本を顧みると、従来のように背中を押すのをため らうようになってきました。
 
- r226 皮膚に聴く からだとこころ    
川島 眞
本からの引用:
 
 ところが、20年ほど前から次第に、アトピーが大人になっても治らなくなってきました。 あるいは、いったん治ったアトピーが、大学受験や就職を機に再発するというケースが増えてきました。
 ・・・
 当時の医療界では、アトピーの原因について、「食物アレルギーじゃないか」「ダニアレル ギーじゃないか」などといわれていました。小児科医も皮膚科医もアレルギーにばかり目を向け ていたのです。おそらく今でも、アトピーの原因は食物やダニに対するアレルギーだと考えている 人はいらっしやると思います。
 当時は、「昔は日本家屋に住んでいたから、ダニはあまり発生しなかったけれど、マンショ ン生活が増えて、密閉空間になったからダニが増えた」など、不確かな情報が飛び交っていまし た。でも、日本家屋に住んでいる人だって、アトピーにはなっていたわけです。
 問題は、「治らなくなったこと」なのです。
 アトピーが社会問題化して、食物やダニのアレルギーが原因ではないかといわれるように なった結果、台頭してきたのが、食物アレルギー、ダニアレルギーを克服するためのビジネスでした。
 「ダニの侵入を防ぐ布団がいい」「ヒノキ造りの家がいい」「温泉水がいい」 など、いろいろ な アトピービジネス″が登場しました。
 
――(ネット情報)最大の原因は、「油と余分なタンパク質」、次が、 「リンパ球Th1細胞に対するTh2細胞優位」だそうだ。
 
- r225 洗浄・洗剤の基本と仕組み    
大矢 勝
本からの引用:
 
 酸」と「酸化」は混同しやすい用語です。日本語では「△△化」という言葉は 性質や状態を△△に変えることを意味するので、酸とは酸化剤のことだと考える人が いてもおかしくありません。
 しかし、本質的に「酸」と「酸化」は関係のない用語です。 「酸」は「すっぱい」の意味から、「酸化」は「酸素」から導かれた言葉です。
 
 天然のセルロースやタンパク質は空気中で放置しておくと黄ばみを生じてきま す。これは青紫色の光を吸収するようになるからです。
 太陽光線は可視光線の400nm〜700nm付近までがバランスよく含まれた光 線で(図5−12)、白色に見える物質はすべての波長の光線を吸収せずに反射して います。その400nm付近の光が吸収されるようになると、白かった物体が黄ばんで見 えるようになるのです。
 
 石けん水は何色でしょうか? 多くの人が石けんを水に溶解すると少し白く濁っ た状態になると思っていることでしょう。
 しかし、純粋な石けんを蒸留水で溶解すると透明な水溶液になります。図5− 14のように蒸留で石けんを溶解した無色透明の水溶液の中に水道水を注ぐと、瞬く 間に石けん水は白濁します。
 この白濁の正体は金属石けんです。石けんがカルシウムイオンやマグネシウムイ オンと反応してできる不溶性の物質です。水に溶けないので洗浄に働かないことはも ちろん、金属石けん自体が厄介な汚れになります。
 
- r224 ダメ出しの力    
繁桝江里
本からの引用:
 
 人間関係は、人を支えたり援助したりするサポートにもなり、人を困らせたり 悩ませたりするストレスにもなります。つまり、人間関係は、プラス面もマイナス面も両 面を併せ持つアンビバレント(二律背反)なものです。
 特に夫婦関係には、このようなアンビバレントさが強く表れます。愛情をベース に、理解し合い、支え合うサボーティブな関係性でありうる一方で、別々の環境で育 った二人が共同生活をするうえでは、イライラしたりぶつかり合ったりするというストレスも 避けられません。夫や妻から受けるサポートとストレスのインパクトがほかの関係以上に 強いからこそ、夫婦関係が人生満足度を高めたり低めたりするのでしょう。冒頭で、 「夫や妻はパートナーでありながら敵でもありうる」と書きましたが、つまりは重要かつ厄 介な関係なのです。
 ・・・
 つまり、夫は妻からダメ出しをされることによって、ありのままでいられると感じたり、 関係に満足できたりする傾向があるのですが、妻は夫からダメ出しをされても、安定や 満足は得られないようです。
 
- r223 大学キャリアセンターのぶっちゃけ話    
沢田健太
本からの引用:
 
 これまでたくさんのキャリアセンターが、フロントランナー戦略を実行してきた。 低学年次にキャリア支援講座を催し、参加した学生のうちの上位層二割を集中 的に育てる方法である。二割に早いうちから面接対策講座、エントリーシートの書 き方講座などの就職ノウハウを伝授し、学内のなになに説明会や就職に強いゼミ の参加を強く促し、難関企業といわれるところの内定を取らせていく。
 そうすれば、「この大学からでもあんな会社に入れるんだ」というサクセスモデル の提示になり、下位層もより活発な学生生活や就職活動に取り組もうとの刺激に なるのではないか。 そう真面目に考えて、フロントランナーを育ててきたのである。
 でも、この戦略の失敗はすでに見えている。どんなに頑張っても一部の層にし か効果が表れず、もっとも手厚い支援が必要な層を切り落とすようになってしまう。上 位二割はもともとアクティブで何事にも問題意識がある学生たちだ。つまり放っておいて も自力で道を開いていく力のある学生たちの支援にばかり追われる。そのうちの何人か が「いい内定」までたどり着いても、その間に放っておかれた下位層にいい影響を与える ことがない。戦略はからまわりしていたのである。
 
- r222 地下鉄の科学    
川辺謙一
本からの引用:
 
 リニアモーター駆動を地下鉄電車に採用する利点は、お もに2つある。
 一つは、リニアモーターは、従来の回転型 モーターよりも占有体積が小さくて平らにできること。リ ニアモーターを使えば、台車の小型化と車体の低床化が図 られ、車両断面を小さくすることができる。車両断面が小 さければトンネル断面も小さくてすみ、建設費縮減が実現 する。
 もう一つは、従来の粘着駆動の弱点を克服することがで きることだ。粘着駆動とは、レールと車輪が接する部分に 働く摩擦を利用して車両を推進させることである。蒸気機 関車から新幹線電車まで、一般の鉄道はすべて粘着駆動で ある。粘着駆動には大きな弱点がある。レールの上で車輪 が空回り(空転)したり、滑ったり(滑走)すると、速度 の制御ができなくなることだ。このため、急勾配の上り下 りや、急な加速・減速には限界がある。
 リニアモーター駆動なら、車輪の空転や滑走に影響され ないため、従来方式では難しかった急勾配の通過や急な加 速・減速にも対応できる。回転型モーターや歯車などの駆 動装置がなくなることで、台車における可動部が減り、保 守も容易になるし、騒音も出にくくなる。リニアメトロの 電車では、台車の車軸間隔(軸距)や、1両の最大長さを 短くしたため、急カーブを通過しやすくなり、ルートの自 由度が向上した。
 
 リニアメトロ・・・大江戸線等
 
- r221 思い通りにいかないから人生は面白い    
曽野綾子
本からの引用:
 
 人間関係ほど、難しいものはありません。どんな人でも、必ず誰かに好かれ、誰かに 嫌われている。できたら誰にも嫌われないほうがいいけれど、現実はそういうものでしょう。
 私は友人に恵まれて、独身時代からずっと続いている友だちもいれば、六十を過 ぎてから知り合って、ほんとうにいい友だちになった人もいます。でも、長く付き合っているう ちにダメになる場合もありました。
 私は長い人生で二人から「あなたとは、もう付き合わない」と、はっきり言われたん です。別に何か決定的な出来事があったわけではなく、たぶん温度差のようなものが生ま れたんでしょうね。しかも私のほうから絶交したわけではないので、私は仕方なく受け入れる ことにしました。
 心ならずも結果的にそうなったら、それとなく相手から遠ざかり、相手の気分を悪く しないほうがいいでしょう。そして、私はあまりそのことを深く悲しまないようにしてきました。
 自分に変なところがあるのはよくわかっていますから、それを許してくださる方と許して くださらない方とがあって、許してくださる人と、感謝してお付き合いしていくほかはないんで すね。それが自然ではないかと思っています。
 
- r220 雑草は踏まれても諦めない    
稲垣栄洋
本からの引用:
 
雑草が生き抜くために身につけた5つの特徴
 1.適応力――不利な環境でも諦めない
 2.再生力――ばらばらになっても諦めない
 3.反骨力――雑草は干されても諦めない
 4.忍耐力――「冬の時代」でも諦めない
 5.多様力――みんなと違っていても諦めない
 
逆境は味方である。敵ではない。これこそが雑草の生き方の真髄なのである。
  雑草は、それぞれ様々な環境に生まれ育つ。
  そこがどんな環境であっても、雑草は与えられた環境で力の限り生きる。
  雑草は逆境の中で自らの能力を高め、逆境をチャンスと捉えて成功する。
  踏まれては立ち上がり、折られては再び成長を始める。
  そして、ついには花を咲かせ、必ず実を結ぶ。
これが雑草の生き方である。
 
- r219 アクチュエータ工学入門     
鈴森康一
本からの引用:
 
 携帯電話のマナーモード時に着信を知らせる振動アクチ ュエータにはいくつかの種類があるが,最も広く使われて いるのは,回転軸にアンバランスな重りをつけた(モータ の回転軸に対して片側だけに重りが取りつけられている) マイクロモータである。モータを回転させる と,このアンバランスな重りが振れ回るので,携帯電話本 体がブルブル振動するしくみになっている。
 外径が3mm程度の小型のブラシ付きDCモータが使われることが多い。
 
 インクジェットプリンタは,微量な粒状のインクを紙に 飛ばしていく方式のプリンタである。印刷の高品質化高 速化に伴い,インク吐出の微小化と高速化が求められる。
 たとえば,印刷の解像度1200dpi,印字速度50cm/sを実 現するには,2万5000回/秒の速度で1〜2pl(ピコリッ トル=1〜2×10-12リットル)のインクの液滴を吐出す る必要がある。
 
- r218 エンジニアから見た植物のしくみ     
軽部征夫
本からの引用:
 
 松はもともと水分の少ない所で暮らしていたのです。そのような場所 では水は貴重ですから、いちど獲得した水は、なるべく手放したくはありま せん。水分は葉の表面から蒸発して逃げていきますから、大きな葉ではた くさんの水が逃げてしまいます。しかし、松のような針状の菓は、表面積が 小さいので、水分が失われにくいのです。この極端な例はサボテンです。 触ると痛いサボテンの刺トゲのようなものは、実は葉なのです。
 
- r217 新エネルギー     
大和総研
本からの引用:
 
 人や物が動くときの振動や熱、照明、電波、温度 などによって微小なエネルギーが発生することは昔 から知られています。わずかなエネルギーを「収穫 (ハーベスト)」することによって発電するのがエネ ルギーハーベスティングの技術です。
 ・・・
 例えば風や土中の温度差など、わずかな未利用エ ネルギーから電気を取り出せれば、農地の温度や雨 量、日光の照度、土壌などの計測センサーを作動さ せることができます。センサーが取得した情報を無 線ネットワークで伝達すれば、電源のない広い農地 でも、遠隔地から状態を監視できるようになります。
 
- r216 火中の栗の拾い方     
城幸司
本からの引用:
 
 ある朝、上司から呼び出しがありました。
 「この間、営業同行したクライアントへの提案はその後どうなっているのか?  先方が検討しているのか気になる。状況を確認してくれ」
 と指示が飛びました。駒田さんは前週に上司を連れて新しい広告プランを 提案したばかりでした。もともと提案には時間をかけて慎重に検討する企業だった ので、駒田さんは、
 「まだ2日しか経っていません。もう少し時間を空けたほうがいいのではないですか?」
 と言い返すと、上司は突然、怒り出しました。
 「そんな悠長なことばかり言っているから営業成績が悪いんた。いいから、すぐ 確認しなさい」。上司の顔は真っ赤。部下に言い返されるのが嫌い、プライドの高い タイプなのです。
 駒出さんは仕方なく、お客様に、《その後、先日ご提案した件はいかがでしょうか?》
 とメールを送りました。そのメールはCC(カーボンコピー)で上司にも送りました。 するとクライアントから、
 《駒田さんは当社の社風をよくご存じのはず。そんなに急かされても無理なこと はご理解いただいていると思っていましたので、驚きました、もう少しお時間をいただけないでしょうか》
 と、気分を害した様子のメールが返ってきました
 すると、上司から再び呼び出しがあり、
 「駒田君。クライアントの事情を理解しているいであれば、無理なことをしては いかん。それくらいのことは考えて行動してくれ。だから成績が伸びないのだ」
  と、上司に言われた通りのことをしたにもかかわらず、再び注意されました。
 
- r215 クラウドセキュリティ     
ニフティ株式会社協力
本からの引用:
 
 クラウドサービス提供事業者がサービスを停止し、休廃業や破産をしてしまうと、 クラウドに保存していたデータを取り戻すことが困難となります。
 また、クラウドサービス提供事業者が休廃業時にサーバーを第三者へ売却した 場合や、破産手続きにおいて破産管財人により設備が売却されるようなこととなると、 データが失われるだけでなく、場合によっては、データが漏洩することも考えられます。
 さらにクラウドサービス提供事業者が合併、分割などの会社再編を行った場合、 従来のポリシーが変更されたり、契約内容が変更されることにより、信頼がおけない クラウドサービス提供事業者となってしまう可能性があり、あるいは、分割によりクラウド サービス提供事業者の財務状況が悪化し、事業継続性が失われることや、他社に 買収されることにより意図しない場所にデータが移転してしまう可能性もあります。
 
 サービス面でのスペック表示は基準が明確ではない。
 仮想サーバーの処理能力はベストエフォートと言うだけで、性能保証していない。
 
- r214 ITロードマップ 2014年版      
野村総合研究所
本からの引用:
 
 「次の10年でもっともセクシーな職業」と称されるデータサイエンティストは、欧米で「データサイエンティストとは、統計解析や機械学習、分散処理技術などを用いて、大量のデータからビジネス上、意味のある洞察を引き出し、意思決定者にわかりやすく伝えたり、データを用いた新たなサービスを作り出せる人材である。」  データサイエンティストに求められるスキルには次のようなものがある。 (1)コンピューターサイエンス (2)数学、統計、データマイニングなど (3)データの可視化(Visualization) また、スキルと重複する部分があるが、データサイエンティストに求められる資質には次のようなものがある。 (1)コミュニケーションカ (2)アントレプレナーシップ(起業家精神) (3)好奇心
 
- r213 体調管理は天気予報で      
村山貢司
本からの引用:
 
 黄砂はもともと砂ですが、日本に飛来する間に中国大陸で発生する 硫黄酸化物や窒素酸化物などの汚染物質を取り込んでしまいます。また、 黄砂の中に細菌やカビが多量に含まれているという調査結果もあります。日 本では昔から黄砂の後にムギの病害である「黒さび病」が増加することが知られています。
 黄砂は非常に小さい粒子ですから、呼吸とともに鼻から気管に入って しまいます。
 この結果、咳や痰の増加、喘息発作がおきやすくなります。黄砂自体 はアレルギーを起すものではないのですが、途中で黄砂に汚染物質が付着す るとアレルギーの症状を悪化させます。これをアジェバント効果といいます。アジェ バント効果を起こす代表的な物質がディーゼル排気物質やホルムアルデヒドです。
 
- r212 真実を見抜く分析力      
ヒーマス・H・ダべンポート
本からの引用:
 
 1944年、ナチスのドイツ空軍はロンドンの市民に恐怖を与え始めた。 その後数か月にわたって、3172発のV−2ロケットが連合国の標的に向けて 発射されたが、そのうちの1358発が上空からロンドンを襲い、およそ7250人の 軍人と民間人を死に至らしめたのである。
 ロンドンへの大空襲のさなか、多くの対空監視員が、爆弾の着弾点 はいくつかの場所に集中していると断言した。そこで、イギリス政府はドイツが ロケットの標的を定めることができるのか、それともただ無作為に撃っているだけ なのかを知りたいと考えた。もしもドイツがでたらめに撃ってくるだけならば、さま ざまな防護設備を国中に配備すれば、国を守るのにかなり役立つだろう。し かし、ドイツが爆弾で標的を狙えるなら、イギリスは実に手強い相手と戦っ ていることになる。
 ・・・
 クラークは、一定の面積単位に区切られたエリアごとの着弾数を調べる ために、サウスロンドン地区を面積4分の1平方キロメートルの正方形576個に 分割して、着弾数0個の正方形の数、着弾数1個の正方形の数、着弾数2 個の正方形の数、着弾数3個の正方形の数といったように数えていった。もし ロケット弾がランダムに着弾しているなら、ある正方形の着弾数が0個、1個、 2個、3個…である確率はポアソン分布に従うだろう。
 実際のデータはポアソン分布に驚くほどよくフィットし、ドイツがロケットの 標的を定めているという仮説はまったく支持されなかった。
 
- r211 21世紀のICT多国籍企業      
夏目啓二
本からの引用:
 
 日本アイ・ビー・エム杜の8割にあたる社員が新卒採用である。しかし, コンサルタントやプロジェクト・マネジャーなどは,中途採用率が高い。新卒の 場介,配属先をみるとIT系が6割,営業が2割,コンサルタントが2割といった 比率で採用されている。
 IT系はやはり理系が多く,修士取得者が、半分以上の割合を占めて いる。営業やコンサルタントは,相対的に文系の学生が多く採用され,学部 卒の割合が今のところ高い。
 基本的には正社員として採用するが,コンサル タントのみ3年更新の有期契約という制度も導人している。なぜならば日本 アイ・ビー・エム社に採用された後,定年まで働く意志をもっている社員は少 ないため,3年契約にする代わりに,その分給料を2〜3割高くすることで動機 づけを行っている。これは,プロフェッショナル・コントラクトという制度である。 こうした制度を利用する社員は以前には多くみられたが,リーマンショック以降, 正規で安定を選択する社員が増加している。
 次に常業で採用された社員をみると.他の部門の社員の年収を100に するならば,60を固定給にし,目標通り契約を取ってくればプラス60のインセン ティブが与えられるような給与システムを採用している。したがって,契約数・売 り上げが目標まで到達しなければ,他の部門の社員よりも低い年収になる。 以前は.常業の多くの社員の年収は,120〜130の数値に達した。 しかし昨今では目標を達成することが難しくなっていることから,社員の営業 離れが進んでいる。
 
- r210 1000ドルゲノム      
ケヴィン・デイヴィーズ
本からの引用:
 
 アン・ウォジスキはローズに、23アンドミーの最も実用的な使い方は、 自分が特定の病気のリスクと大きく関係した珍しい遺伝子バリアントを持って いるかどうか確認することだ、と述べた。
 その一例として彼女が挙げたのは、第X因子ライデン変異だった(名前 はオランダのライデン大学が変異を発見したことに由来する)。これは血液凝 固因子のうちひとつの変異で、人口の三〜五パーセントが保有しており、血餅、 血栓症、塞栓症のリスクが著しく高くなる。
 特に、避妊のためにピルを飲んでいる女性や、よく飛行機に乗ってエコ ノミークラスで窮屈な思いをする人に問題が起きやすい。
 
- r209 火中の栗の拾い方      
城幸司
本からの引用:
 
 給料とキャリアのデフレ化がビジネスパーソンに将来不安を抱かせてい ます。もはや、理想のキャリアを描くことは難しい時代です。
 ・いつ会社が潰れるかわからない
 ・オーナー社長が会社を売ってしまう
 ・会社が合併して職場がなくなる
――なんてことが当たり前になっています
 筆者の友人は銀行に入って10年間で合併を4回も経験しました。彼は、 「もはや支店長を目指して頑張る時代は終わった」と力なく語っています。 これは銀行業界のみならず、日本中で起きている出来事です。ある意味、職 場自体が火中に巻き込まれるのが普通になってきました。
 一人ひとりのビジネスパーソンの将来を考えたとき、必要とされる能力 にも変化が出てきています。企業の採用面接においては、
 ・ストレス耐性の強さ
 ・変化に対する対応力
などがしつこく質問されるようになりました。これは、危機的な状況に へこたれないタフな人材が求められるようになった証かもしれません。
 
- r208 呪いの時代      
内田樹
本からの引用:
 
 世界のどこかに私だけに宿命づけられたたった一人の配偶者がいる。その 人に出会わなければならない。出会いさえすれば永遠の幸福が約束される……こ の「赤い糸イデオロギー」は幼児期からさまざまな物語を経由して、子どもたち に植え付けられます。この幻想から自由であることはきわめて難しい。
 そのイデオロギーに棹さすかたちで結婚情報産業が呼びかけます。「この 世の中に、あなたにだけ約束された運命の人がいます。あなたはまだその人に出 会っていません。なぜでしょう? それは『出会い』が足りないからです。私た ちが、その出会いを提供いたしましょう。もちろん有償」
 ・・・
 つまり、「婚活」ビジネスというのは、一度でも「赤い糸で結ばれた世界 でただひとりの人がいる」というイデオロギーを内面化してしまった人間に対し て生涯にわたって、結婚に関わる全ての活動に課金できるシステムなわけです。
 まことにアクマのような狡知と言うべきでありましょう。
 
- r207 年金に頼らない生き方      
布施克彦
本からの引用:
 
 いずれにせよ、特段の準備をせず成り行きに任せていた場合、六十五歳 過ぎてからの職探しは、相当厳しい状況に直面せざるを得ない。介護福祉士な どの資格を取得し正職員になれば、月収10万円以上は確保できるが、資格取得 のための時間が必要なので、定年前から準備を始めた方がよさそうだ。第二の 人生を探すには、それも収入額や職種にこだわるのであれば、定年まで待ちの 姿勢をとらない方がよい。
 「なんとかなるさ」と思いつつ、実際に「なんとかなった」時代は過去 のものだ。
 
- r206 中年の発見      
野田正彰
本からの引用:
 
 成熟杜会への移行と共に、上昇と拡大への衝動からようやく抜け出した 中年が、中年らしくいきいきと生きるとはどういうことか、考えてみよう。
 まず第一に、いきいきと生きるとは、常に楽しく生きるということでは ない。ユーホリア(多幸症)という症状があるが、感情が平板化し、いつもルン ルンに生活することは望ましいことではない。
 いきいきと生きるとは、喜怒哀楽を豊かにもつということである。喜び や楽しみを豊かに持つだけでなく、十分な怒りも、深い悲しみも大切である。
 第二には、将来の課題達成に向けて現在を耐える、あるいは頑張るとい った発想から自由になることである。
 それは将来のことを考えないというのではない。さまざまな問題が目の 前に現れ、それを時には緊張し、時には力を抜いて決断を下し、取捨選択を続 けている、そういった決定の流れ自体を味わい楽しむことができなければならない。
 
- r205 快眠の本      
佐々木三男 
本からの引用:
 
 「キリ、キリキリ……」と、夜中の歯ぎしりは気になるものです。周囲へ の影響だけではありません。歯ぎしりで歯が磨滅し、抜けたり噛み合わせが悪 くなり、歯ぐきの損傷を起こすからです。歯ぎしりは、眠っているあいだにあご を動かす咀嚼(そしゃく)筋が活発に活動するために起こります。
 歯ぎしりは深い眠りから浅い眠りに移行したあとに起こります。眠りが 浅くなると無意識にあごを動かす神経とそれを抑える神経系が同時に活動して きますが、抑える神経の活動が遅れると歯ぎしりになるといわれます。歯ぎし りは健康な人にもみられますが、歯の噛み合わせが悪かったり、精神的なスト レスが強いときにも起こります。
 歯ぎしりにはこれという決め手になる治療はありません。ひどい場合に はまず歯科医に相談し、歯を保護するゴムかプラスチックの装置をつくっても らい、寝る前に歯にかぶせて眠ります。
 
- r204 工学部ヒラノ教授の青春      
今野 浩 
 
 これは、ある日幸運にも、アメリカ留学の機会を与えられたヒラノ青年 の、博士号取得を巡る格闘と、博士号がなかったために、不運きわまる一生を 送った父親の物語である。」――本の冒頭は、こうして始まる。思わぬ出来事 やどんでん返しが続き、次はどうなるのか気になって読み進めてしまう。
 自分が描いていた父親像「博士号がないため、いまだに駅弁大学で助教 授勤め」が誤解であったことがわかる展開は圧巻。
 
- r203 いますぐ人生をひらこう      
船井 幸雄 
   船井氏の自分観
 
 私はどんな人間かと言いますと、私の特性は、
 第一に物事の本質をとらえたり時代の先行きを洞察するのがほんとう に好きで、ほとんど外れることがありませんから得意と言っていいと思います。
 第二に、それらを論理的に考え、整理するのが好きですし、誰もが納得 するように説明するのもうまいと思っています。
 第三に若い頃から髪の毛が薄かったこともあって人を差別しない 姿勢が身につき、また人間心理もいや応なくよく勉強したので、たいていの人 を気分よくさせる雰囲気が私にはあるようです。
 第四に、これは特に若い頃はそうだったのですが、負けず嫌いで、勝つ ための戦略戦術を考えるのが好きだったことで、実際上も負け知らずで生きて きました。
 第五に人に教えるのが大好きで、上手なようです。
 こんな特性を見ると、経営コンサルタントになるために生まれてきたよ うなものだと、我が身を振り返って笑ってしまいます。
 逆に私にないものや嫌いなことを挙げますと、第一に人に使われたり 指図されるのが大嫌いです。第二にファッションや観光や芸術といったことに 関心がありません。第三に表面的なことを追いかけたり、誰がどうのこうのし たという噂話の類を見聞きするのは好きではありませんし興味もありません。
 
- r202 ホンモノの思考力      
樋口裕一 
   本からの引用:
 
 「「メモの型」を用いる場合、私は3WHAT3W1Hを考えることを勧める。
 3WHATとは、「それは何か(定義)」「何が起こっているか(現象)」 「何がその結果起こるか(結果)」だ。
 これらの三つのWHATを考えることで、問題点を整理するわけだ。ここ まででは、まだ問題点を整理しただけだ。このあと、3W1Hを考えてこそ、 独自の視点が見つかり、思考が深まる。
 3Wとは、
 WHY「なぜそれが起こっているのか。それがなぜ好ましくないか、あ るいは好ましいか(理由・根拠)」、
 WHEN「いつからそうなのか、それ以前はどうだったか(歴史的状況)」,
 WHERE「どこでそうなのか、ほかの場所ではどうなのか(地理的状況)」。
 そして最後のHとは、HOW「どうやればいいか(対策)」。
 何かが会議や雑談で問題になっているとき、メモをとるようにして、 これらの項目を口に出してみる。言い換えれば、一つの「型」として頭に入 れておいて、決まり文句として用いるのだ。
 考えるときには、常に「定義・現象・結果・理由(根拠)・歴史的状況・ 地理的状況・対策」という手順に沿って考えてみる。
 
- r201 金持ち父さん貧乏父さん      
ロバート・キヨサキ 
   本からの引用:
 
 「世の中には二つのルールがある。金持ちが使っているルールと、 残りの九十五パーセントの人が使っているもう一つのルールだ。家庭や 学校で教えられているのは、この九十五パーセントが使っているルールだ。
 いま、ただ単純に「しっかり勉強していい仕事につきたさい」と子 供に言い続けることが危険な理由はここにある。いまの子供たちにはもっ と高度な教育が必要だ。それなのに現在のシステムでは必要なものが与え られていない。
 教室にいくつコンピュータが導入されようが、そのほかの設備にど んなにお金をかけようが、そんなことは関係ない。
 自分の知らないことはどうやったって人には教えられないのだから。
 
- r200 ものを考える人考えない人      
渡部昇一 
   本からの引用:
 
 「インテリジェンス」と「インテレクト」
 私の父は田舎で育ったこともあり、高等教育は受けなかった。し かし、雑誌などをたくさん購読していたので、知識は多かった。ところ が母は本などまったく読まない。私は本をよく読み、できれば本を書く ような人生を送りたいと思っていた。それが、どうも本をよく読む父の ような人間がちっとも利口に見えなくて、本を読まない母が利口だと認 めるのは、あまりよい気持ちがしなかったのである。
 私は新制の大学院の、最初のころの卒業生で、最高学府を出たと 言っていいだろう。だが、留学の数日前に私よりも母のほうが知力が上 だと感じたのは、どうも落ち着かない気分だったのである。
 知には2種類ある。「インテリジェンス」と「インテレクト」と呼 ばれるものである。
 インテリジェンスとは、ダチョウとかニワトリなどのような、足で 走れる知識。インテレクトとは、ワシやツバメのような空中を突っ切って 飛ぶことのできる知識。人問の知力にもこの二種類あって、地に足のつい たような知力と、空を突っ切って飛ぶような知力があるのではないか、と ハマトンは言うのである。
 
- r199 向学心      
谷沢永一 
   本からの引用:
 
 西堀栄三郎
 南極の生活で、何がいちばん苦しいかと聞かれたならば、わたし は、それは未知から来る不安だと答える。
 われわれは、この南極がどんなところかを、きわめてわずかしか 知らないのだ。これからさき、どんな寒さがくるだろうか、どんな風が くるだろうか。みんながどんな精神状態になるだろうか、何がおこるだ ろうか。そういう不安にたえず襲われているのである。それはたしかに、 苦しいといえば苦しいものだ。
 しかし、その未知が、刻々の経験によって、すぐに既知に変って くる。そしてそのとき、ひじょうな喜びをともなうのである。その既知 の喜びがあるからこそ、南極の生活は、わたしにとってこの上もなく楽 しいものになっているのである。
 
- r198 個性を以て貴しとす      
日下公人 
   本からの引用:
 
 日本人は経済的豊かさより、心の豊かさを求めるようになった。
 また、モノを買う賛沢さは天丼に近づき、ゆとりある時問をもつ 賛沢さを求め始めた。同時に美しくて広い空間を占有する賛沢にも気が ついている。これらは少しずつだが実現への歩みを始めている。  
 では、その先に待っている賛沢は何だろうか。その先に実現され る幸福とはどんなものか。
 多分、よい友人をたくさんもって語り合ったり、遊び合ったりし たいのではないだろうか。
 昔の貴族の生活をみればそれがよく分かる。
 貴族は食うに困らない。着るものも困らないし、住むにも困らな い。名誉も十分ある。時間もあり余っている。そういうとき人間は何を やり始めるのかと考えると、貴族のすることは西洋でも中国でも日本で も同じで、友人を集めて議論をしたり宴会をしたりしている。 どの国もどの民族も同じだから、これは人間の本性だと分かる。
 
- r197 夫婦平凡読本      
鈴木健二 
   本からの引用:
 
 放送に全く関心がなく、偶然の出会い頭で就職してしまった私は、 はじめてマイクロフォンの前に立った瞬間にも、しまった、自分は職業 の選択を誤ったと思い、その観念が、一〇年近くも続いてしまった。
 周りは放送に情熱を持ち、生きがいを感じている優秀な人達ばか りであったのに、私が三六年も勤めてしまった理由はたった一つで、日 本にテレビ放送が始まったからであった。そこでの職人的な仕事は、下 町育ちの私の性格に、どこか適する部分があった。優秀な人達のあとを ついて行って、現場の一介の職人として、自分のやれる部分にこだわり、 仮に十分な仕事をしても、へい、旦那、これしか出来やせんで、申しわ けござんせんとさらりとその場を離れて、また次の仕事に黙々と精を出 す点だけに、自分の価値を見出した。
 
 ――NHKの名アナウンサーという立場から想像すると、煌びやかな 世界が好きなのだろうと勝手に思っていたが、「現場の一介の職人」と いう意識で仕事に取り組んでいたと聞くと、なるほどと思う。
 
- r196 松翁論語      
松下幸之助 述、 江口克彦 記 
   本からの引用:
 
 PHP総合研究所研究本部の研究室の奥に、松下幸之助に関するさま ざまな資料が集められている耐火書庫がある。
 ・・・
 書庫にはさまざまな資料とともに録音テープが三千本以上収められ ている。すべて松下幸之助が生前いろいろなところで話をしたものである。 テープの延べ時間数は、一本平均一時間として三千時間となる。実際には 一時間を越える話が多いから、もっと多いはずである。しかし、仮に最少 三千時間として、昼夜兼行一睡もせずに話し続けて百二十五日分、毎日一 時間話したとすれば八年分以上になる。しかもここにあるテープは、昭和 二十七年、松下幸之助五十七歳以降の、その折々に録音できた場合に限ら れている。松下幸之助は、生涯公の場で、いったいどれほどの量の話をし たのであろうか。
 
 118. 知情意は人間の本質から出る人間性であるが、これは変化する。 知を高め、情を厚くし、意を強くする。それが人間性を向上させるというこ とにもなる。
 
 805.  困難に出遭ったときには、自己観照をすればよい。自分の外へ 出て、自分を見てみる。そして、自分で自分を励ます、自分で自分を叱る。 それがいちばん間違いない。
 
- r195 お父さんの更年期     
河野孝旺、柏木純一
   本からの引用:
 
 他人から見ればうらやましくたるような話でも「うつ病」にか かってしまうんです。
 河野−ソフトウェアの管理部門で働いている五十二歳の金子さ んの場合がそのいい例です。
 先日、部長昇格の内定があったんですが、なぜか喜ばないのです。
 −まだ内定だから?
 河野−実は、金子さんは一人でコツコツと働くのが好きなタイプで、 人に教えたり面倒を見たりするのが苦手だったんですね。内定の知らせから 間もなく、金子さんは頭痛や動悸、めまい、そして不眠症に襲われ、出勤し なくなってしまったんです。
 −金子さんは過剰反応の体質なのでは?
 河野−そうではないのです。金子さんの心の中に生まれたのは、未知 の仕事の忙しさの中に自分をさらけ出す不安だったのでしょう。「昇進うつ病」 と言われるもので、自立神経のバランスが完全に乱れてしまったんですね。 特に五十を過ぎ更年期を迎えた場合には「不安神経症」に突き進んでしまう人 も少なくありません。人の感性というものは繊細で計り知れたいものなんです。
 
- r194 笑いの博物館   
飛岡 健
   本からの引用:
 
 アメリカ人の笑いはユーモアというよりジョークといった ほうがふさわしいものです。つまり、真実を誇張して大袈裟な表現 にするのがアメリカ的な笑いです。
 
 ケネディ犬統領とメキシコのロペス大統領がいっしょに車に乗っていました。
 「素晴らしい腕時計をお持ちですね」
 ケネディ大統領がそう褒めると、ロペス大統領は自分の腕からはずして、
 「差し上げます」
 「いや、私はそんなつもりで言ったのではありません」
 ケネディ大統領があわてて断わると、ロペス大統領はきっぱりと、
 「閣下、わが国には、他人から褒められたものは進呈する習憤があるのです」
 「わかりました。では遠慮なく頂戴します」とケネディ大統領。
 
 しばらくして、ロペス大統領がこう言いました。
 「閣下、あなたはじつに素晴らしい奥様をお持ちですね」
 ケネディ大統領は慌てて腕時計を返したということです。
 
- r193 定年の夫に妻がふともらした本音   
今井森夫
   本からの引用:
 
 私のところへ相談にみえる方に「4つの系図」を作ることをお 勧めしている。
 第一は「家族の系図」。家族・親類の名前を樹系図に記し、 連絡先の電話番号を書き込んでおく。研究所に相談にみえた方に「 従兄弟の名前が全員言えますか?」と聞くと、完全に答えられる人は 滅多にいない。先の阪神大震災の例ではないが、イザというときに 親戚に連絡が取れないようでは、やはり困る。
 第二は「友人の系図」。遊び仲間や酒飲み仲間の一覧だ。思い 立ったときに住所録をひっくり返しているようでは、つい友人とも疎 遠になってしまうのではなかろうか。  
 第三は「110番の系図」。これは医師、弁護士、銀行員といっ た特定分野の人脈。困ったときに役に立つのは何といっても専門家の 知識だ。
 第四は「趣味仲間の系図」。
 
- r192 女のおっさん箴言集 
田辺聖子
   本からの引用:
 
 思いやりや人を喜ばせてやろうという気持、それが、人間の 教養あるしるしではないかと思った。夫は一流の学校を出て知識人 と思われ、いい会社に勤め、とりあえず人に出世したと思われて、 人生は成功したようにみえるかもしれないが、かんじんの、いちばん 身近にいる妻をさえ、心楽しませることをしないのだ。
 そんな男が、なんのインテリ、なんの教養人であろう。
 人生でいちばん大切にしないといけない人間に、どう思われ ているかということさえ分らないとは、何というぼんくらであろう。
 ・・・
 愛して、愛されて、楽しんで、そして命の終るとき、棺の中へ はいりながら、
 「アア、楽しかった!!」
 といえるような人生を、私は送りたいと思っている。生き残る 人に、シッケイ!と手をあげて、
 「楽しかったね」
 と握手して、またね、といえるような人生でありたいな、などと空想する。
 
- r191 「いい人」をやめると楽になる 
曽野 綾子 
   本からの引用:
 
 日本の家庭では、会話に関するしつけが少なすぎるように思う。
 一般に女の子はおしゃべりが多すぎ、男の子は会話に参加する 訓練がまったくなおざりにされている。それというのも、原因は父に ある場合が多い。一家の父で家庭内では身勝手な沈黙を守っている人 はあちこちにいる。今までの日本では「度の過ぎた沈黙は美徳ではな い」などという人はいなかった。
 しかし家ではしゃべりたくないから黙っているという夫たちの 行為は、妻には死ぬほどの退屈、子供には不安定な感情を与えるもの としてもっと糾弾されてもいいと私は思っている。
 食事は、家庭内での一種の社会的行為だから、たとえ今日はあ まりしゃべりたくないと思っても、ある程度は、がまんしてしゃべら なければならないものなのである。
 
- r190 50代から考えておく退職、そして出発
宮本 厚士  
   本からの引用:
 
 水野さんのようにサラリーマンを四〇年近くやってきた六〇歳近い 男たちには、福祉や介護の仕事はあるようでないのです。
 職業安定所の推薦で介護ヘルパー二級の勉強をしましたが、熟年の 男が福祉や介護の世界でお金をもらうまでの仕事は簡単に見つかりません。 ハローワーク、千葉人材銀行、福祉人材銀行、高齢者職業紹介所などにも 熱心に通い、数々の就職面談を受けながら、仕事を探してきました。不合 格でも社会勉強ができる、不合格も勲章と考え、紹介されたところへは面 接に行きました。再就職の難しさを実感しつつ、ほぼ一年間、仕事のない 日々を送るというつらさを体験しました。
 
 退職後に絶対に必要な四ポイント
 第一は、「健康であること」です。
 第二は、「よし、やってみようという心構え(立志)を持っていること」です。
 第三は、「過去を引きずらず、皆と一緒に活動してみる。自分の手足を使うこと」です。
 第四は、「頼れる人、語し合える友を持っていること」です。
 
- r189 父から子へ伝えるもの
日本ファーザーズ・デイ委員会監修 
   本からの引用:
 
 カルロス・ゴーン
 
 子どもの頃、私は国の歴史や文化、言葉にとても強い関心を持っていて、 その頃から将来はいろいろな国に住めたらいいなあと思っていました。私はこ れまでの人生で南米、中東、北米、欧州そして日本という5つの地域に住み、暮 らしてきましたので、文化交流や言葉の習得をしたいという子ども時代の夢は 十分にかなえられたのです。
 ・・・
 家庭がうまく機能するためには、まずひとつは、家族全員が「常にベスト をつくす」ということではないでしょうか。子どもたちは学校でベストをつくし、 母親である妻は家庭をよく運営し、まとめること、そして私は仕事でベストを尽 くすとともに、良い夫、父親であるようベストを尽くすということです.
 また、 私は家庭は個人を確実に成長させていくための場所だと思っています。家庭とい うのはそれにふさわしく、安全で楽しい場所でなければなりません。
 
- r188 答えが見つかるまで考え抜く技術    
表 三郎 
   本からの引用:
 
 それはたぶん、「問い」を立てるのがうまかったからだと思う。 私はこれまで、じつにたくさんの「問い」を立て、その答えを見つけるため、 本に書いてきたようなことを実践してきた。受験勉強は得意ではなかったけ ど、本気で「問い」を立てて、自分という存在を賭けて、考えに考え抜いて 生きてきたことだけは、たしかだ。
 そしていまでも、答えが見つからない「問い」をたくさん抱えて生きている。
 おかげで毎日が楽しくてしかたない。
 
- r187 魔法の糸   
ウィリアム・J. ベネット 
   本からの引用:
 
 【人にはどのくらいの土地が必要か? 】------トルストイ
 
 「それで、おいくらですか?」とパホム。
 「価格はいつも同じでね。一日一〇〇〇ルーブルだ」
 パホムにはさっぱり理解できません。
 「一日?それはどんな単位ですか?何エーカーになるのですか?」
 「さあ、それははっきりわからんな」と首長。「いつも一日単位で売る んでね。一日中歩いて囲えた土地が、あなたの土地になるんですよ。だから価 格は一日一〇〇〇ルーブルです」
 パホムは驚きました。
 「でも、一日だったら、莫大な土地になりますよ」とパホムは言いました。
 首長は笑いました。
 「すべてあんたのものだよ!だが一つだけ条件がある……一日のうちに、出 発したところにもどってこなかったら、お金は没収されるんだよ」
 ・・・(略)・・・
 「欲張りすぎて、すべてを無駄にしそうだ。太陽が沈む前にはとてももどれ そうもない……」
 そう思ったパホムはさらに必死になり、走り続けたのです。汗で濡れたシャツ やズボンが身体にくっつき、口は乾ききっています。胸は鍛冶屋のふいごのように 働いており、心臓は早鐘のように鳴り、足は身体の一部ではないかのように勝手に 動きます。パホムは恐れおののきました。
 無理をしすぎて死ぬのではないかと思ったのです。
 死ぬのは恐ろしかったのですが、それでも止まることはできません。
 ・・・(略)・・・
 
- r186 論理力を鍛えるトレーニングブック   
渡辺パコ 
   本からの引用:
 
 So What?とは、「それって何?」と自問自答していくことで目の前にある 情報から意味を見いだし、価値のある情報を引き出していく思考だ。
 So What?の結果は、S+Vの形式で表現される。(単語や体言止めの表現 は、領域を示すだけで意味を表せない。)
 
 イシューと言った場合、今考え、結論を出すべき論点は何かという意味に なり、より具体的に考えたり議論したりする内容を明確にすることになる。イシ ューは、「問題点」や課題」とは違う、考えるべきポイントや考えるための視点 や見方をさす言葉なのだ。
 
- r185 すぐに未来予測ができるようになる62の法則   
日下公人
   本からの引用:
 
 食べることも着ることも満たされた。おまけに暇な時間もたっぷりある。 そうなったときに、人間が最終的に行き着く快楽は何だろう。
 それは、寄り集まって会話を楽しみ、知的刺激を交換し、情感の共有を確 認しあうことである。これ以上の快楽はない。これをなるべくお酒落にやったの がサロンである。
 これからの日本では、このような欲求がどんどん高まるだろうし、おのず とビジネスチャンスが生まれることだろう。
 サロンの原型は、ルネッサンス以降の中世ヨーロッパの貴族社会にある。 おしゃべりを盛り上げるには、それなりの舞台装置が必要である。センスのいい 室内装飾が置かれた部屋。ゆったりとくつろげる香り。心地よい音楽。その場所 は、貴族の夫人や愛人やそれを職業とする女性の部屋であった。彼女たちがマダ ムと称して、サロンの主となる。そこに男たちが集まってきて、気ままに飲んだ り食べたりしながら、エスプリの利いた言葉をやりとりする。
 
- r184 熟性  
弘兼 憲史
   本からの引用:
 
 僕のモットーとしている「ま、いっか」「それがどうした」「人それぞれ」 という精神を紹介したい。
 自分の気持ちが少し落ち込みかけたとき、ちょっと弱気になったときに、心 の中で「ま、いっか」と割り切る。
 「それがどうした」と開き直る。
 「人それぞれ」と達観する。
 それができれば、人生はずっと楽になるのだ。
 人が御祝儀に一〇万包もうが、お歳暮やお中元を贈ろうが、孫に一万円のお 年玉をあげようが、「人それぞれ」なのである。
 ・・・
 着るものぐらいに気を付けなければ、単に汚いオヤジになってしまう。
 我々の世代、「モーレツ社員」で働いてきた年月は、私服などほとんど必要 なかった。そのために、日常着となるカジュアルな着こなしにはセンスを磨いてこ なかったという人は多い。スーツを脱いで私服になると、急にみすぼらしいオヤジ になってしまうというのはよくあることだ。だからこそ、スーツを脱いだこれから の人生では、服装に気を遣う必要がある。
 
- r183 社長を出せ! 実録クレームとの死闘  
川田茂雄
   本からの引用:
 
 メーカーへのクレームなどになりますと、不満の限りを打ち込む悩めるユー ザーの文章はかなり過激なものとなります。そして、本名を名乗らずハンドルネー ム(ニックネーム)で書き込みをするとき、ふだんの自分とはまったく異なる人格に 変身する人もいるのです。
 その実態たるや、相手の表現不足に絡んで言いたい放題、アホ、バカ呼ばわり にとどまらず、もうほとんど脅しの世界にまでも入り込んだりします。そして最近は、 「相手の意見に絡むことが生きがいだ。何よりもバトルが楽しみだ」と言う人たちも 現れてきております。このような人達にメーカーの弱点を突かれますと、これはもう 際限がなくなり、小さな問題でもたちまち大きく発展しかねません。
 では、この人達をバトルに駆り立てるものはいったいなんでしょうか? 
 いろいろ考えられますが、何よりも大きいもの、それは人の心の寂しさである と私は捉えております。
 
- r182 雨の降る日曜日は幸福について考えよう  
橘玲(あきら) 
   本からの引用:
 
 平均的なサラリーマンの生涯年収は三億円、税・杜会保障費を除いた手取 りは二億四千万円程度とされる。一方、幼稚園から大学まで私立に通わせると最 低でも二千万円は必要だ。子供二人なら、教育費の合計は四千万円を超える。
 三千万円の住宅ローンを三十年返済で借りると金利三%でも返済総額は四千 五百万円。頭金や固定資産税、諸雑費を加えると定年までの住居費は六千万〜七 千万円。子供を私立学校に通わせながら、マイカーを買い、高額の生命保険に加 入すれば、それだけで収入のほとんどは消えてしまう。
 ・・・
 好むと好まざるとにかかわらず私たちはいずれ現役を引退し、第二の人生 を歩むことになる。老後とは生活の糧を労働から得るのではなく、年金と資産運用 のみに依存することだ。
 老後は誰もが一人の投資家になる。成功の方程式はもはや役に立たない。 その時、金融市場について何の知識もなければ、どうやって自分と家族の生活を 守るというのだろう。
 
- r181 雇われないで生きよう 
高城 幸司 
   本からの引用:
 
 独立したすべての人に求められるのが「営業力」。
 多くの起業家たちが いいビジネスアイデアをもち、技術があったとしても、それを顧客に「売る」 能力がなければ事業は決して成功しません。
 「ものづくりが好きだから独立しよう」なんて考えてみても、「営業」 は必ずセットでついてきます。自分で売るのも、売る仕組みをつくって売る のも、どちらを選ぶにしても「独立したら営業力は必須」と覚えておいてく ださい。
 
- r180 どん底から這い上がった男たち  
鈴木孝史 
   本からの引用:
 
 みんな能力は同じようなものであり、問題は、自分を焚きつけてやる気 にさせ、いかに執念を燃やすかだと。一日は二十四時間あるんだから、寝てい ても、その事を考えるようにしろとね。
 いずれにしろ、成功するには、人よりも余計に働く、時間当たりの効率 をよくする。人の助けを借りるの三つしかないんです。その前提条件として、 まず目標をしっかりと設定して、絶対に達成するぞと執念を燃やす。
 そして、達成するためには、何を、どうすればいいのかを徹底的に考える。 執念は強ければ強いほどいいが、その執念を燃やすトレーニングは常にしなけ ればならないと思う。
 
- r179 確率的発想法  
小島寛之 
   本からの引用:
 
 この降水確率とはいったい何を意味する数字なのでしょうか? たとえば、 「今日の降水確率は四〇%」などと予報されますが、この四〇%というのはいった い何の数字でしょうか。
 この疑問にちゃんと答えられる人は案外少ないようです。
 ・・・
 正解は、こうです。「気温、湿度、気圧などの気象条件が今と同じ過去の データで、どの程度雨が降ったか」というもの。つまり、まったく同じ気象図だ った過去のデータをピックアップして、その中でどの程度の割合でーミリ以上の 雨が降ったか、それから導かれた数値なのでした。
 
- r178 101人の起業物語  
竹間忠夫、大宮知信 
   本からの引用:
 
 This is a story about “Four Peoples”
 There was an important job to be done and Everybody was asked to do it. Everybody was sure Somebody would do it. Anybody could have done it, but Nobody did it. Somebody got angry about that because it was Everybody's job. Everybody thought Anybody could do it. But Nobody realized that Everybody wouldn't do it. It ended up that Everybody blamed Somebody when actually Nobody asked Anybody.
 
 “4種類の人"の物語
 「みんな」でやらなければならない、重要な仕事がありました。「みんな」は、「誰か」 がきっとやるだろうと思いました。しかし、「誰でも」やることができるはずなのに、「誰も」 やりませんでした。「誰か」が「みんな」の仕事なのにと、腹を立てました。「誰もが」、 「誰でも」できると考えていたからです。しかし、「誰も」やらないんだろうとは、「誰1人」 気がつかなかったのです。「誰か」にそれを頼んだ人は、1人もいなかったのに、最後はみんなが 「誰か」のせいにしました。
 
――雑用が、この言葉に合う。
 
- r177 人生を考える英語  
 杉田 敏 
   本からの引用:
 
 アメリカ人はcan-do spiritが好きだ。can-doというのは、 チャレンジを引き受け、それを達成する自信のある」「意欲的な」 「積極的な」「やる気満々の」「行動派の」といった意味の形容詞だ。
 もともとはCan you do it? といった質問や依頼などに対する 肯な返事のCan do. (=Yes, I can do it.)から来ている。
 
 When a man points a finger at someone else, he should remember that three of his fingers are pointing at himself.
 「他人を非難する時、3本の指は己を指していることを忘れてはならない」
 
- r176 失敗学の法則
 畑村 洋太郎 
   本からの引用:
 
 「不作為」というのは、「本来やるべきことをやらない」ということです。 この「不作為」による失敗は「挑戦した上での失敗」よりもたちが悪く、失敗学 では「不作為」による失敗を絶対に許しません。
 ここで思い浮かぶのが、薬害エイズの問題です。二〇〇一年九月二十八日、 薬害エイズ事件で業務上過失致死の罪に問われていた厚生省(現・厚生労働省)の 元生物製剤課長に、禁固一年、執行猶予二年の有罪判決が言い渡されました。非 加熱製剤の危険性を知りながら何の手も打たなかったというのは明らかな不作為 で、それによって多くの感染死を招いたのは犯罪であるというのがその理由です。
 元課長は最後まで「私の責任ではなく、あくまでも非加熱製剤の回収をし なかった製薬会社の責任だ」と無罪を主張していましたが、回収を製薬全社に委 ねたきりで自らは何の措置もとらなかったことが、罪に問われたのです。
 元課長は、日赤がクリオ製剤の安全性を強調したとき「そうはいっても、 非加熱製剤が普及している」と乗り気を示しませんでした。しかも、日本で血友 病患者が非加熱製剤投与によってHIV感染した後も、非加熱製剤の回収をしない 方針を決定したといいます。
 つまり、非加熱製剤によるHIV感染を知りながら、その危険を回避する対策 を、あえて行わなかったのです。
 
- r175 女子の国はいつも内戦
 辛酸なめ子 
   本からの引用:
 
 キャビンアテンダントの世界;
 忙しい現場だと殺伐とした雰囲気になってしまうこともありますが、 そんな時男性スタッフがひとりでもいると、空気が和らぐそうです。
 「全員女性だと、適当が許されない感じになりますが、おじさんが ひとりいるとおおらかに『いいよいいよ』って言ってくれて、ほっとします。 その空気が皆に伝わるんだと思います」
 男性にまるで観葉植物のような癒し効果があるとは意外です。
 
――珍しい、おじさんの存在価値。
 
- r174 世界の日本人ジョーク集 
 早坂隆
   本からの引用:
 
 日本を怒らせる方法
 
 各国の政治家が集まって「どうしたら日本を怒らせることができるか」について話し合った。
 中国の政治家が言った。
 「我が国は潜水艦で日本の領海を侵犯した。それでも日本は潜水艦を攻撃してこなかった」
 韓国の政治家が言った。  
 「我が国は竹島を占領した。それでも日本は攻撃してこない」
 ロシアの政治家が言った。
 「我が国はもう長きにわたって北方の島々を占拠している。それでも日本は攻撃してこない」
 それらの話を黙って聞いていた北朝鮮の政治家が、笑いながら言った。
 「そんなこと簡単ですよ。我々が核兵器を日本に使いましょう。そうすれば、さすがの日本も怒るでしょう」
 すると、アメリカの政治家が首を横に振りながらこう言った。
 「無駄だね。それ、もうやったもの」
 
- r173 統計学を拓いた異才たち
デイヴィッド・サルツブルグ
   本からの引用:
 
 デミングは仮説検定にかなり批判的だった。仮説検定の使用が拡大していく ことを冷やかな目で見ていたのである。というのも、彼が主張するように、誤った 問題に焦点を当てていたからだ。彼は次のように指摘した。
 「実際の問題はAとB、二つの処理の違いが有意かどうかなどではない。 (両者に)差異があるとすると……その差異がどんなにわずかなものであっても ……実験をかなりの回数くり返せば有意となる……ことがわかるのだ」
 ゆえに、デミングにとって有意差を発見することは何の意味もない。重要な のは、差異の程度を見出すことである。デミングはある実験状況で見つかる差異の 程度は、別の実験状況では異なっているかもしれないことを指摘した。統計学の標 準的な方法は、デミングにとって問題解決の手段としては使えなかったのである。
 こういった統計手法の限界を知ることは重要である。
 
- r172 食品の裏側     
安部 司
   本からの引用:
 
 やはり、うどんも長年修業をしてはじめて培える技というものがあり、見よう 見まね程度では身につかないのです。
 そんなとき、私はここぞとばかりに登場して「入れ知恵」をつけるわけです。
 「こねるときに『グルテン』を入れれば、コシが出てつるつるした麺が簡単に できますよ。あと、これとこれも入れると、さらに楽にできますよ」
 そう言って、ほかに「乳化剤」「リン酸塩」などを数種類使って麺をつくるこ とを提案。実際、こうした添加物を使えば職人技など無用。パートのおばちゃんでも、 簡単に「しこしこ麺」がつくれるのです。
 ただし、その「しこしこ感」は、本物の手打ちと食べ比べたら、違いは明らか です。でもそれだけを食べたらわからない。言葉は悪いですが、「その場はごまかせ る」のです。
 ・・・
 さらには、麺をゆでる釜にも添加物(酸味料)を使うことも勧めました。それ を使うと、切り口がドロドロにならず、ゆであがりがきれいになるのです。
 
――巷のうどん麺を食べて感じる「しこしこ感」は、添加物が生み出していたのか。。。
 
- r171 カンベンして欲しい人たち     
町沢静夫
   本からの引用:
 
 「最初から言ってくださいよ。そもそもなんでボクがこんな仕事をしなく ちゃならないんですかー」
 「そこらへんのハケン社員とかにやらせておけばいいでしょう!」
 つまらない仕事はもっとレベルの低い社員にやらせておけ、といった考え を露骨に発揮するこの社員は、過保護で育ったわがまま青年に違いない。
 いまの若者は、責任を負うことがとても苦手である。避けようとする。 いや、会社すら辞めようとする。そしてまたこの青年のように、上司から諭され ると、いまの若者は女性であれば泣いてみたり、男性であれば翌日会社を休んだ り、あるいは辞めてしまうなどということもいとも簡単に行うのである。
 このようなことがいまの若者の特徴であり、入社一年で社員の約三割が辞 めるという、いまの日本の現状を表している典型的な青年とも言えるだろう。 一般に日本の青年たちは労働に向いておらず、消費にだけ向いているのである。 その消費も、親の金を利用して消費することが多く、これが日本の若者中心の 消費社会なのである。
 このような人の性格は、「過保護甘ったれ族」としか言いようがない。 
 
- r170 世界の困った人ジョーク集     
モクタリ・ダヴィッド
   本からの引用:
 
 女性とボールの関係
 
 ある意味では、女性の一生とボールが似ていると考えられます。それを探ることにしましょう。
 
  1、女性が一八歳の時は、試合中のグランドにあるサッカーボールに似ています。つまり二二人の男性が彼女をゲットするために追いかけ、奪い合うのです。
 
  2、女性が二八歳の時は、試合中のホッケーのボールに似ています。一〇人の男性が彼女をゲットするために追いかけ、奪い合うのです。
 
  3、女性が三八歳の時は、ゴルフボールに似ています。一人の男性が彼女を追いかけ、それをゲットしようとします。
 
  4、女性が五八歳の時は、戦争で使われる大砲の砲弾に似ています。危険なので、男は誰も近づく勇気を持っていません。
 
- r169 困った隣人     
中嶋 真澄
   本からの引用:
 
 人は自分で自分のことを誉められる人のことを誉めるものです。そういう 人を評価します。自分で自分を低く見積もれば、他人からもそれだけの評価しか 得られません。自分で自分を高く見積もれば、それだけ人からの評価も高くなる でしょう。
 自分のことは誉めた者勝ちなのです。
 もし、あなたが自分を誉められない人なら、これまで損をしてきた可能性 があります。あなたはもっと自分の長所や強みをアピールしてかまわないのです。 本人が何も表現していないのに、向こうから誰かがやってきて、「あなたにはこ んな素晴らしいところがある」なんて 発見″してはくれません。
 自分をけなしたり、謙虚な態度で引き下がるより、積極的に自分のいいと ころをアピールできる人のほうが、成功への道は開けているといえるでしょう。
 
- r168 反転     
田中森一
   本からの引用:
 
 とくに効率がよかったのは、和歌山市清掃局の仕事だった。要するに、バ キュームカーに乗って、家庭の汲み取り便所から糞尿を吸い上げる作業だ。九月 からの後期授業を受けるには、予備校内で試験を受けなければならない。その時 期が迫ると、アルバイトどころじゃなくなる。だからその前に必死で働き、食費 を切り詰めた。朝昼の食事は、もっぱらひと箱二〇円の前田のクラッカー。それ を朝と昼の二回に分けて、牛乳や水で流し込んだ。そうして食費を浮かした。
 
 闇社会の守護神と呼ばれて大阪で弁護士になり、それまで見たこともない ような大金を手にしてきた。大阪で法律事務所を開業したとたん、顧問を頼んで くる企業が押し寄せてきた。おかげで、さしたる苦労もせず、みるみるうちに収 入が増えた。企業の顧問料だけでも、あっという間に月に一〇〇〇万円を超え、 贅沢な暮らしもしてきた。
 
 東京拘置所に入れられた一年のあいだ、私は否応なく、これまでの人生を 振り返らざるを得なかった。
 いったい、なぜ検事を辞めたのか。どうして弁護士を選んだのか。その明 確な答えは、いまもってわからない。
 
- r167 定年後の仕事選び   
田川克巳
   本からの引用:
 
 「あとからみれば甘すぎるにつきる「悪魔のささやき」だ。結果をかいつ まんで話すと、保証人になって数日後、Uの会社は電話をしても誰も出なくなっ た。駆けつけてみれば、ドアの前に管財人である弁護士事務所の「倒産と今後の 連絡事項」の紙切れが貼ってあった。
 なかはもぬけの殻、すべての社員もパソコン機材も消えていた。
 翌々日にあの業界第二位の商工ローンからくぐもった声の電話が入ったの はいうまでもない。
 Uは要するに「計画倒産」して、こちらをハメて得た金で高飛びしたのだ。 商工ローンは貸した相手から返済されることなどはなから眼中にない。すべて保 証人からふんだくることが目的だ。貸し手には「貸してやるから保証人になるバ カを騙くらかして早く連れてこい!」といっているわけだ。
 数カ月もしないうちにこの商工ローンはマスコミに連日取り上げられ、社長 は国会に証人喚問されたが、その後も相変わらず隆盛を続けている。
 Uは風貌、立ち振る舞いすべて紳士然とした人物であった。「運転資金が切 れたときに起業家は冷静な判断を失いがち」「詐欺師はいかにも詐欺師ですという 風体はしていない。紳士然としたオオカミがあなたを狙いにくる」、この2点を 強調したい。
 
- r166 もう1度働く! 55歳からの就職読本    
小島貴子
   本からの引用:
 
 「求人票に『履歴書送付』と書いてある場合は、履歴書だけ送ればいい のでしょうか」
 とんでもない! これではたちまち再就職戦線から脱落してしまいます。 応募先企業に送る書類は、@添え状A履歴書B職務経歴書の3点セット。これは 常識です。
 ・・・
 職務経歴書はパソコン作成が基本ですが、履歴書は手書きが原則です。 なぜかというと、採用側は書かれた字から応募者の性格をイメージしたがるか らです。字は下手でもいいから、とことん丁寧に書くこと。たった1文字間違え ただけでも修正液は使わず、初めから書き直してください。採用が決まる人は 自分の字が美しく見えるよう筆記具選びにもこだわります。
 再就職活動はどの場面でも「御社だけ」という誠意をアピールすること が肝心なのです。
 
- r165 金より大事なものがある   
東谷暁
   本からの引用:
 
 ウェルチが行ったといわれる「ウェルチ革命」とは、実は、自社のもつ製造部門をつ ぎからつぎへと売却し、金融部門や情報部門を買いあさるだけのM&A戦略だった。そのこと で、ウェルチの在任中、GEは未曾有の株価上昇を実現し、株式時価総額で世界一の企業となった。
 ・・・
 どのような意味にせよ、ジャック・ウェルチがアメリカの経営に一時代を画したこと は間違いない。しかし、その華麗なキャリアを振り返るたびに驚かされるのは、極端な「性 急さ」と限りなき「強欲さ」だろう。
 ウェルチが主催するパーティに出席するGE社員は、ホストの気分を害さないようにす るため妻に精神的な負担をかけるだけでなく、経営会議と同様の緊張を続けねばならなかっ た。会話で少しでも仕事のアイディアが出ると、ウェルチは「すぐやってみてくれ」と指示 を出し、まだパーティの途中でも「さっきの件はどこまで進んだ」と真顔でいうのだった。
 
- r164 就活は子どもにまかせるな   
鈴木健介
   本からの引用:
 
 私はいままで1000人以上の面接に立ち会ってきましたが、履歴書をチェックしていて その志望動機の欄に一番多く見られたのは「御社の将来性」という文言でした(さすがに最 近は就職塾の指導の影響か、こうした文言はあまり見受けられなくなりました)。
 本人は意味もなく書いているのでしょうが、これほど採用者側をバカにした文言はありません。
 この言葉は何も考えずに、空白を埋めるために書いています。
 
- r163 世界の資源地図    
布施克彦、岩本沙弓
   本からの引用:
 
 原油価格が高騰するとなぜ食糧価格へと波及するのか。主に2つの理由が存在する。
 第一にあげられるのが、現代農業には欠かせない化学肥料の値段の高騰である。尿素 やアンモニアなどの化学肥料を作るには、エネルギーが必要になる。
 ・・・
 第二に、原油高になるとバイオ燃料の需要が増すことになる。バイオ燃料の原料である トウモロコシの価格が高騰すると、トウモロコシを作った方が儲かることになり、それまで小 麦や大豆を作っていた農家はトウモロコシ栽培に切り替える。すると今度は小麦や大豆の供給 が圧迫され、値段上昇へとつながることになる。こうして原油価格高騰が間接的に穀物価格全 体を押し上げる状況に陥る。そして、それを見込んだ投機資金がこれらの市場に流れ込むとい う仕組みである。
 
- r162 日本の成長戦略    
堀紘一
   本からの引用:
 
 二十一世紀の国家間競争は、武力を伴わず、世界地図の塗り替えも行なわれない、 経済面における各国のせめぎ合いである。
 この新たな国家間競争に備えて、アメリカは早くも二十世紀末から、強力な武器 を二つ繰り出してきた。一つはインターネットであり、もう一つがITを駆使した金融工 学である。金融工学のほうは武器として強力すぎて、自家中毒を起こしてしまった感が あるが、アメリカがインターネットと金融工学で二十一世紀初頭を席巻した事実に変 わりはない。
 たとえば、日本の兜町などは、いまやアメリカ資本主義の奴隷と化してしまった。
 兜町の売買の六割は外国資本が占めている。日経平均の先物に占める外国資本の比率は もっと高い。そして、その先物が現物の価格を動かすのだから、日本の証券会社は彼ら の意向をうかがいながら右へ左へと動き回る金魚のフン状態になっている。金魚のフン は、金魚から離れずについて回るしか生きる術がない。日本の銀行や証券が浮上する可 能件は、いまのところ完全に断たれている。
 
 私たちは、ユダヤ人と中国人がどういう人たちなのか、よくよく肝に銘じておく 必要がある。彼らに対する認識が、日本ではまだまだ甘いと思う。
 たとえば、中東の対イスラエル問題について、朝日新聞などが能天気にも「もっ とよく話し合え」と書いたりする。
 バカなことを書くものだ。あれは話し合って解決するような問題ではない。ユダ ヤ人の歴史を少しでも齧った人なら、そんなことは誰でもわかるはずである。
 日本人は、よく話し合えば何事も解決すると思っている。これはこれで、日本の 歴史が生んだ伝統である。
 
- r161 学問のすすめ    
福澤諭吉
現代語訳;齊藤孝
   本からの引用:
 
 学問本来の趣旨は、ただ読書にあるのではない。精神の働きにある。この働き を活用して実施に移すには、さまざまな工夫が必要になる。「ヲブセルウェーション (Observation)」とは、物事を「観察」することである。「リーゾニング(reasoning)」 とは、物事の道理を「推理」して、自分の意見を立てることである。
 もちろん、学問の手段はこの二つで尽くされている、というわけではない。なお、 このほかに、本を読まなくてはならない。本を書かなくてはならない。人と議論しなくては ならない。人に向かって、自分の考えを説明しなくてはならない。これらの方法を使い尽く して、はじめて学問をやっている人といえるのだ。
 すなわち、観察し、推理し、読書をして知見を持ち、議論をすることで知見を交換し、 本を書き演説することで、その知見を広める手段とするのだ。この中には自分ひとりだけで できることもあるけれども、議論や演説に至っては、他人を必要とする。演説会の意義が、 これらのことによってもわかる。
 いま、わが国民において最も心配なことは、その見識が低いことである。これを指導 して高いレベルにもっていくのは、もちろん、学者の責任である。その手段を認識している のであれば、力を尽くしてこの仕事をやらなくてはならない。
 
- r160 平常心    
保坂 隆
   本からの引用:
 
 表情も顔の筋肉を動かすことによってつくられるのである。日頃からよく笑う ようにしていれば表情筋が鍛えられ、より笑顔をつくりやすくなる。反対に、笑顔が 少ないと、笑顔に必要な表情筋が硬くなってしまい、ますます笑顔がつくりにくくな っていくのだそうだ。
 つまり、積極的に笑っているうちに、さらに笑顔になりやすい顔に鍛えられて いくといえるだろう。
 笑顔を浮かべていると、自然に楽しい気分になってくる。楽しい気分のときは、 幸せホルモンといわれるアナンダマイドや、ユーウツをふきとばすセロトニンなどが 脳に分泌されやすくなることもわかってきた。
 
- r159 がんばらない生き方    
池田清彦
   本からの引用:
 
 私より上の世代の知人で、心臓病や脳梗塞などで、生死の淵を彷徨った人 が何人かいますが、彼らが異口同音に口にしたのは、「倒れて病院に運ばれている 最中は、その時の状況を冷静に分析している自分がいる」ということ。要は、 「ああ、ヤバいなぁ……、ヘタすりやこのまま死んでいくのかも」と心の中で思っ ていたとしても、「その時は、そのまま死んでいくことが怖くなかった」そうです。
 でも、一命を取り留めて日常の生活に復帰したとたん、「死んで無になるこ とが怖くなる」と、みなさん指摘しますね。
 思うに、「死」に対する純粋な恐怖というのは、「健康人」の特権なのでは ないでしょうか。つまり、末期癌などの不治の病を患って、体のあちこちに激痛が 走るような、死が目前の段階になった人はたぶん、死ぬことはそんなに怖くないは ずです。今の身体的苦痛から解放されたいという気持ちの方が大きくなっているは ずだからです。
 
- r158 夫婦が死に向き合うとき    
吉田敏浩
   本からの引用:
 
 人それぞれの人生模様――この本では、悲惨なケースが描かれている。 順風満帆だったはずが、事故などで歯車が狂っていく。この本に登場する人たち は「こんなはずではなかった…」と無常さに打ちのめされた。
 
 そのような中で、夫を亡くした奥さんの言葉――「落ちこんで眠れない夜、 夫がふとんに入って添い寝してくれるのを感じるんです。ほらぁ、寝ろぉ、寝な いと体もたねぞぉ、少しでも寝ないといけねぞぉ、という声が聞こえてくるんで すよ。ふつうにしゃべってるときの声でね。その声が耳もとで聞こえるんです。」 ――すごい!!
 
- r157 やりがいのある仕事を市場原理のなかで実現する!      
渡邉正裕
   本からの引用:
 
 私の場合は、新聞×経営に、大学時代からのWEB知識が加わって、インター ネット新聞経営のオンリーワンキャリアになった。動機は、社会的弱者の視点で 権力を監視するジャーナリズムをツールとして、社会をより良いものに改革した いというもので、もともと学生時代からマグマのように持っていた動機が、新聞 記者時代に顕在化した。
 
 記者のスキルと、その後に転職した経営コンサルのノウハウとのシナジー で、今のビジネスが成立している。大学からいきなり今の仕事はできなかったし、 新聞記者を辞めて社会人4年目に新メディアを立ち上げられたかというと、それも 失敗したと思う。コンサルでビジネスモデル構築力を学びつつ、メディアでの人的 ネットワークを広げながら、時機をうかがった。新メディア立ち上げの目的を達成 するためには修業期間が必要だったから、目的志向の複線型キャリアを実践したの である。
 
 著者の運営サイト: ニュースサイト『MyNewsJapan』
 http://www.mynewsjapan.com/
 
- r156 会社員の父から息子へ      
勢古浩爾
   本からの引用:
 
 若い社員を見ていても、「そこまでやるか」という懸命な男は伸びた。「そこ までやらなくても」と斜にかまえる男は伸びなかった。なにごとにおいても自分で 自発的にやる人間=セルフ・スターター(self-starter 自分で開始する者)でな ければ使いものにならない。ひとにいわれて渋々やる人間や、いわれたことしかや らない人間=オーダー・テイカー(Order-taker 注文取り=指示待ち人間)は会社 だけではない、人生全般においても通用しない。
 
- r155 地球温暖化論のウソとワナ      
伊藤 公紀、渡辺 正
   本からの引用:
 
 実のところダイオキシン騒ぎは、1980年代に構造不況を迎えていた焼却炉メー カーが起死回生の策として練り上げたものだったといえる。立法前後の3年間ほどで同 業界は3〜4兆円の売り上げを誇った。ダイオキシンに格別な害はないとわかったあとも、 「ダイオキシン法」のもとで環境試料のダイオキシン分析を義務づけられている自治体 の発注により、計測器メーカーや分析業界の商売となって今に至る。もはや「国民の健 康」など誰も問題とみていないのに、「ダイオキシン法」のもとで「対策」が粛々と進 められている。
 
- r154 医師がすすめる50歳からの肉体改造      
川村昌嗣
   本からの引用:
 
 普段の歩行を腹筋運動を加えた「川村式ウォーキング=腹ぺこウォーキング」 に変えるだけで、余分な時間も必要なく、ウエスト回りの脂肪が自然に減少してくるのです。
 ・・・
 この方法のもうひとつのメリットは、腹筋を使いながら歩くと自動的に腸もゆ すられるので、便秘対策にもなる点です。私も勤務先の最寄りの駅から病院へ向かう 間、この歩行を実践しています。すると、病院に到着後、必ずといっていいほど心地 よい排便ができます。
 さらにもうひとつ、プラスの効果があります。腹筋を使うと、同時に腰椎の回 りの筋肉も自動的に動かすようになり、両方の筋肉が鍛えられ、腰痛予防および改善 にも効果があります。鍛えられた筋肉がコルセットのような働きをし、背骨を支える からです。
 
- r153 社会を生きる経済学     
慶應大学経済学部
   講演をまとめた本で、講演者の視点がいろいろあって面白い。
 
・西村泰三(東芝相談役)
 私は、ご覧になってわかるように、若い頃から脚が悪いんですね。ちょうど 学校を卒業して、会社に入る頃に、原因不明の病気でかなり長い間苦しみ、だんだ んに脚が悪くなってしまいました。そういうわけで、いわば身体障害をかかえてい る人が社長になるはずはないという声もあったようです。もうひとつ、もっと大き な理由は、それまでの東芝の社長は全員、東京大学もしくは東京工業大学の卒業生 で、官立大学でない慶應から社長になるはずがないということでした。というよう に、ネガティブ要因がたくさん並べられて、自分自身も社長に選ばれるはずがない と思っていたのですが、結果的にはなってしまいました。
 
・塩川正十郎
 厚生年金にしてもそうです。厚生年金が保険であるならば、将来の給付を見込 んで、積み立てしておかなければなりません。しかし、厚生年金と国民年金の2つの年 金を合わせた積立残高はわずかに150兆円ぐらいしかありません。本当に保険であると するならば、厚生年金だけで550兆円、国民年金で100兆円、あわせて650兆円の積み立 てがなければならないにもかかわらず、2つを合わせても150兆円しかない。そうすると、 みなさんが積み立ててきた、払ってきた保険は何なのでしょうか。その不足する差額の 約500兆円は過去において社会福祉法対策として使ってきたのです。そのひとつの問題は 老齢福祉年金といわれるものです。一銭も年金保険料を払っていない人でも、お年寄り になったら老齢福祉年金を自動的にもらえます。
 
- r152 弁護士が多いと何がよいのか     
浜辺陽一郎
  本からの引用:
 
 これまでは、「刑罰によって法律を守らせよう」といった発想で足りていた かもしれない。 法の実効件の名の下に、刑罰法規を仰々しく定めて、みな満足していた。しかし、 「刑罰で法律を強制する」という発想は、もはや古くて、あまり使えなくなっている。
 というのも、刑事罰の発動は容易ではないからだ。刑事手続きは、警察・検察 の人手を要し、かなりコストのかかるものだ。犯罪が認知されなければ何も始まらな いし、犯人を特定しなければならない。刑事裁判のハードルも決して低くはない。そ の有罪が証明されなければ罰 せられない。現に、刑罰を設けても、実際に処罰にまで結びつくことは少なく、違反 者は多くいるはずなのに、誰も捕まった人がいないとか、罰せられる人が極端に少な いという刑罰法規も結構ある。このため、刑罰があっても現実にはあまり守られない 法律が少なくない。
 
- r151 未来ノート     
渡邉幸義
  本からの引用:
 
 2000年1月、私が36歳のときです。
 はじめは、なけなしの1000万円からのスタートでした。「知識がなく、経験 もない人間をプロのネットワークエンジニアにする」という私の発想は、業界では 「不可能だ」と言われていました。2000年当時、ITサービス業界は不況で、就職難 であり、「最低3年以上の経験がないと仕事がない」とも言われていました。
 ・・・
 そんなある日、ついにひらめきが起こったのです (私のひらめきは、いつ も歩いているときに起こります)。それは、自分でも予期しないすばらしいアイデア でした。 私は、すぐに「ミニ手帳」 に書き込み、「これだっ! これでいける」と確信しました。
 それは、「スクールの講座を無料で受けさせてもらい、資格を取得したのちに、 客先から得た1年分の収益の半分を返金する」というものです。
 
――著者は、アイエスエフネットグループ代表。売上高87億円(2013年度)。
 
- r150 わかりやすく〈伝える〉技術     
池上 彰
  本からの引用:
 
 放送前に下読みをしていると、ある経済ニュースが、あまりに専門的で わかりにくかったことがありました。私は「視聴者の代表」。これをそのまま 読んでも視聴者にはわかりません。「こんな原稿わかんないですよ」と言った ら、経済部のデスクは、こう言い放ちました。
 「わからないのはお前がバカだからだ」
 これは衝撃的でしたね。たしかに私はバカかもしれないけど、わからない まま読んだって、視聴者がわかるわけはないでしょう。「お前がバカだからわ かんないだけだ。いいからこれを読め」では、視聴者にとってわかりやすいニ ュースになりません。
 
- r149 高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人     
勝間和代
  本からの引用:
 
 今、私には、知り合いや、知り合いの知り合いを通じて新卒学生の就職 あっせんをしてくれないか、という要望が相次いでいます。いわゆる早慶のよ うな銘柄大学を出ていたり、公認会計士試験に現役合格をしたりしていたとし ても、彼らが希望する大手企業に就職口がないのです。それは大手企業が成長 していないためそもそも口が少ないということもありますし、企業側も、せっ かく採用するのであれば、ストリート・スマート的な発想ができる人材を重視 するためです。 
 
 ストリート・スマート
 要は、人情の機微や人の動きをよく分かっていて、どういう状況でも正 しい判断がよくできて、かつ、自立心が旺盛である、独りよがりではない、と いうイメージです。
 すなわち、ストリート・スマートの要素を分解すると、大きく分けて 左記の3つになるでしょう。
 1 状況理解・判断能力がある
 2 人の気持ちの機微がよく分かる
 3 自立心が旺盛だが、独断的ではない
 
- r148 疲れすぎて眠れぬ夜のために      
内田樹
  本からの引用:
 
 世に言う「中年のオヤジ」というのは、この「耐えること」が劇的に 人格化されたものだ、といってよいでしょう。
  会社で上司の罵声に耐え、部下の暴言に耐え、クライアントのわが ままに耐え、満員電車での長距離通勤に耐え、妻の仏頂面に耐え、セックス レスに耐え、子どもの沈黙の軽蔑に耐え、巨額のローンに耐え、背広の肘の ほろこびに耐え、痔疾の痛みに耐え……といったふうに、全身これ「忍耐」 からできているのが「中年のオヤジ」という存在です。
 これはたぶん、どこかで「ボタンの掛け違え」があったせいだと思います。
 人生のある段階で(たぶん、かなり早い時期に)、不愉快な人間関係 に耐えている自分を「許す」か、あるいは「誇る」か、とにかく「認めて」 しまったのです。そして、その後、「不快に耐えている」ということを自分 の人間的な器量の大きさを示す指標であるとか、人間的成熟のあかしである とか、そういうふうに合理化してしまったのです。
 
- r147 ゆるい生き方      
本田直之
  本からの引用:
 
 論理性や合理性を考えすぎると、他者に寛容でいられなくなります。 他人のミスに腹を立てたり、矛盾した言動が許せなかったり、自分と違った 価値観を受け入れられなかったりして、余計なストレスを招いてしまいます。
 
 かつての日本では「みんなと同じ」であることが当然でした。みん なが同じテレビを見て、みんなが同じヒットソングを歌って、みんなが同じ ような服を着て、結婚して家を買って子どもを産んで……ということが当然 だった時代もありました。
 しかし現在では価値観も多様化して、必ずしもみんなと同じである必要 はなくなっています。この流れは今後もっと加速していくでしょう。
 周りに合わせて生きていたところで、ストレスにしかなりません。もっ と自分らしく、自信を持ってゆるい生き方を選びましょう。
 
- r146 人生の収穫      
曾野綾子
  本からの引用:
 
 ほんとうに一文にもならなくても、知識は「人生の収穫」だとしみじ み思える。飼ってもいない犬の躾けに関するテレビを見て、犬の種類を少し 知るだけで、或る日こんなふうに退屈ということを知らない時間も過ごせる ようになるのだ。
 「人生の収穫」と言えるものを得るためには、多くの場合(すべての 場合とは言わないが)世間の常識にいささか刃向かっても、自分独自の価値 観を持った方がよさそうだ。
 それが庶民の暮らしの中で到達しうるささやかな自由の境地なのである。
 
 私はすべての生活は苛酷だと思っている。そのあって当然の苛酷を正 視し、苛酷に耐えるのが人生だと、一度認識すれば、すべてのことが楽にな る。感謝も溢れる。人も助けようと思う。自分の人生を他人と比べなくなる。
 
- r145 休み時間の免疫学     
齋藤紀先
  本からの引用:
 
 感染細胞に限らず,すべての細胞の「死に方」にはおおまかに2つのパ ターンがあります.1つは細胞膜に穴が空けられたり,酸素が止められてしま ったりといった受動的な傷害による細胞死で,これを細胞の「壊死(ネクロー シス):necrosis」といいます.
 もう1つは,なんらかのきっかけにより細胞が自殺してしまう「アポトーシ ス:apoptosis」という細胞死です.もともと細胞はある条件を満たすと自殺 するようにプログラムされているのです.ですからアポトーシスは別名「プロ グラム細胞死」ともよばれています.アポトーシスの場合は、外側の膜が壊さ れるのではなく,細胞内の核にあるDNAが自然にバラバラになってしまう(DNA の断片化)という中からの崩壊です.
 
――DNAが自然にバラバラになってしまう……。
  
- r144 中国ビジネス入門     
吉村章
  本からの引用:
 
 1949年、中華人民共和国を建国した毛沢東は、集団農業などのソ連型 社会主義を実現させようとしていた。そのなか、数年でアメリカとイギリス を追い越すことを目標に、1958年に発動したのが農工業の大増産を目指した 「大躍進政策」だ。
 人民公社を設立し、農工商あらゆる分野を集団化。生産力増強を目論 んだが、資材・技術不足のうえに、市場や生態系を無視して無理なノルマを 課したために、現場は水増しした成果を報告。その実態を調査せず、増産を 命じる悪循環で極度の経済混乱と国土荒廃から数千万とも言われる餓死者を 出したため、毛沢東は失脚した。
 密かに復権を狙っていた毛沢東は、党や政府に不満を持っていた青年 を紅衛兵(こうえいへい)として組織化し扇動。大規模な党の粛清と「大公無 私(個人の利益より公共の福祉を優先)」などの毛沢東思想による社会主義 国家建設を目指し、1966年、「文化大革命」を始めた。この革命で、多数の 知識人や教師が殺害され、学校や文化財も破壊。読み着きのできない世代が 生まれ、国力は低下した。
 
――数千万の餓死者……。
  
- r143 コモディティの基本と仕組みがよ〜くわかる本      
村井美恵
  本からの引用:
 
 「コモディティ」という言葉の本来の意味は「商品」です。即ち、売買 を目的としたモノやサービスを指します。しかし、金融分野では更に意味が限 定され、原油、金、大豆など、大規模に取引される鉱物資源や農産物などの一 次産品を指します。これらは「国際市況商品」と呼ばれることもあり、単に 「資源」と言った場合も、こうした特定の商品群を指す場合があります。
 
 コモディティは、ドル、物価の変動に対するヘッジになる、という点で す。多くのコモディティが米国ドル建てで取引されているため、為替レートの 変化はドル建ての原油価格の変動で相殺される傾向があります。つまり、ドル 安になれば、コモディティ価格は上昇し、ドル高になれば反対に価格が下落す るケースがみられます。
 
 コモディティは保有しているだけでは、利益を得る事ができないため、 実際の商品取引を介さない限り、反対売買によってしか、差益を得ることが できないです。
  
- r142 歯は磨くだけでいいのか      
蒲谷 茂
  本からの引用:
 
 8020運動(ハチマルニイマル); 80歳で20本の自前の歯を残そう。
 
 歯が抜けるのは老化現象ではない。
 
 下の犬歯と奥歯の激痛で来院した女性(64歳)は、グレープフルーツを 毎日2個、3カ月以上にわたって食べていました。診察すると、奥歯は噛み合わ せの影響でもともと摩耗が進んでいたところに、グレープフルーツの強い酸に よって、エナメル質だけでなく、象牙質も破壊され、神経が出ていたのです。
 虫歯は、酸によってエナメル質が壊されることで起こりますが、食べも のによっても起こるのです。酸性の飲食物をとれば、口の中は酸性に傾きます が、唾液の緩衝作用によって、ほぼ中性に戻ります。しかし、唾液の量が少な かったり、緩衝能が弱かったりすると、酸蝕歯になる可能性が高くなります。
 
――グレープフルーツで酸蝕歯(歯の表面に穴があいて、虫歯のような痛 みが起こる)になることもあるというのはビックリ。
  
- r141 演じる心、見抜く目       
友澤 晃一
  本からの引用:
 
 また『男性は女性より他人を騙すのがへタだ』と言えます。なぜなら男性 は女性よりも、全般的に感受性が劣るため、感情を生じさせて心まで嘘をつく名 優になることが、女性よりも苦手だからです。
 つまり女性の方が、心まで嘘をついて感情を真実にすることが得意であり、 その結果、『女性も女性に騙されやすい』のですが、そのことを女性自身がよく わかっているので、『女性は男性に対するよりも、女性に対して猜疑心が強い』 と言えます。
 そこから考えると、女性のような感受性を持った男性なら、簡単に女性を 騙すことができるということになります。しかし俳優の中に名優が少ないように、 そのような男性は少ないのです。
 
――「感情を生じさせて心まで嘘をつける人」との会話はどうすれば良いの だろうか。
 そんなことを考えても無駄だ。そもそも、その人が「感情を生じさせ て心まで嘘をつける人」かどうかは判別できないのだから。
 猜疑心で自衛するしかないのだろうか……。
  
- r140 自分探しと楽しさについて       
森博嗣
  本からの引用:
 
 反対に、自分と傾向の違う人を軽蔑することは、いささか問題があると 感じるのである。この「他者」を認めない排他的な精神というのは、不安定な 「自分」に根ざしているのではないか、と僕は考えている。若いときには、 「自分」を確立したいという願望が屈折し、「他者」の排斥へ向かうことがある。 自分の位置を高めたいという本能が、他者を貶めるのだと分析できる。相手に 「馬鹿」と言えば、自分が馬鹿でなくなる、という小学生の論理に近い。
 
 僕は、自分としては、よく意見を変える方だと思っている。「違うな」 と感じたときには、躊躇なくころっと意見を変える。今までの立場には拘らない。 これは、科学者の特徴だとも思う。間違っていることを正すのは、恥ずかしい 行為ではない。間違っていると教えてもらったら、それは喜ばなければならない。 自分にミスがあれば、すぐに「間違っていました」と謝る。ぶれるとか、ぶれ ないとか、科学の場合はそういった問題ではなく、正しいものは正しい。自分 だけの観察では不充分で、みんなが確かめることができて初めて、それは本当に 正しいことになる。
 
――著者は、元名古屋大学工学部助教授。
 小説で長音記号「ー」を略するという特徴がある。 「キャラクター」ではなく、「キャラクタ」と書く。
 長音記号をつけない工学・技術系の慣用を小説の世界でも貫き通したとい う点に理系の矜持を感じる。
 
- r139 ユダヤ人の教養       
大澤武男
  本からの引用:
 
 ユダヤ人の歴史を通観していつも思うのは、彼らが、「調達」や「仲介」 という仕事にきわめて優れ、その能力や条件を備えていたということである。
 調達や仲介は、常に先見、予測、組織力、連帯、判断力、スピードを必要 とし、その行動範囲が広がれば広がるほど、よりすぐれた、より大がかりなそれ らが不可欠であった。それらに加えて欠かすことのできない現実的な実力は、資 金力、資金調達能力であった。中世末期から近代にかけ、ユダヤ人エリートはこ の調達ということにおいて、すぐれた能力を発揮し、新たな歴史の舞台に登場す ることになる。
 ドイツを舞台にして行われた全ヨーロッパ規模の三十年戦争(一六一八− 四八年)以来、ユダヤ人は戦争の装備や資金の仲介者、調達者として著しい進出 を見せたのである。こうした分野でのユダヤ人史研究の権威H・シュネーは、「三 十年戦争からナポレオンの支配からの解放戦争(一八一三年)まで、ユダヤ人の 仲介、関与なくして行われた戦争はほとんどない」と述べている(『ドイツ史上 の宮廷ユダヤ人』七頁)。
 
- r138 就活 成功の秘訣      
梅田幸子
  本からの引用:
 
 いまは知らないために興味がない仕事も、求められて(MUST)できるよ うになったら(CAN)、それがやりたいこと(WANT)になった、ということも あります。
 また、できること(CAN)が増えれば見える世界が広がるので、やりたい こと(WANT)が新たに出てくることだってあるのです。
MUST,WANT,CAN
 注)r079の「キャリア教育のウソ」(児美川 孝一郎)でも同じような 図が使われている。
 
 「箸よく盤水を回す」という言葉があります。
 たらいいっぱいに張った水の真ん中を、細い一本の箸で根気よく回し続け ると、まず箸の周りの水が回りはじめ、最後には、たらいの水全部が回りはじめ るという意味。つまり、小さな乏しい力であっても、やり続けたら、必ず大きな ものを動かす力があるということです。
 
- r137 工業触媒の最新動向  
室井 高城
 本からの引用:
 
 工業触媒は化学反応の手段であり,化学反応は合成の手段である。人類は 触媒によって多くの必要なものを合成してきた。ハーバー・ボッシュによるアン モニア合成触媒によって食程不足が解決され,チーグラー・ナッタ触媒により日 用品がプラスチックスに変わり生活が様変わりした。脱硫触媒,脱硝触媒により 工場の排ガスが浄化され,自動車排ガス浄化触媒により大気汚染は著しく改善さ れた。不斉合成触媒やカップリング触媒により医薬品が多量に安価で入手できる ようになった。工業触媒はその時代のニーズに応えてきた。
 
――こういう表現で、触媒の存在を説明されると、触媒の大事さを強く感じ る。有用な触媒を見つけるには、先人の知恵の積み上げがあったこそであり、そ うした努力の結晶により、昔より便利な生活を過ごせている。
 普段は目立たない存在だが、その重要性に気づくことができた。
 
- r136 水ビジネスの動向とカラクリがよ〜くわかる本  
吉村 和就
 本からの引用:
 
 世界規模の水ビジネスに積極的にかかわっていく ためには、チームワークカ、グローバルセンス、英語力、 経営学、法学、金融の知識、自己PR力を身に着けてい くことが重要です。
 技術面では、水に関する基礎知識はもちろんのこと、 水処理工学、土木工学、環境工学、流体力学、気象学、 防災工学、農業水利、水文学、通信工学、コンピュータ の知識、制御工学も絡んできます。
 しかし、最も基本的なことは課題に対する洞察力や 発見力、問題解決力、バイオニア精神、企画力、粘り強 さ、学ぶ姿勢、実行力を磨くことです。これらを磨くこ とは、水ビジネスの現場で活躍できる人材になるため の土台となるのです。
 
 上記の文章に「水文学」という言葉が出てくる。
 みずぶんがく?――何だろう。
 すいもんがく、と読むそうだ。「自然界における水の循環を水文学的循環 (hydrologic cycle), 縮めて水文的循環または水循環といいます。この水循環を 中心概念とする学問分野が水文学(hydrology) です。」とのこと。
 
- r135 外食業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本  
福井 晋
 本からの引用:
 
 外食業界は比較的少ない資金での開業が可能であり、経験の少ない人でも成功 できる可能性が高いので参入しやすい業界です。しかしその反面競争が厳しく継続が 難しい業界でもあり、一般的に新規参入者の半数が開業から2年以内に廃業するといわ れている業界でもあります。
 
 外食店経営で重要な指標がFLコストです。FはFood、LはLaborの略で食材費と人 件費を指します。「外食店の経営はFLコストに左右される」といわれるぐらい、食材 費と人件費の組合せ管理が重要です。外食店の標準的なFLコストは五五〜六五%とい われており、七〇%を超えると経営に問題ありとされています。
 
- r134 就活を採用者視点で科学する  
村山 涼一
 本からの引用:
 
 これは、膨大な鮮度の高い記事から、今までに聞いたこともなかった情報を 知ったからこそ、ピンときたのです。好奇心を持って、未知の情報に出会うと、人 はピンとひらめくのです。これをセレンディピティと言います。
 
――「セレンディピティ」。覚えておきたい言葉だ。あるサイトでは、以下のよう に書いていた。
 
 セレンディピティという言葉が広まる中で意味から抜け落ちてしまっているけ れど、真実をとらえているなと思うのが「洞察力(Sagacity)」という言葉です。
 洞察力は、観察力や賢さや感覚の鋭さで探し当てる能力ということ。チャンス は準備している人の元に訪れるというのが、セレンディピティの持つ意味合いに含ま れるのではないかと私は思います。単なる幸運ではないのです。
 
- r133 2020年、電力大再編 
井熊 均
 本からの引用:
 
 日本では電力会社が実力以上の影響力を持ってきた。しかし、電力会社の 売り上げは最大の東京電力でも5兆円程度で地方電力となると数千億円にとどまる。 にも関わらず電力会社が影響力を持ってきたのには幾つかの理由がある。
 1つ目は、規制業種であることだ。日本人には国に認められた特権に対する ある種の信望や幻想があるのではないか。
 2つ目は、調達力だ。エンジニアリング、建設、機械、電機などの業界から 巨額の調達を行ってきたことで発注者としての影響力を高めた。
 3つ目は、省庁や政治による後押しだ。今回、大胆な自由化の方向性が決ま ってもなお、地域独占、垂直統合型の日本の電力会社の仕組みを支持する政治家や 行政マンがいる。海外でどんなに発送電分離が進んでも、彼らはこれまでの日本の 電力事業の構造を信じている。
 4つ目は、歴史的な経緯だ。戦後の荒廃から高度成長まで、電力会社 は各地域で突出した経済力を持ってきたし、地域振興にも貢献した。そうした過程 の中で、電力会社には公共機関にも似た公正、中立的なイメージが根付いた。
 
- r132 コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本 
中野明
 グーグルは、検索連動型広告というビジネスモデルで莫大な利益を稼ぎ出している。
 
 「その収益の柱になっているのが検索連動型広告のアドワース、それに ページ内容に応じて適切な広告を表示するアドセンスです。  アドワーズは、検索したキーワードに関連する広告を、 グーグルの検索結果ページに表示するサービスです。リ スティング広告とも呼ばれます。表示される広告はス ボンサー・リンクとも呼びます。
 広告主はキーワードごとに入札します。そして、ユー ザーが該当するキーワードを入力したら、最も高い入札 額と広告の品質を加味して、スコアの高い順に広告が表 示されます。ユーザーがこのスポンサー・リンクをクリックすると、広告主はグーグル に対して広告料を支払う仕組みになっています。」
 「一方アドセンスは、サードパーティーのウェブページやブログなどに内容に応 じた広告をグーグルが配信する サービスです。媒体提供者は広告がクリックされるごと にグーグルから広告料を得られます。
 以上の展開によりグーグルは、従来広告会社が注目し てこなかった小口の広告主と小口の媒体を一挙に集める ことに成功しました。これはイノベーションと呼ぶにふさわしいビジネスモデルです。」
 
――「広告主はキーワードごとに入札」という点がすごい。自らの努力無しで、 最高の価格と品質を契約できる。
 
- r131 平常心のレッスン 
小池龍之介
 本からの引用:
 
 要は、このような心配は尽きることがなく、その心配の中身をじっと 見つめてみると、「老いたくない」「病になりたくない」「死にたくない」 という生存欲求に行き着くのです。
 これに若いころから縛られていると、いざ本当に老いてきて、死を迎 えていくプロセスでたくさん苦しみを味わうはめになります。人生の最期が 苦しみの雪崩にみまわれて終わるということになりかねないのです。
 死を受け容れる平常心のレッスンとは、「常に自分は壊れていくんだな」 ということを最低、一日に一回ぐらいは思うようにしておくことです。しわが 増えているのを見つけたら「ああ、しわが増えているな。確かにこうやって老 化していくんだな。壊れていくんだな。死に近づいていくんだな。嫌がらずに 受け容れておこう」と思うことです。
 
――「人生の最期が苦しみの雪崩にみまわれて終わる」。すごい言葉だ……。
 
- r130 ユニクロ帝国の光と影 
横田増生
 本からの引用:
 
 店名の(ユニーク・クロージング・ウエアハウス)はその後、(ユニ・ クロ)をへて、現在の(ユニクロ)へと落ち着く。英語のロゴもはじめは (UNICLO)と「C」となっていたが、八八年に香港で商品買い付けのための 事務所を開設したとき、担当者が「C」と「Q」を誤って(UNIQLO)と登録 してしまった。
 しかし字面を見ると、本来の表記よりも「格好いい」という 理由で、ロゴを(UNIQLO)に変更している。
 
――実は、この本は、ユニクロが、名誉毀損2億2000万円請求の裁判を 起こすもとにもなった本だった。
 今年3/26、東京高等裁判所は、原告側の請求をすべて退けた一審判決 を維持し、ユニクロ側の控訴を棄却した。
 
- r129 採用基準 
伊賀泰代
 本からの引用:
 
 なによりも面接担当者が知りたいのは、「その候補者がどれほど考える ことが好きか」、そして「どんな考え方をする人なのか」という点です。考え ることが好きな人なら、どんな課題についても熱心に考えようとするでしょう。 「考えることが楽しくて楽しくて」という人でないと、毎日何時間も考える仕 事に就くのは不可能です。
 ところが候補者の中には、さまざまなケース問題の解き方を一生懸命覚 えてきて、面接担当者がケースの問いを発するやいなや、頭の中に蓄えた知識 から、その間題の解法を取り出そうとする人がいます。
 この「頭の中から、解法という知識を取り出すこと」と「考えること」 がまったく異なる行為であることを、コンサルタント、すなわち面接担当者は 日々、徹底的にたたき込まれています。このため、候補者が目の前で「頭の中 に保存してある解法を探す」プロセスに入った瞬間に、「この人は、考えるよ り知識に頼る人だ」と判断してしまうのです。もちろん「まじめに事前準備を する人だ」とは理解されます。
 
――こうした観点の面接者と“「これで合っていますか?」とでも聞きた げな表情を見せる候補者”が対面しているシーンを想像すると、候補者が真剣 であるがゆえに滑稽さを感じる。
 面接者の意図を読み取れないことは、コミュニケーション能力の程度が わかってしまうということでもある。
 
- r128 機械と競争
エリック・プルニョルフソン
 本からの引用:
 
 「産業革命の初期までは立派に雇用されていた者の職が、二〇世紀初めに ほぼ消滅するという事態が起きた。この被雇用者とは、馬である。役馬の数がイ ングランドでピークに達したのは、産業革命からしぼらく経った一九〇一年のこ とだ。この時点で三二五万頭が労役に使われていた。長距離輸送では鉄道に取っ て代わられ、機械の駆動では蒸気機関に取って代わられはしたものの、馬はまだ 畑を耕していたし、短距離の貨車や馬車を引き、運河で曳き船をし、炭坑で働き、 軍隊を戦場まで運んでいた。
 だが内燃機関が一九世紀後半に登場すると馬は急速 に駆逐され、一九二四年にはその数は二〇〇万頭を下回った。貸金は払われては いた。だがそれでは飼い葉すら買えなくなってしまったのだ」 .
 
――これから進むICTの中で起こることをネガティブに考えると、上記の馬の ようなことが平均的な人間にあてはまるのではないか……。背筋がゾッとする。
  
- r127 ネットワークソフトウェア
角田良明
 本からの引用:
 
 コンテキストアウェアネス(Context Awareness)とは、対象が置かれてい る状況(コンテキスト)を認識し,それに応じた情報提供やサービスの推薦を行う ものである.実例としては,書籍ネット通販のAmazonが,全ユーザの購入履歴の情 報を基に,書籍を購入したユーザに次のお勧め書籍を推薦しているものが,この技術 の最初の適用例といえる.
 
――このくらいだと、ふ〜んという感じだが、「ネットワークソフトウェア, プラットフォーム,ミドルウェア,OSをすべて総合してネットワークソフトウェア ・アーキテクチャと呼ぶ」という類の説明になると、?が頭の中に出て来て読み進 められなくなる。
  
- r126 生きのびる からだ
南木 佳士
 本からの引用:
 
 「今年の連休には、妻がいくつかの用件をかかえて海のほうに行ってくれ た。山国では口にできない新鮮な魚を食べるのを楽しみに機嫌よく出かけた妻を 見送ってすぐ、机に向かい、なんとなく構想していた短篇小説を書き始めた。
 朝は三時に起き、七時まで執筆。きちんと味噌汁のついた朝ごはんを作って 食べ、昼前まで執筆。自転車でプールに行き、一時間泳いで帰り、朝食の残り物の 昼食を食べて仮眠。午後二特から六時まで執筆。冷蔵庫のなかにあるものを適当に 調理して夕食とし、また十一時まで執筆。
 こうして四日間、小説を書くためだけの生活をしていたら、なんだか禅寺で 修行をしているような心境になってきた。言葉が頭のなかでうごめいている。
 
――ここまでのめり込む姿を見せられると、範とすべしと中途半端な自分を戒 めたい。だが、勤務医でありながら芥川賞受賞作家という著者と凡夫の自分を比べ ても仕方ないのだ。今となっては、自分のやりたいことをやればいいだけだ。
  
- r125 ある成功者の老後
曾野綾子
 短編集であり、この中の「無言の新月」に、面白い場面が描かれていた。シンガ ポール観光に来ていた親子が買い物をするのだが、高額のハンドバックを巡って、 父親が苛立つ描写が書かれている。
 
 妻の発言:
 「だけど、そんなことを言ったら、人のお金の使い方まで規制することになる じゃないの。 春菜はお祖母ちゃんにハンドバッグを買っていいですか、って聞いたのよ。そしたら、 ああ、いいよ、お祖母ちゃんが買ってあげるよ、って言ったんですもの。春菜にした ら筋を通したと思って当然なんじゃない?」
――会話は終わって、心理描写に移る。
 
 「直文はずっと一人一人の人間の間に横たわる心理の距離のようなものを感じ ていた。それは、たとえ妻子の間であっても、その距離を埋めることは不可能だと思 わせるほど、深く遠いものであった。自分だけではない。誰もが、そのような孤立の中 で生きているのだろう。そしてそのような孤独があるからこそ、人は一人で生き、一人 で死ぬことを肯じるのだろう。」
  
 肯(がえん)じる――承諾する。聞き入れる。
- r124 あと2年! 
江坂彰
本からの引用:
 
 本当に定年がそんなに待ち望んだものなら、あなたの会社人生は何だった のか、ということになる。
 ただ給料のためだけに面白くもなく働いてきたのか。
 腕を磨き、自分の仕事をやったという自負はないのか。
 
――自問自答に向いている問いかけだ。さて、自分は本心とどう向き合うか……。
 
- r123 心の野球 
桑田真澄
早稲田大学院スポーツ科学研究科にまつわるエピソードを引用。
 
 大学に通ってみて、改めて痛感したことがある。それは、 僕は大変な状況や試練が好きなんだということ。わからないこと に直面すると学ぶ喜びが湧き上がってくるし、時間的に追い詰め られると「よっしゃあ、クワタ、これをどう乗り越えるんだ?」と 内なる声が聞こえてくる。おそらく僕は、こういう試練を乗り越え る自分を見たいんだと思う。
 大学に入って、まず最初の試練は「パワポ」だった。
 合格通知を受けたあと、その夜に大学からメールが届いた。
 「明後日、合格者だけ集合します。そこで自己紹介してくだ さい。パワーポイントで各自5分でお願いします」  と、そこには書いてあった。
 パワーポイント……ってなんや!
 あわてて知り合いに電話をした。
 「パワーポイントって何?」と。
 
- r122 コンサルティングとは何か 
堀紘一
1980年代の2輪車シェアトップ争い「HY戦争」に関する本からの引用。
 
 「当時、ホンダはヤマハと、二輪車のシェア一位の座をめぐって壮絶な 戦いを繰り広げていた。世に言う、「HY戦争」である。
 首位の座を狙うと宣言し、大規模な攻勢をかけてくるヤマハに対して危 機感を抱いたホンダは、ヤマハを叩きのめすために我々BCGを雇ったのである。
 ホンダの二代目社長・河島喜好氏からの命令は、まさに「激烈」とでも 言うしかないものだった。
 一、ヤマハを赤字で無配の会社に転落させる
 二、子会社の一社か二社を倒産きせる
 三、向こう十年間はホンダの尻尾を踏むのも怖くて何もできない会社にする
 四、そのために多少の無茶も厭わないし、金に糸目はつけない
 この方針の下、ホンダと我々はそれこそ無数の戦略を立案していった。」
 
 「ちなみにホンダの経営学とは、「ビジネスとは勝負事だ」という考え方 に尽きる。勝負事である以上、喧嘩と同じで、やるからには勝たねばならない。 勝てない喧嘩はやってはいけない。そして、勝つためには多少の出血や骨折は覚 悟せねばならない。出血や骨折が怖いなら喧嘩をしてはいけない。そういうこと をホンダから教わった。」
 
- r121 牛乳とタマゴの科学 
酒井 仙吉
本からの引用:
 
 「経済性と合理性を追求した結果、養鶏業は数十万羽規模となり、一方 でニワトリの原種を所有する主要な企業は北米と西欧に局在する。いずれも 危険といえば危険な話だ。
 業界の最大関心事は、世界における病気の発生状況の把握、侵入阻止、 そして発生防止につきるといっても過言ではない。輸出国で法定伝染病が発生 すれば、ただちに日本は輸入禁止措置をとる。食用タマゴと鶏肉生産の基本と なる種卵(貯化させると生産鶏)のほぼすべてが米国産で、輸入禁止となれば 日本から産卵鶏もブロイラーも数年でいなくなる。なぜなら、日本にいる雑種 を交配してもその子に経済的価値は全くないからである。」
 
――ここにも日本の脆弱性があった。自国で出来ることがなくなっていくと お金のあるうちは買えるから良いが、無ければ耐えるしかない。貧国になっても 、自力で出来るタネが残っていれば何とかなる。根絶やし状態に陥るのはまずい。
 
- r120 資産フライト 
山田 順
本からの引用:
 
 「これから社会に出て大切なのは三つのEです。一つめのEはイングリ ッシュ。二つ目のEはエコノミー。最後のEはエレクトロニック。
 英語の大切さは言うまでもないと思います。いまや国際標準語です。 話せないとビジネスはできない。エコノミーといっても経済学という話で はありません。実際の経済の動きを知って、金融知識を持たないと、今後 はやっていけません。エレクトロニックと言っても電気ではなく、電脳世 堺、つまりネットのこと。ネットのバーチャル世界を使いこなせないと、 これもまたビジネスになりません」
 と、私は切り出した。
 その後に話したことは、本書中に書いたことでおよそ察しがつくと 思う。そして最後に私は、「社会人になったら、すぐに投資を始めるよう に。それも海外投資を」と言って話を終えた。
 なぜ私はこんな話をしたのだろうか?
 それはこれからの若者に、私のような間違いをしてほしくないから だ。この三つのEを怠ったために、私はどれはど後悔しただろう。もっと英 語が話せ、早くから投資を始め、そしてネット世界を積極的に取り入れてい たら、私の人生は違っていたはずだ。もちろん、メディアの世界で無我夢中 で働いてきたこともあるが、もう少し賢い生き方ができただろう。
 
- r119 武器としての決断思考 
瀧本哲史
エキスパートとプロフェッショナルの違いに関して、本から引用。
 
 「歯医者の例でいえば、ただ虫歯を治すのがエキスパート。虫歯になら ないように、予防から治療、もっといえば生活習慣の改善まで提案できるのが プロフェッショナルでしょう。
 マーケテイングの事例でよく出てくる話ですが、電動ドリルがよく売れ ている状況を見て、「もっと高性能のドリルを売ろう」と考えるのがエキスパ ートであるならば、もっと根本的なところまで考えて、「お客さんが欲しいの はドリルではなく穴である」と考えるのがプロフェッショナルです。
 
 「福島の原発事故で汚染水が漏れ出ていることが問題になったとき、原 発の専門家が集まって対策を練りましたが、なかなか解決策は見つかりません でした。
 右往左往した結果、最終的に水ガラスを使うことで漏れを防ぐことがで きたわけですが、その方法はトンネル工事などを行っている建築業界ではあた りまえのものだと言います。
 結局、世の中には、それぞれの問題に対するエキスパートはたくさんい ても、全体を見て判断できるプロフェッショナルはあまりいないのです。
 だから、いまの若い人たちには積極的にそこを目指してほしい。そうすれ ば、貴重な存在として、圧倒的な価値が出てきます。」
- r118 クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本
平木 恭一
本からの引用:
 多重債務者は返済状況や返還されるはずの金額など、過払い金請求の 実態に対して知識が不足しています。それをいいことに、一〇〇万円戻ってく るべきところを五万円しかもらえなかったというケースが後を絶ちません。
 「業者と交渉するのは大変だ。苦労してやっと勝ち取った五万円だから、 有難いと思え」と言われて泣き寝入りする人もいたのです。
 日本弁護士連合会は、こうした事態を憂慮して一一年四月から、過払い 金請求で、裁判を通じて解決した場合は訴訟額の二五%、業者との話し合いで 解決したときは二〇%、返済金を減額して業者と借り入れ人との間を仲介して 和解が成立したケースは五万円以内とする報酬規制を設けました。弱者救済の プロが、弱者を痛めつけるようなことがあってはなりません。
 
――過払い金請求でも巻き上げられる。金の絡む話は怖い。
- r117 派遣業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本
土岐 優美
本からの引用:
 「人材紹介では、雇用契約が結ばれて初めて求人企業から紹介手数料が 支払われるため、売上は成功報酬型ともいえます。一番多い登録型の人材紹介 会社では、届出制で紹介した労働者の年収の平均三〇%を手数料として請求し ています。かなりの手数料が発生しますから、本来は専門性、即戦力性の高い 実務能力が求職者に要求されます。また、だからこそ転職後の年収も高額で、 いままでは中高年者が主流でした。」
 
――年収の30%を手数料で取りながら、人材派遣会社の経常利益/売上高 は2〜3%らしい。競争激化で利益率は低下傾向とも言われる。
 高額手数料はどこに消えていくんだろう。
- r116 通信業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本
中野 明
本からの引用:
 「現在、クラウド・コンピューティングのサービス(以下、クラウド・サー ビスと呼びます)で先頭グループを疾走するのがアマゾンです。
 クラウド・コンピューティングとアマゾンの結び付きは一見意外なように思え るかもしれません。しかし、筋道を立てて考えると、アマゾンがクラウド・サービス を提供するのは、極めて理にかなったことです。
 そもそもアマゾンが提供しているeコマースでは、利用者が希望する商品情報の 提供、購入、支払い、履歴管理、バックヤード処理、広告・推奨サービスなど、多様な サービスがネット上のどこかのサーバーで提供されています。
 これらの情報処理が滞っては、顧客満足を得られません。したがって、停止する ことのない堅牢な情報インフラは、アマゾンにとって他企業と差別化をはかる競争力の 源泉なわけです。
 そのような中、アマゾンが利用しているのと同じ情報通信基盤を使用したいと希 望する企業が現れるのは、ごく自然の成り行きと言えるのではないでしょうか。
 実は、そうした企業に対して、情報インフラの利用サービスを提供しているのが、 アマゾンのクラウド・サービスに他なりません。
- r115 調剤薬局の動向とカラクリがよ〜くわかる本 
藤田道男
本からの引用:
 「調剤薬局の経営実態
 コストで医薬品の次に多いのが薬剤師の人件費です。
 日本の場合、薬剤師が一日に調剤できる処方せん枚数は四〇枚と決められて おり、四〇枚を1枚でも超えれば二人必要です。現在、調剤薬局は薬剤師不足に悩 んでおり、とくに地方では深刻です。そのため手当を増額したり、住宅を用意したり と様々な確保策を採っています。
 アメリカのようにテクニシャン(調剤助手)制度を認め、薬剤師の業務改善を 図ることを検討すべき時期に来ています。」
 
 「薬剤師過剰時代へ――。数年前から薬剤師過剰時代の到来が囁かれるように なりました。薬剤師免許さえ持っていれば、一生安泰という時代の終焉です。どうや らそう遠くない将来には現実になりそうです。」
 
――3/31に発表された薬剤師国家試験の合格率は60.84%。昨年の79.10%と比べ 18.26ポイントも低下した。出題傾向が変わったことで点数が取れなかったようだ。
薬剤師過剰時代への布石だろうか。
 
- r114 総合商社の動向とカラクリがよ〜くわかる本 
猪本有紀 他
本からの引用:
 1916年、三菱商事の前身である三菱合資会社社長に就任した岩崎小彌太は、商社の 役割を「必要な商品やサービスを、必要なだけ、必要なところに効率的につなぎ合わせる 仕組みを作ること」と捉えています。それから90年経た今でも、この「つなぎ合わせる」 という商社の役割は変わっていません。
 世の中には情報格差、地域格差、制度格差、需給格差、価格格差など様々なギャッ プが存在します。そして、こうしたギャップによって、ビジネス上のコストやリスクは発 生するのです。在庫リスク、為替リスク、カントリーリスク、取引コスト、借報収集コス 卜、時間コストなど、ギャップによって生じるビジネス上の障害は様々です。このギャッ プを埋め合わせ、障害を取り払うのが総合商社です。自動車、外食、通信といった産業が 商品を顧客に提供するように、総合商社はあらゆるギャップを「つなぎ合わせる」ビジネ スの仕組みを顧客に提供するのです。
 
- r113 物流業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本 
橋本 直行
本からの引用:
 流通経路が複雑になった今日において、商品の「取引」や「物流」に関係しない 企業(金融業、IT産業など)が多く出現するようになりました。経済が発展し、市場で の競争が激化するにつれて、企業はコア業務への注力と経営機能のアウトソーシングを 行なうようになりました。それにつれて商取引の経路を「物流(物の移動するルート) 」「金流(お金の流れるルート)」「情報流(情報の流れるルート)」に分けて理解 する必要があるでしょう。
 
――物流というと、物が移動するルートを連想するが、そんな単純なものではない ということか……。
 
- r112 「ひとり老後」の始め方 
保坂隆
 仲の良い夫婦像は、「夫唱婦随」、「一心同体」などで表現され、いかにも「いつも 一緒」のイメージがある。
 しかし、普通の夫婦にとって、老後はドライな関係になるようだ。
 
本からの引用:
 こうした高専賃(高齢者専用賃貸住宅)をすでに三〇棟以上つくっている高齢者 事業の会社の場合、最初のうちは、夫婦で高専賃に入居する人のための「夫婦部屋」を 用意していた。だが、最近は全戸一人用の個室設計に変えてしまった。
 もちろん、夫婦で入居するという例もあるそうだが、そのほとんどが夫婦部屋を 希望しない。それぞれ個室に入居し、食事や散歩など、気が向いたときだけ一緒に行動 するという暮らし方を選ぶそうだ。
 これを見ても、「老後こそ、ひとりで自分が好きなように、のびのびと暮らしたい」 と願う気持ちが強くなることがわかるだろう。
 
- r111 最強の経営参謀 
山田有人
 東京ディズニーランドが盛況のニュースを聞くたびに、この本に書かれていたことを 思い出す。
 
本からの引用:
 東京ディズニーランドは、直営ではなくライセンス方式。
 ロイヤルティ;入場料収入の10%、飲食及び商品売上の5%、スポンサー料の10% これら以外は全てオリエンタルランドに入る。
 TDLの成功は、皮肉にも、ディズニー側には屈辱的契約だったことを示す。
 
- r110 「やりたい仕事」病 
榎本博明
本からの引用:
 適性というものをうっかり固定的にとらえると、成長が止まってしまう。 今のままの自分の能力で無理なくこなせる仕事が自分に向いた仕事だ、自分に 適性がある仕事だ。そんな勘違いが横行しているように思う。それは危険な発想だ。 適性というものをうっかり固定的にとらえると、成長が止まってしまう。今のままの自分 の能力で無理なくこなせる仕事が自分に向いた仕事だ、自分に適性がある仕事だ。そんな勘 違いが横行しているように思う。それは危険な発想だ。
 できないことができるようになるのが成長であり、自分が成長しているといった実感 が喜びや充実を生む。それが、さらなる頑張りの原動力となり、ますますできることが増え ていく。そうした好循環の中で潜在能力の開発が進み、いろいろな仕事に対する適性が身に ついていく。
 
- r109 明日も元気にいきましょう 
新井素子
 「明日も元気にいきましょう」というタイトルから本の中身を期待した。
 猫、眼鏡、パソコン等著者の身の周りのことを題材にしたエッセイだった。 軽い文体で読みやすい。
 夫が妻の話を聞かないことについて、以下のように書いている。
 
 「一日仕事して、疲れて帰ってきて、それで意味のない話は聞きたくない。 その気持ちは……困ったことに、理解できちゃう。
 けど、だが。世の中の夫諸君。
 その程度のことを面倒″だと――あんたは、言える義理なのか? ちょっ と冷静に考えてみよう。」
 
――まさか、あんた呼ばわりされる小言を読むことになるとは思わなかった。 タイトルと中身は無関係だった。
 
- r108 発見 
よしもとばなな他
 「発見」という言葉に惹かれて、この中に収められている30弱のエッセイを読 んでみたが、強く惹かれるところがなかった。感性が鈍っているのかもしれない……。
 檀ふみのエッセイから、以下引用。
  
 「自分には向かないと思っていた女優だが、よく考えてみれば、こんなに向いてい る仕事もない。「女優は待つのがショーバイ」と言われるが、私はノホホンとした性格、 平たく言えばノロマである。「待つ」のがちっとも苦ではない。「女優はアレコレ気を 回さず、泰然としていたほうがいいの」とも言われるが、私は「泰然たること富士山の ごとし」である。暑さ寒さに強い。どこでも眠れる。頑丈である。汗をあまりかか ない。トイレが遠い。声が大きい。目が近い。
 演技力さえ云々しなければ、ほとんど女優の要件を満たしているではないか。」
  
――すばらしい自己表現力。ちょっと真似できない。
 
- r107 エンディングノートのすすめ
本田桂子
 「エンディングノートは、見られてもよいものとそうではないものに分ける」 ――周囲にオープンにしておくことは大事だが、どこまでオープンにするかは、個々 人の考え次第だろう。
 この本には、「家系図のところに、婚姻外でもうけた子どもについて記入欄が 設けられていることもあります。もしあなたに婚外子がいる場合は、なるべく書いた ほうがいいでしょう。」とびっくりすることが書かれている。本人にとってオープン にしにくいことかもしれないが、こんな爆弾は生前に不発処理しておいてもらいたい ものだ。
    
- r106 コレステロール治療の常識と非常識
桑島巌、横手幸太郎
本からの引用:
 血液中のLDLが増えてしまったことに端を発して、本来は体を守る免疫細胞であ るマクロファージが働き、血管内に炎症が起きて、ついには脂質プラークができる―― 免疫システムの過剰反応ともいうべき事態が起こって、動脈硬化は起きるのです。
 
――LDLの中には、「超悪玉コレステロール」と呼ばれる小型高密度LDLもある。 これは、血液中に中性脂肪が余っていると、その影響でLDLが小型化してできてしまう そうだ。ふつうのLDLよりも、サイズが小さいので血管にしみこみやすく、しかも酸化 しやすいため、性質が悪くなって動脈硬化を進行させてしまうという。
 恐るべし小型高密度LDL。
 
- r105 就活と採用のパラドックス
尾藤克之
 「有名大学以外の学生が就活で勝つには」「大手と中堅」「就職サイトは、 企業から対価をもらって広告を流している存在」「人気ランキングもほとんど 意味のない代物」「SNSは不適切な学生を発見するツール」「ブラック企業」 など就職に関わる事柄を的確に説明してくれる。
 以下に引用した面接方法は面白い。

本からの引用:
 私が採用担当者ならば、サークル活動、アルバイト、ボランティア活動 (資格取得)の3つを使わずに自己PRを2分でしてくださいと質問をすると思い ます。1分程度の自己PRは普段からトレーニングされていますので比較的対応 できますが、2分での自己PRは結構大変です。アナウンサーが1分間にニュース を読む速度が400字と言われています。このくらいであれば、キーセンテンス さえ押さえれば暗記できてしまうレベルです。これを突然800字に変換すること は難しいので、面接官の質問に対してゼロベースで考えて回答する必要性があ ります。
 ちなみに、この手法は私自身が良く使う手法でもあるのですが、この質問 をすると、9割方の学生が下を向いて回答ができなくなります。
  
- r104 純金争奪時代
亀井幸一郎
 この本は、以下のような疑問に答えてくれるので、経済の動きを理解しやすい。
 ・なぜ原油価格と金価格の連動性が失われたのだろう。
 ・なぜ1990年代に金が売られたのだろうか。
 ・もし超円安が起こるとすれば、どのような事態が起こった時だろうか?
 
 また、「付録 金の価格から見た世界の経済史」は、1970年以降に起きた 金融関係の大きな出来事を時系列で解説してくれるので、顛末を理解できる。そ ういうことだったのか、と合点する場面が多かった。
 
- r103 採用の超プロが教える仕事の選び方人生の選び方 
安田佳生
本からの引用: 
 「たかだか二十年くらい生きてきただけで、まだ人生の本番、正念場に も立っていない若者が、自分の能力や才能に見切りをつけるなど、とんでも ない思い上がりである。
 まだまだ試されていない能力や才能は、山ほどある。試されていなく て結果も出ていない能力や才能に、どうしてあるとかないとかの根拠があり うるのか。
 自信に根拠など必要ない。この世の中には自分以上に自分を信じてく れる人など存在しないのだ。」
 「やる気のない人間に「やる気を出せ」と言っても、それは意味がない。 頭の悪い人間に「頭がよくなれ」と号令しているようなものだからだ。
 そういう意味で、私は、いちばん重要なのは 「WQ」(ウィル・クォ ウシエント)だと思う。」
 
――WQは、willよりもwillingness quotientということだと思うし、 wellness quotientの略語でもある。やる気も健康も大事なので、WQを自分の キーワードにしていきたいと思う。
 
- r102 化学業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本  
田島 慶三
 昔から、化学産業は、時代のエネルギー産業の「カス」を原料にしてい た――こういう見方ができるのは知らなかった。
 
本からの引用:
 資源問題を議論する際に、第一に押さえておくべきことは、エネルギー 産業と化学産業の扱うモノの量の大きさの違いです。石油・石油化学コンビナ ートといい、大量生産・大量廃棄時代のプラスチック廃棄物問題などといわれ ると、化学産業の中でも大量の石油を使っている石油化学工業が、石油精製業 と同じように大きな産業に思えてしまいます。しかし扱っている石油の量はケ タ違いです。エ場の大きさもケタ違いです。電力、石油、都市ガスなどのエネ ルギー産業の規模はそれはど大きいのです。
 化学産業が原料としてきたのは、戦前や1950年代までの水力発電、石炭 化学時代でも、戦後の石油化学時代でも、常にその時代の中心となっているエ ネルギー産業の“カス”です。現代でも、よいナフサがあれば石油会社はガソ リン用に回します。石油化学用になるのはガソリンになりにくい、あるいはガ ソリンにするには手間がかかりすぎる“カス”の留分です。
 
- r101 進化する火力発電  
高橋毅
本からの引用:
 トリプルコンバインドサイクル発電は、燃料電池であるSOFCで発電を行い、 ガスタービンコンバインドサイクル発電システムと連結を図るシステムである。 三段階で電気を取り出すことから、その発電効率は70%に及ぶとも試算され ている。極めて高い熱効率を達成することから、将来の火力発電にとって有望 な選択肢の一つと成り得る。
 
――太陽光発電が注目されているが、陽が照らない時に電気が必要になっ ても、どうしようもない。やはり、需要に応じた発電ができる火力発電を究め ていくしかない。トリプルコンバインドサイクル発電の発電効率70%は、現状 最新設備の60%を大きく上回るものなので早期稼働に期待したい。
 
- r100 食糧危機が日本を襲う!   
柴田明夫
「マルサスの悪魔」

本からの引用:
 人口と食糧生産の関係では、19世紀後半に活躍した経済学者で牧師のロバート・マルサ スの『人口論』が知られている。彼は、人口(すなわち食糧需要)は等比級数(1・2・ 4・8・16……)的に増えるが、食糧生産は算術級数(1・2・3・4・5……)的にし  か増えないため、いずれ食糧不足のため人口の増加は止まらざるを得ないと指摘した。そ の後ろ側に見えてくるのは、戦争や飢餓など悲惨な状況のため、彼のこの指摘は「マルサ スの悪魔」などと言われた。
 この「マルサスの悪魔」については、1957〜1967年にかけての「大躍進時代」 の中国の例がある。当時、イギリスに追い付け、追い越せと鉄鋼の大増産を進めていた中 国で大飢饉が発生し、7年間で3000万人とも言われる餓死者を出した。鉄づくりのた めに働き手の男性が動員されたため、十分な収穫ができなかったのだ。ちなみに、北京大 学の馬寅初学長は「マルサスの人口論」の立場より「人口の急増は、国民全体の蓄積を弱 めるから人口の抑制が必要だ」と説いたのに対し、毛沢東主席は「人間の口は1つだが、 手は2本ある」として、「人口論」者を一蹴した。
 
――7年間で3000万人の餓死者。自分が子供の頃に、隣国でそんなことが起きていたとは…。
 
- r099 超高齢社会の基礎知識   
鈴木隆雄
 人生の晩年に向けての課題が端的にかいてあった(下記)。戦乱の時代 では考えることもない、恵まれた時代だからこそのテーマだと思う。そういう 時代に生きていることの幸運さにも感謝したい。
 
本からの引用:
 もっとも重要な問題は、宝クジに当たるようなPPKを望むのではなく、 人生の晩年において、自立した生活に向けて努力し、自分が納得した介護を 受け容れ、障害をもったとしてもいかに幸福な人生と感じ、満足して死ぬ ことができるかということである。
 そのためにも、どうしても、やはり介護予防における自助努力、歩行 能力の維持、排泄障害時のリハビリ、そして摂食障害時の胃瘻か、自然死か、 など自己選択について考えておくことは避けて通れない。これらの問題に正 面から向き合って考えなければならない時代なのである。
 
- r098 世界を制した中小企業   
黒崎誠
 サッカーのワールドカップなどで使われている信頼のホイッスル―― メーカーは野田鶴声社だが、認められるまでに体験する権威主義、同業者の 自殺。
 潰れないで生きるお手本だと思った。
 
本からの引用: 
 野田が「その笛はわが社がつくっている」とサッカー協会の幹部に説明 しようとしても、彼らは野田に会おうともしなかった。「ヨーロッパのものな ら何でもよいという権威主義が罷り通り、聞く耳を持とうとしなかった」と、 野田は今でも怒りを隠さない。
 やっと認められたのは、大手マスコミがこの件を取り上げたことや、日 本出身の国際審判員が、各国のサッカーで使われている笛が野田鶴声社のもの だと知ったことがきっかけだった。「急速な円高の中で、仲間の玩具屋が何人 も首を吊った。そのときも国は我々を救ってくれなかったし、いじめられ通し だった」と野田が語るのは、こんなところにも理由がある。
 
- r097 内定とれない東大生   
東大就職研究所
本からの引用:
 企業社会が求める「○○力」を追求するなかで、東大就職研究所が 最後にたどり着いたキーワードは「謙虚さ」だ。「内定とれない東大生」 になるか否か、自らのプライドやミーハーさに気づいたうえで、謙虚さを 持てるかが重要な分かれ目になっているように思う。
 この「謙虚さ」というのは、「自分に自信がない」という意味では なく、「大人」になれているかという意味だ。大人とは社会や仲間とのか かわり合いのなかで、自分のことをきちんと理解し、背伸びをせず、興味 関心と適性のバランスを考えられる人のことだ。謙虚さを持ち合わせた人 間は、企業側から見ても成長の可能性を感じるし、不快になることもない。
 
――興味を持たせる書名だ。東大生でも内定が取れないほど厳しい時 代と思わせる。
 エントリーシートをパスできる特権があっても、何回もの面接を最 後まで残っていくのは大変だ。企業にしても、「東大生だから」という特 別扱いをしている余裕は無いはずだ。
 
- r096 スマートテレビ   
西田宗千佳
 米国でDVDレンタルを行っているネットフリックスという会社がある。
 取り扱うディスクが「積み上げると3日分で富士山の高さを超える」。 郵送費はかかるし、ディスクは配送のたびに傷むし、場合によっては紛失も あり得る。
 これらを改善するために、ネット配信を行うことにする。ネットワー ク機器への投資は必要になるが、長期的に利用すると考えれば十分にペイで きると考えた。
 そして、ネット配信サービスをスタートする際、ネット配信のための 追加料金を設定しなかった。
 
――追加料金を設定しなかった点がすごいと思う。普通はネットワークへ投資をしたコストを 料金に転嫁して回収するはずだ。ネットフリックスのやり方は、利用者にとっては、追加料金はないし、い ちいちディスクを授受する手間を省けるというメリットを享受できる。
 かかったコストを価格転嫁しているだけでは競争に負けていくという ことか…。4月からの消費税増に対して、どんな知恵が生まれてくるだろうか。
 
- r095 ビッグデータがビジネスを変える   
稲田修一
本より引用:
 現在でも、美味しい農産物を供給する生産者はたくさんいます。しかし、 美味しいものを生産するノウハウは属人的なもので、その人がいなくなると途 絶えてしまいます。
 甘くて美味しい果物や、ビタミンやミネラルが豊富な野菜を作るノウハ ウが定量化ざれれば、生産プロセスに関する暗黙知が可視化され、初めて農業 に挑戦する若者にも美味しい農産物を生産できる可能性が拡がります。毎年、 安定して美味しい農産物を収穫できる可能性が高くなるのです。
 
――農業を盛んにして自給率を高めないといけないはずなのに、何10年も 状況は変わらない。ノウハウを蓄積できるソフトが出てきて成功事例がPRされ れば、状況改善が進むと思う。早く成功事例が紹介されることを期待する。
 
- r094 君は一流の刑事になれ   
久保正行
本より引用:
 私が現在勤務するJALでは社員の行動規範、いわゆるコンプライアンス の基本を「A・B・C」+「D・E」と教えています。
「A〜当たり前のことを、B〜バカにしないで、C〜チャンとやる」。 そして「D〜できるまで、E〜笑顔で」。まさに捜査の基本と同じです。
 
――仕事に追われて余裕がない時の基本は、「時間をかけず最低限のレベ ルでとりあえずアウトプット。1つ1つ片づけて笑顔不要」が常識だ。必ずし も、JALの行動規範を守れるわけではないが、笑顔は大事だと思う。笑顔は、 人間関係の潤滑剤になるから。
 
- r093 J.D.パワー顧客満足のすべて   
J.D.パワーIV世
 CATV産業が顧客満足にまったく目もくれなかったことが衛星放送に 道を開くことになったと皮肉って、ディレクTVのCEOの発言が引用されている。
 「もしCATV会社が最初から顧客を大事にしていたら、我々は何十億ドル もかけて人々にCATVを捨てさせ、屋上にパラボラアンテナを取り付けさせると いう大博打に打って出ることはなかったでしょう。いずれ立ち上げていたかも しれませんが、これほど早く軌道に乗せるのは絶対に無理でした。思い出して みてください。衛星放送が始まるまで、加入者はCATVの設備を揃えるのに何百 ドルも払い、月々の受信料も割高でした。我々がこれだけ早く、多くのユーザ ーを獲得できたのには、CATV会社が顧客満足など気にする必要はないと思い込 んでいたからです。
 彼らにとっては大変な過ちでしたが、私は毎晩寝る前に感謝してますよ」
 
――加入者にとっては、自宅にケーブルを引くか、パラボラアンテナを取り 付けるかという違い以上に、サービスの差=価値の違いがあったということ。 先行者だからといって驕ってはいけない。
 
- r092 定年後破産  
深田晶恵
本より引用:
 老後の準備の節目となるタイミングが「今」と「60歳」と 「65歳」の3回あるということ。そして、この中で最も重要な節目 は、あなたが本書を手にした「今」です。
 老後の準備として重要なのは、貯められるうちにお金をしっ かり貯めておくことと、年金生活で収支のバランスが取れるよう、 生活を少しずつ縮小、つまりダウンサイズしていくことです。お金 を貯めるのには時間がかかりますし、生活をダウンサイズするの も一朝一夕ではできませんから、準備に手をつけるのは早いにこし たことはありません。
 
――定年後は旅行三昧の先輩たちからハガキが来るけど、我々 の世代は年金が減るのは必然だから、生活をダウンサイズしておけ ということ。
 「今でも贅沢はしてないんだけど」とは思うが、現状把握す ることに価値がある。著者が勧めるように、「今」を確認しようと思う。
 
- r091 東京で地熱発電  
清水政彦
本より引用:
 同時に、実証実験を兼ねた新設計の地熱発電所を建設する。 新しい都市のベース電力需要は、すべてこの発電所で賄う。ピーク 需要への対応として、バイオマスや廃棄物燃料の火力発電所と併設 することが望ましい。
 発電所からの余熱が幾らでも利用できるから、さまざまな農 産物の工場生産を実験する農業試験場を併設してみるのも面白い。 発電所が稼働した時点で、震災で仮設住宅暮らしとなった人々の受 け入れ先となる都市の建設に着手する。
 これは単なる新興住宅地ではなく、世界でここにしかない、 まったく新しいコンセプトの都市として設計される。それは、冷暖 房や給湯に余分なエネルギーを使わず、除雪の苦労がなく、快適・ 便利な生活を安価に実現できるように、「意図的に小さくまとめた、 シンプルな街」である。
 
――地熱発電をもとにしたこういう発想は面白いと思う。地熱 発電が継続的にうまく出来ることが前提になるので、すぐには実現 しないと思うが、新たに有益な社会インフラを考えるということは 大事だ。
 
- r090 愛妻学・愛夫学 
近藤裕
本より引用:
 人間には他人を変える力はないのである。人間にはそんなパ ワーはない。妻がいかにパワフルな女性であっても、夫を変えるこ となどできはしない。そもそも、夫を変える、他人を変えられるな どと考えるのは、はなはだ不遜なことであり、また、不可能なこと なのである。
 しかし、「自分が変わる」ことで「夫が変わる」ということ は起こりうることであり、また、期待してもよいのである。それは、 変化した自分を見て、また、変化した自分によって生ずる夫への対 応の仕方や夫への態度が夫婦関係の変化をもたらし、それに対する 反応として夫が変わるということが起こりうるからである。つまり、 夫自身が自分を変えたいと思ったから変わるのであって、妻によって 変えられたのではないのである。
 
――いろんな男と女が結婚して、いろんな夫婦関係ができる。 他人様の失敗事例は、己への教訓になる。あとは行動だけ…。
 
- r089 失敗学のすすめ 
畑村 洋太郎
本より引用:
 会議の目的は、木来は議論により結論を得ることと、決められたことを連絡する 場合の二種類に大別できます。ところが、参加する側にはその意識が希薄で、自分とは 関係ないと思って聞いていない、居眠りをしている、定時に来ない、呼び出しがあると 逃げるなどということがよくあります。日常的に見られる参加者たちのこうした行動は、 意昧のない、ムダな会議が多いという現実を如実に表しています。
 実際、会議の場での議論で重要な決定がなされることは、現実にはほとんどあり ません。むしろ審議をして決めたという既成事実づくりが目的で、これを盾に反対者の 口封じを行ったり、失敗時の責任回避のための予防線にされているのが実態です。
 責任回避のための会議を頻繁に開く組織では、ひとりひとりの責任意識までが希薄にな り、小失敗を見つけても、これに素早く対処する発想も出てきません。これがまさにダ メ組織にありがちな姿で、放置された失敗がやがて致命的な失敗に成長し、組織に多大 な被害をあたえることは想像に難くありません。
 
――この本は、失敗について事例も豊富におりまぜて書かれており、なるほどと思う こと多い。エンジニアは必読。読み返すことで教訓を思い出すようにしたい。
 
- r088 僕は君たちに武器を配りたい 
瀧本哲史
本より引用:
 余談だが、パソコンのオンラインゲームに多くの人がハマるのは、その世界では 「努力」の有効性がまだ存続しているからではないだろうか。
 最近展開されていた『ラグナロクオンライン』という人気ゲームのコマーシャル では、現実の世界では友だちが一人もいない青年が、ゲームの世界ではみんなに頼りに されていて大活躍する姿を、ある意味前向きに描いていた。
「努力をして経験値を積み、お金を貯めて武器をそろえれば、立身出世ができる」 というのがオンラインゲームの世界観である。もともとそうした努力を尊ぶべきという 価値観は、現実の世界を反映していたはずなのだが、その現実世界では成功ルールが通 用しなくなってしまったというのが、いかにも皮肉なことに思えてならない。
 
――この本は、「コモディティ」を軸にして、業界、職業を解説し、資本主義の中 で生きるヒントを与えてくれる。20歳ぐらいの人は是非一読すべき。お奨め!!
 
- r087 日本と世界はこうなる  
日下公人
本より引用:
 日本の国費で二十年前、東大へ来た中国の留学生は、「日本人は誰でも大変親切で 驚いた。どうしてこんなにしてくれるのかと尋ねても、理由も見返りの条件も言わな いで、昔、日本は中国に悪いことをしたからだと異口同音に言う。国と国の借りをど うして個人に返すのか、ますます不思議に思っていたが、十年たってこの頃やっと分 った。『日本人は何も考えていないのだ』、それでいまは気が軽くなった」と言う。 この一言が含んでいる意味は大変深い。よく考えてみる価値がある。
 
――その通りだ。私も、何も考えていないのだ。
 それにしても、1930年生まれの日下公人は、過激なことを書く人だった―― 「インドのように、日本も原子爆弾を持ってしまえばいい」
 
- r086 後悔しない転職 7つの法則   
石山恒貴
本より引用:
 もともと40代以上の年齢層では、転職を取り巻く環境は厳しく、賃金はあがりにくい ということはよく知られていることだと思います。ただ、30代の転職ですら、賃金が下 がる比率のほうが多いということは意外だったのではありませんか? 20代ではさすが に賃金が上がる比率のほうが大きいのですが、それでも3割強にすぎない、ということ もまた事実です。残りの人たちは、横ばいか減少なのです。
 このことから、転職をすること自体がすぐに貸金上のメリットと、イコールではない ことがわかります。20代、30代のような若い人の転職でさえ、転職によって貸金が上が るかどうかは、転職後のがんばりにかかってくるのです。
 
――今の仕事を続けるべきか否かは、自問のテーマになりやすい。転職も選択肢の 1つになるが、転職後に成果を出せないと居続けられなくなることも理解しておく必要がある。
 
- r085 学歴・競争・人生  
吉川徹、中村高康
本より引用:
 大人版の「人生ゲーム」のルー ルがどのようなものかは、一〇代のうちから少しは知っておかなければなりません。「夢 は大きく」などと励まされ続けて、取り返しのつかない困難に直面してから、「種明かし」 のように細かいルール説明がなされるのは、アンフェアなやり方です。だから、大人たち は、若者たちが「知らなかった……」とつぶやくことがないように、社会の実態教える ことに気を配らなければなりません。
 
――ゲームで長い時間を消費する若者は、社会の実態など興味がないだろう。 5年後、10年後の自分の姿より、目の前の敵をどう倒すか画面に熱中しているのだから。
 ますます、訳の分からない人たちが増えてきそうだ。
 
- r084 残留日本兵  
林 英一
 『ビルマの竪琴』は、前線で兵隊さんが歌を歌ったら、敵も一緒に歌いだし たという「いい話」だったと思う。学校の授業でも取り上げられていたような気 がする。
 この本には、「水島上等兵は架空の人物であり、著者の竹山道雄自身も、徴兵 されず戦場体験は皆無であった」と書かれていたのでビックリした。今日まで、事実 だろうと思っていたからである。幼い当時は、小説は嘘を書いても構わないことなど 知らないので、「いい話」は事実と受け取った。疑うことを知らない人は、こうして 虚を事実として記憶していくのだろう。
 横井庄一、小野田寛郎の生き様も紹介されているが、台湾高砂族出身の中村輝夫、 15歳で満蒙開拓青少年義勇軍として満洲に渡った松本千代男、戦乱続きのベトナム の歴史なども考えさせられたものがあった。
 
- r083 婚活したらすごかった     
石神賢介
本より引用:
 男は、若くてきれいな女の子との楽しい生活を求めている。
 女は、経済的な安定を求めている。
 男女それぞれのプロフィールページを見ると明確だった。
 しかし、ふつうに考えて、若くてきれいな女性や、高収入で見た目もいい 男は、ネット婚活などしないものだ。ネットの外の社会でも十分に需要はある。 好条件の男女はネットには来ない。
 
――貧しかった時代は我慢が当たり前だった。豊かな時代になると共にイン ターネットの普及により選択肢が増えた。だが、選択肢の多さに迷い、「ベスト」 の選択を気にかける限り決断はできない。
 あり得ない「ベスト」を追い続けるのも人生、夫婦の人間関係で揉まれることも人生。
 
- r082 こんな女房に誰がした?      
綾小路きみまろ
本より引用:
 誰が美人か、誰が美人じゃないか、甲乙つけがたくなるのが五十歳以降で す。勝負はそれからです。あとは身につけるものとスタイルです。美人じゃな い人は勝負をかけるしかありません。いままで美人の陰で我慢してきたのです から。エステに通って身を引き締め、クロコダイルとか宝石とか本物で自分を 飾ればいいんです。つまり、金力の勝負となるわけです。
 
――「金力の勝負」。夫としては妻に走ってもらいたくない方向だ。
 
- r081 お金の才能      
午堂登紀雄
   「とりあえず資格を取ってから考える」では、膨大な時間と労力を失いかねません。  だからこそ、最初に「どうやって稼ぐか」というシナリオを考えてから始める必要がある のです。
 資格では昇進や転職にはあまり役に立ちません。貧乏な士業が山ほどいるのを見れば明ら かなように、起業にも役に立たないのです。
 これは私がかつて、日商簿記検定1級と米国公認会計士の資格取得を通じて学んだ、大き な反省点でもあります。
 
――「とりあえず資格」は誰でも考えて実行しがちだが、著者のような大型資格を取っても 反省点に挙がってしまうとは…。競合者が多くなって、稼ぐということが、ますます難しくなっ てしまった。
- r080 坂の上の坂      
藤原和博
   著者は過去の成功モデルとして、
「いい高校に進み、いい大学に入れば、一流企業に就職できる。会社に入ったら年功序列 で給与と地位が自然に上がっていく。終身雇用だからクビになる心配はない。だから会社には骨 を埋めるつもりで奉公する。少しくらい理不尽なことがあっても我慢する。やがて郊外にマイホ ームを買い、犬を飼い、定年後は退職金でローンを返した上で盆栽を楽しむ……」と書いている。

「盆栽を楽しむ……」の「……」に何を埋めるかが、長寿社会の中での個人の課題なんだろ うと受け取った。
- r079 キャリア教育のウソ      
児美川 孝一郎
  著者:「キャリアプラン」と名づけるかどうかは別として、流行りのキャリア教育においては、 「私のライフプラン」「二〇年後の私」「未来年表」といったネーミングのもと、ワーク シート等も用意しながら、生徒たちにキャリアプランの作成に取り組ませる実践が盛ん に行われている。
 そうした取り組みでは、生徒にキャリアプランを作成させて終わるのではなく、作成 したキャリアプランをグループ内で発表しあい、友人の発表から何らかの気づきを得る ことを促すといった工夫もなされている。「総合的な学習の時間」などを活用して、キ ャリア教育に曲がりなりにも体系的・系統的に取り組んでいる学校であれば、キャリア プランの作成は、ほとんど“定番″メニューになっていると言ってよい。
 
――言われて、実感のないキャリアプランを作っても…という気がするが、そもそも 教育に即効性を求めてはいけないのだろう。
position
- r078 犯罪者はどこに目をつけているか       
清水賢二
 著者は、「口を塞がれるのは、生命の危機に直結する重大な事態だ。 できるかぎりの、最大の抵抗を瞬時にとらなくてはならない」として、噛みつきを奨め ている。
《大切なのは、実際に噛みつくことだ(それも素早く)。そして噛みついたら、相手 が悲鳴をあげるまで離さない(二〇〇九年、東京で幼稚園児がこれで助かっている)。 この間に襲撃者は「ぶっ殺すぞ」と脅したり、頭を無茶苦茶に殴ったりするかもしれない。 しかし、こうした言葉を吐かれても実際に殺された例はこれまでにない。
 だから、心を決めて思い切り噛みつくことだ。弱者を無法に襲う者は、肉を食いち ぎられることぐらい罰として当然である。》
- r077 マネジメント信仰が会社を滅ぼす       
深田和範
 まえがきに、著者の言いたいことが端的に書かれている。
「マネジメントが下手だからビジネスがダメになったのではない。マネジメントなんか にうつつを抜かしているからビジネスがダメになったのだ。むしろ、余計なマネジメン トなんかするな。
 この本で私が伝えたいのは、そういうことである」
「真似ジメント」、「消去法」による判断では、大胆な改善策を施せなくなるとも指摘している。
 
 耳が痛い…。
- r076 日本の領土・海洋問題      
読売新聞政治部
 この本に、日本の最南端にある「沖ノ鳥島」の存在がいかに重要であるかを教えて もらった。
《国連海洋法条約で規定された「島」は、沿岸から200カイリ(約370キロ)の範囲で認められる 排他的経済水域(EEZ)を設定できる。沖ノ鳥島を基点に設定できるEEZは約40万平方キロ。日本の国 土面積(約38万キロ)を上回る海域で、漁業資源や海底資源を日本にもたらしている》
 他にも、「韓国の竹島占拠は、日本が独立を取り戻す間隙をついて行われたこと」、「東シナ海 の日中境界線問題は、日本が日中の中間線を主張しているのに対して、中国は日本側へ大きく寄った 沖縄トラフを主張していること」を知った。  
 領土・海洋問題の概要を理解するのに、ちょうど良い本だと思う。
- r075 俺の後ろに立つな      
さいとう・たかを
 ゴルゴ13の作者らしくタイトルはユニークだが、中身は自叙伝。以下の価値観 をお手本にしたいと 思った。
 「私は私なりに楽しむために、他人の価値観を全く気にしない。気にしないというより、気に ならない。だから、ライバル心をメラメラ燃やしたなんて相手もいなければ、自分の足を掬うの ではないかと若手に怯えたこともない。それぞれが別個であり、違う脳ミソを持っているのだから、 そのことを考えないようにしている。もちろん、才能ある人はたくさんいる。しかし、それが私に 影響することはない。
・・・
 やはり、自分自身の価値観で獲得したものに囲まれているのが一番心地よい。権威や権力とは 無縁のところに身を置き、自分自身に忠実に生きている私は、実に気楽に、そして快適に人生を謳歌 している」
- r074 ナビゲーション      
山本 昇
 世界の標準時がグリニッジになった歴史的な経緯が書かれている。航海時代に 信頼が寄せられた『航海暦及び天体暦』が、グリニッジ天文台の膨大な観測データをもとにしてい ることからつながっていた。
「さらに特筆すべきは、月距法の普及の影響を受けて、海図のほか地図の多くもグリニッジを 本初子午線とするようになったことである。それが先述の国際子午線会議で世界の標準時を決める にあたってもグリニッジが選ばれる理由となった。こうして各国の時計を合わせるのにグリニッジ 標準時が使われ始めた。
 つまり時間も空間もグリニッジが基本となった。いわゆるイギリスの七つの海の制覇は、時間 と空間の制覇と表裏一体だったのである」
- r073 動的平衡      
福岡伸一
 面白い本だ。記憶については、
「ではいったい記憶とは何だろうか。細胞の中身は、絶え間のない流転にさらされているわけ だから、そこに記憶を物質的に保持しておくことは不可能である。それはこれまで見てきたと おりだ。ならば記憶はどこにあるのか。
 それはおそらく細胞の外側にある。正確にいえば、細胞と細胞とのあいだに。……」
 フ〜ン、細胞と細胞とのあいだか…。
 ウイルスについては、
≪ゆえにまったく個体差がなく、幾何学的な模様をしている。したがって、ウイルス粒子 が規則正しく集合すると結晶化する。結晶化しても「死なない」。生物かどうか判然としない。
 そして、まったく代謝活動をしていない。すなわち、栄養を摂らず、排泄もしない。呼吸 もしないのである。
 これはもう、普通に考えれば生物ではない。塩や鉄のような物質に近い。しかし、これが 驚くべきことに自己複製能力を備えている。繁殖するのである。≫
 こういう説明だと、ウイルスの特異性がわかりやすい。
- r072 スティグマの社会学     
アーヴィング・ゴッフマン
 タイトルを見て、スティグマという学者が社会学を論じた本だろうと思った。 しかし、この先入観は、一発で吹き飛ばされた。
 「三つのきわめて異なった種類のスティグマについて述べよう。第一に、肉体のもつさまざま の醜悪さ――つまりもろもろの肉体上の奇形がある。第二に、個人の性格上のさまざまの欠点 があり、それらは意志薄弱、過度の、あるいは異常な情欲、頼りにならぬ信念、かたくなすぎ る信念、不正直などとして人びとに知覚されており、精神異常、投獄、麻薬常用、アルコール 依存症、同性愛、失業、自殺企図、過激な政治運動などの記録から推測されるものである。第 三に、人種、民族、宗教などという集団に帰属されるスティグマがある。それらのスティグマ は家系を通して伝えられるものであり、家族の全員を一様に汚染するものである」
 
――スティグマ(stigma)とは何かを論じている本だった。
- r071 中国経済 あやうい本質    
浜矩子
 中国が直面している問題をモグラ叩きに例え、「モグラたちの顔触れ をみておこう。大別すれば、九種類のモグラたちだ。賃金モグラ、インフレモグラ、民主 化モグラ、内需モグラ、流出モグラ、流入モグラ、恐慌モグラ、人民元モグラ、そしてや っぱり貧困モグラである」と分類している。
 でも、著者が一番紹介したかったのは、後半に書かれている「中国とかけて○○経 済と解く。その心は?」だったのではないかと思う。
- r070 死刑と正義    
森 炎
 殺人事件の裁判は、報復による殺人の連鎖拡大を防ぐために、 個人に代わって国家が刑罰を決めて実行するものだと思っていた。だが、
「職業裁判官のもとでの死刑の基準は、被害者の数を尺度に『殺害された被害者が三人以 上であれば原則的に死刑を選択し、二人の場合はケース・バイ・ケースで決め、被害者の 数が一人であれば原則として死刑は選択しない』を大枠としていた」
という規定で裁かれていることを知った。
 これは被害者の存在よりも被告人の存在を尊重するものであり、全く理解できない。
 裁判員裁判が、職業裁判官の判断を変えていくだろう。
- r069 静かなる大恐慌  
柴山桂太
 「世界的な不況が持続すると、輸出や海外投資によって外国の需要を取り 込む動きが、各国の対立を激しくします。当時は、それが帝国主義の動きと結びついていまし た。国家間の対立を避けるためにも、各国が主体的に内需を拡大するしかない、と考えたのです。
 私は、この考え方は、今日もなお、真理だと思います。世界的な恐慌の拡大を防ぐには、 各国が内需を拡大させる以外に方法はありません。」
 
――内需拡大策がない現状では、恐慌が起こる。恐慌が起こることは、膨張を善とする資本 主義の必然でもある。庶民は、生活を破壊されないよう祈るしかない。
- r068 大人の気骨 
サミュエル・スマイルズ
 「ほんとうの紳士には、鋭いユーモアのセンスがあり、繊細に気を用いて いやしい行動を避けようとします。そして自分の言動にもとめる潔さのレベルは、きわめて高 度です。紳士は言い逃れをせず、曖昧にぼやかしたりしません。ごまかしもしなければ、逃げ 口上も言いません。あくまで正直で、直截で、まっすぐです。厳正でフェアであること、まっ すぐに行動すること、それが紳士の法です。紳士がイエスといえば、それが法となります。そ していざというときには、ノーという勇気をも持っています」
 
――気骨、紳士という言葉がピッタリな人が減ったような気がする。我が気持ちとしては 少数派を目指したい。1mmでもその姿に近づければ…。
- r067 50代にしておきたい17のこと   
本田 健
 「50代のいちばんの不幸は、心がワクワクしたりドキドキしたり することが少なくなることです」
 「これからの後半戦の人生を生きる上で大切なことは、『嫌なことはやらない』 と決めることです」

――著者の言う通りだ。制限をしてきた自分を少し解放する気持ちを持ちたい。 自分勝手になるという意味ではなく。
- r066 日本の7大商社   
久保巖
 著者が挙げている商社の特徴は、オーガナイズ機能だ。 「環境・水、新交通システム、電力さらにはスマートコミュニティや都市再開発など 、近年急速に需要が高まっている海外・国内での社会インフラ・プロジェクトに対して、 関係機関や関連する国内外の諸企業を取りまとめる機能。
 この機能を果たすことができるのは、世界的にみても日本の総合商社をおいて ほかにない」
 
――金が金を生む仕組みではなく、実需に応じて仕組みを作り上げていくという 実体経済を支える機能なので、商社のさらなる発展を期待したい。
- r065 外資系の流儀   
佐藤知恵
 著者は、グローバル企業のトップの特徴として、以下の5つを挙げている。
・恐ろしく弁が立つ(コミュニケーションの技)
・社内政治に長けている(コミュニケーションの技)
・弱みを絶対見せず、プレッシャーに強い(精神力)
・異常に長時間働く(体力)
・十分お金持ちなのに戦うことをやめない(体力・精神力)
 
――確かに、その通りだと思うことが並んでいる。
- r064 ビジネスマンのための「行動観察」入門   
松波晴人
 著者は笑顔の重要性を記している。
「なぜサービス業において笑顔がとても重要か、それには理由が二つある。一つは、 表情と感情がつながっているため、楽しくないときでも笑顔になることで楽しい気 持ちが湧き上がってきて、よりよい接客ができること。そしてもう一つは、笑顔に は相手を笑顔にする効果がありお客さんが釣られて笑顔になれば、そのお客さんに も楽しい気持ちが湧き上がってくるからである」
――笑顔がいい男になりたいものだ。
- r063 植物からの警告  
湯浅浩史
 著者は、「地球温暖化という言葉からは、問題の元凶を気温の 上昇だけに集約するような印象を受けます」と言う。
 さらに、「地球温暖化の危機を強く主張する人は、気温が数度高くなると警 告しておりますが、気温上昇が及ぼす影響よりも雨の降り方が変化する影響のほう が、環境にあたえるインパクトという点ではずっと過酷だと思います。
 乾燥地では、まったく雨が降らないかと思えば、翌年には信じられないくら い多量に降ることがあります。温暖化の場合、気温の変化は数度の上昇ですが、降 水量の場合はゼロか一かというふうに極端にあらわれているわけです」
――確かに、実際の被害という観点から、近年起きている洪水や旱魃は、地球 温暖化よりもインパクトがある。この本からだけではないが、地球温暖化の問題点と 原因については、胡散臭さを感じようになってきた。
- r062 「かくれた優良企業」の見つけ方  
中川 三樹
 就活は大変だが、退職者が多い会社には気を付けたい。著者は、 〈毎年3割も退職する場合は、最初から3割多く採用しているのです。注意しなけれ ばならないのは、こうした企業(採用計画が甘い企業も含みます)のなかには、 入社後に理不尽な理由をつけて自主退職を強制する「新卒切り」を行うケースや 「内定切り」を行うケースがあることです〉と説明している。
- r061 なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか  
飯尾 昭夫
 著者は、接客を以下のように表現している。最初に持たれた印象の 影響は大きい。それが売れるかどうかにも関わってくる。
 〈接客は、最初の3分間が大切です。その間に、こちらに対するお客様の印象は 決まってしまいます。もし最初の3分間で悪い印象を持たれたら、あとで何時聞かけて も挽回することは難しくなります。
 「いやな感じだな」と思われたお客様に、「これを差し上げましょう」とノベル ティをプレゼントしたとしても、それほど歓ばれないものです〉
- r060 人に認められなくてもいい
勢古 浩爾
 著者は、「わたしたちの社会は、いまや互いの自尊心をちょっとで も傷つけないようにと気を遣いすぎるほど気遣う社会になっているので、自尊心の不快 に対しては驚くほど耐性が低い。だから、逆にちょっと自尊心が傷ついたくらいで、そ の程度でそこまで怒るのか、というほど、 相手の自尊心をつぶしにかかるのである」と述べている。
 確かに、ささいなことに拘って文句を言う人が増えたような気がする。
- r059 ニッポンのサムライたち  税理士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、公認会計士、 司法書士、弁護士、弁理士――これらの士業について、当事者が語っている。
 独立して、「同じようにご相談をいただいて、同じように解決し、報酬をいただ いたとしても、組織の看板にではなく、私自身にご用命いただいたという喜びは、何物 にも代えがたいものです」という公認会計士の言葉は、厳しい競争に身を置いているが 故に出てきたものと感じた。
- r058 日本人の誇り 
藤原正彦
 小学生の時に、友達との会話で原爆投下が話題になった。 友達から「戦争を早く終わらせるためだから仕方なかったんだよ!!」と強く 言われて反論できなかった。その大義名分にしっくりこないまま馬齢を重ねてきた。
 しかし、この本の解説で、スッキリした。
 トルーマン大統領は、「何も都市の上に落とさなくても威力を示すことができ る、とアインシュタインを初めとする科学者達が反対しました」にもかかわらず、投下 を命じた。 「要するに原爆投下は、専らその実際の威力実験および終戦後のソ連との覇権争いを 念頭に入れたものだったのです」ということ。
 また、東京空襲では、円形に爆弾投下をして逃げられないようにして内側へ追加 投下したそうだ。
- r057 街場の文体論 
内田樹
著者は、〈文章を書くということは、いつだって 「限界に挑戦する」ということなんですよ。わがうちなる「バカの壁」 、わがうちなる「凡庸の境界線」を踏み破ってゆくということなんです。 そうじゃないと、ものを書くことなんて、本当にただの苦役にしかなら ない〉と書いている。
 書く内容と完成度の高い文章を生業にしている人たちの苦労が、 わかるような気がする。
- r056 代議士秘書 
飯島勲
「公立学校の教員になるには、まず教員採用試験 に合格して登載名簿に載らなければならない。そして、そのなかから 各校の校長先生が、選択して面接をするわけだ。いったん名簿に名前 が載ってしまえば、成績が一番だろうが五十番だろうが関係ない。 校長が任意に選ぶノミネート群としては、誰しも同じ条件ということ になる。
 そして校長は、保守系の政治家から斡旋された者を教員に採用 するケースが少なくない」とのこと。
先生の採用って、校長が決めるとは知らなかった。
- r055 ロンドンはやめられない 
高月園子
「著者は、「八五年に夫の赴任に伴い、家族でロン ドンに住み始めて早二五年。ここ八年は、夫は東京、子供たちはロン ドン、私自身は秋冬が東京で春夏はロンドンという、まるで季節労働 者のような生活をしています」という体験談を披露している。駐在員 の妻とその後の人生にも触れている。
- r054 コンクリート崩壊  
横溝利明
「コンクリートは、建設される現場で型枠を組んで 打ち込まれるため、現場の天候や気温などに左右されやすく、工場製 品のように品質の安定性という点では劣るところがある。さらに、 いったん建設してしまうと、木造ならば容易な解体や、部分的な取り 替えが難しい点も欠点になるだろう」とのこと。
 買う側は、工業製品のような保証書なしで受け渡されることに なる。運が良ければ長持ちするという博打のような買い物だということだ。
- r053 科学でひもとく たのしい静電気  
高柳 真
 静電気というと、冬場の乾燥期にドアなどに 触れた時、帯電した服から電気が流れ指先がビリっとする、嫌な イメージがある。
 飛行機やタンクローリーも帯電するので、静電気対策をし ている。この本では、そうした事例を説明してくれる。
- r052 音のなんでも小事典 
日本音響学会
 雷の大音響にはびっくりすることが多い。 この本では、「カミナリの音は、空気中の放電現象による急激 な温度上昇のため、空気が膨張して生じるものである」と教えてくれる。
 音の素晴らしい利用法――カップ麺のフタは超音波で くっつけるそうだ。
 普段考えてもいないことについて教えてくれるので面白い。
- r051 光と色彩の科学 
齋藤 勝裕
 赤いバラは、花びらが赤いのだと思っていた。 しかし、この本には「赤いネオンは赤い光を発光し、赤いバラは 青緑の光を吸収していた。これが事実なのです。つまり、色彩に は発光によるもの(ネオン)と、吸収によるもの(バラ)の二種 類があるのです」との説明があった。
 いかに、自分が色について無関心であったかを自覚した。
- r050 婚活疲労症候群
高村 恵  
 異性との出会いが多くなれば「目が肥えていく」。 気持ちとしては「ここで、変に妥協したくない」と強気スタンスに なりがち。
 だが、いつの間にか年月は経ってしまい、「ここまで妥協しな いと、私は結婚できないのか」という状況に陥る。
 決断の難しさは、今も昔も変わらない。
 決断の良し悪しも後々にならないとわからない。
- r049 日本人はどのように仕事をしてきたか 
海老原嗣生、萩野進介  
 著者が再就職支援事業で携わった“働かない 管理職″の姿とは――。
〈コピーも取れない、チケットの手配もできない、伝票の記入 もできない。ドラマや小説の世界で揶揄されていた働かない管理職 は、本当にいたのだ、ということに30歳そこそこだった私は甚く驚 いたのです。
 再就職支援事業の競合他社では、そうしたリストラ 対象管理職≠フ方たちの相談に乗るとき、「彼らは履歴書も書けな い(書かない)、だから、自発的にそれを書くようになってもらう ことがまず第一の仕事」、そして、「ようやく書き終えた履歴書を 目の前で破り去る。あなたの過去は捨てなさい、という意味で」と ずいぶん手荒なショック療法を行っている、と話していたのを思い 出します〉
- r048 2013年大暴落後の日本経済
中原圭介  
 〈人間は「忘れる生き物」です。ロシアやアルゼ ンチンが国家破綻したときにどんな悲劇が起きたのか、詳細に知って いる人は少ないでしょう。2008年にジンバブエで数億%というとてつ もないハイパーインフレが起きましたが、この事実を知っている人が 日本にどれだけいるでしょうか〉
・・・オリンピックに浮かれて、国債問題を放置した日本は、ハ ゲタカに襲われるという金融災害で息の根を止められると予想してし まった。庶民は座して待つしかないと私は悲観的にとらえている。
- r047 名セリフどろぼう 
竹内政明  
 普段、詩には縁のない生活だが、この本にあった以下の詩を読んで、我が人生を重ねてしまった…。

 徽章

 むかし帽子の上に光る徽章のやうな人間になりたいと思つてゐた

 いま自分は靴のうらに光る鉄鋲のごとき存在にすぎない

 人しれず 支へつゝ
 磨りへらんかな

 『日本現代詩文庫 杉山平一詩集』より
- r046 アメリカ型ポピュリズムの恐怖  
齋藤 淳  
 トヨタの急加速問題をテーマにしている。米国 マスコミは、事実確認より被害者の主張を取り上げ扇動、利害関係者 がさらに攻撃をしかけるという構図が見えた。
〈結果的にはトヨタ幹部は議会証言をうまく切り抜け、公聴会 の開催を境にバッシングは次第に弱まっていくことになるが、当時、 公聴会の模様を伝えるテレビ画面を凝視していた日本のアメリカ駐 在員の多くは、「トヨタがアメリカ政治ショーの格好の餌食になっ てしまった」と感じていた〉
- r045 日本はなぜ開戦に踏み切ったか 
森山 優  
「時間軸を貫く一定の構想は存在せず、局面局面 の場当たり的な決定しか見いだせない」
「効果的な戦争回避策を決定することができなかったため、最 もましな選択肢を選んだところ、それが日米開戦だったという事実である」
・・・政党が足の引っ張り合いをしている間に、軍部が国策を 作るようになってしまった。その状況で、石油、鉱物資源の利害対立を 背景に戦争となった。
現代でも、強国は戦争で解決を図ろうとする習性は変わっていない。
- r044 マン・マシンの昭和伝説(下) 
前間孝則
 〈昭和六十三年三月の『ニューズウィーク』 誌は「日産の気化器技術は世界一だ」と賞賛した。
 この時期を境として、日本の自動車のエレクトニクス化が 急速に進行することになる〉
・・・技術は陳腐化する例となってしまった。気化器仕様の エンジンは、もはや存在しない。
- r043 マン・マシンの昭和伝説(上) 
前間孝則
 第2次世界大戦の戦闘機エンジン「誉」は、 オクタン価100で設計しながら、石油輸入ができなくなって オクタン価90で完成しろという無茶な要求、高強度のために 必要な特殊鋼が枯渇し炭素鋼での部品生産、未熟練工の工場動員 による品質低下――厳しい現実の前に、設計時に想定した性能 からどんどん低下していったことを知った。
- r042 ハッカーの手口 
岡嶋裕史
 「(インターネットは)もともと軍事用、 学術用に開発されてきた技術ですから、インターネット全体 が信頼できる要素で組み上げられていると前提した、性善説 に立脚した技術開発がなされています。そのため、うその情 報を渡されることに弱いのです。
 たとえば、クラッカがにせルータをネットワーク上に オンステージさせて、でたらめな経路情報(あっちの道は使 えなくなったから、ぼくのところに通信を送っておいでよ) を周囲のルータに流したとしても、周囲のルータはこれを 疑うすべを知りません。
 これは、高速道路を走っていたら、道路標識が全部 にせものにすり替わっていたような深刻な事態です」
- r041 ベスト・パートナーになるために
MEN ARE FROM MARS WOMEN ARE FROM VENUS
ジョン・グレイ
 「女性は夫が帰宅すると、一日の出来事、 とくに不快だったことやトラブルなどについてしゃべりまくる。 しかし、それはほとんどの場合、ただ単に話に耳を傾け、自分 の気持ちを理解してもらいたいだけなのである。解決策を教え てくれとは言っていない。実はこのことが彼女にとってはもっ とも大切なのだ」

・・・日々、仕事で問題を解くことに取り組んでいると、 「何が問題か、どう解くべきか」という思考が定着している。 ゆっくり会話を楽しめればいいのだが、短時間に問題解決しよう とする習性は中々切り替えられない。
- r040 結婚する娘に伝えたい
近藤裕
 〈「あなたなしでは生きられない」という言葉を 恋人はよく口にする。なかなか意味深重な言葉である。聞き流して はならない言葉だ。それが、それを口にする当人にとっても、それが 囁かれる相手にとっても何を意味するのかを慎重に考えたほうがよい と思う。それが相手への過度の依存や単なる愛着を意味するのであれ ば、その関係は不健全なものとなる〉
- r039 女と男、違うから深く愛し合える 
柴門ふみ(1957年生)
 「今回、私なりに、今までしてきた男の観察と 分析をもとに、恋愛論という形で女と男の考え方、感じ方の違いを まとめてみました。私は女なので、完全に男の気持ちや考えを代弁 できたとは思いませんが、それでも一方的な女の意見に終始しては いないとひそかに自負しています。
 お互いの考え方の違い、感じ方の違いが分かれば、もっと相手 を思いやり、もっとお互いに深く親密な関係になれる。そうして楽しい 充実した日々を送れるはずです」
- r038 不実な美女か 貞淑な醜女か 
米原万里
 この書名は強烈なインパクトがある。 一体何が書いてあるのだろうという好奇心を掻き立てられる。

〈原文に忠実かどうか、原発言を正確に伝えているかどうか という座標軸を、貞淑度をはかるものとし、原文を誤って伝えている、 あるいは原文を裏切っているというような場合には不実というふうに 考える。そして訳文のよさ、訳文がどれほど整っているか、響きがい いかということを、女性の容貌にたとえて、整っている場合は、美女、 いかにも翻訳的なぎこちない訳文である場合には醜女というふうに分類 すると、この組み合わせは四通りある。「貞淑な美女」、「不実な美女」、 「貞淑な醜女」、「不実な醜女」 の四通り。
 そして、どんな通訳あるいはどんな翻訳が最も望ましいかというと、 これはむろん文句なく、「貞淑な美女」が一番いい。そして最も困る訳は、 「不実な醜女」ということになる〉

・・・うまい! 本業の通訳をこのように表現できる力と書名に使う 発想――非凡さが証明されている。
- r037 2011年本当の危機が始まる
朝倉慶
 「結局、日本の投資家はユーロが一番安いところで きれいに投げたのですが、その投げたユーロをしっかり買ったのがヘッ ジファンドです。彼らは先にユーロを大々的に空売りしておいて、想定 通りに日本の投資家が投げてきたので、大幅に儲けて買い戻してきたの です。ヘッジファンドは大きく口を開けて待っていて、日本の投資家の 投げをパックリ食べたというわけです。さぞ美味しかったことでしょう。 日本人が一生懸命に働いて貯めたお金は、こうして欧米投資銀行の懐に 入っていきました」
――日本人が汗水たらして稼いだ金が、簡単に欧米 に吸い取られていく構図がここにもある。
- r036 世界連続恐慌の犯人 
堀紘一
 CDS――〈CDSを日本語に訳すのはなかなか難しい。みなさん 仕方なく、そのままCDSと呼んでいる。そこをあえて日本語で説明すれば、 「債権は移転せずそのままにしておいて、信用リスクのみを移転する取引」 ということになるだろうか〉という説明から始めて、例を示して教えてくれる。
CDOというのもある。
こうしたものが作り上げた世界――「ヘッジファンドが動かしている金額が、 推定で四千兆円にものぼるという現状。
インベストメントバンクにしても、自らが生み出したCDSを六千兆円市場に まで巨大化。
合計1京円。
対して実の経済が動かしているお金は、世界中の何もかもすべてを集めてき ても、五千兆円しかない」という異常さを教えてくれる。
貪欲さが膨張の糧となり、破綻するまで続く。
- r035 バブル獄中記 
長田庄一
 「台湾大手銀が東京スター銀行を買収へ 外銀の邦銀買収は初」 というニュースが流れていた。東京スター銀行の前身は、東京相和銀行であり、 東京相互銀行は、この著者が一代で築き上げた第二地銀。
著者は、迂回融資で有罪となったが、「私は高名な大学などを出たサラリーマン 社長ではない。戦場帰りの七八歳、自分で銀行をつくってここまで経営をしてきた 事業人、戦後の焼け跡から這い上がった最後の男だ」という気概を持っていた。
- r034 オレたちバブル入行組
池井戸潤
 TBSテレビ「日曜劇場『半沢直樹』」を見ていたら、 どこかで読んだ本のストーリーと同じだなあと思った。番組の最後に 原作名が映し出されて、思い出した。
 2009年に、文春文庫35周年キャンペーンで「いい男35冊フェア」 があった。この時に、「いい男」がテーマの読書感想文を募集していたので、 この本を読んだ。「いい男」の感想を書くのは、難しいと思いながら書いて みた記憶がある。
 尚、この本は7/29週の文庫ベストセラーのトップになっている。 TVドラマのヒットの威力は恐るべし。
- r033 出版大崩壊 電子書籍の罠
山田順
〈私は2010年5月、それまで34年間勤めた出版社を退社し、とりあえず新しいメディアの 潮流のなかに身を投じてみた。そうして、じつに多くの関係者を取材してまわった。また、自 分でも今後、既成メディアがどう変わっていくのかを確かめたくて、これまで出版界で培って きた人脈をネットワーク化して電子出版のビジネスにも手を染めてみた。
 そうしてみていま言えることは、「電子出版がつくる未来」は幻想にすぎず、今後、混乱を もたらすばかりか、既成メディア自身のクビを締めるだけだと思うようになった。〉
・・・編集長だっただけあって、広い視点と経験から書かれたこの著書は面白い。
- r032 お金を捨てる家生みだす家 
加治将一
「キッチンのスペースは広がっていく。 1960年代の質素な食事(魚、煮物、みそ汁、つけもの)ではなくなった」
・・・気付かなかった。そういう面もあるのか…。
- r031 うれしい定年さびしい定年
北 連一
「私の場合も五十五歳で一四年間の部長職を下り、 編集委員という肩書きがつきました。役職定年と同時に本給は八〇% に減給され、部長手当もなくなり、これらはボーナスにも影響します から、年収はほぼ七〇%にダウンしました。  私自身もそうでしたが、同僚や後輩たちを見ていても、この段階で プレ定年を経験していることになります」
・・・プレ定年になって、次は「だれにも拘束されない、自分の 好きにように時間を使える定年」が来ると期待する。しかし…。
- r030 競争の作法 
齊藤誠
「とりわけ、1.2の水準にまで達した実質為替レート の威力は強烈であった。世界のなかの日本において、賃下げも解雇も やらずに労働コストの2割引き下げ(なんと2割減である!)をやって のけたからである」
「実質実効為替レートが1.2の水準にあるということは、日本製が 2割程度割安になっていることを意味している。こんなにも円安であれ ば、世界市場で日本製がどんどん売れるのも当然であろう」
と、著書に書いてある。
実質実効為替レートの数字が意味するところを読めるようになりたい…。
- r029 プロ弁護士の処世術 
矢部正秋
「当初は社会人になった娘と息子へ伝えるための小冊子を 構想していた」と著者が書いている通り、人生の先輩としての人生訓に満 ちている。
弁護士という目を通しての人間観も興味深い。
時間を置いて再読したい1冊だ。
- r028 あなたは生きているだけで意味がある 
クリストファー・リーヴ
映画のスーパンマン役だった著者は、 乗馬の事故で、脊髄損傷を起こし首から下が麻痺してしまった。 以下に引用した彼の言葉を噛みしめて、私は生きていきたい。
「私は、目を覚ましたときに自分が麻痺していると 再認識する代わりに、自分がこの先長期にわたって、あるい は一生、麻痺のままでいるかもしれないという現実に衝撃を受ける。
 毎朝の“この時間”が過ぎて初めて、私の一日は始まる」
- r027 ブラック企業、世にはばかる 
蟹沢孝夫
いい職場を探そうともがけばもがくほど、 企業からすれば「経歴が荒れている、汚い」としかみえず、 自分の売値はどんどん下がってしまうのだ。結局、行き着く 先はそういう経歴の人でも採ってくれる「ワケありの会社」 ――職場環境や待遇がよくないため、人の出入りが激しく、 バッパと辞められてもいいからとにかく当座の人手を確保 したいブラック職場――になってしまうのだ。
・・・やっぱり、転職でキャリアアップできるのはごく 少数ということ。現実は厳しいゾ。
- r026 人はなぜ怒るのか 
藤井雅子
ありのままの自分を受け入れてくれる居場所、 ホッとする場所、心の拠りどころになる人や場所があるという ことは、ココロの安定に大きく影響します。
 何かあったとき、「あの人が見守っていてくれる」 「あの人だけは自分の味方だ」「あの人は私を認めてくれている」 「あの人は私を必要としていてくれる」「あの人がいてくれれば……」 「あそこへ行けば……」と思える人や場所をもっていると、 苦難を乗り越えていく力強い原動力になります。
――全くその通りだと思う。
- r025 修羅場のマネー哲学
木戸次郎
街金から借金をする場面が書かれている。
「年利二一パーセントの利率といえば、この種の金融業者 としては、極めて安い。しかし、その分だけ、厳しい条件が付 いた。どの業者も口を揃えて、『もし、一回でも返済が滞ったら、 遠洋漁業の船に乗ってもらうからな』といったのである」
「戦慄が、瞬間的に背筋を通り過ぎていった。私は、遠洋漁船 での重労働が怖かったわけではない。金沢氏に義務づけられた、 生命保険のことを思い出したのである。
 ――ある程度漁をやらせたら、事故を装って俺を殺すつもりではないのか。  私は、そう恐れたのだ」
- r024 たくましい人 
加藤諦三
「負けていないのに自分を負け犬だと思う。それは小さい頃 から従順を強いられて生きてきたからである。長いこと従順を強いられた結果、 そのようにしか考えられなくなってしまったのである」――著者の言うことには 一理ある。親や人の言うことを素直に聞く子どもに育てることのデメリットが 後々出てくるということか…。
- r023 世界で勝負する仕事術 
竹内健
東芝に在籍しながら、スタンフォード大へ留学した時の印象を次のように書いている。
 世界各国から集まる学生のエリート意識は半端ではありませんでした。
 最初、私が彼らに抱いた印象は「いけ好かないやつらだな」でした。
 基本的に技術者はお人好しで分かりやすい人が多く、「顔は笑ってるけど目が笑ってな い」といった人はあまりいません。ところが、ビジネススクールにはそんな人も多く、強 烈なカルチャーショックを受けました。
- r022 グーグル、アップル、マイクロソフトに就職する方法
ゲイル・L・マクダウェル
ハイテク企業が求めるのは、「一言で言えば、情熱、 創造性、自発性、知性、そして行動力である」とのこと。
転職では、「自分は勤勉だとか、対人能力にすぐれていると口で言 うのは誰にでもできるが、それを証明するのはむずかしい。学歴、職歴、 実績を総動員して、求められているスキルが備わっている証拠を示さな ければならない」――なるほど。
- r021 日本、買います
平野秀樹
この本は、外資の水源林買取から問題を提起して、日本の土地所有制度の危うさ を説明している。以下は、後半から引用。
「これから先の日本は、冷静に考えてみると、人口減と高齢化を前に打つ手もなく、国境離島 を中心とした辺境に手がまわらなくなるのではないか。国外からの動きに射し、我が国が反応 薄なのは対馬や五島などで見てきたとおりだ。これらの趨勢が続き、手をこまぬいているだけ ならば、現象的には将来、そうした離島を次々と手放さなければならなくなるだろう」
- r020 老いを生きる意味 
浜田晋(すすむ)
六十歳定年としようか。それから平均二十年間「老いつつ生きる人生」が待っている。  それを「新しい生」と考えて、より創造的に生きるか退廃的に生きるかは、私たち一人 一人の問題である。それは決して栄光のゴールではあり得ない。
――著者の言葉を受け止めて、自分なりの人生を歩んでいきたい。 この本は、重い内容を含んでいるが、ヒントも与えてくれる。
時機をみて再読したい。
- r019 読書力 
齋藤孝
著者の読書観;
「本はなぜ読まなければいけないのか」→「自分をつくる最良の方法だからだ」
「なぜ読書をした方がよいのか」→「言葉を多く知ることができるからだ」
私も同感だ。
- r018 なぜ経済予測は間違えるのか 
デヴィッド・オレル
「裕福病affluenza――個人が幸福を求めて競争しているという 考え方こそが、まさしく人々を不幸にしているものだ。誰もが自分は裕福ではなく、 十分に幸せでないと思い込むようになる。幸福を求めて懸命になるほど、それは 自分の手から逃げていく。その最終的な結果は、精神疾患にも似たことになる」
なるほど、こういう考え方もあるということか…。
- r017 狡猾の人  
森功
防衛事務次官であった守屋武昌を描いたノンフィクション。 守屋は2度司法試験を受けたが果たせず、1969年日本通運へ入社。その後、 官庁勤め、非東大卒のハンディがありながら事務次官になる。しかし、収賄罪 で懲役。
防衛産業の蜜、政治の舞台裏を知りつくした人生だが、本人の周りにも 狡猾な人はたくさんいたようだ。利権の世界…。
- r016 「家族」はこわい  
斎藤 学(さとる)
この本を読むと、子育ての忙しい時期を終えた 我が身にとって、自分は単に運が良かったのだと思わざるを得ない。 家族と言えども、いや、家族だからこそ、妻、子どもとの接し方を 学ばなければならなかった。父親として、試されていることにも気 付かなければならなかった。
- r015 免疫の反逆 
ドナ・ジャクソン・ナカザワ
著者を含め「自己免疫疾患」に冒された人たちが、 人生を台無しにされるという厳しい現実が書かれている。一方で、 自己免疫疾患で傷ついた神経軸索やミエリン鞘を再びよみがえらせる ために取り組んだラット実験がうまくいったことも取り上げている。
読み始めると、シリアスな世界に引き込まれていく。
- r014 50歳からの男の磨き方 
川北義則
「私のまわりにいる人間で、五十歳を過ぎてから 独立や転職をして、以前よりも幸せな人間は一人もいない」「たしか に会社勤めはいやなことが多い。だが、ここは冷静に考えなければ ダメだ。誰もが認める希有な才能に恵まれた人間以外は、五十歳を 過ぎて、会社を辞めようなどと考えてはいけない」――世の中は、 自分が思う以上に厳しいということか…。
- r013 マネーの動きで見抜く国際情勢 
岩本沙弓 
9・11テロが発生して、「金融での値動きと世界を 震撼させる大事件という点と点が、線で結びついた瞬間であり、お金 のためにここまでするのかと背筋も凍る思い」をしたという。
この本では、金融市場を分析しながら各国の情勢も説明している ので、自分が知らなかった世界を知ることができて興味深い。 そういうことだったのか…、と思った場面も多い。
- r012 大阪ばかぼんど  
黒川博行
嫁さんをエッセイのネタにすることはあるだろうけど、 「いまはすべてシミと化し、人いちばい大きな顔容にカツオのふりかけ のごとき彩りを添えている」と書いてしまった。
まだ夫婦でいるのだろうか。
- r011 将棋の子  
大崎善生
(1957年生まれ)
将棋のプロになるための登竜門である奨励会。 ここに挑戦し、「26歳の誕生日までに四段」の壁にはねかえされて しまった若者たちの人生を描いたノンフィクションである。
読みだすと引き込まれてしまう。 全国高校選手権優勝という輝かしい経歴をもつ成田英二の話には、落涙してしまった。
- r010 デリバティブ汚染  
吉本佳生
デリバティブ商品には、PRDC債(Power Reverse Dual Currency Bond)、FXターン債(Foreign Exchange Target Redemption Note)などがあるらしい。どんなものかは、面白い挿話「気前のいい 金庫くんのお話」を読むとわかる。
- r009 医学生
南木 佳士
久しぶりにワクワクしながら読んだ本。 青春時代を懐かしむ歳になったこともある。 著者は、秋田大学医学部卒の現役医師で、芥川賞受賞者と いう煌びやかな経歴をもつが、二足のわらじで潰れかかった 時期もあったそうだ。
どちらも人の根源や極限に関わるテーマなので、のめり込み過ぎたのではないか。
- r008 経済学の思考法  
小島寛之
数学科出身の著者は、数学としての経済学は面白いが、 経済学の現実説明能力は乏しいと言っている。不況のメカニズムすらわかっていないと言う。
確かに、経済学は、物理や化学のようなロバスト性のある理論体系ではなさそうだ。
- r007 ブラック・ジャックは遠かった
久坂部 羊
この本は著者の青春記であるが、阪大医学部ウラ標本室、 国試問題の漏洩などの暴露話も書かれている。時効のつもりだろうが、随所 にカンニングで試験を切り抜けた話が得意げに書かれていることが残念。 真面目に書いている部分の良さが消えてしまう。
- r006 交渉術  
佐藤優
北方四島を日本に取り戻すために奔走する関係者の努力と 裏話が書かれている。サウナのお付き合いが、こんなに濃密なものだとは知らなかった。
- r005 就職に強い大学・学部
海老原嗣生
「企業が採用をしぼったから、氷河期が訪れた」というイメージがあるが、 昔に比べて、大学生の数が6割増しとなり、インターネット時代になって、「草野球がプロを 目指すが如く、エントリーしてくる」事態となり、異常な応募倍率を生みだしている。
自分が学生の頃とは、状況が全く異なる。
- r004 腰痛放浪記 椅子がこわい 
夏樹静子
痛みがあるということは絶対どこかが悪くなっている。 検査をしても見つからないのは、原因を見つけきっていないからだ。 ということで、病院巡りが始まる。これは、普通の人が陥る思考法だが、 強烈に「脳が痛がる」こともあることを知った。
- r003 シミュレーションのはなし
大村 平(ひとし)
20歳頃に出会っていれば…、と思う本の1つである。この本には、 モンテカルロ・シミュレーションを使って、お見合いに臨む作戦を紹介している。 最大10回のお見合いをするのだが、この手法を知っていれば、向学心もお見合いテ クニックも上げられたかもしれない。
- r002 苦味を少々 
田辺聖子
田辺聖子の人間観は、人間臭さと大阪弁で気安さがあるが、真実を言い当てていると思う。 特に、男女間の機微については、なるほどと感心させられることが多い。
- r001 働きたくない者は、食べてはならない
曽野綾子
刺激的なタイトルにふさわしく、考えさせられる場面が多い。 途上国援助の在り方や生活を通じて、生きる厳しさが描かれている。その厳しさと己の生ぬるい日常生活とのギャップを感じる。


ホームページへ